2018/07/24

スーツケースの正しい選び方&おすすめのスーツケースブランド10選

スーツケースの選び方とおすすめブランド・商品を紹介!

いざスーツケースを購入しようと思っても、どれが良いのかわからない、何を基準に選べば良いのか想像が付かない、といったことがあるのでは?

そこで、このページではスーツケースの選び方のポイントと実際におすすめの商品を紹介していきます。

関連画像

画像引用元:https://theidleman.com/manual/advice/mens-bags-for-travel/

スーツケースブランドの概要

関連画像

画像引用元:https://www.notonthehighstreet.com/maxwellscott/product/luxury-mens-wheeled-leather-travel-bag-dino-l

スーツケースブランドは種類が多く、また同じブランドの中でもいろいろな商品があります。その結果、スーツケース選びに迷ってしまうかもしれません。そこで、スーツケースを選ぶ際の基準やおすすめのブランドを紹介します。

せっかく買ったスーツケースに後から後悔しないためにも、あらかじめいくつかポイントを抑えて購入するのがおすすめです。

スーツケースの選び方

「suitcase men」の画像検索結果

画像引用元:https://www.armani.com/us/armanicom/giorgio-armani/leather-trolley-bag_cod45364479pi.html

以下では、スーツケースを選ぶ際の具体的なポイントを紹介していきます。当たり前のように真っ先に考慮するポイントもあれば、意外と見落としがちなポイントもあります。一通り確認し、ぜひ失敗のないようにしてください。

ポイント①サイズを決める

「suitcase」の画像検索結果

画像引用元:https://www.realsimple.com/work-life/travel/travel-planning/packing-hacks

サイズは当然最初に決めるべきポイントとなります。いくら好みのデザインで利便性の高いスーツケースであっても、目的に合ったサイズでないと使いにくい、もしくは使えなくなるでしょう。サイズの目安としては、以下のようになります。

・1~3泊
20~40ℓ

・3~4泊
40~60ℓ

・4~7泊
60~90ℓ

荷物の量は行き先、目的、個人の価値観によっても差が出ますが、一般的な旅行や出張で上述のような目安です。一般的な目安を知った上で、自分の使用状況を考えて選ぶと失敗を避けられます。

ポイント②2輪と4輪がある

関連画像

画像引用元:http://money.cnn.com/2017/03/24/smallbusiness/jay-z-luggage-suitcase-away/index.html

スーツケースを普段から使用している方ならご存知かと思いますが、スーツケースには2輪のものと4輪のものがあります。意外と気にせず購入している方もいるかもしれませんが、それぞれ以下のような強みがあります。

まず2輪タイプは、段差や衝撃に強いので、歩く距離が長い方や海外旅行で悪路に行くことの多い方におすすめです。4輪タイプは、小回りが利く、傾けずに動かせるので楽、というメリットがあります。空港や人ごみの中を移動する機会の多い方には4輪タイプがおすすめです。

ポイント③フレームとジッパーの違い

「suitcase fashion」の画像検索結果

画像引用元:https://www.johnlewis.com/antler-atom-suitcase-range/p89034072

スーツケースには、フレームタイプとジッパータイプの二種類が存在します。それぞれメリットがあるので、中に入れるものや好みで選ぶのがおすすめです。

まずフレームタイプのメリットは、頑丈、開閉がワンタッチ、衝撃に強い、といったことが挙げられます。ジッパータイプのメリットは、軽い、衝撃に強い、といったことが挙げられます。

どちらも衝撃で開くことはないので、結局のところ自分が開閉するときにどちらが良いかの好みになるかと思います。スーツケースは開閉に二種類のタイプがあると知っておくと良いですね。

ポイント④二種類の加工面

「suitcase man」の画像検索結果

画像引用元:https://www.cheatsheet.com/culture/master-the-art-of-packing-a-suitcase-for-hassle-free-travel.html/?a=viewall

知っている方も多いかと思いますが、スーツケースには二種類の加工面があります。鏡面加工とシボ加工と言いますが、わかりやすく言えばツルツルした硬い面のものと、柔らかい生地のような面の加工です。実際にスーツケースを見たことのある方はピンとくるかと思います。

価格的には、シボ加工で柔らかい素材の物の方が高めの傾向にあります。傷が目立ちにくい、どこかに当てても衝撃が吸収されるというメリットがあります。一方で、鏡面加工は水に濡れても一拭きで乾く、汚れや雑菌の繁殖が気になりにくいというメリットがあります。