記事作成日:

防災リュックおすすめ15選!もしもの時の備えに!

地震や津波、台風など、日本は何かと天災に見舞われやすい国です。特に地震大国とも言われており、いつ災害が身に降り注ぐか分かりません。そんな有事の時の為に、防災リュックを盛っておけると1つの安心を得られます。本記事では、お勧めの防災リュックをご紹介します。

備えていますか?防災リュック!

 

何処でいつ発生するか分からない自然災害。それに備えるアイテムとして、防災リュックがあります。災害が実際に発生した時、必要なものを非難するために持ち運ぶ事が出来るリュックであり、食料や水、衛生品等が入っています。

一見どれも同じように見えるかもしれませんが、その実容量も素材も、そして機能性も分かれています。単にリュックであればよいと言うだけではなく、背負いつつ走らなければならない、といった場面も想定できます。

それゆえに、後述する選び方のポイントを押さえて、自分や環境に一番合う防災リュックを選ぶ必要があるのです。それが、万が一の災害に直面した時にもしっかり役立つのにつながります。

防災リュックの選び方ポイント

先に述べた通り、防災リュックは必要なものが中に入っていれば後はどれでもいい、という訳では無いのです。男性向け、女性向け、そして子供が背負う事を想定してい作られているものなど、種類は様々です。

選び方①動きやすい物

そんな中での1つ目の選び方のポイントは、動きやすいかどうかです。防災リュックを使用する場面を想像してみれば、天災に見舞われた状況下というイレギュラーでありますから、心の余裕もなくなっている筈です。

それを考えれば、背負った状態で動きやすいリュックを選ぶことがいかに大切かが分かるでしょう。例えば、チェストストラップヤウエストストラップなどが付属しているリュックであれば、体にフィットするので動きやすいです。

また、ショルダーストラップ付のリュックの場合には、ストラップ部分にクッションがあるものもお勧めです。肩は負荷が集中しがちですが、クッションがあれば分散されるので長時間背負い続けられます。

選び方②容量

続いて2つ目は、リュックの容量です。一般的に市販されている防災用のリュックというのは、容量が15リットル前後のものから40リットル以上の大容量のものまで、バリエーションが豊富にあります。

勿論、大きい容量のリュックを選べば、その分たくさんの防災グッズを入れられます。しかし、当然ながら荷物が多くなる分重量も増加し、持ち運びにくくなります。体力に自信があれば良いですが、無い場合は30リットル前後が推奨されています。

また、高齢の方や子供用として、20リットル以下のコンパクトめな防災リュックもあります。洪水や地震が発生した時には足場が非常に悪いので、これもやはり背負って非難するときの事を考えて容量を選んでください。

選び方③中身

3つ目は、中身です。やはり防災用のリュックですから、避難した先で使うのは当然ながら中身となりますので、これも重要です。防災リュックには、避難グッズがセットになっているものと、リュック単体のものがあります。

単体のものの場合には、中身が無い分価格は安くなっており、防災グッズに関しては自分で購入する必要があります。中身を自由に自分で用意できるとも言い換えられますので、リュックの機能性、および中身を自分で決めたい方にお勧めです。

逆に、どんなものを揃えたらよいかが分からないという方は、中身もセットになっているものがお勧めです。その場合には、事前に何が入っているのかを確認するのも大切です。

選び方④便利な機能

また、リュック自体の機能性についても確認してみましょう。機能性というのは、例えば防水、撥水機能が挙げられます。洪水が起きる様な豪雨を想定し、ターポリンといった防水性に優れる素材を使用しているものだと安心です。

続いて、防火性です。災害発生時にはどこで火の手が上がるか分かりません。火で中身が燃えてしまっては元も子もありませんので、防火性能があるとより安心ではありますが、大抵効果になる事も覚えておきましょう。

そのほか、反射材の有無も重要です。夜に災害が起きる事も十分にあり得、停電が発生するケースも非常に多いです。車や歩行者に自分の存在を知らせ、緊急の状況下でもお互いの安全を確保するためには、反射材は非常に大きな役割を担うものなのです。

防災リュック人気おすすめ【定番】

以上、防災リュックはどんなものなのか、そして選び方のポイントについて解説してきました。ここからは、本題となるお勧めの防災リュックをご紹介していきます。まずは、定番の製品からになります。

おすすめ防災リュック①LA・PITA 防災セット SHELTERプレミアム

まず1点目は、シェルタープレミアム防災セットです。こちらは一人用、容量35リットルの防災リュックとなっていて、軽量でありつつも一人で運ぶ分には十分な容量ですので、衣類等の嵩張りがちな荷物も入れられます。

前面に反射材を3つ配置していて、夜間や停電時の使用も安全。肩のベルトも幅広に作られており、チェストベルトも付属していますので、背負う人の負担を軽減してくれます。

 

おすすめ防災リュック②防災防犯ダイレクト 地震対策30点避難セット

続いて2点目は、地震対策30点非難セットです。実際に被災を経験した方の声を元に、防災士が厳選した30種類の防災グッズをセットにしたものであり、リビングにも違和感なく置けるスタイリッシュなデザインで、グッドデザイン賞を受賞しています。

水や食料品などの基本的な内容はもちろんの事、ソーラー多機能ラジオライトなども入っています。接続するだけでスマホの充電もでき、ワンタッチでLEDライトも利用可能、緊急時に居場所を知らせるSOSサイレントライト付きです。

 

おすすめ防災リュック③Defend Future 防災セット

3点目は、Defnd Futureの防災セットです。防災士が被災者の声から作った災害後3日間を生き抜く事を念頭においた防災セットで、シリーズ累計17万個を突破。必要最低限の内容と容量のバランスで構成されています。

防災機能はもちろんの事、シンプルでお部屋に馴染むバイカラーのリュックです。インナーカラーはオレンジ色で、欲しい物が探しやすくなっています。フロントには反射材があり、撥水加工で雨や洪水の時も安心です。

 

おすすめ防災リュック④OHKEY 防災セット

OHKEYの防災セットも、防災士監修の元作られた製品になります。災害直後に一番困ることは、トイレなどの生活用水の確保であるとされていて、そんな断水対策に特化した水を運ばない防災セットなのです。

携帯浄水器と簡易トイレ、非常食を含む35種類63点の大容量となっていて、それでいて3.2kgの軽量さであるために移動時も苦になりません。長期5年間のメーカー保証も付属しています。

 

おすすめ防災リュック⑤HIH 防災セット

定番モデルで最後にご紹介するのは、HIHの防災セットです。東日本大震災を受けた福島県の被災企業が考案制作した防災セットであり、軽量コンパクトなバッグに設計されているので、長距離の移動の際の負担を軽減しています。

避難時の雨に内容物を守ってくれる避難用防水バッグ、断水時・避難先などでは大容量の給水バッグとしても活用でき、背負い肩掛け、バッグ本体を持つという3つの持ち方でいざという時にも中身を取り出しやすいです。

 

防災リュック人気おすすめ【女性向け】

定番のモデルは、機能性に優れているものが多く、選ばれているだけの事はあります。防災リュックには女性が使う事を想定したモデルもありますので、続いてはそちらをご紹介しましょう。

おすすめ防災リュック⑥防災専門店MT-NET 防災セット

まずは、防災専門店MT-NETの防災セットになります。防災専門店の女性防災士が実際に経験した被災中の困りごとを参考に、通常の防災セットとは別に考えられた女性用の防災セットなのです。

オリジナル防災リュックには、撥水性のある生地を採用。反射テープや雨天にも安心な専用のレインカバーなど、非常時に役立つ機能がしっかりついています。また、女性用の防災セットならではのエチケット用品が揃っています。

 

おすすめ防災リュック⑦備えて安心 防災基本セット

防災基本セット 女性 (ピンク)

防災基本セット 女性 (ピンク)

6,280円(12/10 18:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

続いては、防災基本セットのご紹介になります。女性用品を数々用意している防災リュックであり、5年保存の食事や飲料水はもちろんの事、携帯ミニトイレや大容量トイレ袋、携帯ビデのクリーンシャワーなど、災害で避難中の女性の事を考えた内容となっているのです。

 

おすすめ防災リュック⑧エピオス 棚に入る非常持ち出しセット

3点目は、エピオスの棚に入る非常持ち出しセットです。生理用ナプキン、歯ブラシなど、女性ならではの必需品を揃えた非常持ち出しセットとなっていて、A4サイズ程度の大きさの化粧箱に、厳選された11点の防災アイテムが詰め込まれています。

帰宅支援を意識し、必要度が高い内容でまとめられていて、家庭やオフィスの棚などへの常備がしやすいコンパクトさ。巾着リュック型の非常持出袋もセットされているので、避難時にも持運びしやすくなっています。

 

おすすめ防災リュック⑨山善 防災リュック

山善の防災リュックは、最小限の必要物資を詰め込んだ製品になります。事前準備をしようにも、何をどうすべきなのか、いまいち分からないという方に向けて、災害時に安全な場所へ身を寄せる為の一時避難に着目しています。

内容は合計で30点となっていて、飲食料はもちろんの事、消耗品を中心として必要なアイテムを取り揃えています。災害時にも素早く持っていけるようにリュック自体も軽量であり、子供や高齢者でも持ち運びは楽です。

 

防災リュック人気おすすめ【子供向け】

防災リュックには、大人だけではなく子供用のものもあります。体格的にも体力的にも当然ながら大人よりは劣っている子供のために、最大限負担を減らして背負いやすいリュックが揃っているのです。

おすすめ防災リュック⑩防災防犯ダイレクト キッズ防災セット

まずは、防災防犯ダイレクトのキッズ防犯セットです。背負いやすい幅広の肩ベルトに肩ひも収納ホックや調整アジャスターが付き、雨水の浸入を防ぐ止水ファスナーと防水素材が用いられているなど、扱いやすいように機能性を考慮しています。

肩ベルト2か所、前面の合計3か所に反射材が設けられていて、夜間の使用も安心です。内容には保存水や缶詰パンをはじめ、衛生用品や形態の充電にも使えるLED防災ランタン等が含まれています。

 

おすすめ防災リュック⑪岸田産業 子供用防災セット

災害時に役立つアイテムを認定防災士が厳選した、こども1人用防災セットです。レインコートや軍手など、意外と準備していない子どもサイズの備品を内容物として加えており、子どもサイズのアイテムは意外に無い、というものばかりです。

ビスコやパンなどの長期保存食をセットにしており、防寒対策に必須のアルミ温熱シートや簡便エアーマットなど、災害時の避難先で使いたいアイテムを揃えています。すべて入れても余裕があるので、追加で入れたいアイテムを入れておく事も可能です。

 

おすすめ防災リュック⑫山善 防災リュック 子供用

女性向けでもお勧めした、山善の子供用防災リュックです。子供用防災ずきんやレインコート、作業手袋などの子供向けのサイズのアイテムを様々セットにしていて、いざという時に役立つ合計10のアイテムが揃っています。

親とはぐれたり、迷子になっても安心な名前シートが付いていて、年齢や連絡先、食べ物の制限や持病等を書き込み、事前にバッグに入れておくことで、もしもの時の保険にもなります。

 

防災リュック人気おすすめ【単品】

リュック単品の製品も、人によってはお勧めできます。やはり中身が無い分、自由度が高く自分にとって必要なアイテムを自分で用意して入れられますし、または先に入れたいアイテムを選んでおいて、それに合うリュックを選ぶことも出来ます。

おすすめ防災リュック⑬SAFETY PLUS 非常用リュックサック単品

まずは、セーフティープラスの非常用リュックサックです。インテリアに溶け込むデザイン性に優れたリュックサックとなっており、背面のベルトに関しては収納が出来ますから、置いておく時にもスマートです。

実際に災害が発生した際、女性や高齢者といった体力的に劣る方でも持ち運びやすいよう、軽量な設計です。リュック上部にはアルミの持ち手が付いており、頑丈ですので混乱した状態でもしっかり持っていられます。

 

おすすめ防災リュック⑭ VIAGGIO デイパック

VIAGGIO多機能ディバック 7077 レッド

VIAGGIO多機能ディバック 7077 レッド

1,375円(12/10 18:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

ヴィアッジョのデイパックは、機能性を重視したリュックになります。合計7つのポケットは収納用途に合わせて便利に使い分ける事が出来、一つはリュック底部に横長に配置されているので、折り畳傘を収納するなどといった使い方に便利です。

背面部とショルダーベルトはウレタン入りで、クッションによって肩への負担が少ない疲れにくい構造となっています。ズレを防ぐショルダーベルトもあり、こどもようとしてもマッチすると利用者からも好評の様です。

 

おすすめ防災リュック⑮岸田産業 キャリー付防災リュック

岸田産業 キャリー付防災リュック - 340×220×500mm 7-600

岸田産業 キャリー付防災リュック - 340×220×500mm 7-600

4,400円(12/10 18:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

最後の15点目は、岸田産業のキャリー付防災リュックです。コストパフォーマンスの高さに優れていて、背負うだけではなくキャリーと脚を使ってキャリーバッグのように運べるという点が特徴的です。

仮に水などの重い荷物を入れていたとしても、キャリーを使用すれば移動の際にも楽に運べるのです。キャリーカートとリュックの取り外しも行えるので、重い荷物だけキャリーに乗せるといった使い方も出来ます。

 

防災リュックはどこに置くべき?

防災リュックというのは、普段どこに置いておくか、というのも悩みどころでしょう。緊急時に取り出せるようにしておくべきではあるものの、生活の邪魔にならないところというのは中々見つからないものです。

すぐに手に取れる場所がおすすめ!

お勧めの場所は、やはりすぐ手に取れるところです。玄関やリビング、寝室といったように、緊急時でもサッと持ち出せる場所が推奨されていて、特に取り出しやすくほぼ確実に通るであろう玄関が最も最適となっているのです。

避難時用の備蓄品とは別の場所で!

また、避難時用の備蓄品とは別々の場所での保管も進められています。自宅が倒壊してしまったり、家具が倒れて取り出せないといった事にならないように、玄関をはじめとして、リビングやベランダ、寝室、キッチン等の各所に分けておけると理想的です。

防災リュックも備えあれば憂いなし!

いつ何時起こるか分からない災害も、防災リュックを備えておけば安心感は非常に大きいものとなります。今一度、ご自宅の防災袋の中身などを確認してみてください。

その他の関連記事はこちらから