記事作成日:

マスク美人の特徴とは?外した時にがっかりされるのを防ぐ方法を解説!

コロナウイルスの流行により、マスクが欠かせなくなった現代。その影響からか「マスク美人」という言葉が生まれています。一見誉め言葉のように見えて、実際は皮肉を込めた使われ方をしています。今回は、そんなマスク美人とは何なのか、特徴やがっかりされるのを防ぐ方法を解説します。

マスク美人とはどんな人のこと?

まずマスク美人というのは「マスクをした状態の顔が美人に見える」という意味です。人の顔の美醜は顔下半分で決定する、とも言われていますが、それほどに顔の下半分のバランスは重要となっています。

逆に言ってしまえば、顔の下半分を何らかの手段で隠せば、美人かどうかの判断が難しくなるのです。マスクは当然ながら顎から鼻の根元近くまで覆い隠しますので、見えるのは目元あたりだけとなります。

目元だけの印象から、顔の下半分を見ている人が頭の中で勝手にイメージします。それゆえに、目元さえ綺麗に見える、もしくはアイメイクなどで綺麗に見せていれば、周りからは美人だと思われるのです。

マスク美人の特徴5つ

顔の下半分が隠せるマスクの使用が常態化した事で生まれたマスク美人ですが、顔面の美人具合は置いておくとしても、マスク美人になりやすい人の特徴というのがいくつか挙げられます。

マスク美人の特徴①目が大きくぱっちりしている

まず、目元が大きくてパッチリとした形をしている点が挙げられます。マスクをしていれば、口や鼻は当然隠れてしまいます。そして唯一見えるのが目元であり、ここが人の印象を大きく左右するパーツでもあるのです。

パッチリとしている大きめの目をしている人、特に二重の方や一重であっても黒目がちで大きく見える方というのは、マスク美人に見えやすいと言われています。

また、切れ長の目元をしている女性も美人に見える傾向がある様です。目の形に限らず、アイメイクが上手に出来る人はマスク美人の確率も上がることでしょう。

マスク美人の特徴②眉の形がきれいに整っている

続いて、眉の形が整えられているという特徴です。眉も目と同じくマスクでは隠れない顔のパーツですが、鼻や口などが隠れている分、必然的に見る人の目は目元や眉といった部分に集中します。

そこで、眉の形の良さが強調されます。綺麗な形に眉が整えられていると、マスクに覆われていて見えない部分についても美人だと勝手にイメージするのでしょう。

また、眉が前髪で隠れていると、マスク美人には見られづらくなるとされています。顔のほとんどが隠れると暗い印象を与えてしまいますので、眉を見せてかつ綺麗に整えている方が良く見られやすいのです。

マスク美人の特徴③小顔

小顔なのも、マスク美人の特徴の1つに数えられます。基本的にマスク美人の人は小顔な傾向が強く、マスクを使うために顔の下半分が隠れてしまうので、元から小顔の人というのはそれがより一層際立ち、小さく見えるので可愛らしさが前面に出ます。

元々小顔の人はもちろんの事、大きめのマスクを使用すると小顔に見せられる可能性もあり、それによって美人に見えるケースもあります。また、カーブがかったマスクを使用していたり、くびれている形状のものだとより小顔な印象を与えやすくなります。

マスク美人の特徴④おしゃれなヘアスタイル

目元や眉といった顔のパーツだけではなく、ヘアスタイルに関してもお洒落な人は美人に見られやすい様です。これも目などのパーツと同じように、マスクで口元などが見えなくなる分、髪形に目線が集中するからだと考えられます。

ふんわりとした軽めのヘアアレンジや、すっきりとまとめられた髪は、特にマスクと合わせると美人に見せられます。また、ヘアスタイルだけではなく艶のあるサラサラとした髪自体を綺麗に整えている場合も同じです。

マスク美人の特徴⑤透明感のある美肌

もう1つ、肌の綺麗さも関係しています。マスクで隠されている分、肌の質そのものより注目されやすいです。特に頬の上側、おでこといった部分は露出したままなので、こういった部分の肌が綺麗だとマスク美人判定を受けやすくなります。

例え顎や口周りなどにニキビや肌荒れがあったとしても、マスクをしてしまえばそれを隠せますので、無論そういった部分のケアを怠っていい理由にはなりませんが、見える部分を綺麗な肌にしておけば勝手に美人に見られるでしょう。

男性がマスク美人にがっかりする理由とは?

外出する際は常にマスクを使わなければならない時勢ですので、見える部分だけでも綺麗に見られたいという気持ちは分かります。しかし、マスク美人というのは、男性にとってはどちらかというとがっかりしやすい存在とみなされています。

がっかりされる理由①マスク姿と素顔にギャップがあるから

その最も大きな理由が、マスクをしている姿と外したときの素顔とギャップがあるからです。マスクをしている時の顔しか知らず、そしてマスク美人に見える場合、期待値は相応に高くなっています。

しかし、マスクを外したときの顔が期待以下であった場合には、がっかりしてしまうのです。また、顔を半分隠している分ミステリアスな部分があるのも確かですが、外したことによって興味も失ってしまうというのも関係している可能性があります。

がっかりされる理由②想像していた顔と違うから

続いて、想像していたのと違う顔をしていたから、という理由です。マスクをしていると、基本的に顔の大部分が隠れていますので、目元などの作りから顔を勝手に想像します。見えている部分が綺麗に整っていると、勝手な想像はさらに加速し、期待も高くなります。

しかも、その想像は自分好みのパーツを思い浮かべやすいとされています。先にあげたギャップがあるのと同じように、想像していた顔と実際にマスクをオフにした時の顔が違っていれば、その落差でがっかりするのです。

がっかりされる理由③隠れていたシワやたるみが見えるから

もう1つのがっかりされる理由として、マスクで隠れているしわやたるみが見えるのも挙げられます。顔のほとんどを隠すマスク姿は、顔の美醜だけではなく見た目の年齢間も分かりづらくさせる作用があります。

拭けて見えやすいほうれい線やシワ、たるみといったものもマスクでほぼ隠せますので、マスクをすると若く見える女性は少なくありません。マスクを取った時、想像したよりも年齢が上だった場合には、男性は気を落としてしまうのです。

マスクを外した時にがっかり・詐欺と言われるのを防ぐ方法

マスクをしている状態だけとは言っても、折角美人と言われるくらいになっているのですから、出来ればがっかりなどさせたくはないですし、より良く見せたいでしょう。最後に、それを防止する方法について解説します。

方法①マスクで隠れている部分もメイクする

まず、マスクによって隠れている部分も必ず毎度メイクをするようにします。隠れるからといってマスクに覆われる部分のメイクを適当にしてしまう女性もいるでしょうが、見える目元などだけではなく、顔の下半分もマスクがない時と同じようにメイクをするのです。

美人は見えない部分も綺麗にしている、といった話を聞いたこともあるかもしれませんが、マスク美人においても同じ事が言えるのです。勿論マスクを使いますので、なるべくマスク移りしないファンデーションなどこだわって選ぶのをお勧めします。

方法②肌のスキンケアをきちんと行う

続いて、肌のスキンケアもメイクと同じようにしっかりと手間をかけて行うようにしましょう。マスクをしていると空気が籠ったり、肌とマスクの間で摩擦が生じますので、肌荒れやニキビも生じやすくなりますから、悩んでいる女性も多い筈です。

だからこそ、マスクで隠れるからいいのではなく、むしろより丁寧にスキンケアを行うべきです。自分の肌も綺麗かつ健康な状態に保てますし、外した時の相手の期待を勝手に落とす事も無くなります。

方法③落ちにくいリップやティントを使う

メイクの際に使うファンデーションと同じく、リップについても落ちにくいものやティントを選ぶべきです。マスクがある分崩れにくくなるので手を抜きやすいところですが、外したときに血色のない唇になるのは避けたいものです。

その為、リップもマスクを使っていても落ちにくいものや、ティントであっても保湿力などに優れているものをチョイス事をお勧めします。色移りがしにくいものも増えていますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

方法④シェーディングで小顔効果を狙う

また、シェーディングによって小顔効果も狙ってみましょう。マスクを外したときに意外に顔が大きい、と思われたくはないでしょうから、輪郭にシェーディングを入れてスッキリと見せたり、目頭や目じりなどにハイライトを併せて入れるのも効果的です。

マスク美人と言われないためにもメイク・スキンケアは丁寧に!

マスクで顔が隠れる分、美人だとみられる女性は思っているよりも多いものです。ですが、折角ならマスクを外しても美人と思われたいでしょうから、メイクやスキンケアは日ごろから欠かさずに行うようにしてみてください。

その他の関連記事はこちら