記事作成日:

「足が長い」の基準とは?特徴や足が長い人が共感するあるあるを紹介!

男性でも女性でも、長い足というのは憧れるものです。スタイルが良く見えますし、似合うコーディネートも多くなります。その足が長いというのは、どこからが長いと判断されるのでしょうか?今回は、足が長いと判断される基準や、実際に長い人の特徴、共感しがちなあるあるの話などを紹介します。

足が長いの基準とは?

誰しも、長く細い足にはあこがれを抱いた事があるでしょう。しかし、足が長いのに憧れるとはいっても、どの程度から足が長いと言えるのか、実際の基準については曖昧な方も多いかと思われますので、男女別の足が長いと言える基準から解説します。

男性の平均の股下の長さ

まず男性の足の長さについてで、これを知るためには平均身長が必要になります。日本における男性の平均身長が171㎝、股下の長さについては78㎝が平均であるとされています。そして、男性で足が長いと判断されるのは、股下比率が45%以上の場合です。

足が長いかどうかは、目視による感覚で判断されがちです。この股下比率というのは、個々の身長に対する股下の割合であり、身長の中の股下の比率が45%以上であれば、足が長いと言えるという事になります。

女性の平均の股下の長さ

続いて女性の足の長さの平均についてですが、日本国内の女性の平均身長が159㎝、股下の長さについては71㎝が平均です。そして、女性の場合で足が長いと言えるのは、股下の比率が44%以上となっています。

男性よりも女性の方が、身長が短い分股下の長さは短い傾向にある様です。身長に対して股下の比率が44%以上であれば、日本人の中では平均以上の脚の長さであると言えるようになるでしょう。

足が長い人の特徴とは?

男性、女性共に平均の足の長さ、および足が長いと判断できる基準について解説してきました。数値が単純なので、実際に計ってみて長いかを確認する事も出来るでしょう。続いては、実際に足が長い方の特徴についてご紹介します。

足が長い人の特徴①両親もスタイルが良い

まず1つ目は、両親もスタイルが良い傾向にある事です。足の長さに限らず、顔の形、骨格といった人間を構成する見た目の情報というのは、遺伝の影響を強く受けると言われています。その為、両親が足が長いと、生まれてくる子供も足が長くなりやすいのです。

必ず足が長いとは限りませんが、それでも遺伝という変える事が出来ない条件によって足が長くなるかどうかも左右される事もまた事実です。変えられないのはもどかしいですが、遺伝による影響も特徴である事に変わりありません。

足が長い人の特徴②胴が短い

2つ目は、胴が短い事です。特に男性に多いと言われていますが、アジア系である日本人の中でも、胴と足とのバランスにおいて胴の方が短く、足の方が長いというのは少ない体型で、どちらかというと胴が少し長い方が多いのです。

視覚から得られる情報に左右されがちなため、胴体ががっしりとしていて足がスラっとしていると足が長く見えます。外国人は特にその傾向が多いとされていますが、最近では日本人でも足が長い人が少しずつ増えていると言われていて、食生活の変化が影響していると考えられています。

足が長い人の特徴③歩くスピードが速い

3つ目は、歩くスピードが平均以上に早くなりがちである事です。足が長ければ、当然ながらその分1歩の歩幅が長くなります。歩幅が大きくなれば1歩で進める距離も長くなり、結果的に歩行スピードも速くなります。

これは、本人が意図して歩く速さを速くしている訳ではありません。単に足が長いのが影響して、歩幅が大きくスピードも速く感じられるようになります。一度観察してみると、特に急いでいる訳でもないのに速い事が分かる筈です。

足が長い人の特徴④ヒップが上がっている

お尻が上がっているのも足の長い人に共通している特徴です。お尻が上向きだと、足のスタート位置が高くなりますので、長く見えるようになります。単純にお尻の脂肪が下に下がっていませんので、長いのも当然と言えば当然の話です。

少しお尻が上を向いているだけでも、足は数センチ長く見えます。男性に長い足が多めですが、それはお尻が上向きだからです。対して女性でお尻が上向きというのはレアな傾向にあり、男女問わず、足の長い人は大体の確率でお尻が上向きになっているでしょう。

足が長い人の特徴⑤何を着ても様になる

そして、なんといっても羨ましい特徴が、どんなコーディネートでも様になる事です。スーツやワンピースといったフォーマルな衣類も、足が長く見えればその分様になりますし、女性でもショートパンツやミニスカートなどはとてもよく似合います。

その他、足を長く見せられるスキニージーンズなど、タイトなボトムスは足のシルエットがハッキリと見えるようになりますので、足の長さを存分に生かせるコーディネートになります。兎にも角にも、足が長い事はコーディネートの幅を広げるのにも助かっている訳です。

足が長い人が共感するあるある

やはり、足が長いとどんなコーディネートにしても似合ったり、スタイルを良く見せる事が出来るなど、メリットは決して少なくありません。続いて、そんな足が長い人が共感できる、あるあるな話をいくつか挙げてみましょう。

足が長い人のあるある①足が長いことを褒められない

1つ目は、足が長い事を褒められない事です。足がそこまで長くない方にとっては意外に思われるかもしれませんが、あまり足の長さを褒められる機会が無いと言います。特に男性は、褒められる機会が少ないとされています。

スーツなどを着ても似合う事は間違いありませんが、だからといって他人に足の長さを褒めるような機会は確かに中々ありません。どちらかというと、足の長さよりも身長が高い事を良く言われやすい模様です。

足が長い人のあるある②体育座りしにくい

2つ目は、体育座りがしにくい事です。足が長いのも良い事ばかりではないのが分かるあるあるな話で、普通の足の長さの人が体育座りをすると、膝は胸の前あたりに来ます。ところが、足が長いと顎のあたりまで膝が来ます

顔の近くまで膝が来てしまい、膝を抱えなければ体育ず割を上手くできませんので、維持するのが厳しい体勢になってしまうのです。大人になると体育座りをする機会はほぼ無いと言っていいレベルになりますが、学生自体には地味に苦労した方もいるという事です。

足が長い人のあるある③机に足をぶつけやすい

テーブルに足をぶつけやすいのも、足の長い人のあるあるです。実際に椅子に座ったりしてみると、膝の位置というのは通常であれば太ももと真っすぐ平行になるか、少し下になります。ですが、足が長いと平行どころか、少し上に来ることもあります。

膝の位置が高くなると、当然テーブルとの距離も近くなりますから、立ち上がったり、座ったままの状態でも少し足を動かしただけで、ぶつけてしまいやすいのです。

足が長い人のあるある④座席が狭く感じる

4つ目のあるあるは、座席が狭く感じられる事になります。車や飛行機の座席に座った時には、並の足の長さの人であれば膝が直角の90度に曲がるだけですが、長い足の人だとそれ以上に曲げなければならないため、窮屈に感じやすいです。

そして、しっかり足を曲げて座ったとしても、前の席を蹴ってしまいやすいです。勿論悪気があってやっている訳ではないのですが、かといって迷惑をかけてしまったことに違いはないので、肩身の狭い思いをすることになります。

足が長い人のあるある⑤スカートが短く見える

もう1つ、スカートが短く見えてしまう事も上げられます。女性にありがちなあるあるとして、ボディに着せているスカートが可愛いからだとか、雑誌を見ていて気に行ったので入手してみたけれど、いざ着てみるとイメージと違ってしまう事があるのです。

パンツやジーンズなどのボトムスであれば、長い足が活きて似合います。しかし、スカートの場合にはその長い足が影響して、特段短くない筈のスカートもミニスカートのように丈が短くなってしまうのです。

足が長い人のメリットとデメリット

机に脚がぶつかってしまったり、スカートが短く見えてしまったりと、足の長い人特有のあるある、悩みというものもある事が分かりました。たくさんのメリットがあるように思えますが、意外にもデメリットも殊の外多くある様です。

足が長い人のメリット

まずメリットからですが、1つはスタイルが良い為に、パンツスタイルなどが良く似合う事です。足が長いだけでも羨ましい話ですが、これに加えてウエストも細く引き締まっていると、モデルでもやっているのかと思わずにはいられない程に、様々なファッションが似合います。

アパレルショップでは、大抵のパンツ類は裾が長めに作られていますが、足が長いと試着の時点でほぼピッタリという事も多く、裾直しの必要がなくなります。裾上げの時間は意外に長くかかりますので、これもメリットに数えられるでしょう。

女性の場合、ヒールを履くとより似合います。身長を高く見せる効果のあるヒールですが、元から足が長いと履かなくてもスタイルは良いものです。ですが、そこでヒールを履くと鬼に金棒といったレベルでとても格好よく似合います。

更に、シャツをズボンなどに入れるインスタイルもとても映えます。足の短めな人がインスタイルをしても胴の長さを強調してしまうばかりですが、足の長い人が行えばより長さを強調できるのです。

足が長い人のデメリット

逆にデメリットもいくつかあり、あるあるの中で解説した乗り物に乗った時の窮屈さは一番の例と言えます。車、新幹線、映画館、飛行機など、席の大きさや幅が決まっていると、長い足では窮屈ですし、前の席を意図せず蹴ってしまう事があります。

2つ目に、丁度良いサイズの服を見つけにくいというデメリットがあります。アパレルショップなどにある服というのは、平均や基準をもとにして作られています。その為、パンツなどだと特にウエストや丈の長さが決められていて、ピッタリのサイズを見つけにくいのです。

そして、女性の場合にはくびれができにくく、ウエストが太く見えやすいです。足が長く、くびれもあれば文句なしの良スタイルですが、足が長いとヒップも小さくなりがちで、ウエストとヒップとの差でできるくびれがどうしてもできにくいのです。

足が長いと噂される芸能人は?

この様に、足が長ければいいことづくめという訳ではなく、長い人特有に困ってしまうシーンというものがあるのです。最後に、足が長いのではとうわさされている有名な芸能人を数人ご紹介しましょう。

足が長い芸能人①菜々緒

 

まずは、女優の菜々緒さんです。ドラマ「4分間のマリーゴールド」で主人公の姉、沙羅役などを演じられるなどで知られており、以前にはベストジーニスト賞も受賞されているなど、さすがに女優であるだけあってスタイルの良さは間違いなしです。

そのベストジーニスト賞の際に撮影された写真の足の長さが印象的であった、写真集のポーズが印象に残っているなど、足を強調したポーズをメディアで披露する事が多い為に、それが視聴者の印象にしっかりと残っている事が分かります。

足が長い芸能人②冨永愛

 

2人目は、冨永愛さんです。世界的に活躍されている日本人モデルの代表であり、パリコレにも何度も参加しているほどです。身長は驚きの179㎝、そして股下も92㎝という、数字だけ見ても間違いなく足が長いと分かるほどのスタイルをお持ちです。

これを股下比率に換算すると、これまた驚愕の51.3%という数値になります。女性の足が長い人の比率が44%以上、男性でも45%以上だというのに、それを悠々と超える50%越えであれば、誰にも文句のつけようがない美脚であると断言できます。

足が長い芸能人③速水もこみち

3人目は、男性で、速水もこみちさんです。俳優、タレントとして活動されており、近年ではテレビ番組で料理を作る事でも注目を集められています。身長186㎝と、男性の平均身長を大幅に超える180㎝台の高身長ということで、非常にスタイルが良いです。

全体としてスラっとしている細身のスタイルですので、エプロン姿ももちろん似合いますが、スーツ姿など紳士服を着るとより一層スタイルの良さや足の長さが際立ちます。気になる方は是非チェックしてみてください。

足が長い芸能人④向井理

 

最後の4人目にご紹介するのは、同じく俳優の向井理さんです。ゲゲゲの女房、信長協奏曲、劇場版SPECなどの様々な人気作品に出演されており、出自は明治大学の農学部で遺伝子工学を専攻されていたなど、理系のイケメン俳優です。

そんな向井さんは、身長が182㎝とこちらも日本人男性の平均身長を優に超えており、先にご紹介した速水さんに劣らない高身長です。立ち姿が非常に理想的なレベルのスタイルの良さとされており、女性はもちろんの事、男性からも高い支持を集めています。

足の長い人には意外と苦労もある

足の長くない方にとっては、足の長い人はとても羨ましい事この上ないでしょうが、当人にとっては特有の苦労が色々とあるものなのです。今度身近な足の長い人と会ったら、テーブルに座った時等に気を遣っている所が無いか探してみてください。

その他の関連記事はこちらから