記事更新日:

ダブル洗顔のメリット・デメリットは?正しいやり方と注意点を解説!

ダブル洗顔という言葉は聞いたことがあっても、実際にどのようなメリットがあってどのように洗顔するのか知らない方も多いのではないでしょうか。

正しいダブル洗顔を行うことで肌の状態が良くなり、女性も男性も自信を持てる肌が手に入ります。ダブル洗顔のメリットやデメリット、正しいやり方をぜひ参考にしてください。

ダブル洗顔とは?

ダブル洗顔とはクレンジングをした後に、洗顔料で顔を洗うことを意味します。2回顔を洗っているため、ダブル洗顔と呼びます。女性の場合、クレンジングで化粧を落とすためダブル洗顔は基本と言えるでしょう。

男性にとっては馴染みがないかもしれませんが、日本人は皮脂量が多いため、まずはクレンジングで皮脂を落とし、洗顔料でほこりや汚れを落とすのはとてもおすすめです。

【お肌の悩みに】メンズ化粧水・AQUA MOIX(アクアモイス)

AQUAMOIXは、化粧水・乳液・美容液・クリームの4つの役割があり、これ1本でスキンケアが完了します。普段忙しい人でも時短でスキンケアをすますことができるので、朝のスキンケアも長続きするでしょう。

男性肌ならではの悩みもあると思います。乾燥やかさつき、毛穴やテカリ、透明感や目元、髭剃り後、引き締めケアを解決するべく美容成分を厳選して使用しています。AQUAMOIXは、さっぱりとした使用感ながらも、ぐんぐん肌に浸透し、肌がしっとりと潤います。翌朝も肌が違うと実感できるはずです。

こちらの商品は、不要なものは一切配合しておらず、肌に必要な成分だけなので、優しい使用感になっています。アルコールは刺激になる人も多いですが、アルコールもフリーなので、敏感肌の人でも安心して使用できます。

AQUAMOIXの値段は高めではありますが、オールインワンなのでこれ1本あればOKです。化粧水・乳液・美容液と揃えていくと、かなり金額は張ってしまいます。しかし、全てを揃えるよりはオールインワンのAQUAMOIX1つだけで、1回の使用量も少なくてすむため、コスパも良いのです。

おすすめポイント

  • オールインワンで時短スキンケア
  • 男性肌の5つの悩みを叶えてくれる
  • 肌に優しいフリー処方

AQUA MOIXの口コミ

油脂肌ですが、日中使う油とり紙で取れる皮脂の量が激減しました。また、目元、ほうれい線が目立たなくなり、愛用しています。引用元Amazon

使って1週間もあればすぐに肌に影響ありました。肌がすべすべになり毛穴もそこまで目立たないくらいまで変わることが実感。値段は高いがそれくらいの価値もあるし、保湿,化粧水など分けて使わないこの1本ですむのでいい商品かと引用元Amazon

販売サイトをチェック

 

ダブル洗顔の3つのメリット

ダブル洗顔をすると肌にどのようなメリットがあるのでしょうか。2回も顔を洗うなんて面倒くさいと感じる方もいるかもしれません。しかし、3つのメリットを聞けばダブル洗顔を試してみようと思うはずです。肌トラブルで悩む方やいつまでもきれいな肌でいたい方は要チェックです。

ダブル洗顔のメリット①汚れをしっかり落とせる

なぜクレンジングと洗顔に分けて2回顔を洗うのかというと、落とす汚れの対象がそれぞれ違うからです。クレンジングは女性の場合メイクの油分を落とすことはご存じでしょう。他にも皮脂を洗い落としてくれます。洗顔はほこりや古い角質、汗などを落とします。

そのためダブル洗顔によって肌の汚れをしっかりと落とせるのです。どちらか片方だけの洗顔で汚れが肌に残っている状態だと、肌悩みで多い毛穴の黒ずみや肌のごわつきを引き起こします。このような悩みを抱えている方は洗顔に原因があるのかもしれません。

ダブル洗顔のメリット②クレンジングが肌に残らない

クレンジング後に洗顔をしないと、クレンジングのオイルが肌に残ってしまい肌荒れを引き起こす原因になります。洗顔料は汚れを落とすのはもちろん、残ったクレンジングオイルも落としてくれるので肌荒れを防ぐのに効果的です。

ダブル洗顔のメリット③スキンケア成分が浸透しやすい

洗顔後に化粧水や乳液で肌を整える際、なかなか肌に浸透しないなと感じたことはありませんか。せっかくのスキンケアも成分が肌へ行き渡らないと意味がありません。ダブル洗顔で汚れをしっかり落とした後にスキンケアを行うことで肌への浸透力が大分違います。

肌の表面に汚れがある状態だとスキンケア成分が浸透できず、肌の上に留まってしまいます。汚れを落とせば角質層まで成分が浸透し、もっちりとした肌を実感できるはずです。

ダブル洗顔の2つのデメリット

ダブル洗顔にはデメリットもあります。メリットとデメリットをしっかりと理解しておくことで、正しいダブル洗顔を行うことができます。費用面は自分の生活に合わせて、無理のない範囲でダブル洗顔を行いましょう。

ダブル洗顔のデメリット①摩擦で肌が乾燥しやすくなる

ダブル洗顔は単純に1度の洗顔の倍行います。そのため肌には摩擦による負担がかかってしまいます。摩擦は肌の角質層を削ってしまい、肌のバリア機能を低下させます。

これによって肌は乾燥しやすい状態になるため、肌がカサカサする、つっぱるなどの症状が出てしまうかもしれません。ダブル洗顔をした後は、入念にスキンケアを行い肌の保湿を心がけましょう。

ダブル洗顔のデメリット②余計に費用がかかる

クレンジングと洗顔を買う必要があるため、その分費用がかかってしまいます。今までクレンジングだけ、洗顔だけを行っていたという方にとっては負担になってしまうかもしれません。

金銭的な面は人それぞれなので、自分の生活に合わせた無理のない範囲で購入しましょう。とはいえ、商品によっては1ヵ月や2ヵ月持つタイプのものがあり、費用と相談してこのような商品を買うのも手です。

ダブル洗顔の正しいやり方

ダブル洗顔は正しいやり方で行いましょう。ガシガシと力任せに行うのは良くありません。肌荒れや乾燥の原因にもなってしまいます。正しいやり方で行えば、先ほど紹介したデメリット面も軽減することができます。ダブル洗顔の仕方が分からない方はぜひ参考にしてみてください。

クレンジング剤は適量を使う

クレンジング剤は多すぎても少なすぎても肌にとってはNGです。クレンジング剤が多いと、肌のうるおいを必要以上に落としてしまいます。少なすぎるとその分肌と手による摩擦で、余計な負担がかかってしまいデメリットで紹介した乾燥を引き起こす可能性が大きいです。

そのためちょうどよい適量を使うことを意識しましょう。商品のパッケージに一度に使う量の目安が記載されているはずです。それを参考に、全体的にまんべんなく馴染ませるように使ってください。

しっかり泡立ててから洗顔を行う

洗顔はしっかり泡立ててから行うということは知っている方も多いのではないでしょうか。これは洗顔する際の摩擦を軽減させるためです。泡立てない状態で洗顔を行うと摩擦による乾燥を引き起こします。

石鹸も洗顔フォームももっちりとした泡を作りましょう。手で泡を作るのが難しいという方は泡立てネットを使ってください。泡立てネットは100円均一ショップで売っているので簡単に手に入ります。洗うときは手で洗うのではなく泡で肌を洗うイメージで行ってみましょう。

ぬるま湯を使う

ダブル洗顔で顔をすすぐときは、ぬるま湯を意識してください。温度は30~32度くらいが好ましいです。熱いお湯で顔をすすぐと、肌のうるおいすらも落としてしまう可能性があります。

これによって肌は乾燥しやすい状態になってしまいます。ぬるま湯は余分な皮脂が毛穴から浮き出すのに最適です。シビアに温度を調整する必要はありませんが、できれば30~32度を意識してください。体感でぬるいと感じる温度で大丈夫です。

洗顔後に保湿する

ダブル洗顔が終わったら清潔なタオルで顔を拭きます。拭くというイメージよりも、タオルを顔に押し当てタオルに水分を吸収させるようにしましょう。ゴシゴシと拭くと肌が荒れてしまう可能性があります。

顔を拭いたら、なるべく早くスキンケアを行い、肌を保湿してください。肌の汚れがなくなりきれいな状態になっているため、しっかり保湿して肌に美容成分を浸透させましょう。あらかじめ化粧水や乳液を洗顔前に準備しておくと良いです。

ダブル洗顔する際の注意点

ダブル洗顔には注意点もあります。日によってはダブル洗顔を控えたり、その都度や自分に合った洗顔料を選ぶことが重要です。自分の肌と相談しながら、注意点を考慮し正しいダブル洗顔を行いましょう。

注意点①ダブル洗顔しすぎない

ダブル洗顔のしすぎに注意が必要です。例えば休日だったからメイクをしなかった日やナチュラルメイクしかしていないときはダブル洗顔をしなくても良いでしょう。男性の場合もそこまで活発に行動しなかった日は必要ないかもしれません。

その場合、クレンジングもできる洗顔料を使うのがおすすめです。商品に「ダブル洗顔がいらない」「これ1本でメイクも落とせる」と記載されている洗顔料であれば1度の洗顔で十分です。しかしこのようなタイプの洗顔料は、洗浄力が強く逆に肌の負担になる可能性もあります。

そのため肌の状態と相談し、今日は1度の洗顔で十分と感じるときにだけ使うようにしましょう。ダブル洗顔よりも肌の摩擦を防ぐことができます。状況によって使い分けることも必要です。

注意点②自分に合った洗顔料を選ぶ

洗顔を行ってしっかり保湿しているのに肌の乾燥が気になる場合やニキビができてしまった場合など、もしかしたら洗顔料が自分に合っていない可能性があります。人の肌の状態や肌質などは多種多様です。もし肌に不調が現れたら洗顔料を変えてみても良いかもしれません。

自分に合った洗顔料を見つけることは難しいですが、商品の口コミ等を参考にしてみてください。自分の肌質と似た方の口コミは参考になります。

また、基本的に乾燥肌の方はもちろんなのですが、ダブル洗顔は肌が乾燥しやすいです。そのため洗顔後の保湿が重要になってきますが、洗顔料にも保湿成分が含まれているタイプのものを使うのもおすすめできます。少しでも乾燥を防ぎたい方は使ってみると良いでしょう。

メリットやデメリットを理解して正しくダブル洗顔しよう

ダブル洗顔のメリットやデメリット、正しい方法や注意点をご紹介しました。今までクレンジングのみ、洗顔のみを行っていた方は肌の汚れをしっかりと落とせていない可能性があります。

その状態でスキンケアを行っても肌へ浸透せずもったいないだけです。正しいダブル洗顔はスキンケアの効果も高めます。乾燥肌や脂性肌、肌のごわつきや毛穴の汚れ等で悩む方はぜひダブル洗顔を試してみてください。

その他の関連記事はこちらから