記事更新日:

顔が油っぽいのは実は乾燥が原因⁈すっきりさせるスキンケアや習慣をご紹介!

顔が脂っぽいので皮脂を落とすケアをしているのに、なかなか改善しないのは乾燥が原因であると考えられます。では、どのようなスキンケアをしたら良いのか、この記事ではテカリが気になるお肌のケアや習慣をご紹介します。乾燥で皮脂が過剰に分泌している方はぜひ参考にしてください。

油っぽい顔には「脂性肌」と「混合肌」の2種類がある

テカリが気になる脂っぽいお肌には、脂性肌と混合肌の2種類が存在します。脂性肌とは、全体的に皮脂が多く分泌しており、ニキビができたりごわつきがあるなどが特徴で、時に男性に多い肌質です。

混合肌とは、おでこや鼻筋など部分的に皮脂が多く、頬などはカサカサしていて乾燥しています。皮脂が多い場所と乾燥している箇所があるため、正しいスキンケア方法が分からずに悩んでいる方も多いでしょう。上記の内容で当てはまる項目がない場合、サロンなどで自分がどの肌質なのかを診断してもらうのが良いです。

【お肌の悩みに】メンズ化粧水・AQUA MOIX(アクアモイス)

AQUAMOIXは、化粧水・乳液・美容液・クリームの4つの役割があり、これ1本でスキンケアが完了します。普段忙しい人でも時短でスキンケアをすますことができるので、朝のスキンケアも長続きするでしょう。

男性肌ならではの悩みもあると思います。乾燥やかさつき、毛穴やテカリ、透明感や目元、髭剃り後、引き締めケアを解決するべく美容成分を厳選して使用しています。AQUAMOIXは、さっぱりとした使用感ながらも、ぐんぐん肌に浸透し、肌がしっとりと潤います。翌朝も肌が違うと実感できるはずです。

こちらの商品は、不要なものは一切配合しておらず、肌に必要な成分だけなので、優しい使用感になっています。アルコールは刺激になる人も多いですが、アルコールもフリーなので、敏感肌の人でも安心して使用できます。

AQUAMOIXの値段は高めではありますが、オールインワンなのでこれ1本あればOKです。化粧水・乳液・美容液と揃えていくと、かなり金額は張ってしまいます。しかし、全てを揃えるよりはオールインワンのAQUAMOIX1つだけで、1回の使用量も少なくてすむため、コスパも良いのです。

おすすめポイント

  • オールインワンで時短スキンケア
  • 男性肌の5つの悩みを叶えてくれる
  • 肌に優しいフリー処方

AQUA MOIXの口コミ

油脂肌ですが、日中使う油とり紙で取れる皮脂の量が激減しました。また、目元、ほうれい線が目立たなくなり、愛用しています。引用元Amazon

使って1週間もあればすぐに肌に影響ありました。肌がすべすべになり毛穴もそこまで目立たないくらいまで変わることが実感。値段は高いがそれくらいの価値もあるし、保湿,化粧水など分けて使わないこの1本ですむのでいい商品かと引用元Amazon

販売サイトをチェック

 

顔が油っぽくなってしまう意外な原因とは

ではなぜ顔が脂っぽくなってしまうのでしょうか。ここでは、過剰に皮脂分泌が起こる原因をご紹介するので、まずは原因を理解しましょう。

油っぽい顔の原因①乾燥

皮脂が大量に分泌してしまうのは、肌が乾燥していることが原因であると考えられます。乾燥から肌を守ろうとする働きが起こり、皮脂が過剰に分泌され、結果として顔が油っぽくなってしまうのです。

「テカリが気になるから保湿ケアはしない」と考えている方、実はスキンケア方法が間違っている可能性もあります。乾燥が原因なら保湿をしたほうが良いので、皮脂を抑えるアイテムや必要な潤いまで落としてしまうケアをしている場合には見直しが必要です。

油っぽい顔の原因②間違ったスキンケア

普段のスキンケアは正しく行えているでしょうか。正しいと思ってやっていたスキンケアが逆にお肌に負担を与えている可能性も考えられます。

特に皮脂が多い方は洗浄力の強い洗顔料やクレンジングを使ったり、そもそもゴシゴシと洗ったりタオルで顔を拭いたりしていないでしょうか。

もちろん保湿をしないというのも間違いです。汚れが落ちないのであれば、しっかり毛穴を開き、優しくクレンジング料を毛穴に入れることを意識してください。

油っぽい顔の原因③ホルモンバランスが乱れている

しっかりとスキンケアをしているのに油っぽさが残ってしまうのは、ホルモンバランスが乱れているかもしれません。いくら外側からのケアをしても、内側からのケアを怠っていては意味がありません。

特に女性は生理があったりストレスなどを抱えるとホルモンバランスが崩れ、それが刺激となって皮脂が過剰に分泌されることもあります。

ホルモンバランスの乱れは知らぬ間に起こるため意識しにくいのですが、普段からストレスを溜め込まない、適度な運動をするなどしてホルモンが崩れないようにするのが良いです。

油っぽい顔の原因④紫外線

紫外線の影響も大きいと言えます。紫外線と言えばシミやシワができるイメージがありますが、過度な量を浴びてしまうと肌の水分が奪われてしまい、乾燥肌となり皮脂が分泌されてしまいます。

紫外線は肌が焼けて見た目が悪くなったり、細胞を酸化させる活性酸素を大量に作る働きもあり、美容にとって良いことは一つもありません。老化の8割は紫外線が影響しているとも言われており、脂性肌や混合肌を作る要因の一つとも言えるでしょう。

油っぽい顔の原因⑤食生活

食生活はどうでしょう。普段からコンビニ弁当や惣菜、ジャンクフードなどが多い食生活を送ってはいませんか?脂っこいものや甘いものなどには栄養よりも体の組織を壊してしまう成分が多く入っているので、外食が多い方は食べる物で肌が負担を受けている可能性があります。

また糖質を摂りすぎているのもよくありません。糖質の取り過ぎからも皮脂が大量に分泌されるため注意が必要です。野菜などの栄養不足も考えられますが、まずは体に悪いものを食べないことから始めると良いでしょう。

油っぽい顔をすっきりさせる方法

ここからは、油っぽい顔を改善する方法をご紹介します。まずできることから始めることでお肌も少しずつ変わるので、スキンケアや習慣を見直し、皮脂をスッキリさせましょう。

方法①洗顔時に皮脂を落とし過ぎない

まずは正しい洗顔方法を身につけます。洗顔をする時には、しっかりと泡を作りそれを使ってクッションにし、優しく汚れをとします。洗顔の目的は、水溶性の汚れを落とすことなので、優しい圧で洗顔をすれば汚れを落とせます。

また、保湿成分がたくさん入っている洗顔料を選ぶことも大切です。保湿成分が入ることで、必要な皮脂を残してくれるため、洗い過ぎを防ぐことができます。

洗顔後に肌のつっぱり感がある方は、皮脂が必要以上に落ちている可能性があります。洗顔方法、使用している洗顔料の見直しが必要となるため、今一度確認してみましょう。

方法②化粧水と乳液で保湿

汚れを落とした後にはしっかりと保湿ケアをします。テカリが気になるとクリームなどを使う気には慣れませんが、混合肌の方は肌の乾燥が皮脂を招いているため、入念な保湿ケアが欠かせません。

スキンケアの工程としては、化粧水、美容液、乳液、クリームがあると完璧です。最低でも化粧水と乳液で潤いが逃げないように保湿をする必要があります。

頬や顎先など部分的に乾燥が気になる部位は、コットンパックをしてたっぷりと潤いを与えるのも効果的です。使うアイテムは、保湿タイプになるので、化粧品選びも見直してください。

方法③肌に不必要な刺激を与えない

必要以上に肌に触れないことも心がけてください。ニキビができると気になって何度も触れてしまう方もいますが、過度な刺激は肌への負担となるだけでなく、皮脂分泌を促すこともあります。

化粧水を肌につけるときも、必要以上に触れる必要はありません。ここでも肌への接触率が高い方は注意が必要で、化粧水はハンドプレスをするくらいであとは時間をかけて浸透させてください。

タオルで拭き取る時もなるべく刺激が少なく済むよう押さえつけながら水滴を取ると肌負担が少ないのでおすすめです。

方法④しっかりと睡眠を取る

現代人は睡眠時間が少ないと言われています。睡眠を取ることは体力を回復させるだけでなく肌の傷などの修復にもつながるので、質の良い睡眠を取ることも忘れてはいけません。

体が休んでいないとお肌も回復しないので、短時間睡眠しか取れない方は質を重視し、寝る時間を少しでも増やせるようにしましょう。

方法⑤紫外線対策をする

日焼け止めで紫外線対策の徹底をしてください。紫外線による肌ダメージは老化を加速させるため、美肌を保つためには欠かせません。

日焼け止めを塗布するのはもちろん、紫外線カット出来るファンデーションや衣類を活用するというのもおすすめです。

最近では、飲むタイプの日焼け止めなどもあり、使えるものは活用して紫外線対策を徹底するとお肌の質も安定し、肌トラブルを予防することができるでしょう。

方法⑥ビタミンBの豊富な食事

ビタミンBの栄養素もしっかりと摂取しましょう。ビタミンBにもいくつか種類がありますが、中でもビタミン1は皮脂分泌をコントロールする効果があり、ビタミン2は皮脂分泌を抑える効果があります。

ビタミン1の代表的な食材と言えば、豚肉やうなぎ、えんどうなどがあります。ビタミンB2は、レバーやサバなどに多く含まれているので、魚やお肉などを中心とした食事を心がけるのが良いです。

食事で補うことが難しい方は、サプリメントを活用する方法もあります。サプリメントなら気軽に必要な栄養を補うことができるので便利です。

油っぽい顔につながるNG行動

改善策が分かったら、次は油っぽい顔にならないための行動も覚えましょう。せっかくきれいになっても同じ繰り返しをしては意味がありません。ここでは、NG行動をご紹介するので行動の見直しの参考にしてください。

NG行動①あぶらとり紙の使用

必要以上なあぶらとり紙の使用は避けてください。テカリが気になるとすぐに取りたくなりますが、あぶらとり紙を使用すると皮脂が落ちすぎて肌が乾燥してしまったり、紙による摩擦で負担がかかったりするので注意してください。

NG行動②洗顔のし過ぎ

皮脂を落としたいからと洗顔のし過ぎは良くありません。朝晩1日に2回が目安で、それ以上の洗顔はやり過ぎになります。回数を増やすことはデメリットの方が多く、また長時間の洗顔も肌へ負担がかかるので気をつけてください。

油っぽい顔ををすっきりさせるのに役立つアイテム

最後に、油っぽい顔をスッキリさせるのに役立つアイテムをご紹介します。どうしてもテカリが気になるという方は、こちらのアイテムを活用して悩みを解消しましょう。

おすすめアイテム①Dove エクストラフレッシュ

2種類の保湿施成分を配合し、もっちりとした濃密な泡で毛穴の奥までしっかりと汚れを落とすことができる洗顔アイテムです。清涼成分のメントールも配合し、スッキリ感が味わえるので朝などの洗顔にも最適です。

 

おすすめアイテム②LUCIDO 薬用 オイルコントロール化粧水

ベタつく肌をさっぱり質感に導く化粧水です。皮脂吸着パウダー密着処方でサラサラした質感になり、テカリが気になる時はもちろん、汗をかきやすい夏場の使用にもおすすめです。

 

油っぽい顔の原因を理解してしっかりとケアしよう

皮脂分泌が過剰になる原因を理解できたでしょうか。乾燥が原因で油っぽい顔になっている方はたっぷりと保湿ケアをし、この記事を参考に正しいスキンケアと習慣を身につけて悩みを解消しましょう。

その他の関連記事はこちらから