記事作成日:

出会いがない大学生必見!出会いが見つかる場所おすすめ30選!

大学生の最大の関心ごとと言えば、出会いではないでしょうか?出会いの場所は学校の外や見落とされがちな意外な所にも広がっています。そこで今回は、出会えるスポット30選とせっかくの出会いをムダにしないポイントを解説しています。記事を参考にして、リア充な大学生活を目指しましょう。

大学生は出会いが少ない?

花のキャンパスライフといえば、恋人がいることが条件に挙げられることもしばしば。しかし、実際は学校とバイト、バイトから家の往復で「出会いの場所が少ない」と嘆く大学生の声も聞こえてきます。

そこで実際にGoogleで「大学生 出会い」というワードを検索してみることにしました。すると関連ワードとして「大学生 出会い 少ない」という何とも悲しい結果が出てくることに。果たして、大学生は出会いが本当に少ないのか真偽について見ていきましょう。

偏っている大学生の男女比率

一般的に知られている「理学部には女子が少ない」という言い伝えがあります。そのほかにも、日本の中でも難関大学として有名な「東京大学」「東京工業大学」「東北大学」などは男女比率が偏っているそうです。さらに、男子大・女子大になると異性に出会える確率は大幅に減少してしまいます。

出会いは待つものではなく作るもの

「チャンスの神は前髪しかない」という言葉があるように、自らチャンスを掴まないと逃げていきます。とは言うものの、出会いという名のチャンスの神は待ってばかりでいても自分の目の前に訪れるものではありません。

出会いを求めるためには、人のいる場所に出かけて行く必要があるのです。受け身の姿勢ではなく、積極的に出会いの場所に出向いていきましょう。

大学生におすすめの出会いの場所【大学生ならでは17選】

出会いの場所は大学だけと愚痴っていませんか?実は、大学生でなければ出会えない場所は学校以外にもあります。大学生の特権を活かして出会える場所について紹介します。

出会いの場所①大学の授業・ゼミ

大学生にとってメインの活動といえば学業です。授業には講義形式の授業もあれば、グループワークのように他の生徒と協力して作業する授業があります。そこで新しい出会いにつながる可能性があります。1日の大半を授業に費やすだけに、仲良くなる確率も高いと言えます。

出会いの場所②大学のサークル

大半の大学生が、友達作りのために何らかのサークルに入ろうとします。新歓や打ち上げ、合宿など学年を問わず仲良くなれる機会が多いです。同学年だけでなく、先輩との出会いも期待したい大学生におすすめです。

出会いの場所③大学内外の学祭

年に一度の学祭は、学生が一致団結して盛り上げるイベントです。準備段階から長い時間を共有するので、仲良くなりやすい傾向にあります。普段話す機会がない人とも接する機会があり、意外な出会いにつながるかもしれません。

また、他校からの大学生とも仲良くなれる可能性も高く、大学生ならではの出会いと言えるでしょう。

出会いの場所④学食や図書館・自習室

課題や資料探し、時間つぶしなど様々な目的で利用する機会が多い図書室・自習室。隣の机にいい人がいれば話しかけてみるのもいいかもしれません。

出会いの場所⑤通学途中の電車や駅

毎日同じ時間の電車には、同じ顔ぶれを見ることが多いではないでしょうか。自分が思っているように、相手も自分のことを意識している可能性もあります。

ひょんなことから会話が弾んで仲良くなることもあるので、気になる人がいる場合は勇気を出して声をかけてみましょう。

出会いの場所⑥大学付近の飲食店

大学付近の飲食店は、大学生が好むお店が立ち並んでいます。そのため、学生で常時賑わっています。同じ飲食店に食事をするたびに顔をあわせることで会話のきっかけになることもあるかもしれません。

出会いの場所⑦インターン・実習

インターン先や実習先で彼氏・彼女と出会ったという話はよく聞きますよね。問題解決やグループディスカションなど実際に会話する機会は多いです。

助け合い協力する場面が生まれるので、無意識に恋心が芽生えることもあるでしょう。また同じ不安を抱えてるため、吊り橋効果が働き恋愛につながる環境と言えるかもしれません。

出会いの場所⑧大学生限定の恋活パーティー

「恋活」と聞くと社会人が多く参加している印象がありませんか?しかし、大学生限定の恋活パーティーがあります。同世代の学生が集まっているので、気楽に参加できるのもおすすめポイントです。

出会いの場所⑨インカレ

女子大・男子大の大学生にはオススメのインカレ。インカレとは複数の大学から学生が集まって構成されるサークルのことです。そのため、女子大・男子大の大学生であっても、男女交流が可能になります。

出会いの場所⑩大学の友達との飲み会

大学はクラスがないことが多く、代わりにゼミがあります。また、テスト終わりや課題終わりに打ち上げと称した飲み会もあるでしょう。お酒の力もあり、積極的に話すことができます

出会いの場所⑪大学の友達の紹介

大学の友達の紹介であれば、安心して会うことができます。友人の知り合いということもあってか、全く知らない人というより仲良くなれる確率が高いです。

もし紹介された人が気に入ったら、友人が手伝ってくれるので恋愛に発展しやすいでしょう。友人も自分の性格を知っているため、自分の性格と合う人を紹介してくれるかもしれません。

出会いの場所⑫合コン

出会いを求めている人が参加する印象があり、ガツガツした人が多いと思われがちな合コン。自然な出会いを求めている人は少しネガティヴなイメージを持っているのではないでしょうか?

しかし、合コンだからって構えてばかりだと、せっかくの出会いを逃してしまうかもしれません。気軽にお酒を楽しもうという気持ちで行くと、いい出会いに恵まれる可能性も高まるでしょう

出会いの場所⑬留学

留学は日本を離れて、異国の地で勉強することもあり心細くなります。そのため、同じ日本の留学生といると安心感が芽生え、恋愛に発展することも少なくありません。具体的に留学で出会いが期待できる場所を以下で見ていきましょう

  • 語学学校・派遣先の大学
  • 留学エージェント
  • ミートアップ

「語学学校」では、日本人以外にも様々な国籍の生徒が集まってきます。外国語の習得という共通の意識を持っているので、仲が縮まるスピード早いでしょう。また、学校内では季節ごとのイベントが開催されたりと生徒同士で楽しめる環境が整っています。

「留学エージェント」を通して留学する場合は、エージェント先での出会いが期待されます。初日のオリエンテーションで銀行や携帯ショップなど生活に必要な手続きを数人のグループに分かれて行うため、知り合いになる人が多く出来ます。

初めてきた異国の地では、誰でも不安を抱えているもの。連絡先など交換するきっかけで自然と交流が始まります。

その土地の人と出会いを求めるのであれば、ミートアップがおすすめです。「ミートアップ」とは、共通の趣味や関心事を持った人たちが集まって交流を主催するイベントです。

サイトでは様々なミートアップイベントが開催されていて、地元の人と交流できる仕組みになっています。外国語の習得もでき、なおかつ出会いも期待できるので、参加して損はないでしょう。

出会いの場所⑭国際交流のイベント

大学には日本の学生だけでなく、海外から来た留学生も在学しています。中には日本語がまだつたない学生がいるので、国際交流のイベントに積極的に参加する留学生も少なくありません。日本語のチューターをしているうちに、留学生と仲良くなる可能性も高いです

出会いの場所⑮ボランティア

自然な出会いを求めたいなら、ボランティアがおすすめです。同じ目的を持った人たちが集まるので団結感を感じることができます。必然的に話す機会が生まれるため、自然と仲がよくなりますよ。

出会いの場所⑯アルバイト先

大学生になると、できるバイトの幅も広がり多くの人と出会う機会が増えます。アルバイト先で出会うポイントとしては、同年代が多い、男女比率が均等あるいは異性の比率が多いということです。出会いがあるアルバイト先としては、以下の通りです

  • ブライダル
  • カラオケ
  • カフェ
  • 居酒屋
  • 塾講師

「ブライダル」は男女ともにルックスが良い学生が多く集まっている傾向があります。スタッフ同士や正社員でさえあだ名や下の名前で呼び合う文化があるため、親しみを抱きやすいです。

また、時給も他のアルバイトと比較して高いので大学生が集まりやすいでしょう。結婚式という特別な空間で、恋愛感情が生まれることも少なくありません。

「カラオケ」は大学生など若者から人気のアルバイト先です。その理由としては比較的ゆるい職場環境が言えます。受付や呼び出しコールがない限り、忙しくなくバックでおしゃべりする時間が多く取れることもあります。スタッフ間でコミュニケーションが取れる職場と言えるでしょう。

「カフェ」はおしゃれ男子・女子が集まる職場で人気です。カフェによっては男女比率が偏っていることもありますが、お客さまとの出会いも多いのでカフェで働くメリットは大きいでしょう。

「居酒屋」は学生のアルバイトが大半と言っても良いほど大学生が集まる職場です。ノリが良く明るい雰囲気が好きな人はおすすめでしょう。

最後に「塾講師」はインテリ系の大学生や落ち着いた雰囲気の学生が多く集まる印象です。塾によってはイベントや講義内容の会議でスタッフ間のやりとりが多いこともあります。

出会いの場所⑰企業説明会やインターンシップ

企業説明会やインターシップでは、全国各地の大学から大学生が集まって来ます。最近では「リクラブ」という言葉が大学生の間で流行っているほど。

リクラブとは「リクルートラブ」の略で、就活中に恋人に出会うということです。企業説明会やインターシップで出会いがある機会としては以下のような状況があります。

  • グループワーク
  • 休憩時間
  • 懇親会・飲み会
  • SNS

インターシップの間では、実際の業務を体験することになります。実習生とは密にコミュニケーションをとりながら、仕事を進める必要が常にあります。「グループワーク」で一緒になったメンバーとは、必然的に仲間意識や団結感というものが生まれ親交を深めることができるでしょう。

「休憩時間」にも、基本的に一緒に参加しているインターン生同士でかたまることが多い傾向にあります。仕事から離れてプライベートな会話を楽しむことができるでしょう。

インターンシップが終了しても、就活の情報交換と称し「懇親会・飲み会」を頻繁に開くこともあるかもしれません。

今では「SNS」が普及しているので、いつでもインターン生同士で繋がることができます。SNSでは、仕事場では見えない普段の生活を垣間見ることができるので、より親近感を感じられやすいでしょう

大学生におすすめの出会いの場所【18歳以上4選】

学校の外にも出会える場所が広がっています。ここからは18歳以上になった大学生にオススメの出会える場所について確認していきましょう。

出会いの場所⑱街コン

社会人とも出会え、順番に回っていろんな人と短時間で触れ合える場所です。話し下手の人もトークテーマが決められているため、話しやすいメリットがあります。司会者によってイベントを盛り上げてくれる工夫もされており、一度は参加したい出会いスポットです。

気に入った人がいると後で名前を書き、相手も自分の名前を書いていれば見事マッチングできるシステムもあります。出会いベタの人は街コンから初めてみてはどうでしょうか?

出会いの場所⑲免許合宿や教習所

免許合宿や教習所は恋人を探すホットプレイス。免許を取るためには、何度か教習所に通う必要があります。また、比較的大学生などの若い層が集まっているため、一緒に勉強するなど交流が持てます。

学校のような雰囲気で、自然と仲も深まります。また、免許合宿では、通常より安く免許を取得できることもあってか若者に人気でおすすめです。合宿所の近くに観光施設があれば、休みの日に一緒に観光するなどして親交がさらに深まるでしょう。

出会いの場所⑳クラブ

怖い印象を持たれがちのクラブですが、実はとてもおしゃれで出会いの場としても優秀な場所です。大音量で音楽が流れているので、必然的に話す距離が縮まります。積極的な男性や可愛い女性も多く若者の熱気で盛り上がっています

おすすめは金曜日の夜。深夜2時からは人の流れも積極的になって来るので楽しいです。クラブは若者が出会いの場所として、活用している場所と言えます。ダンス好きの学生や音楽を聴きに来る感度の高い学生と知り合いになれるのもおすすめポイントです。

出会いの場所㉑バー

大人の雰囲気が漂い入りづらいバー。しかし、最近ではイマドキ女子とおしゃれ男子が集まる場所として人気です。お酒を飲みながらゲームを楽しんだり自然な出会いが期待されます。

お酒が飲める大学生であれば行って損はないでしょう。大学生におすすめのバーとしては以下の通りです

  • スイッチバー
  • 立ち飲みバー
  • スポーツバー

「スイッチバー」は自然な出会いに特化したバーのことです。立ち飲みスタイルで気になった人がいれば、自由に話しかけれる工夫がされています。参加している年齢層としては大学生から20代前半が多い印象です。イマドキなおしゃれ男女が集まっていることから、大学生にはぜひ訪れてほしいバーの一つです。

「立ち飲みバー」は、一昔前の居酒屋スタイルではなく、おしゃれなパブのような雰囲気です。比較的、社会人が多い印象ですが年上の人が好みという方にはおすすめできるバーと言えるでしょう。

「スポーツバー」はスポーツ観戦しながらお酒を楽しむ場所です。スポーツ観戦が好きな人たちが集まるので、男性が多い傾向にあります。そのため、女性が参加すると話しかけられる機会が多くなる可能性も否めません。もちろん、スポーツ好きの人であれば、共通の話題から親交が深まるきっかけとなるでしょう。

補足として本格的なバーは大人の社会人、お酒を楽しむ人、外国人が多い印象です。自分の好みに合わせて行くバーを選びましょう。

大学生におすすめの出会いの場所【季節・イベント6選】

若者が多く集まる場所といえば、イベントを連想される方も多いのではないでしょうか?出会いのきっかけとして、どんなイベントがあるのか確認していきましょう。

出会いの場所㉒音楽イベント・フェス

盛り上がりやすく、音楽好きなど共通の趣味の人と知り合えるのがポイントです。テンションが高くなっているせいか、会話が弾むことも。そのことがきっかけで連絡先を交換し、後で合う約束に繋げることもできるでしょう。

出会いの場所㉓花火大会・祭り

花火大会や祭りは海での出会いに似ています。同性同士のグループで参加している場合は、声がかけやすく恋愛に発展しやすいでしょう。野外での開放的な雰囲気に若い男女が盛り上がること間違いなしです。

出会いの場所㉔海・プール

出会いの季節である夏。学生であれば夏の思い出として海に出かける学生も多いのでは?話のきっかけとして、写真を撮ってもらうよう頼んでみましょう。声をかけるのが苦手な人でも自然に会話のきっかけをつかめることができます。

他にも海の家で出会いを探すのもおすすめです。海の家では多くの若者が集まっているので積極的に声かけをしましょう。また、ナイトプールではナンパされる確率が高いです。開放的な気分から、若者同士で交流が始まります。浮き輪やボードを貸し借りなどを通じて一緒に交流するのもいいかもしれません。

出会いの場所㉕スキー場

スキーウェアを着ていれば、2倍増しでかっこよく・可愛く見えるというゲレンデマジックに騙されて恋する若者も多いのだとか。スキー初心者の女子であれば、スキー上手な男子に教えてもらいながら急速に仲が縮まります。

教えながら、体に触れることもあるのでドキドキ感もアップし恋愛関係に発達することもあるかもしれません。

出会いの場所㉖旅行

旅行先でのロマンティックな出会いには一人旅がおすすめ。シェアハウスやゲストハウスなどは激安で宿泊できることから、若い人も多い傾向です。

出会いの場所㉗リゾートバイト

大学生に人気なリゾートバイト。リゾートバイトとは、観光施設や宿泊施設で泊まり込みしながらバイトする働き方です。リゾートバイトの最大の魅力は食費・住居費がかからないこと。

そのため、お金がない大学生たちが長期休暇を利用してリゾートバイトにやって来ます。バイトが休みの日は、バイト仲間で観光を満喫して親睦が深まるので、出会いやお金を効率稼ぎたい大学生にぴったりです。

大学生におすすめの出会いの場所【インターネット3選】

最近では人と直接会えなく、出会いの機会すらないですよね。しかし、家から出なくてもインターネット上で簡単に出会える世の中になりました。ここからはインターネットで出会える場所について紹介します。

出会いの場所㉘マッチングアプリ

近年流行りのマッチングアプリがおすすめ。ケータイ一台で様々な異性と出会え、自分好みの相手に出会えます。注意点としては、メッセージのやり取りを通して直接会うまでに時間がかかること。

この段階をクリアできれば、お互いの同意の上で実際に会うことができます。「ペアーズ」や「タップル誕生」はマッチングアプリ初心者の方でもおすすめ。タップル誕生は若い層が多い印象で大学生の方が使いやすいでしょう。

ペアーズは大学生から社会人がいる印象で、本気で恋人を求めている人におすすめです。どちらも本人確認書類を提出しないといけないため、本気で出会いを求めている人が多い印象です。

出会いの場所㉙SNS

インスタやツイッターでの出会いも若者に人気です。人気のインフルエンサーのオフ会など共通の趣味を持っているもの同士、会話がはずむメリットもあるでしょう

出会いの場所㉚オンラインゲーム

オンライゲームにもチャット機能がついており、ゲーム内での会話のやりとりで仲良くなることもあります。人気ゲーム「どうぶつの森」では荒野行動でコミュニケーションを取ることができ、大変人気です。

大学生での出会いを逃さないポイント

せっかく出会いの場に出かけても、出会いを逃しては意味がありません。ここからは、出会いを逃さないための3つのポイントについて紹介します。ポイントを参考にして良い出会いを掴みましょう。

ポイント①自分から話しかける

「欲しいものがあれば取りに行く」という言葉があるように、積極的に自分から行動しましょう。話しかけられるのを待っているより、自分から話しかける方が早く仲良くなりやすいという傾向があります。

というのも、オープンマインドを表すことができ相手の心も早く開くことができるメリットがあるからです。相手の警戒心や心を開くためにも、まず自分から声をかけ、親しみやすい雰囲気を出していきましょう。

女性も男性も話しかけるのが苦手な人が多いです。話しかけることができる人は魅力的に見えます。実際に自分から話しかけることができる人が出会いをモノにできていることが多いです。

最初は抵抗があったとしても、徐々にコツを掴めてきます。いつ運命の人が現れてもいいように、話しかける練習を多く積みましょう。

ポイント②身だしなみを整えておく

見た目が一番重要ではないと言いますが、初対面において見た目はとても重要です。見た目に関する有名な説「メラビアンの法則」「初頭効果」の2つ紹介していきます。2つの説についての詳しい解説は以下の通りです。

【メラビアンの法則】

人が物事を判断するときに最も重視する情報が、「目から得た情報」と言われています。どれだけいい言葉やいい内容の話をしていたとしても、さほど心に響かないということを実証しています。

【初頭効果】

初対面の人のイメージはその人の第一印象で決まると言われており、3秒ほどの短い時間でどんな人か判断されるそうです。第一印象のイメージは、最大で半年間から2年ほども続くと言われています。この法則からもどれだけ外見が、人の判断に影響を与えるのかが分かります。

外見の良し悪しではなく、身だしなみは誰でも整えることが可能です。「清潔感」を意識して、においや服装、髪の毛を整えて出会いの場に出向くようにしましょう。

ポイント③ポジティブになる

まず、笑顔と明るい話題を心がけましょう。心理学でも「ポジティブ・ハロー効果」と呼ばれる効果があります。この効果は、目立っていたり良い点があれば、他の点もよく見えるというものです。

あいさつや礼儀、愛想がいい、食べ方など基本的で小さなことでもできていれば、他の面も優れていると人に印象づけることができるのです。逆に謙遜しすぎや自虐のやりすぎはやめましょう。ネガティブや暗いといった悪い印象を持たれかねません。

自分に自信があり、いつでも前向きな人は魅力的で人を惹きつける力があります。笑顔でニコニコしている人は男女問わず人気を集めることでしょう。

大学生の出会いの場所で一歩踏み出そう

いかがでしたか?大学生の出会いの場所は大学だけではありません。また、大学生活は一度しかありません。大学生ならではの出会いも大切にしつつ、積極的に今回紹介した出会いの場所にも出向いていきましょう。

その他の関連記事はこちらから