2018/07/27

デニムは【永久定番】!トレンドだからこそ長く愛せるブランドが欲しい

デニムをクールに履きこなすことはおしゃれを制するも同然です。理由は永遠の定番であり、また履くことでコーディネートの良さがひき立つアイテムだからではないでしょうか。今季のトレンドでもあるデニムを集め、ご紹介します。

●洗練された都会派デニムブランド

A.P.C.(アーペーセー)

スクリーンショット 2015-09-17 15.58.57

出典:A.P.C instagram

「生産と創造の工房(Atelier de Production et de Creation)」を意味するブランド名を関しているA.P.C.は異なる体型の方すべてにフィットするデニムを発表しています。クラシックでありつつも、モダンである理由はここにあると言ってもいいでしょう。シンプルなデザインでありつつ、崩しすぎない魅力を持ったデニムだといえます。シルエットが美しく、シャープさとクールさを兼ね備えていて、上品にデニムを履きこなしたい方におすすめです。

AG(エージ—)

スクリーンショット 2015-09-17 16.12.38

出典:AGjeansJapan facebook

ほどよいリラックス感と洗練されたデザインが人気のAGはさらりと履きこなせる魅力があります。ベーシックなスタイルを持ち、さらに少しゆとりを持たせたデニムは大人の男性にも気分良く履けるでしょう。豊富なデザインを持ち、日本人の体型をカバーするデザインのデニムも取り扱っていて、単なるリラックス感のあるデニムではなく、休日のデートに履くデニムという面も持っています。

MHL.(エムエイチエル)

スクリーンショット 2015-09-17 16.22.08

出典:margarethowell official

マーガレット・ハウエルのカジュアルラインがMHL.です。こちらのデニムはCANTONとのコラボで誕生しました。マーガレット・ハウエルの持っているエレガントさを残したデザインのデニムに仕上がっています。シルエットもすっきりと整ったオリジナルの魅力を持ち、ヴィンテージのような味わいとモダンな機能性の融合で、洗練されたコーディネートを約束してくれるはずです。

TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

スクリーンショット 2015-09-17 16.33.59

出典:takeokikuchi world store

履いた瞬間から快適さを実感し、さらに日本人の体型をカバーするシルエットに仕上がっているデニムを探し出せるのがタケオキクチです。腰高に見せ、さらに足長効果も高く、ほどよいゆとりもり、大人の男性がデニムを履くときの悩みをクリアさせます。特にストレートのデニムは洗練された雰囲気で履きこなせ、デニムに対して苦手意識や似合わないという思い込みがあるという方も試してみる価値があります。

●ベーシックなシルエットを追求したデニムブランド

RED CARD(レッドカード)

スクリーンショット 2015-09-17 16.41.25

出典:redcard official

見た目は重量感たっぷりでも、ライトオンスなので履きやすいデニムになっているのが国産ブランドのレッドカードです。ヴィンテージ風の加工が施されていて、履きこんでいる雰囲気になっています。デニムをすぐさまこなれた雰囲気に履きこなしたい、という方におすすめ。しなやかな肌触りと柔らかさがある生地とゆとりのあるデザインなので、デニムの履いた感触が好みではないけどトレンドは取り入れたい、という方にもおすすめです。

YAECA(ヤエカ)

スクリーンショット 2015-09-17 17.02.16

出典:STRATO YAECA

日常着としてのデニムを提案するヤエカは国産ブランドの中では、生デニムから自分にしっくりとくるデニムに育てる感覚を大事にしています。13オンスとスタンダードな生地を使い、ゆったりとしたシルエットなのでデニムを日常的に履きこなしたい方におすすめ。履きこんでいくうちに深いインディゴに変わり、自分なりのデニムができあがるという男心をくすぐる仕様もヤエカのデニムの魅力なのです。

Johnbull(ジョンブル)

スクリーンショット 2015-09-17 17.10.58

出典:johnbull instagram

日本のデニム生産中心地区である岡山で生まれたデニムブランドであるジョンブルは60年代を意識した縦落ちの色ムラとゆとりのあるシルエットが特徴です。ベーシックなデザインを考えつつ、機能性を加味しているデニムで縫製も本格的。とことんデニムを履きこなし、身体の一部にしたいほどの方ならジョンブルはまさしく理想的なデニムだといえます。カジュアルからモード系まで対応するのもベーシックな魅力があるからこそです。

LEVI’S(リーバイス)

スクリーンショット 2015-09-17 17.14.48

出典:levis instagram

すべてのデニムの元祖といえるのはやはりリーバイスです。特に永久に基本とされる501は年代で細さやサイズのゆとりに変化はあっても、永遠の定番だといえるでしょう。また近年で通称「ロクロク」こと、60年代の501を現代風のデザインを加えて発表しました。履いた瞬間からデニムを楽しめることもあり、ベーシックさとスタンダードなデニムにこだわるなら501をおすすめします。

●快適な履き心地を追求したデニムブランド

ACNE STUDIOS(アクネ ストゥディオズ)

スクリーンショット 2015-09-17 17.23.19

出典:acnestudios official

なめらかな肌触りの生地で女性にも大人気なのが、スウェーデンで生まれたアクネ ストゥディオズです。一般的に履き心地よりも見た目を重視しなければならないスキニーデニムですら、しっとりとなじむ感触になっています。フィット感は欲しいけれど、履き心地もよくあってほしいなら、このブランドのデニムがおすすめです。またスリムなシルエットには足長効果も期待できます。

DIESEL(ディーゼル)

スクリーンショット 2015-09-17 17.28.59

出典:diesel instagram

セクシーでロックな雰囲気漂うデザインのデニムを数多く出しているディーゼルは履き心地もほどよくゆとりがあって快適です。ダメージ加工されていたり、ヴィンテージ加工されているデニムであっても、きちんと清潔感があって、単にセクシーでロックな雰囲気だけに転ばないのもデザインが完成されているからです。快適な履き心地と見た目のクールさを両立させているデニムを大人の男性なら履きこなしてみませんか。

YANUK(ヤヌーク)

スクリーンショット 2015-09-17 17.35.47

出典:yanuk official

複雑な加工工程を経て生み出される絶妙なヴィンテージ感と柔らかな履き心地で快適なデニムを提案しているのがヤヌークです。メンズラインも充実しはじめてきて、柔らかな履き心地と美しいシルエット、ほどよいフィット感がカジュアルスタイルにぴったりです。デニムを気楽に履きこなしたい男性ならヤヌークのデニムに納得するでしょう。デニムはすでに履き心地が硬いものではなくなっているのです。

KORAL(コラール)

スクリーンショット 2015-09-17 18.19.21

出典:koral_denim instagram

もともとはレディース専門のデニムブランドでメンズは受注だけにとどめていたコラールですが、現在はメンズラインも発足させました。このコラールの大きな魅力は柔らかで、ほどよくフィットする感触と履いたときの立体感が素晴らしいことにあります。3Dとも呼ばれているコラールの立体感はデニムを履いたシルエットに緊張感を与えるのですが、履いている方は快適という素晴らしいメリットがあるのです。

 

▼編集部おすすめのデニムアイテム3選