【2020】人気ブランドのおすすめ名刺入れ15選!プレゼントにもおすすめ!

ビジネスシーンで一つは必ず持っておきたいアイテムである名刺入れですが、様々な素材やカラー、機能性のものがあり迷われている方も多いでしょう。名刺交換をする際にさりげなく見えるファッションアイテムでもあるため、できる限りこだわりたいところです。

そこで今回は、職種やシーンに合った名刺入れの選び方や、おすすめのアイテムをブランド別にご紹介していきましょう。

メンズ用名刺入れの選び方

名刺入れにも様々なデザインや機能性のものがあるため、自身の職種に適したものを選ぶことが重要です。ここで、名刺入れの選び方について詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

選び方①素材

素材は、本革が一番のおすすめです。本革は高級感と上品な印象を持ちますので、ビジネスシーンに最適であり、まず選んでおけば間違いないでしょう。

アルミ製の名刺入れも販売されていますが、こちらは避けておくのが無難です。個性的ではありますが、本革と比べるとチープな印象が出てしまうため、おすすめできません。また、名刺を取り出す際にどうしても金属音が出てしまうのも、相手を不快にさせてしまう可能性があります。

選び方②収納枚数

収納枚数は名刺交換をする頻度によって変わりますが、特に一日の交換枚数が多い職種の方はしっかりチェックしてから購入しましょう。名刺交換を行う頻度の高い方は、多くの枚数を収納できる通しマチのものがおすすめです。

一方であまり名刺交換を頻繁に行わない方は、薄めに作られている笹マチのものがおすすめです。一般的な名刺入れは20~30枚程度収納できるようになっていますが、名刺交換を頻繁に行う方は最低でも50枚は収納できるものを選びましょう。

選び方③ポケット

ほとんどの名刺入れには、しっかり整理できるようにポケットが付けられています。このポケットの数も様々ですが、自分の名刺と相手の名刺を区分けできるように、2つ以上付いているものが便利です。さらに、名刺交換を頻繁に行う職種の方には、3つのポケットが付いている名刺入れがおすすめです。

3つに区分けできると、手前にすぐ出せるように自分の名刺を入れておき、他2つに相手の名刺やストックの名刺を入れておくことができるためです。

選び方④カラー

カラーは、持つ人の雰囲気や印象をがらりと変える力があるので、非常に重要なポイントです。まず一般的なビジネスマンに多く使用されるのが、ブラック、ネイビー、ブラウンです。この3色は職種やシーン、スーツのデザインなどを選ばず万能なカラーだと言えるでしょう。

特に新入社員の場合は、この中から選んでおくのがベターです。少し個性を出したい場合は、グレーやダークグリーン、ボルドーなどもファッション性が高く、おすすめです。

人気ブランドのおすすめ名刺入れ15選

様々なファッションブランドやレザーグッズブランドが、素材やデザインにこだわった名刺入れを製造しています。ここでおすすめの名刺入れをブランド別にご紹介しますので、ぜひ気に入ったものがあればチェックしてみて下さい。

人気名刺入れブランド①ポールスミス

ポールスミスは、1970年にイギリスで創業されたファッションブランドです。創業者はデザイナーでもあるポール・スミスで、彼はもともと自転車のプロレーサーを目指していたものの、事故でその夢は絶たれてしまいました。

その後、友人の影響でファッションに興味を持ち、デザイン学校出身の妻からデザインを学びました。ポールスミスは当初、イギリスでオープンしたセレクトショップであり、マーガレット・ハウエルやケンゾーなどを扱っていました。

自身のブランドを立ち上げてからはパリコレに参加するなど、その名を世界に広げていきました。クラシカルな中にもポップな表情を持つ個性的なデザインは、多くのファンから愛されています。

おすすめ商品

この商品は床革と牛革を使用しており、パルメラート加工されたシティエンボスの名刺入れとなっています。表面にはさざ波のような型押し模様が施されており、これは木製のローラーを使用した英国ならではの伝統的なレザーから影響を受けています。

デザインやカラーバリエーションは非常にシンプルで、ブランドロゴが右下にゴールドの文字で記されています。名刺入れ部分の他に、ポケットが2つ付けられているのも実用性があり魅力的です。また、名入れができるため、ギフトとしても大変喜ばれるでしょう。

画像引用元:https://www.pinterest.jp/pin/377809856230936359/ キーケースは財布やパスケース...

 

人気名刺入れブランド②イルビゾンテ

イルビゾンテは、1970年にイタリアで創業された革製品ブランドです。創業者は、革バック職人であるワニー・ディ・フィリッポと妻のナディアで、今や革製品大国と言われる自国イタリアのみならず、世界中で認知されるブランドとなっています。

イルビゾンテというブランド名は「水牛」を意味しており、ブランドロゴも水牛をモチーフとしたデザインになっています。これは、バッグや小物類などに必ず押されている刻印としても有名です。

製品は100%天然のレザーを使用し、一点一点ハンドメイドで作られているというこだわりがあります。そのクオリティは高く評価され、使用し続けるとどんどん変わっていく表情も非常に愛着がわき、多くのファンを魅了し続けています。

おすすめ商品

この商品はナチュラルレザーを使用した、イルビゾンテならではの質感が楽しめる名刺入れとなっています。自然とついたキズやムラなどがヴィンテージ感をより一層引き立たせ、使っていくうちに経年変化を感じることができます。

開閉はゴールドのスナップボタンで行い、内側にはカードポケットが2つ付けられています。厚みのない作りになっているので、あまり複数枚の名刺を入れない方におすすめです。

https://www.pinterest.jp/pin/630504016556339868/ 「財布」で検索するとからなず名前を目にするレ...

 

人気名刺入れブランド③ホワイトハウスコックス

ホワイトハウスコックスは、1875年にイギリスで創業された老舗の革製品ブランドです。創業者であるホワイトハウスとサミュエル・コックスは、当初乗馬の際に使用する手綱や鞍などを製造する、馬具工房としてこのブランドをスタートさせました。

馬具に使う牛革である、ブライドルレザーを現在でもほとんどの商品に使用しており、本革なのに耐久性に優れ水分を浸透しにくいという実用性の高さが魅力的です。

おすすめ商品

ホワイハウスコックスならではともいえる、ブライドルレザーを使用した名刺入れです。ブライドルレザーの表面にはロウが使用されているため、ブルームと呼ばれる白い粉が浮き出ることがありますが、これも一つの味と言えるでしょう。

デザインはシンプルかつベーシックであり、二つ折りを開くとマチのあるメインポケットと、マチのないカードポケットに分かれています。メインポケットだけでも約20枚の名刺が収納できるため、実用性が高いのも魅力的です。

 

人気名刺入れブランド④ダンヒル

ダンヒルは、1880年にイギリスで創業されたファッションブランドです。創業当初は馬具用品の製造会社でしたが、息子のアルフレッド・ダンヒルが会社を継ぎ、社名をダンヒルとしました。それからは馬具用品だけでなく、自動車関連の小物やタバコ関連の製品も販売し、売り上げを伸ばしていきました。

アパレルからファッショングッズまで様々な製品を販売していますが、紳士的で渋さも感じられるデザイン性は多くの男性ファンから愛されています。

おすすめ商品

この商品は、上質なレザーを使用したシンプルな名刺入れとなっています。気品のある大人な雰囲気を持ったダンヒルらしいデザインは、飽きの来ない長年使えるアイテムと言えるでしょう。

二つ折りになっており、カードポケットが2つ、名刺用メインポケットが1つ、オープンポケットが1つと実用性も高いです。表面右下に、シルバー板のブランドロゴが施されています。

https://scottandcroft.wordpress.com/2015/11/ 深い歴史を持つ英国ブランド「ダンヒル」の紳士的ネクタ...

 

人気名刺入れブランド⑤ブルガリ

ブルガリは1884年にイタリアで創業されたブランドで、創業者であるソティリオ・ブルガリは銀細工職人でした。才能ある職人だったために、その高い技術の中で生み出される製品は、瞬く間に評判を呼んだのです。

ブルガリと言えば世界5大ジュエラーとして称されており、高級ジュエリーのイメージが強いですが、バッグや財布の製造もしているため、革製品もこだわって作られています。

おすすめ商品

ブルガリの大人気シリーズである「ブルガリブルガリ」のカードケースです。使用されているグレインレザーは耐久性が高く、独特なシボ感は大人で紳士的な魅力があります。右下に施された、シルバーのブランドリングがアクセントとなり、高級感を感じられます。

マチはあまりありませんが、ポケットが全部で6個付けられているので、機能面で充実していると言えるでしょう。

 

人気名刺入れブランド⑥タケオキクチ

タケオキクチは、1984年に日本で創業されたファッションブランドです。創業者はブランド名でもある菊池武夫氏であり、日本が誇るデザイナーです。菊池氏は、日本人で初めてメンズウェアをパリへ進出させたことでも有名です。

タケオキクチのコンセプトは「London POP」であり、イギリスファッションからインスパイアされた小粋なデザインが特徴的です。アパレルラインがメインではありますが、スーツやネクタイなどビジネスアイテムも人気を集めており、リーズナブルながらもこだわったデザインは非常に魅力的です。

おすすめ商品

タケオキクチの人気シリーズである「テネーロ」の名刺入れです。テネーロは一度生産終了してしまったシリーズなのですが、非常に人気があり再販を願うファンが多かったため、少量生産で復活を遂げました。

素材には柔らかい牛革を使用し、シンプルなシボ感の中にステッチのカラーワークがアクセントとなっているのが特徴的です。メインポケットには約50枚の名刺が収納できるほか、カードポケットが2つ、フリーポケットが1つと大変高い機能性を持っています。

 

人気名刺入れブランド⑦ポーター

ポーターは、1935年に日本で創業された鞄メーカーである株式会社吉田(通称:吉田カバン)が展開するメインブランドです。名前の由来は、ホテルの荷物運びを行うポーターから来ています。こだわり抜いたジャパンメイドの製品は国内外から愛されています。

創業者である吉田吉蔵氏は、天皇陛下のトランクを手掛けたこともある実力の持ち主であり、吉田カバンのスローガンとも言える「一針入魂」の精神には、吉田氏の鞄製作に対する熱い思いが込められています。

おすすめ商品

ポーターの人気小物シリーズである「PORTER CURRENT」の名刺入れです。牛革の中でも強度の高い牛ステアに、エンボス加工を施した素材となっており、穏やかな波のような型押しが特徴的です。

シンプルで落ち着きのあるデザインは、大人の魅力を引き立たせてくれます。留め具のない二つ折りタイプは名刺やカードが取り出しやすく、マチのあるメインスペースのほかにカードポケットが3つ付けられているため、小分け収納が大変便利です。

 

人気名刺入れブランド⑧ラルフローレン

ラルフローレンは、1968年創業のアメリカで生まれたファッションブランドです。創業者はブランド名でもあるラルフローレン(本名:ラルフ・ルーベン・リフシッツ)であり、ブルックスブラザーズのネクタイ製作に携わったことをきっかけに、デザイナーとして活躍していきました。

創業当初は、ポロ・ラルフローレン社として設立しましたが、2011年にラルフローレン社に社名を変更しました。ベーシックカジュアルで親しみやすいデザインは、アパレルラインだけでなく雑貨や小物類も大変人気があり、世界中のファンから愛されています。

おすすめ商品

この商品は、上質なレザーを使用したシンプルな名刺入れとなっています。自然についたキズや色ムラ、シワなどが感じられる素材感は、本革ならではだと言えます。

スナップボタンでの開閉で、マチのあるメインポケットのほかに、カードポケットが2つ、スリットポケットが1つ付けられています。

 

人気名刺入れブランド⑨ボッテガヴェネタ

ボッテガヴェネタは、1966年にイタリアで創業された高級ファッションブランドです。創業者であるミケーレ・ダッデイとレンツォ・ゼンジアーロ夫妻は、職人技を活かしたレザーグッズを製造し販売することを目的としてこのブランドを設立しました。

ボッテガヴェネタの代名詞とも言われる、レザーの編み込み技法「イントレチャート」を開発したのは有名な話であり、現在でもボッテガの伝統技法として広く使用されています。

おすすめ商品

ボッテガの代名詞でもあるイントレチャート技法を使い、上質なレザーが丁寧に編み込まれたカードケースとなっています。ダークな光沢は高級感をより一層引き立たせ、大人な男性を演出してくれます。

名刺を収納するマチのあるメインポケットに加え、カードポケット1つ、外ポケット1つというスマートな作りになっているため、スーツの内ポケットなどからもさっと出し入れすることができます。

 

人気名刺入れブランド⑩ルイヴィトン

ルイヴィトンは1854年にフランスで創業された、言わずと知れた老舗の高級ファッションブランドです。創始者はブランド名でもあるルイ・ヴィトンで、彼はスーツケース職人であったためにトランク工場としてその歴史は始まりました。

しかしルイヴィトンが広く評価されるようになったのは、ルイの死後であると言われており、息子のジョルジュ・ヴィトンが世界的な企業へと発展させました。

1987年にシャンパンメーカーであるモエ・ヘネシーと合併しLVMHグループが誕生してからは、クリスチャン・ディオールやフェンディなどのトップブランドを傘下におき、更に巨大なブランド企業にまで上り詰めました。

現在でもその人気はとどまることを知らず、世界中の多くのファンから愛されています。

おすすめ商品

ヴィトンの定番人気シリーズでもあるダミエの、ダミエ・グラフィット キャンバスを使用したカードケース「アンヴェロップ・カルト ドゥ ヴィジット」です。

マチ付き名刺収納ポケットには20~30枚の名刺が収納できるほか、カード用ポケットが3つ付けられているため、大変実用的です。少し奮発したいという方に、長年愛される老舗トップブランドが製作する名刺入れはステータスにもなりえるため、おすすめしたいアイテムです。

 

人気名刺入れブランド⑪エッティンガー

エッティンガーは1934年にイギリスで創業された、レザーブランドです。創業者であるジェラルド・エッティンガーの作るレザー製品は、非常に高い評価を得ており、1996年に英国王室御用達(ロイヤルワラント)を授かっています。

エッティンガーの製品は最高級のレザーを使用しており、その質の高さは群を抜いています。主な製品は馬具に使用されるブライドルレザーで作られているため、強度や耐久性の面でも定評があり、多くのセレブからも愛用されています。

おすすめ商品

ブライドルレザーを使用した、シンプルでクラシカルなデザインが特徴のカードケースとなっています。内側には、馬の鞍の背中に当たる部分の革である、パネルハイドを使用しており、ケースを開いた時に見えるイエローのアクセントカラーがポイントとなっています。

マチのあるメインポケットには30枚前後の名刺が収納でき、3つのカードポケットも付けられているため、非常に使いやすいデザインとなっています。

大人の男性の魅力を引き立たせる、上質なレザーとも言える「ブライドルレザー」。革にロウを何度も塗り込み仕上げた高品質のレザーとして、男性の小物など...

 

人気名刺入れブランド⑫ブリティッシュグリーン

ブリティッシュグリーンは1989年に日本で創業された、株式会社JALUX STYLEが展開するレザーおよびメンズファッションブランドです。レザーグッズにはイギリスの老舗レザー製造業者である、セドウィック社のブライドルレザーを使用しています。

主にインターネット販売で業績を上げており、店頭で扱っている店舗は数少ないのが現状です。上質で伝統的な英国ブライドルレザーを使用しながらも、非常にリーズナブルな価格を実現しており幅広い年齢層から人気があります。

おすすめ商品

最高級品質のブライドルレザーを使用した、美しい光沢が魅力的なカードケースです。表面に浮かぶ白い粉はブルームと呼ばれ、ブライドルレザーの特徴でもあります。シンプルなデザインですが、カラーバリエーションが豊富なため、自分好みのものが見つけられるでしょう。

メインの名刺ポケットには、約80枚の名刺が収納できる機能性の高さを誇り、他にもカードポケットが4つ付けられているため、細かく整理したい方に最適です。非常にコストパフォーマンスが高いため、手軽に上質な名刺入れを購入したい方におすすめのアイテムです。

 

人気名刺入れブランド⑬Valextra

ヴァレクストラは、1937年にイタリアで創業されたレザーグッズブランドです。創業者はジョバンニ・フォンタナで、馬具作りからスタートしました。その後は最高級の馬具を作るための製造技術を活かし、数々のバッグや小物類を製作し、高い評価を得ました。

当初から、ワニや像などのエキゾチックレザーを使用した独特なデザインのアイテムを製造し、反響を呼んでいました。シンプルで主張しすぎないデザインは幅広く愛されています。

おすすめ商品

上質なグレインレザーを使用した、ヴァレクストラらしいカードケースとなっています。無駄のない至ってシンプルなデザインは、ブランドロゴさえも内側に小さく施すだけであり、こだわりの最高級レザーを存分に楽しめる作りだと言えます。

マチはなく、カードポケットが6つ付けられているため、大量の名刺を持たない方におすすめです。

 

人気名刺入れブランド⑭フェリージ

フェリージは1973年にイタリアで創業された、レザーグッズブランドです。創業者であるアンナリサ・フェローニが若き頃に趣味で製作した革製品が評判となり、革工房をオープンしたのが始まりです。ブランドロゴには、創業の地フェラーラの地主であったフェリージ家の紋章が描かれています。

革職人が一つ一つ手作業で製作しており、その質の高さと個性あふれるデザインは多くのファンを集めています。

おすすめ商品

クロコダイル模様を型押ししたエンボスレザーを使用した、おしゃれな名刺入れとなっています。豊富なカラーバリエーションと、2トーンカラーが特徴のデザインは個性的なカードケースを探している方におすすめです。

マチのあるメインポケットには約50枚の名刺を収納できるほか、2つのカードポケットも備わっているため、機能性も高いアイテムとなっています。

 

人気名刺入れブランド⑮CALVIN KLEIN

カルバンクラインは、1968年にアメリカで創業されたファッションブランドです。創業者はデザイナーでもあるカルバン・クラインと、彼の幼馴染であったバリー・シュワルツであり、数点のドレスとコートだけというラインナップでスタートさせました。

当初ホテルの一角にしか店舗はありませんでしたが、大手高級百貨店のMDの目に留まり5万ドルのオファーを受けたことをきっかけに、みるみるうちに業績を伸ばしていきました。現在では、アパレルのみならず雑貨や時計など様々なファッションアイテムを手掛ける、世界的なブランドとして有名です。

おすすめ商品

カルバンクラインらしい、シンプルで主張しすぎないデザインが特徴のカードケースです。型押しレザーを使用しており、表面のシボ感はレザーならではの風合いを見せます。

収納力のあるメインポケットの他に5つのカードポケットも付けられており、実用性抜群です。リーズナブルなので、幅広い年齢層の方におすすめです。

 

ビジネスの必需品!おしゃれな名刺入れを持とう

名刺入れを選ぶ際のポイントや、おすすめのアイテムについて詳しくご紹介しました。数々の有名ブランドがレザーの質やデザイン、機能性にこだわって作った名刺入れは非常に魅力的で、ファッションアイテムとしてもよりおしゃれに見せてくれます。

それぞれの特徴が異なるため、いくつか持っておきシーンによって変えるのも良いですし、上質なものを一つ購入し使い続ける中で、本革の経年変化を楽しむのもおすすめです。ぜひこの記事を参考にして頂き、お気に入りの名刺入れを見つけてみて下さい。

その他の関連記事はこちらから

twitter.com 今や100均でも売られているネクタイ。対照的に、有名ブランドのネクタイは一本数万円のものが販売されており、そんなに違う...
名刺入れどうしようかな、新しいのが欲しいけどどのブランドを選べばいいかよくわからない、といったビジネスマンは案外多いのではないでしょうか。 ...
ビジネスマンであれば普段から名刺入れを使う機会は多いかと思いますが、改めて聞かれると正しい使い方はよくわからない、という方も多いのではないでしょ...