記事作成日:

何もしたくない原因は?無気力でやる気が起きない状態からの脱出方法

生活している中で、何もしたくない、何をする気力も湧いてこないといった時はありませんか?実際何も手に付かないというのは問題ですし、早くそんな無気力感を解消したいところでしょう。そこで本記事では、無気力でやる気が起きない時の原因や脱出法などをご紹介します。

無気力で何もしたくないと感じる原因

日々を楽しく生きている人も居れば、何もやる気が起きない無気力状態が続いている方も居ます。情報にあふれ何でも始める事が出来る現代において、なぜそんな無気力な状態になってしまうのか、まずはその原因から解説します。

何もしたくない原因①自信がない

まず1つ目は、自分に対する自信がない事です。自信を無くしてしまう発端はいくつか考えられますが、仕事で何か失敗をしたり、上手く事を運べなかった、友人に対して劣等感を抱くときがあった、失恋したといったような事が挙げられます。

こうした経験をした時には、人によって程度はあれど自信を喪失してしまい、動けなくなってしまいがちです。自信を無くすという事を、イコールで何をしたところで上手くいかないと考えてしまうのです。

何もしたくない原因②ストレスが溜まっている

2つ目は、ストレスが溜まってしまっている事です。やはりストレスというのは様々なトラブルを招く原因になり、ふとした時に何もやる気が起きなくなってしまった場合には、ストレスの蓄積を原因に考えた方が良いでしょう。

例え当人が楽しいと感じている事ですら、体にとってはストレスに該当します。生活していく中で知らず知らずのうちにストレスが溜まっていくと、どこかで限界点に到達し、心身共に疲弊した状態となるわけです。

何もしたくない原因③仕事や人間関係のプレッシャー

3つ目は、仕事、もしくは人間関係からくるプレッシャーです。例えば仕事で責任ある仕事を任されたものの、それを上手く進める事が出来ない、達成できないかもしれないという不安は、プレッシャーとなってのしかかってきます。

また、人間関係においても悪い方向のストレスにつながる事が多いです。特に社会人となってから、一番の悩みや不安となるのがこの人間関係であるとも言われているので、どのように周りと付き合っていくべきかを考える必要があるでしょう。

何もしたくない原因④疲労感が大きく寝ていたい

朝起きようとしたときに、寝たはずなのに酷く疲労感を感じたという経験はあるでしょうか?それが病気ではなかったとしても、まだ疲れを感じていて寝ていたい、何もしたくないと思う事があります。

こうしたシーンというのは、例えば学生の時に受験をした後であったり、社会人となって大きな仕事をした後などに感じやすいとされています。短期間で精神的、または肉体的な疲労が過度にかかっていたわけですから、その反動が来ていると考えて良いでしょう。

何もしたくない原因⑤生活リズムの乱れ

もう1つは、生活リズムの乱れによるものです。慢性的な寝不足、もしくは昼夜逆転したような生活を送ってはいませんでしょうか?基本的に、そうした一般的な生活サイクルとはずれた事をしていると、体にとっても悪影響となります。

自分では自覚していなくとも、こうした生活リズムの崩れた状態は体に知らず知らずのうちに疲労を溜め込んでいます。よく言われているのが、慢性的な疲れを感じているというもので、その状態ではやる気が起きなくとも無理は無いでしょう。

何もしたくないと感じる時に思い出したい考え方

何もしたくなくなる原因はいくつも考えられる事が分かりました。もしかしたら、そんな無気力な状態になっているのに対して自己嫌悪してしまっているかもしれませんが、そこで覚えておきたい考え方があるのです。

考え方①何もしたくないと感じるのは悪いことではない

まず、何もしたくないと考えるのは決して悪い事では無いです。何もしたくはないけれど、そういった時こそ「何かをしなければ」という責任感が強くなりがちです。しかし、そこで無理をする必要は全くありません。

なぜならば、心や体が不調を感じているサインである可能性も考えられるわけですから、決して怠けでも甘えでもありません。自分が嫌になったり、自己否定をするような必要はどこにも無いのです。

考え方②何もしたくないと感じるのは頑張ってきた証拠

2つ目は、何もしたくないと思っている時は、それまでに頑張ってきた証拠が表に現れたものだというものです。辛かったり、やる気がどうにも出ないと感じた時には、そう感じるだけの事をこれまでにしてきた裏返しです。

そこから無理に頑張ろうと思っても、当然ながら体が付いてくる事はありませんし、逆効果になるでしょう。であれば、思い切り自分を褒めてあげたり、甘えても良い日なのだと決定して自分を甘やかしたって良いのです。

何もしたくないと感じる時の上手な対処法

誰であっても、何もしたくない、と感じる時が来る可能性は十分に考えられます。そういった時がもしも本当に来た場合には、無理のない範囲でやれる対処法がいくつもありますので、続いては対処法をご紹介します。

対処法①思い切り笑う

まずは、思い切り笑ってみましょう。何もしたくない時には、おそらく仏頂面をしてしまっている事でしょうから、無理に何かをしようとするのではなく、コメディ映画などを見てお腹の底から笑ってみましょう。

笑う、という行為にはメリットが様々あると言われていて、深呼吸と同じように深く息を吸いますので集中力がアップしたり、思考をクリアにできます。また、副交感神経を優位に立たせ、自律神経を整えたり、免疫細胞を活発にするといった効果があります。

対処法②一日で達成可能な目標を立てる

2つ目は、一日の内に達成できる目標を立ててみる事です。気力が全く出てこない状態は、自分に対し自信を喪失している可能性もあります。であれば、自分でできる自信を取り戻せばよいのです。

一日の内に達成できる目標を立て、それを実際に実行し達成してみましょう。簡単とはいえ達成したことは事実ですから、これを積み重ねる事で自信につながります。達成できた時には、必ず自分にご褒美を用意してあげる事も大切です。

対処法③しっかり休息を取る

3つ目は、十分な休息を取る事です。この休息というのは、完全に休んで体を充電するという事であり、例えば思い切ってゴロゴロし続けてみる、全く何もしない日を作る、完全に好きな事だけをする日にするなどがあります。

この時、真面目な人ほどそうした休むことに対して罪悪感を感じるかもしれませんが、それは不要です。そう感じる事自体がストレスになったりもしますので、完全に休んでも良い日だと考えてください。

対処法④日光を浴びる

日光浴をする事も対処法の1つです。日を浴びる事で心と体の調子を自然に整える事が出来ますので、5分や10分でも良いので外に出てみましょう。この時、ウォーキングやジョギングなどの軽い運動を挟むと、よりストレス解消効果が期待できます。

対処法⑤生活習慣を見直す

原因の中に生活習慣の乱れがありましたから、それを見直す事も考えましょう。夜更かしが多いのであれば就寝する時間を決定したり、食事は3食しっかりと取るなど、規則正しい生活をする事でメリハリのある日々になるでしょう。

やる気がなく何もしたくない時のNG行動とは

やる気がどうにも起きなくなってしまう、というのは誰にでもある話ですから、自分をしっかりと休ませて心身をリフレッシュする事が大切になります。最後に、何もしたくない時にやるべきではないNG行動もご紹介しましょう。

NG行動①自分を責めてしまう

まず1つ目は、自分を責めないようにする事です。何もしたくないというのは悪い事、と思い込むのは危険です。そう考えれば考えるほど自分を否定したくなりますし、それでは悪いサイクルに陥ってしまいます。

何もしたくないけれど、これではいけないと気持ちばかりが焦り、結果として本当に何もしていないのに疲れてしまいます。考え方にあったように、今の状態は悪い訳ではなく、自分が疲れている事に気づけたとプラスに考えましょう。

NG行動②ずっと何もしないままでいる

2つ目は、本当に何もしないままでいる事です。無気力だと何も手に付かなくなりますが、そのままずっと続けていると更に気を沈めてしまいます。そんな状態でも、出来る範囲で目標を立てるなどして、工夫をしてみてください。

NG行動③周囲に迷惑をかける

もう1つは、周りに迷惑をかける事です。自分が何もしたくないからと言って、仕事を放棄したり、家事を投げ出すといった事をしては、周りにも大きな迷惑が掛かります。もしどうしても気力が湧いてこないというのであれば、事前に周りの人に相談を持ち掛けるのも対処法になります。

何もしたくないと感じる時は原因に合わせて対処していこう

人によって無気力になってしまう原因は様々ではあるものの、誰が感じてもおかしくない事でもあります。その時の自分を悪いと勝手に決めたりはせず、なぜ気力が湧かないのかを判断し、適切に対処していってください。

その他の関連記事はこちらから