ベッド・介護ベッドのレンタルならここ!おすすめの会社6選を口コミ付きで徹底比較

画像引用:shutter stock

定額料金でサービスや品物をレンタルする「サブスクリプション」は、最近ではそのサービス範囲も広がり家具や家電などを定額料金でレンタルできるまでに世間に浸透しつつあります。

そこで今回は家具の中でもベッドに重点を置き、介護ベッドをレンタルできる会社や自宅で手軽に利用できるベッドのサブスクリプションのサービスを提供するおすすめの会社を気になる口コミや料金体系などと合わせてご紹介します。

 

介護ベッドのレンタルにおすすめの会社3選

1. ダスキンヘルスレント2. フランスベッド3. パナソニック
介護ベッドの種類16種類16種類4種類
レンタル可能期間1ヶ月〜1ヶ月〜1か月~
おすすめポイント豊富な品揃えネットで簡単に申込みサービス面の充実

1、ダスキンヘルスレント

ダスキンヘルスレントの3つのおすすめポイント◎

1、全国160店舗の地域密着型サービス

掃除用品などの清掃に関わるサービスで有名な「ダスキン」の介護用品、福祉用具のレンタルや販売を行うのがこのダスキンヘルスレントです。

全国に160店舗では、カスタマーのニーズや地域や生活環境に適した介護用品や福祉用品を専門知識の高い福祉用具専門相談員が提案してくれます。

 

2、介護ベッドの種類の多さ

ダスキンヘルスレントの最大の魅力は約3,100アイテムにも及ぶ介護、福祉用品の豊富なラインナップです。

ダスキンヘルスレントが貸し出しする介護ベッドには、介護ベッドで人気のパラマウントベッド、シーネホンス、プラッツのメーカーのサイズや性能の異なる豊富な製品が揃っているので、個人の症状や体系などに最も適したベッドを利用できます。

 

3、安心のサービス面

ダスキンヘルスレントでは、商品の納品後7日以内に再訪問し使用状況を確認してくれるほか、3ヶ月ごとの定期訪問点検を実施し、メンテナンスや安全性の確認を行なってくれる安心して使用できるサービスを提供しています。

電話で要望などに365日対応してくれる便利なダスキンコンタクトセンターも設置されています。

 

ダスキンヘルスレントの気になるポイント×

1、配送料

介護保険を利用したレンタルにおいては、搬入、搬出の代金は一部の地域を除きレンタル料金に含まれますが、介護保険を利用せずにレンタルする場合には送料が別途かかります。

別途かかる送料に関しては、地域によって異なるため最寄りの店舗に直接確認が必要です。

 

レンタル可能なおすすめベッド・料金

メーカーシリーズモーター数参考価格
シーネホンス和夢シリーズ「彩」3モーター10,000円/月
シーネホンス和夢シリーズ「純」2モーター(ケアモーション)9,100円/月
プラッツミオレットII2モーター7,300円/月
パラマウントベッド楽匠FeeZ2モーター9,500円/月
パラマウントベッド楽匠Sらくらくモーション12,500円/月

[ 配送料 ] 直接最寄りの店舗へ確認が必要です。

 

ダスキンヘルスレントの口コミ・評判

ダスキンヘルスレントさんマジお世話になります。車椅子、軽いし綺麗だしお願いしてすぐ用意してくれはったしまけてくれたしほんとありがたい。 松葉杖をひやひや見守るより絶対楽だ。

引用:twitter

うちは今まで要介護1だったんですけど、レビー小体の症状が出始めて歩行も困難に。 幸いなことに?今回の認定で要介護3だと言う事で介護ベッドと車イスをリースする事にしました。 ダスキンが一番安く、訪問員も多いそうで、うちのような田舎でも安心感が有るとのことです。

引用:twitter

 

公式HPを詳しく見る

 

 

2、フランスベッド

フランスベッドの3つのおすすめポイント◎

1、介護用品レンタルのパイオニア

1983年、介護保険制度が始まる20年以上も前から日本で初めて療養ベッドのレンタルを開始した、介護用品レンタル のパイオニアとも呼ばれるフランスベッドは、これまでに累計約40万人が利用している信頼性の高い介護ベッドのレンタルなどを行う寝具メーカーです。

 

2、選べるレンタル方法

フランスベッドの介護ベッドは、自費でレンタルする場合には手軽にWEBサイトから最短で1ヶ月からのレンタルの申込ができ、介護保険を適用したレンタルの場合には福祉用具専門の資格を持った相談員が最適な製品を提案してくれます。

 

3、シルバーマーク認定メーカー

長きにわたり介護ベッドなどの貸し出しに携わるフランスベッドは、シルバーサービス復興会が良品の福祉用具貸与の会社に与える「シルバーマーク」や福祉用具の消毒における「消毒工程管理」認定を受けるなど、安全面に優れたサービスを提供しています。

 

フランスベッドの気になるポイント×

1、配送料

WEBを利用し、自費で介護ベッドをレンタルした場合には、納品と引き上げ(各2,000円)の各送料が別途かかるため、レンタル代金にプラスして費用を見積もる必要があります。

 

2、付属品やマットレスなどのレンタル 

ケガなどで一時的に介護ベッドを利用する場合や、介護保険の適用外で自費で介護ベッドをWEBサイトを介してレンタルする場合には、体系や体格、使用する場所のスペースにあわせて、ベッドの幅、長さのものを選び、さらにマットレスや手すりなど症状に適した付属品など選ぶ必要があるので、安全性をふまえ事前に専門的な知識のある人に相談することをおすすめします。

 

レンタル可能なおすすめの介護ベッド・料金

種類サイズモーター数月額料金(税別)
マルチフィットベッド(固定脚)シングル13,000円/月
グランマックス(棚付きベッド)セミダブル317,040円/月
ヒューマンケアベッド・低床型シングル313,000円/月
ヒューマンケアベッド・低床型セミシングル210,461円/月
自動寝返り支援ベッドシングル16,500円/月

*マルチフィット以外の商品は、本体と別途マットレスのレンタル(商品によって異なる:月額2,000円〜3,000円)が必要となります。

[ 配送料 ] 納品料 2,000円 / 引き上げ料 2,000円 が別途かかります。

 

フランスベッドの口コミ・評判

寝てる時の腰痛がひどくて参った。実家にあるフランスベッド介護用ベッドだと快眠出来て、最強説。

引用:twitter

ありがとうございます。 現在、母親がフランスベッド介護用レンタルしてます。 とても気持ち良く快眠出来てます。

引用:twitter

 

公式HPを詳しく見る

 

 

3、パナソニックエイジフリー

パナソニックエイジフリーの3つのおすすめポイント◎

1、パナソニックの介護事業

パナソニックが「バリアフリー」「ストレスフリー」「ケアフリー」の3つのフリーをコンセプトに2016年に介護事業として立ち上げた会社で、現在は全国に126店舗展開する全国規模の介護専門のレンタル会社です。

介護サービスや介護施設などの運営も行うパナソニックエイジングフリーでは、これまでのケアノウハウと先進技術を融合した信頼性の高い製品を手がけています。

 

2、要介護認定を申請中のサポート

要介護認定の申請中は介護度が定まらず、介護保険が利用できない期間がありますが、パナソニックエイジフリーではそのような介護保険の未確定の期間に限定された福祉器具を最大1ヶ月間利用できる利便性の高いサービスを提供しています。

 

3、安心・安全のサービス

パナソニックエイジフリーのレンタル商品には破損や利用中の期間のケガなどを補償するサービスが付帯されているほか、有料で個人賠償責任補償特約や交通事故傷害保険、普通傷害保険などのエイジフリーハートフル安心保険にも加入することができる補償や保険などの安心のサービスを利用できます。

 

レンタル可能なおすすめの介護ベッド・料金

種類モーター数月額 参考価格
電動ケアベッド コンフォーネ2 / 3要確認
パナソニック電動ケアベッドRS27,000円/月
パナソニック電動ケアベッドRS39,000円/月
マットレス アルファプラすくっと4,000円/月
マットレス アルファプラ7.000円/月

[ 配送料 ]  全国のパナソニックエイジフリーショップ、もしくは取扱店に直接確認ください。

*全国の取扱店一覧:https://sumai.panasonic.jp/agefree/products/store/

 

パナソニックの口コミ・評判

交通事故で負傷し疼痛に悩んでいます。加害者に損害賠償能力が無く、私自身が介護を受けることのできる年齢に達しておりません。

レンタルベッドを契約するか検討しましたが、お値段に魅かれて今回こちらの介護ベッドを見つけ自費購入しました。モーター音も病院で使っていた他社のベッドよりも随分と静かで気になりません。(深夜も痛みが強いので頭や足の位置を頻繁に上げ下げしますが、隣室の家族も全く気にならないそうです。購入前は痛くて体位交換の度に唸り声を出していたようです。)

まだ使用して10日程ですが、眠りの質が良くなって深く眠ることができるようになりすごく嬉しく思っています。掃除もベッド下のほとんどの部分に掃除機を入れてできますし、ベッド枠と床の隙間の少し狭い部分はモップが入るので埃を気にすることもなく便利です。

引用:楽天

義父は高齢ですがまだ元気です。ベッドが古くなったので買い替えをしようと将来のことも考えこの商品を選びました。寝心地も良いとのこと。ベッドの下も全体を上昇させればらくらくお掃除できます

引用:楽天

 

公式HPを詳しく見る

 

 

介護ベッドをレンタルするときに気を付けたい3つのポイント

1、要支援、要介護1の方は自費レンタル(介護保険は適用されない)

介護ベッドなどの介護用品のレンタルサービスを行う会社では、自費でレンタルプランと介護保険を適用したレンタルプランの2種類がラインナップされているのがほとんどです。

介護保険を利用した場合には一般レンタル価格の1割の負担で特殊寝台とも呼ばれる介護ベッドのレンタルが可能です。

この特殊寝台における介護保険が適用の対象者は要介護2〜5の人のみとなり、要支援1・2、要介護1の人は対象外となります。

しかし、要支援1・2、要介護1の人でも福祉用具が必要な状態の場合があることから、医師の意見に基づき福祉用具の利用が必要と判断された場合には、市区町村が特別に必要と認める「例外給付」での利用も可能です。

 

2、専門的知識が必要

「福祉用具貸与サービス」とよばれる介護ベッドなどの福祉用具のレンタルを行うことができるのは、都道府県や市町村の指定を受けた福祉用具貸与事業者です。

福祉用具貸与事業者には、福祉用具に関する専門知識をもった福祉用具専門相談員が所属していて、利用者の体系や状態に最適な用具を選ぶサポートをしてくれます。

単に介護ベッドと言ってもサイズや種類、機能や性能が異なり、マットレス、サイドボードなどのオプションを的確に選ぶ必要があるので専門知識を備えた人のサポートを受けて製品の選定をする必要があります。

 

3、福祉用具は定期的なメンテナンスが必要

サイドレールとヘッドボードや、手すりの隙間などに身体を挟み込む事故が2007年から2019年までに81件の介護ベッドの利用による事故報告がされています。

不慮の事故や誤使用などが原因ですが、未然に事故を防ぐためにも定期的なメンテナンスがとても重要です。

介護ベッドのレンタルを申込する場合には、メンテナンスを定期的に行なってくれる安全性の高い会社を選びましょう。

 

 

ベッド・折り畳みベッドのレンタルにおすすめの会社3選

1. かしてどっとこむ2. CLAS3. Subsclife 
レンタル可能なベッドの種類4種類約30種類約30種類
おすすめポイントベッド用の寝具などもレンタルできるシンプルなデザインと料金体系デザインブランドのベッドが揃う

1、かして!どっとこむ

かして!どっとこむの3つのおすすめポイント◎

1、全国屈指の品揃え

家電や家具のレンタルでは全国屈指の品揃えを誇る「かして!どっとこむ」では、一人暮らしや単身赴任などシングル向けのアイテムや家族でも利用できるファミリー向けのアイテムなど幅広い商品を取り扱っています。

ベッドなどの寝具のレンタルにおいては、ベッド本体の他に和式布団のセットや枕や掛布とんなどがセットになった寝具などの商品もラインナップしています。

 

2、サイズ変更可能

実際に注文したベッドを利用してみてサイズが思った感じと違う場合など、商品のサイズを変更したい場合には、1週間以内であれば無料で対応してくれ、さらにレンタル期間中の修理、交換にも無料で対応してくれるなど順応性の高いサービスを提供しています。

 

3、レンタル料の安さ

レンタル業界の中でも格安の料金体系でレンタルを行なっているのも、かして!どっとこむの特徴の一つです。

全国の多くのエリアではレンタルの利用代金が4,320円以上で往復の配送料が無料、配送の時間指定などの追加料金もなく、保険料なども含まれているため、さらに費用を抑えて商品をレンタルすることができます。

 

かして!どっとこむの気になるポイント×

1、ベッドの種類が少ない

かして!どっとこむでレンタルしているベッドは「シングルベッド」「セミダブルベッド」「ダブルベッド」と「折り畳みベッド」の4種類のみなので、デザイン性でベッドタイプを選ぶことができません。

 

2、全国無料配送対象エリア以外の配送料

全国の無料配送エリアは、レンタルの利用代金が4,320円以上で往復の配送料を無料で行なっているのですが、一部の離島や山間部エリアなどの無料配送対象外のエリアはベッド一台につき24,800円の配送料の負担が必要となります。

 

レンタル可能なおすすめベッド・料金

おすすめベッド料金中古品レンタル価格(税抜)新品レンタル価格(税抜)
30日90日1年30日90日1年
シングルベッド14,040円15,120円21,600円21,160円24,190円30,240円
ダブルベッド32,400円35,640円46,440円47,620円61,230円68,040円
折り畳みベッド10,800円11,880円13,500円15,120円17,820円19,980円

[ 配送料 ] 全国の無料配送エリアは利用金額の合計が4,320円以上で往復の配送料を無料で行なっているので、ベッドのレンタルの際には配送料の負担がありませんが、その他のエリアは別途送料が必要となります。

 

かして!どっとこむの口コミ・評判

一時的に住まいを変わらなければならなくなったときに、わざわざ購入するのも気が引けるし、次の新居のサイズに合うかどうかわからなかったので、仮住まいの間だけ、レンタル家具でしのぐことにしました。

実際使ってみて、お値段以上の価値があると思いました。私がレンタルしたのは、シングルベッドと家電4点セットですが、中古品であっても特に問題やトラブルもありませんでした。

最大で4年も借りることができ、その時点で気に入ったものについては、経年劣化分を差し引きした現状の査定額で譲ってもらうこともできるそうで、これは画期的だなとも感じました。

引用:レンタマン

独身から結婚する際に引っ越しを考えていましたので、タイミング的にたまたま家具を先に処分しないといけなくなり、処分期間から新居への引っ越しまでの間、家具をレンタルすることにしました。

一時的にどうしようかととても悩んでいたので本当に助かりました。
サイズぴったりを全てそろえることは正直難しいと思っていましたし、必要なものだけかりた、借りるものも選べたりしたので、新居への購入する参考になったりもしたような気がします。

お店の対応としましては納得いくまで色々と細かなことでも相談させてもらえたし、納得いってからレンタルができたのが一番大きなメリットだったように感じています。

引用:レンタマン

 

公式HPを詳しく見る

 

 

2、CLAS(クラス)

CLASの3つのおすすめポイント◎

1、機能性に優れたシンプルなデザイン

CLASでは使いやすさと様々な空間にフィットするシンプルなデザインにこだわり自社で手がけたオリジナルブランドを中心とした家具や、洗濯機やTV、掃除機などの家電などのサブスクリプションのサービスを行なっています。

提供するアイテムはメンテナンスや消毒などを徹底して行われている安全性の高さもポイントです。

 

2、配送料や保険料が無料

ベッドのレンタルの際に気になる往復の配送料や保険料はレンタル代金に含まれているのもCLASのサブスクリプションサービスの特徴の一つです。

この保険料では通常範囲の汚損や破損に関してはカバーされるため、安心して利用することができます。

 

3、何度でも交換可能

CLASのサブスクリプションの特徴は、通常のレンタルとは異なるレンタル商品の交換が可能な点です。

部屋の模様替えなどに最適なこのプランは、商品ごとに定められた一定期間(通常ベッドの場合は3ヶ月)以降に商品の差額代金を支払うことでアイテムの交換を何度でも行うことができます。

 

CLASの気になるポイント×

1、利用できる地域が限定される

現時点でCLASのレンタルサービスの対象エリアは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県と限定されています。

これらの限定地域の中には一部対象外のエリアもあり、会員登録をした際に郵便番号を入力することでサービスの対象エリアか否かが確認できます。

 

2、最低利用期間3ヶ月〜

CLASのレンタル代金は月定額の支払いになりますが、ベッドの最低利用期間は3ヶ月と定められているため、レンタル開始から3ヶ月以内に交換や返却を行う際には、残りの月額使用料と交換、返却手数料が発生します。

 

3、配送の時間指定

CLASのレンタル商品の配送の際には、前日に13時から17時の間に配送業者よりおおよその配送時間の連絡が入りますが、事前に配送の時間指定をしたい場合には、別途1,650円の時間指定代金を支払う必要があります。

 

4、ベッドの組立・設置代金

家具の組立・設置代金はレンタル代金に含まれるとの情報掲載がありますが、実際にはベッドのレンタルにおいては別途2000円〜4000円程度の組立・設置代金が必要です。

各商品の組立・設置代金は、ログイン後、商品をカートに追加した時点で確認ができます。

 

レンタル可能なおすすめベッド・料金

種類ベッドタイプ月額料金(税込)
脚付マットレスベッドシングル990円/月
マルスレッグシングル1,320円/月
マルス引き出し付きセミダブル1,650円/月
主張のないシンプルなベッドセミダブル1,760円/月
ベスタII 引き出しダブル2,420円/月
ボンネルコイルマットレスシングル1,100円/月
ボンネルコイルマットレスセミダブル1,650円/月
Literie®︎低反発マットレスダブル4,398円/月

[ 配送料 ] 往復分の配送料は無料

 

CLASの口コミ・評判

転勤が多い職に就いているので引っ越すことが多く、ずっとこの家に住むかわからないというような状況にあるのでソファーやその他の家具を買うことに躊躇してしまうことがありました。同僚から家具はレンタルしていると聞き、早速CLASを利用することにしました。まず、多少汚したとしても大丈夫というところがいいですね。家に置くソファーでくつろぐのに気を遣うことなく使用できています。あとレンタル家具の一番のいいところは初期費用があまりかからないところですね。実際にあまりお金に余裕がある時期に利用したわけではなかったのでとても助かっています。ただ欲を言えばもう少しだけ家具の種類が多いとよかったかな~。本当にそこ以外は満足しています。

引用:みん評

自宅をリフォームするため3ヵ月か月ほど仮住まいしたのですが、その際に利用しました。仮住まいを始めた当初は、たった3ヵ月だったので家具はソファなどはあきらめて必要最低限のものを購入し、もったいないけれど仮住まい退去時には処分するつもりでいました。でも、CLASでソファやローテーブルなども仮住まい用にそろえることができたので、仮住まいでも不便はなく快適に過ごせました。また、家具のテイストを統一することで仮住まいの2LDKでもおしゃれな空間を演出することができたので、仮住まいを思いがけずお気に入りの空間にすることができました。今後も新しい家具を買う前にこちらでレンタルすることを検討してみようと思います。「家具を購入していらなくなったら捨てる」というスタイルより無駄がないし、家具を粗大ごみとして捨てる手間を省けるのは助かります。

引用:みん評

 

公式HPを詳しく見る

 

 

3、Subsclife(サブスクライフ)

サブスクライフの3つのおすすめポイント◎

1、新品の人気デザイン家具を豊富にラインナップ

サブスクライフのサブスクリプションで提供するアイテムは全て新品の家具や家電を提供していて、取扱ブランドはACME funitureやJournal Standard funitureなどを含む人気のブランド約40社、約25,000種類に及びます。

購入するには高価でおしゃれなブランド家具を手軽な金額で利用できます。

 

2、コーディネートの相談を受けられる

サブスクライフに在籍するインテリアコーディネーターが要望に合わせて、サブスクライフでレンタルできる商品で3Dシュミレーターを使いイメージを作成してくれる「コーディネート相談」のオプショナルサービスもラインナップしているのも、サブスクライフの特徴の一つです。

 

3、自由度の高いサブスクリプション 

サブスクライフでは、短期の3ヶ月から長期の2年まで月ベースでのサブスクリプションの期間を自由に選ぶことができ、さらに利用して気に入った家具などは継続してレンタルすることや購入することも可能です。

 

サブスクライフの気になるポイント×

1、料金が高い

サブスクライフの商品は長期間利用することで月額料金が安価になりますが、新品のみの商品を取り扱っているというともあり、月額料金が他社のサブスクリプションサービスに比べて高いのも特徴です。

 

2、往復送料

サブスクライフのレンタルでは、配送、返却のそれぞれの際に、地域や商品によって金額が異なる送料が別途かかります。

各配送料、返却時の回収手数料は会員登録後の商品申込画面でしか確認ができないので、レンタル代金の総額を他社と比較する際には多少不便さを感じます。

 

レンタル可能なおすすめベッド・料金

種類サイズ月額料金(税込)
3ヶ月1年契約2年契約
journal standard SENS BED FRAMEシングル18,480円/月4,620円/月2,180円/月
ACME Furniture GRANDVIEW BEDセミダブル29,340円/月7,340円/月4,450円/月
ACME Furniture BROOKS BEDダブル24,640円/月6,020円/月3,650円/月
nora. mam CAMOMILE BEDシングル10,850円/月2,720円/月1,650円/月
SLEEPING RUSK BED FRAME ヘッドボードなしシングル12,320円/月3,080円/月1,870円/月
SLEEPWELL SW-23 マットレスシングル10,640円/月2,660円/月1,620円/月
SLEEPWELL SW-28 マットレスセミダブル18,700円/月4,680円/月2,480円/月
SLEEPWELL SW-27 マットレスダブル19,070円/月4,770円/月2,890円/月

[ 配送料 ] 送付、返却時の配送料は有料です。送料の詳細に関しては直接問い合わせください。

 

Subsclife(サブスクライフ)の口コミ・評判

利用してみて良かった点は、洗練されたデザインのお洒落な家具がたくさんあるところと、ライフスタイルに合わせて利用方法が選べるというところです。最新の家具を購入せずに月額制でレンタルすることが出来るので、インテリアの可能性が一気に広がりました。常に新しいお洒落な家具に囲まれた暮らしが出来ますし、気に入ったら利用を延長したり買い取ったりすることが出来るというのも嬉しいポイントです。部屋の模様替えをするのも楽しくなりました。家具は買わずに借りるというスタイルが、私の中で定着しそうです。

引用:みん評

subsclifeというのはよく聞くものの利用には至っていなかったのですが、友人からの勧めもあり試してみることに。探してみると有名ブランドも取り扱っているので驚きました。ブランドものは購入すると高いですが、お試しできるのがここのいいところです!早速試してみましたが、テーブルが自分の探し求めていたものにぴったりでした。なのでレンタル期間終了後購入してしました。じっくりと試すことができ、自分の好きなものに巡り会えたので大満足です!レンタルだと気に入っても返さなければならないのですが、このサービスでは購入もできるので何がいいか迷う!という人にはぴったりだと思います。

引用:みん評

 

公式HPを詳しく見る

 

 

ベッド・折り畳みベッドを安くレンタルするための3つのポイント

画像引用:http://acme.co.jp/

1、配送代金

ベッドをレンタルする際の費用面で一番のポイントとなるのが配送料です。

レンタル会社によってレンタル料金に往復の配送代金が含まれる場合、片道の配送料だけが無料の場合、配送料は別途負担の3つに分かれます。

大型商品の配送代金は、配送する地域によって異なりますが、レンタル代金に追加で片道3,000円〜5,000円の支払いが必要な場合があるので、レンタル代金と合わせて配送代金を確認しましょう。

 

2、ベッドの組み立て・配置の有無

配送によるベッドのレンタルは組み立てや配置の必要があるため、組み立てや配置を配送の際に行うサービスを提供しているレンタル会社もありますが、ベッドの組み立てや配置にかかる料金がレンタル代金に含まれる場合と別途必要な場合があります。

自身でベッドの組み立てが難しい場合には、組み立てや配置のサービスを行う会社を選ぶのがベストです。

 

3、マットレスの有無

レンタル会社でレンタルできるベッドにはマットレスと同一型のベッドと本体と別にマットレスのレンタルが必要なタイプの2種類があります。

ベッドのレンタルをする際に、別途マットレスのレンタルが必要かどうかでレンタル代金が大きく異なります。

レンタル費用を抑えたい場合には、マットレスと一体型のベッドなどを選ぶのもポイントです。

 

まとめ

ベッドなどの大型家具の処分には料金や手間がかかるため、手軽に買い換えるが難しいのが現実です。

ベッドや介護ベッドのレンタルを行う会社は全国に様々あり、料金体系や配送料、取扱商品のラインナップや付帯されるサービスにはそれぞれ特徴があります。

ベッドや介護ベッドの購入を検討する際には、レンタルという手段も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。