記事作成日:

AGAの治療薬やめると効果はどうなる?やめようか悩んだ時の参考に!

キャンペーンバナー

AGAの治療を続けているうちは効果を実感できるのですが、やめてしまうと効果はどうなるのでしょうか。効果が出てくると「もうやめても大丈夫だろう」と思う方もいるのではないでしょうか。この記事では、AGA治療をやめると効果はどうなるのか、やめる際の注意点などもあわせてご紹介します。

AGA治療薬をやめると効果はどうなる?

AGAが気になる時に治療を開始すると、徐々に効果を実感することができるため、「そろそろ治療をやめても良いかな」と思うことがあるかもしれませんが、残念ながらAGAは進行性の病気のため、治療をストップしてしまうとすぐに元に戻ってしまいます。AGA治療では、薄毛の進行を抑制することが目的なので、その治療をやめてしまうと再び薄毛が進行してしまうのです。

半年や1年間治療を続けることで、フサフサの髪の毛を維持することができるため、「完治した」と勘違いをしてしまい、自己判断でAGA治療をやめることはおすすめできません。なぜなら、勝手にAGA治療をやめてしまうことで、その後にAGAが進行してしまい、場合によってはさらに状態が悪化してしまう恐れがあるからです。

中には「効果を実感できないので治療をやめる」と言う方もいるかもしれません。基本的なAGA治療は投薬による治療ですが、他にもいくつか治療法はあります。もし、内服薬だけでは効果が見られない場合は、他の治療法も検討し、医師に相談するようにしましょう。クリニックによっては、内服薬しか取り扱っていない場合もあるので、AGA治療専門のクリニックを探すと良いです。

AGA治療薬を勝手にやめると大変なことに!

では、AGA治療薬を勝手にやめるとどのようなことが起こるのでしょうか。ここでは、治療薬をやめてしまった時の症状や状態について見ていきましょう。

薬をやめると元に戻る

AGA治療薬は、飲んでいる間は効果がありますが、内服をやめてしまうと効果も現れず、元に戻ってしまいます。治療中は生えていか毛が抜けてしまうので、AGAが進行しているように思いますが、これは元に戻っているわけで、特別進行が早まったわけではありません。リバウンドと勘違いをする方もいるようですが、元に戻っているだけなのでリバウンドでもないです。

内服薬は、AGAの進行を抑制することしかできません。例えば、3年間治療薬を続けていたのに、内服をやめてしまうと3年分の反動が一気に来ます。その結果、AGAがさらに進行したように感じることはあります。AGA治療薬をやめてしまうと元に戻ってしまうと言うことは、覚えておきましょう。

髪質も変化する

内服をやめてしまうと、元に戻るだけでなく髪質も変化してしまいます。AGA治療薬は、乱れている成長期に対して作用しており、太くて丈夫な毛が生えてくるのですが、内服をやめてしまうと毛髪のサイクルが乱れ、毛髪のハリやコシもなくなり、軟毛化してしまいます。そのため、内服を止めれば髪質が変化してしまうので、一気に印象も変わってしまうでしょう。

薄毛を予防すると共に、しっかりとした髪の毛が生えてくる環境を整えるのも AGA治療による効果の一つです。途中でやめてしまうと髪の毛が細くなってボリュームも減ったように感じるので注意してください。

薬は使い続ける必要がある

AGA治療薬と言っても、根本的な原因を改善するものとは違い、現状の薄毛を抑制することしかできません。ですから、理想の毛髪を維持するには、AGA治療を続ける必要があります。AGA治療は保険が適用されるわけではないため、続けるとなると金銭的にも負荷がかかってしまうので、途中で断念してしまう方もいるかもしれません。

内服薬については、クリニックによっても料金設定に違いがあるので、金銭面が気になる方は少しでも安いクリニックを探すことをおすすめします。また、処方箋が必要なAGA治療薬は、定期的にクリニックに通う必要があり、通院が面倒になって治療をやめてしまう方もいるでしょう。

最近では、オンライン診療なども受け入れているクリニックがあり、自宅にいながら治療薬を処方してもらえるため、時間がなくて通院できない方、足を運ぶのが面倒な方はオンライン診療をしているクリニックを選ぶと良いでしょう。

AGA治療薬をやめる?おすすめのやめ時は?

もしAGA治療をやめるなら、どのタイミングでやめるのが良いのでしょうか。ここでは、AGA治療をやめるベストタイミングについてご紹介します。

やめ時①強い副作用が出た

もしAGA治療薬を飲んでいて強い副作用が出てしまったのであれば、治療は中断するのが良いでしょう。無理に治療を続ける必要はなく、体調に合わせた治療をタイミングでやめることはできます。ただし、強い副作用が出た場合には自己判断でやめるのではなく、しっかり専門医に相談し、副作用についての状況や対処法なども聞いておくと安心です。

また、副作用がない時には、自分の気持ちに沿って治療をやめるという方法もあります。加齢は誰にも止めることはできません。歳を重ねるに連れ、もしかすると考え方も変わるかもしれません。若いうちにAGAが進行してしまうと、自分だけが老けて見えるため、気にする方も多いですが、ある程度の年齢になると周りにも同じような方が増えるので、薄毛をそこまで気にしなくなることもあるでしょう。

そのような場合には、無理に治療を続ける必要がないので、その時の心境に合わせて治療を継続するのか、やめるのかを決めると言うのも一つの方法です。

やめ時②使い続けても効果がない

治療を1年以上続けても効果が得られない時には、続けても意味がないのでやめると言う選択肢を選ぶこともあるでしょう。AGA治療は、1ヶ月や2ヶ月薬を飲んだからと言って劇的な効果が現れるわけではありません。最低でも6ヶ月〜1年はかかると見た方が良いです。

その中で、内服薬治療が合わない方もいます。思うように効果が得られないと判断するなら、1年以上治療を続けても変化が見られない時です。また、効果はあっても期待通りとまではいかないこともあります。もし治療薬で効果が得られないのであれば、もしかすると別の原因が隠れている可能性もあるので、一度専門医の方に相談してみましょう。

やめ時③費用対効果が悪い

AGAの治療は、ずっと続けなければならないため、その分費用もかさみます。毎月数千円の内服薬が時には大きな負担になっていることもあるでしょう。AGAの治療は自由診療なので、もしも家計を圧迫しているのであればやめることも検討してみてください。死に関わる治療ではないため、金銭的にきついのであれば割り切ることも大切かもしれません。

AGA治療薬をやめる際の注意点

では、もし治療をやめる時にはどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。ここでは、AGA治療をやめる際の注意点を2つご紹介します。

注意点①必ず医師に相談する

内服薬の治療をやめる時には必ず医師に相談しましょう。自己判断で急に内服を止めてしまうと、体に負荷がかかり思わぬ副作用を起こす可能性があります。飲む量を徐々に減らしながらやめた方が良いと言われているため、やめる相談をする時はまだ治療薬が残っている段階で医師に相談した方が良いです。

注意点②発毛効果のある薬だけやめる

発毛効果のある薬であれば、一定の毛量があればやめることができます。毛量が増えた後は抜けないようにケアをすればフサフサの髪の毛を維持することができるので、徐々に飲む量を減らすことが可能です。ただし、個人の判断で飲んでいた薬を止めてしまうと、抜け毛が悪化してしまうケースも考えられるため、やめる時には必ず医師に相談してください。

発毛効果のあるAGA治療薬

発毛効果のあるAGA治療薬は、「ミノキシジル」と呼ばれるものです。ミノキシジルは、血行を促進し、頭皮の血流もアップさせて発毛を促します。ミノキシジルには、内服と外用薬の2種類があります。他には、「メソセラピー」と呼ばれる治療方法もあり、こちらは毛髪に必要な成長因子を補うことで発毛を促す治療法です。メソセラピーも発毛効果のある治療なので、一定の効果が現れたらやめても大丈夫です。

進行を止める役割のAGA治療薬

AGAを抑制する薬には「フィナステリド」や「デュタステリド」と呼ばれるものがあります。どちらもクリニックで多く取り扱われている薬で、AGAの原因を抑制し、薄毛の進行を止めてくれます。この他にも様々なAGA治療薬があるので、処方された時にはどのような薬なのか、もし治療をやめるとどのような副作用が出るのかなども含めてしっかりと説明を受けましょう。

AGA治療薬を急にやめると元通りに

AGAは、治療をやめてしまうと元に戻ってしまうどころか、治療前よりも悪化するケースも考えられるため、クリニックで治療薬を処方してもらっている方は自己判断で治療を止めないようにすることが大切です。AGAとは、進行性の病気のため、今の状態を維持したければ永久的に治療を続ける必要があるので、もし治療をやめるのであればしっかりと医師に相談するようにしましょう。

その他の関連記事はこちらから