AGA治療薬にジェネリックはある?種類や入手方法を徹底解説!

https://www.photo-ac.com/

AGA治療薬は高めなので、同等の効果が期待できるジェネリックにしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。毎月の治療薬代も家計に優しくありませんから、少しでも安く購入できたらうれしいものです。AGA治療薬にジェネリックはあるのか、ジェネリックの種類や入手方法についても徹底解説していきます!

AGA治療薬にもジェネリックはある

ジェネリックの薬も多いですが、AGA治療薬の場合はどうなのか気になっている方もいるでしょう。AGA治療薬にもジェネリックはあります。しかし、全てのAGA治療薬にジェネリックがあるわけではありません。ジェネリックのある治療薬は限られており、以下で詳しく見ていくのでチェックしてください。

そもそもジェネリック医薬品とは?

病院にかかった際に、薬局で「ジェネリックにしますか?」と聞かれたことがある方も多いのではないでしょうか。医者から処方される薬は「医療医薬品」と呼ばれています。医療医薬品には、「新薬」「ジェネリック医薬品」に分けることができるのです。

新薬は、研究を重ねながら開発していくので、手間と費用もかかっています。一方のジェネリック医薬品は、新薬の特許がなくなる時に、開発を手掛けたメーカー以外の会社が製造から販売まで行っています。

新薬とジェネリック医薬品は、商品名だけが異なり、薬の有効成分は同じです。効き目や安全面でも同等の扱いをされているので、違いはほとんどありません。

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品のメリットは、何と言っても価格が安く、経済的負担が軽くなることです。新薬でも安い薬の場合は大差はあまりありませんが、高い薬の場合、価格の差が大きくなります。

また、ジェネリック医薬品は、新薬と同様の成分や量、安全性などが確認されたうえで販売されています。このあたりは、変えることはできませんが、変更できるところもあるのです。薬の大きさや形を変更したり、色や味も変えることが可能になります。

ですから、新薬では粒の大きさや形状によって飲みづらさを感じないように、小さい粒にしたり、形を変えて飲みやすくすることもできます。さらに、色や味を変更することにより、苦味が軽減された薬を販売することもできるのです。

ジェネリック医薬品のデメリット

ジェネリック医薬品は、新薬と有効成分は同じだと前述しました。ここは変えてはいけないところになっています。しかし、大きさや形状・添加物などは自由に決めて販売して良いとなっていることもあり、薬によっては効果が出にくかったり、副作用が出てしまうというリスクがある可能性も否定できません。

患者のために新薬よりも良い薬になる場合もあれば、新薬の方が良かったと後悔することもあるでしょう。製品に対する安全性もしっかりされていると思われがちですが、安全面に関しては十分ではない場合もあります。

ジェネリック医薬品の中には、有効性に重点を置いているところも多く存在し、安全性を調べるのは多額の費用がかかることから行わないところもあったり、軽く見ている場合もあるのです。

もちろん、ジェネリック医薬品は経済的なメリットが大きく、使われることも多いです。このようなリスクもあるということを覚えておきましょう。

成人男性に多く見られるAGA(男性型脱毛症)。薄毛に悩む方のほとんどはAGAだと言われ、放っておくと少しずつ症状が進行してしまう病気です。 ...

AGAに関するジェネリック治療薬の種類

AGAに関する薬の中には、ジェネリック治療薬も販売されています。経済的に負担もかかることから、ジェネリック医薬品にしたいと思っている方もいるでしょう。AGAに関するジェネリック治療薬の種類についてご紹介していきます。

プロペシアのジェネリック

AGA治療薬であるプロペシアのジェネリックは、フィナステリドを有効成分とする後発医薬品です。フィナステリドは、アメリカのメルク社が開発したものです。

高用量として、前立腺がんなどの病気を抑制する効果が期待できます。海外では一般的に販売されているものですが、日本では前立腺に対する病気には未承認となっているのです。

しかし、低用量で男性型脱毛症と呼ばれる「AGA」での研究により、毛髪の成長が明らかになったため、低用量のフィナステリドをAGAの治療薬として認められました。現在では、世界の多くの国で認められ販売されています。

日本では、2005年にAGA治療薬として認可されました。プロペシアと同じフィナステリドを有効成分として使っているため、成分・品質・安全性も同様になっています。新薬であるプロペシアよりも安価で購入できることから、人気がある薬のひとつです。

ミノキシジル配合の医薬品

ミノキシジル配合の医薬品をミノキシジル内服薬や外用薬という呼び方をします。ミノキシジルは、男性型脱毛症AGAの治療薬として勧められています。ミノキシジルには、毛乳頭を活発にさせる働きがあり、髪の毛を作る毛母細胞に刺激を与えることができるのです。

さらに、血管を拡張させる作用により、毛根に栄養を行き渡らせる効果があります。ミノキシジルは、医師の処方箋がなくても対面販売で購入することができるので、薬剤師のいる薬局あるいはドラッグストアで気軽に購入することも可能です。

前述したフィナステリドが入った薬は、胎児の生殖器官に影響を及ぼすリスクがあるため、女性や妊婦の使用は禁止されていますし、薬剤に触れることすら危険だとされています。

しかしこのミノキシジル配合薬は、そのようなリスクがないため、女性でも使用可能なものになっています。女性で薄毛に悩んでいる方でも、発毛効果が認められているようです。

ザガーロのジェネリックはまだない

ザガーロは、デュタステリドを有効成分としたAGA治療薬です。2015年に厚生労働省から承認を得た薬になります。2016年からは日本でも販売されるようになりました。

デュタステリドの成分は、前立腺肥大に効果を発揮するとされていましたが、その後の研究により、AGAにも効果があることが認められ、日本でも新薬として取り扱われるようになったのです。

ザガーロは、医療用医薬品ですから、医師の処方箋が必ず必要になります。残念ながら、ザガーロのジェネリックはまだありません。ザガーロはソフトカプセルですが、粒が大きいため、飲みづらそうという印象を持たれる可能性が高い薬です。

もし、ジェネリック医薬品として販売されるようになったら、形状を変え飲みやすさを考慮したザガーロが手に入ることになるかもしれません。価格も安くなるうえに、飲みやすさも出てきたらうれしいものです。

AGAジェネリック治療薬を利用する際の注意点

AGAジェネリック治療薬を利用する際には、いくつかの注意点があります。注意点を理解したうえで、使用することが望ましいです。AGAのジェネリック治療薬を希望する場合は、注意することをしっかり覚えておいてください。

注意点①初期脱毛が起きる場合がある

フィナステリドを有効成分とする医薬品は、飲み続けてしばらくしてから、髪が抜けてしまうといった状態になる可能性があります。薄毛の治療をしているのに、逆に髪が抜けていってしまうと焦ってしまうことでしょう。

これは初期脱毛といって、初めてフィナステリド成分の入った薬を飲むと起こる現象です。必ずしも全ての方に起こるというわけではありませんが、初期脱毛が起こった場合、飲み続けることで症状もなくなってきます。

フィナステリドで初期脱毛が起こる原因には、髪の毛の周期が関係しているのです。フィナステリドは、乱れてしまった毛周期を元通りに修復してくれる働きをします。毛周期が元通りになる前の髪の毛が残っていたために、新しい周期に変わると髪の毛が毛根から押し出されてしまうことで、抜け毛が発生すると考えられるのです。

突発的な抜け毛にびっくりしてしまいますが、効き目が表れていることを示しているので、あまり気にせず薬を続けていきましょう。

注意点②最低でも半年間は飲み続ける必要がある

AGA治療薬は、いつまで飲み続けなくてはいけないのだろうと思う方も多いのではないでしょうか。AGA治療薬は、飲んだからと言ってすぐに効き目が出てくるわけではありません。飲み始めてから効果が現れるまで、半年はかかります。

1年くらい経つと、第三者から見て髪の毛が増えたなとわかるようになるのです。もちろん、薬を飲むことを止めてしまったら、効果はなくなってしまいます。

効果を持続させるためにも、飲み続けていくことは重要ですが、経済的な負担も大きいので、自分自身薄毛が気にならない状態になったら終了するという方も多いです。周りと比べてみて、まだ薄いと感じるようなら、もうしばらく続ける必要があるでしょう。

注意点③効果が出ない場合もある

薄毛の進み具合によっては、効果が思うように出ない場合があります。AGA治療薬でも効果が出ない場合、諦めなくてはいけないというわけではありません。

AGA治療薬で効果が出ない場合は、自毛植毛やウィッグといった方法もあります。自毛植毛は、薄毛の被害を受けていない毛根を移植する方法です。高額な費用がかかりますが、一度施術したら終了なので、フサフサの髪の毛を手に入れることができるようになります。

ウィッグは手軽につけることができ、フル用・部分用と選ぶことができるのです。簡単に取ったりつけたりできるのがポイントですが、老朽化してくるので、年数が経ったら買い替えることも必要になってきます。

注意点④利用できるのは成人男性のみ

フィナステリドが有効成分となっているプロペシアは、女性や未成年は使用することができず、成人男性のみ使用が可能です。フィナステリドは、男性ホルモンの還元酵素を邪魔する働きをするため、男性ホルモンに影響を及ぼしてしまう可能性が高いのです。

特に妊婦や授乳中の女性の場合は、男児あるいは男の胎児の生殖器に悪影響を与えてしまいます。薬を触ったことにより、成分を吸収してしまうために、触ることすらNGとされています。

また、安全面が確定されていないため、未成年の使用は禁止です。日本での臨床試験が20歳以上ですから、成人してからではないと使えません。

AGAジェネリック治療薬の入手方法

AGAジェネリック治療薬は、簡単に手に入りやすいのが魅力的でもあります。実際に、どこで入手したら良いのでしょうか。AGAジェネリック治療薬の入手方法についてご紹介していきます。

クリニックなどを受診して処方してもらう

AGA専門クリニックなどを受診して、処方してもらうのが一番安心・安全な方法なのではないでしょうか。AGA専門クリニックでは、長年の経験や豊富な知識から、適切で安全な治療薬を処方してもらえます。副作用があった場合でも、しっかりサポートしてくれますから安心です。

いきなりAGA専門クリニックを受診することが心配だと思う方は、一度無料のカウンセリングを受けてみると良いでしょう。カウンセリングでは、治療内容や費用のことや、どのくらい治療が必要なのかなど自分が疑問に思うことを聞いたり、相談に乗ってもらうことができます。

全てを納得したうえで治療を始めることが一番良いです。いろいろ相談に乗ってもらうだけでも、気持ちがスッキリするのではないでしょうか。

最近では、20代や30代から薄毛に悩む人が増えており、若年層にとってもAGAは深刻な問題となってきています。そのため、AGA治療に興味のある方も...

オンライン診療

国産のジェネリックであるフィナステリドは、通販サイトで購入することはできません。日本では医療用医薬品として指定があるため、医師の診察なしでは手に入らないことになっています。

国産ジェネリックであるフィナステリドを購入したい場合は、オンライン診療という方法があります。直接クリニックへ足を運ばなくても、オンラインで診察してもらい、処方してもらうことが可能です。処方された薬は配送してくれます。

個人輸入はリスクが大きい

海外の治療薬を個人輸入する方もいるでしょう。個人輸入をする場合、偽物が届いてしまう可能性や、副作用が起きても対応してもらえないなどリスクが高いと言えます。やはり、副作用が起きた時にしっかりサポートしてもらえるクリニックで診察してもらい、治療薬を処方してもらう方が安心で安全な方法です。

AGA専門クリニックでまずは相談!

薄毛に悩んでいるなら、AGA専門クリニックでまずは相談してみましょう。薄毛に効く薬を自身で調べてもわからないことも多いものです。

AGA専門クリニックなら、いろいろな薄毛の男性を見てきています。それぞれの薄毛に合った治療をしてくれるので、安心して任せることができるのです。多くのクリニックで無料カウンセリングを行っていますから、気になることを全て伝えて、不安や悩みを解消しましょう。

AGA治療を始めようと決心したけれど、どれくらいの費用がかかるのか知らない方も多いのではないでしょうか。費用はクリニックによっても異なるため、な...

AGAジェネリック治療薬を安全に利用しよう

AGAの治療薬にも、ジェネリック医薬品があります。ジェネリックは、価格が安いことが魅力です。有効成分や量も同じですが、形や色・大きさなどは変更できるので、それぞれ改良をして販売することができます。

ジェネリックには、メリットも多いですがデメリットもあり、効果が人によって出にくかったり、副作用が起こる恐れもあります。メリットとデメリットをしっかり理解しておくことが大切です。AGAジェネリック治療薬を安全に利用し、正しい方法で薄毛を治していきましょう!

その他の関連記事はこちらから

薄毛に悩んでいる方の中には、おしゃれな髪型はできないと諦めてしまう方もいるのではないでしょうか。でも実は、上手にカバーしながらかっこよく見せるこ...
最近、抜け毛がひどくなる、髪に元気がなくなるなどといったことはありませんか?薄毛は男性にとって気になる部分の一つでもあります。育毛サプリを使うこ...
【2020】おすすめの頭皮マッサージ器ランキングTOP5【口コミ付】
画像引用:freepik ベタつきやニオイ、薄毛など、年齢を重ねるごとに増えてしまう頭皮の悩みについて、皆さんはどのようにケアをしているでしょ...