記事作成日:

AGA検査はどこで受けれる?気になる検査方法を徹底紹介!

キャンペーンバナー

髪にボリュームを感じなくなってきたり、頭皮が目立ってきたりと、悩んでいる方はいませんか?AGA検査を受けてみたいと思った場合、どこでどのように検査ができるのか疑問に思っている方もいるでしょう。AGA検査の受ける場所について、気になる検査方法を徹底紹介していきます!

そもそもなぜAGAの血液検査が必要?

AGA検査では、血液を採取することが必要だと言われています。AGAと血液というのは、関係がないように感じるでしょう。AGAの血液検査がなぜ必要なのかをご説明していきます。

AGAとの関連性や重症度を調べる

病院でAGA検査を受ける場合、まずは問診と視診を行います。AGA専門の医師が頭皮や髪の毛の状態を見て、AGAなのか、AGA以外の脱毛症なのかを見分け、AGAの重症度がどれくらいなのかを調べていくのです。

その後、普段の生活習慣の中で何が薄毛の原因となっているのか、どのような薬を使うことができるのかを調べるために、血液検査が行われます。

また、AGAが生まれつきの体質によるものか、AGAになる根本的な原因を見つけるために、採血による遺伝子検査もあるのです。これらの検査をすることで、AGAの関連性や重症度などについて詳しく知ることができます。

投薬治療の安全性や効果を調べる

AGAの治療薬にはさまざまありますが、すべての薬が誰にでも適しているというわけではありません。それぞれ体質は違うので、薬が合う合わない場合があるでしょう。また、痔病や肝臓・腎臓の機能によって、薬の効果は変わってきます。

AGA治療薬であるプロペシアの場合、肝臓の機能によって代謝が起こります。肝臓機能が良ければうまく働き効果を出すことができますが、低下していると体内に薬が残ってしまうことにより、副作用が強く現れたりする場合も考えられるのです。

薬を安全に使用することができるように、あらかじめ体内が健康かどうかを調べておくことが重要だと言えるでしょう。投薬治療の安全性や効果を調べることは、長期間AGAの治療薬を飲むうえで大切なのです。

AGAの検査はどこで受けられる?

AGAの検査を受ける方法は、以下の3つが挙げられます。

  • 検査キット

自宅で口の中の粘膜を採取して調べる検査になります。周りにAGAの検査をしているとバレたりする可能性もありますが、検査キットを使用する方法だとバレにくく、安価で受けることができるものです。

ただし、キットを使用する場合、AGAになりやすいかはわかりますが、AGAの根本的な原因や薬が合う合わないなど、それ以外のことは調べることができないのがデメリットでもあります。

  • 皮膚科クリニック

皮膚科でもAGAの検査を受けることができますが、医師だからといって誰もがAGAに詳しいわけではありません。皮膚科では、AGA以外の患者も来ますし、AGAの患者を診る回数も多くはないでしょう。AGAに対する詳しい知識を持ち合わせていないと、誤った診断を受ける可能性もないとは言い切れません。

また皮膚科によっては、きちんと血液検査や遺伝子検査をしてくれるところもあれば、視診だけで治療を始めるところもあるので、実際に診てもらって不安要素が少しでもある場合は、もう一度よく考え直した方が良いでしょう。

  • 専門クリニック

専門クリニックでは、AGA治療に対して知識も経験も豊富な医師が検査をしてくれます。治療をしていくにあたり、細かい部分までしっかりと調べてくれるので安心できるでしょう。

細かい部分まで調べるということは、検査する項目が多くなるので、検査費用が高くなってしまいます。お財布とも相談をし、どこで検査を受けるのが適切なのかを考えてみてください。

AGAの検査方法や種類を場所別に解説

AGAをどこで受けるかによって、検査方法や種類も変わってきます。それぞれに特徴があるので、自分に一番合った方法で検査を受けることが大切です。AGAの検査方法や種類を場所別に解説していきます。

専門医院のAGA検査の特徴

専門医院でのAGA検査では、問診・視診・血液検査・遺伝子検査を行うのが一般的になっています。視診では、専門医院の医師が頭皮や髪の状態を見て、その薄毛がAGAによるものなのかそうではないのかを判断します。

血液検査では、どのような内服薬が適しているか、生活習慣、病気は持っていないかなどを調べていくのです。遺伝子検査では、AGAになりやすい体質かどうか、AGAの根本的な原因や薬の効きやすさなど細かいところまで調べるので、検査する項目が多くなる傾向にあります。

血液検査よりも遺伝子検査による項目が多くなればなるほど、費用が高くなっていきます。専門医院でのAGA検査は、保険適用外なので、費用の面も考えなければいけないでしょう。

遺伝子検査の結果が出るまでは、最高1ヶ月程度かかり、治療は結果が出てAGAだということがわかってからになるので、治療に入るまで時間がかかります。

皮膚科のAGA検査の特徴

皮膚科のAGA検査では、視診だけのところもあれば、遺伝子検査まで行う皮膚科もあります。AGAを見ている経験が少ない医師が視診することも多いので、AGAかそうではないのかを確定させる判断が難しいという場合もあるでしょう。特に、視診だけで遺伝子検査をしないところは、余計に難しくなります。

その分、検査する項目は少なくなるため、安価で受けられるという特徴があります。また、皮膚科で検査をしてもらった後、治療を開始する場合、皮膚科では専門医院と違って使える薬も限定されてしまうため、AGAを改善させることはできず、あくまで進行を引き延ばすことしかできない可能性もあるのです。

自宅で行える遺伝子検査キットの特徴

遺伝子検査キットを使用すれば、自宅でも簡単に検査することが可能です。使い方は、綿棒で口の中の粘膜を採取し、検査キットを送るだけになります。結果は1~3週間ほどで返送されるようになっています。

自宅で簡単に検査できるというのはメリットですが、正確性を問われると高いとは言い切れない部分があります。やはりまだ専門医院に比べると、正確性は劣ると言われています。遺伝子検査キットは、ネット通販などで手軽に購入できるのがうれしいですが、正確性の面は頭に入れておいた方が良いかもしれません。

AGA検査をどこで受ける!選ぶ際のポイントを解説

AGA検査を受けたいと思っているけれど、どこで受けたら良いのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。受ける場所によっては、判断が違う可能性も考えられるので、慎重に選びたいところです。選ぶ際のポイントを解説します。

選び方①実績

AGA検査の受ける場所を選ぶ際には、AGA専門の医師がいるかどうかをチェックすることが大切です。やはり、AGAに精通している医師がいれば安心できるのではないでしょうか。

AGA治療の経験が少ない医師と、専門の知識を持っていて経験豊富な医師とでは、診断結果が違う可能性もあります。AGAの検査や治療に関して、実績を持っている病院を見つけることがポイントになります。

選び方②費用

AGA検査を受ける場所を選ぶうえで、費用も重要な部分なのではないでしょうか。費用は、どこで検査を受けるかによって、変わってきます。皮膚科で受ける場合は、検査する項目が少ないため、費用は安く抑えることができます。

専門医院で受ける場合は、基本的に行われる検査に加え、遺伝子検査も入ってきます。より正確に検査をするために、詳しく細かいところまで検査をするため、どうしても検査項目が多くなってしまう傾向にあるのです。

そのため、費用が高くなり、専門医院でAGA検査を受ける場合が一番高くなると言えるでしょう。費用の面も考えて、検査を受ける場所を選んでみてください。

AGA検査にかかる費用はどれくらい?

AGA検査を受けたいと思っているけれど、費用が高いと受けづらいと感じる方も多いのではないでしょうか。AGA検査にかかる費用はどのくらいなのかをご紹介していきます。

AGA検査は保険適用外

AGA検査は、治療も含めて保険適用外となっています。病院ごとで費用が異なるので、できるだけ検査費用を抑えるためには、複数の病院を比較して見ると良いでしょう。

細かい部分まで検査をし、検査項目が増えていくにつれて、費用が高くなっていきます。AGA専門のクリニックで検査を行う場合、どのような治療法で進めていくかを決めるためにも、より詳しく検査を行うことが多いです。

よって検査項目が増えていくので、専門クリニック以外で検査を行う場合と比べて、費用が高くなる傾向にあります。何を調べたいかによって、どこで検査をするかを選ぶと良いでしょう。

例えば、AGAになりやすい体質かどうかだけを調べたい場合には、自宅で簡単に調べることができる検査キットを使うと、費用も安くすみます。

単純に検査をするだけなら、キットを使用するのも良いですが、AGAだとわかった後に治療をする場合には、検査を受けた流れで治療やケアを行うことがおすすめです。AGAに関して詳しい検査をし、治療に向けてスムーズに進めていくことができるでしょう。

血液検査にかかる費用の相場

AGA検査を受けるうえで気になるのは、費用です。どのくらいかかるのか前もって調べておきたいところです。前述した通り、検査や治療を受けるには保険が適用されないため、全て自費となります。血液検査費用も病院によって異なりますが、だいたい1万円~2万円(初診料含む)くらいが相場でしょう。

血液検査以外にも遺伝子検査も行う場合は、5千円~1万円程度がプラスでかかる計算になります。また、自宅で簡単に調べることができる検査キットを使用する場合には、5千円~1万円くらいが相場だと言えるでしょう。病院によっては、キャンペーンを行っていて安く血液検査ができる場合もあるので、医療機関に確認してみてください。

自宅でできるAGA検査キットのおすすめ3選

AGA検査キットは、ネット通販でも購入することができます。自宅で簡単に口の中の粘膜を採取して、それを指定された研究機関に送るだけです。結果が返送されてくるので、AGAになりやすいかどうかを調べることができます。自宅でできるAGA検査キットのおすすめをご紹介します。

おすすめ①ヒト体質 遺伝子検査キット「男性型脱毛症2項目」

ヒト体質 遺伝子検査キットは、口内から採取した検体を用いて、遺伝子レベルで体質を調べることができるキットになります。抜け毛が多かったり、頭髪が薄くなってきた方には、「男性型脱毛症2項目」がおすすめです。

AGAの可能性を知ることで、早めに適切な毛髪ケアを行うことができるようになるでしょう。男性型脱毛症2項目では、「GAGリピート」「GCGリピート」を調べます。「GAGリピート」ではポリグルタミンタンパク、「GCGリピート」ではポリグリシンタンパクの長さを調べていくのです。

判定方法は男性と女性で異なりますが、ハイリスク型・リスク中間型・ローリスク型に分かれます。わずか1分で採取が完了するので、自宅で手軽にできるのがうれしいです。

 

おすすめ②AGA assist 毛髪に関する6種類の遺伝子解析キット

こちらの商品は、毛髪に関する6種類の遺伝子を調べることができるキットになっています。総合的な遺伝子をチェックすることが可能なので、脱毛のリスクがあるかどうかを調べることができるのです。

栄養や運動、生活習慣など遺伝子リスクを組み合わせて、あなただけのDNAアドバイスブックを作ってくれます。口の中の粘膜を採取して、書類を記入するだけで申込みは完了です。

 

おすすめ③DHCの遺伝子検査 毛髪対策キット

薄毛や抜け毛は遺伝が関係しているとも言われています。最近抜け毛が多くなったり、家系が薄毛だったり、気にかかることがあれば、こちらのDHCから販売されている遺伝子検査毛髪対策キットで調べてみてください。

AGAが発症しやすいかどうかを3段階で判定され、それぞれにあった毛髪ケアを教えてくれます。検査方法は簡単。採取棒を頬の内側に押し当てて細胞を採取し、付属の遺伝子検査申込同意書に記入のうえ、返送するだけです。約3~4週間程度で結果が自宅に届きます。

結果報告書では、遺伝子リスクを解説し、おすすめのライフスタイルを提案してくれます。アフターサービスも充実していて、何かわからないことがあれば、DHC遺伝子検査相談室へ連絡することで、相談に乗ってもらうことも可能です。

 

自分にあったAGA検査を見つけよう

頭皮が目立ってきたり、抜け毛が多くなると、AGAなのではないかと心配になってしまうことも多いです。AGAなのかそうではないのかを調べるには、AGA検査を受けることになります。

検査方法にはいくつかあり、自宅で簡単に検査できる方法や、専門クリニックで調べてもらう方法などがあります。自宅でできる検査は費用も安く済みますが、AGAが発症しやすいかどうかだけしかわからない場合も多いです。

しかし専門クリニックでの検査は、治療までを目的としているので、どのような治療が適しているか細かい部分まで徹底的に調べてくれます。その分、検査項目が多いので、費用が高くなりやすいです。

AGAのリスクがあるかどうかを調べておくことで、今後どのような毛髪ケアをしていったら良いのか、早めに対処することも可能になるでしょう。自分にあったAGA検査を見つけてみてください!

その他の関連記事はこちらから