記事作成日:

【50代男性】おすすめのファッションコーデのポイントは?人気のアイテムをご紹介!

広告

50代ともなると、大人としての威厳や雰囲気が佇まいからも感じられるような年代となっています。そういった年代であるからこそ、ファッションコーディネートも自分に合ったものを選択するべきです。本記事では、50代のミドルの男性におすすめのファッションコーデやアイテムをご紹介します。

50代男性のファッションコーデのポイント

年を重ねると「どんな服を着ればよいのか分からない」「年代に合った服が見つけづらい」といった悩みを持つ方は少なくありません。まずは、50代男性の分かりやすいファッションコーデのポイントをしっかり押さえておきましょう。

50代男性のファッショポイント①ちょい悪はNG

まず、ちょい悪スタイルはNGとされています。ちょい悪だけでは抽象的過ぎて分かりにくいかもしれませんが、例えばシャツのボタンを必要以上にいくつも明けた状態にしたり、胸元が見えやすいVネックシャツを着るなどが代表的です。

年齢に応じて、社会的な場での印象が重要です。過度に若者向けの「ちょい悪」なスタイルを選択しても大人としての信頼性などを損なう原因になってしまい、50代ともなればなおさらです。

夜の繁華街などでは特にそういった服装を見かけますが、若い方からも女性からも「痛い」といった印象を持たれてしまいます。品のない見た目になってしまうのは間違いないので、ここは控えるようにしましょう。

50代男性のファッショポイント②きっちり過ぎてない

続いては、きっちり過ぎるファッションです。過度なフォーマルな服装や堅苦しいスタイルは、無理に年相応でない印象を与える可能性が高いため、守りすぎるのも考えものです。

例えば、シャツをズボンにしっかりとインしたスタイルです。フォーマルなスーツのシャツであればよいかもしれませんが、カジュアル寄りの服装やプライベートで着る場合にはおじさん臭くなってしまうのです。

だらしなく見えないように気崩さないと決めているかもしれませんが、着丈が短めのトップスであれば袖を出していてもだらしなく見えません。

50代男性のファッショポイント③若作りしすぎない

若者受けを狙ったり、若い世代に寄せていくスタイルもあまり無理をしてするものではありません。50代という年代でもまだ老け込みたくないという理由から、若い世代に人気のファッションを選ぶ方もいるでしょう。

例えばブランドロゴの入った服であったり、可愛い柄物などがあります。若い世代であればぴったりはまるのですが、50代の男性が着たとしてもちょい悪と同じで「痛い」と思われかねません。

若作り、または子供おじさんなどと呼ばれる羽目になる可能性も想定されますので、好きなテイストや方向性を残しつつも年相応のスタイルにしていきましょう。

50代男性のファッショポイント④清潔感

清潔感はどんな年代になっても大切であることは間違いありません。女性から見た時の男性の印象として、清潔感があるかどうかは年代を問うことなく最も重要視されるポイントとなっています。

服装は他者に対して最初に与える印象の一部であることは間違いなく、清潔感のある服装はそれを見る他人に対して一定の安心感や気遣いをしていることを示し、良い第一印象を与えられるのです。

10代や20代であれば若さとカラーリングで十分にそれを演出できますが、50代や40代などの場合には色柄やデザインをはじめとした基本を押さえ、より品質や材質にこだわることが大切です。

50代男性のファッションの選び方

このように、50代はそれなりに年齢を重ねてきた年代であるからこそ、服装に対しても今一度目を向けてみることが必要です。ここからは、実際の50代男性のファッションの選び方のポイントを解説します。

50代男性のファッションの選び方①キレイめ

まず選び方の1つ目として挙げるのが、キレイめにまとめるのを意識するというものです。年齢を問わず、男性が着用する服や靴はキレイめかカジュアル化という2つの種類に大きく分類されます。

カジュアルなアイテムは過ごしやすくオフの場などでも楽に使うことができるのでリラックスした雰囲気になりますが、こればかりのコーデでは子供っぽくなってしまうので若作りしていると思われる可能性が出てきます。

そこで、ある程度フォーマルさを残したキレイめなスタイルを意識するのです。テーラードジャケットやテーパードパンツなどが適切なところで、一部カジュアルなものを取り入れられると理想的です。

50代男性のファッションの選び方②自分の身体のサイズに合ったもの

続いては、自分の体のサイズに合っている服を着用することです。その程度は誰でも当たり前と思うかもしれませんが、楽で過ごしやすいからと自分の体形よりもオーバーしているサイズのものを着るとだらしない印象を持たれやすいのです。

理由としては楽だからというもの以外にも、体系を隠せるから、オーバーサイズでゆるっとしたものが流行しているからなどもあるでしょうが、お洒落に気を遣う場面では注意しなければなりません。

体にジャストサイズな服を選ぶことで、大人っぽくすっきりとまとまった印象へと変化していきます。これを意識的にできるかどうかによって、見た目の印象は大きく変わることを覚えておきましょう。

50代男性のファッションの選び方③落ち着いた色柄

色や柄に関しても注意を向けたいところです。ファッションコーデのポイントの中で子供っぽいスタイルはNGであると解説しましたが、こうした印象に大きく関わってくるのが色や柄です。

基本的に若い世代であれば明るい色や主張が多少強めの柄物などを選択したとしても年代には合いますが、50代となるとベースとしてはシンプルな無地、そして白・黒・グレー・ネイビー・ベージュ・カーキに代表される落ち着いたカラーがおすすめです。

こういったシンプルなデザインとカラーリングのアイテムは、どんな物とも合わせやすい汎用性を備えています。好印象を得るために不可欠な清潔感も、この色柄のチョイスを正しく行うことで自然とついてきます。

50代男性のファッションの選び方④季節感

そしてもう1つ、季節感についても気を配ってみましょう。これに関しては単純なもので、夏なら夏、冬なら冬、春や秋などの過ごしやすい季節それぞれで適した服装を選択するという意味です。

季節が変化すれば、着る洋服の種類も当然変化していくものです。色柄なども考慮しつつ、四季それぞれにマッチしたコーディネートを見本などを参考にしながら見つけていきましょう。

50代男性に人気のファションコーデ定番アイテム

このように、50代であっても守るべきところをしっかりと守ることによって、大人びてかつ自分らしいスタイルを演出することができます。ここからは、50代男性におすすめの定番アイテムをご紹介します。

50代男性コーデ定番アイテム①テーラードジャケット

まずはテーラードジャケットになります。ある程度の年齢の男性にとっては欠かせない定番アイテムの1つとなっており、シックで大人びたカラーリングとスタイルで様々な場面に使うことができます。

おすすめはメンズファッションプラスストアのメンズテーラードジャケットになります。シンプルなブラックジャケットで男らしさがありながらも、深めの襟と1つボタンで大人のラフな雰囲気を演出しています。

 

50代男性コーデ定番アイテム②テーラードスーツ

続いておすすめするアイテムは、テーラードスーツになります。こちらもシックで大人らしいスタイルを演出する際のアイテムとしてはレギュラーメンバーと言え、フォーマルさを保ちつつもある程度リラックスした状態で着られます。

おすすめのアイテムはNOLCCTNのテーラードスーツセットです。お洒落感が溢れる2つボタンをデザインした男性の色気を引き出す本格ラグジュアリードレススーツセットです。

通勤やリクルート・ビジネスなどをはじめとして様々な場面に使うことができ、セットアップとしてはもちろん、ジャケット、パンツ単体でも幅広く活躍する汎用性の高いセットと言えます。

 

50代男性コーデ定番アイテム③シンプルニット

シンプルなデザインのニットもどんなスタイルにも合わせやすく50代にマッチするアイテムでしょう。テーラードスーツなどとも比べてもラフに着られますし、かといって子供っぽくはならないカジュアルさがあります。

ジギーズショップの畦編みニットがおすすめのアイテムです。5本の糸を束ねローゲージで編み込むことで、ざっくりとしたボリュームを生み出す片畦編みのトップスニットになっています。

厚みがあるのに表面には柔らかなドレープ感があり、また裏面はスムーズな縦目の編地になるので、サラリと着られてインナーを入れてもごわつかない設計です。9種のカラーバリエーションから選べます。

 

50代男性コーデ定番アイテム④無地シャツ

無難に合わせていきたいのであればやはり無地のシャツも選択肢として入ってきます。ワイシャツであればフォーマルな場であってもカジュアルな場であっても両方で使うことができるので、1枚持っておいて損はないでしょう。

ドレスコード101の形態安定加工ワイシャツは、随所に旬を盛り込みながら華やかさと好印象を感じられるシンプルシャツです。真っ白のシャツに比べて色付きや柄入りのシャツはインナーが透けにくくなり、ダサくなりにくいのがメリットです。

厚みのある生地は良質な糸から作られていて、高級糸であるコーマ糸を使用した品質の高い生地はインターロック縫製で各パーツを丈夫かつ頑丈に設計されています。

 

50代男性コーデ定番アイテム⑤ローファー

靴を選択する際にはローファーが推奨されています。ビジネスで使用されるような革靴ほどかっちりし過ぎておらず、なおかつフォーマルさを失わないアイテムということでプライベートでも使うことができます。

おすすめはムーンスターのローファーになります。帝人コードレのレザー調人工皮革「コードレ」を使用しており、「軽くて丈夫で手入れが簡単」という特性があります。重さは、25.0cmで片足約340gです。

 

50代男性におすすめの季節別コーデアイテム

全体的に50代男性向けの定番コーデアイテムとしては、フォーマルさを損なうことが無いようにある程度しっかりとした見た目と印象になるアイテムが多くなっています。ここからは、季節ごとに50代男性に合っているコーデアイテムをご紹介します。

50代男性ファッションコーデ①春

まずは春のコーデからです。暖かく過ごしやすい春の季節にはステンカラーコートにテーパードパンツなどといったように、正統派で外すことのないスタイリングと組み合わせが推奨されています。

おすすめのアイテムとしては、定番アイテムでもご紹介したテーラードジャケットです。中でもSulliwayuの製品は、ストレッチ素材を使用した柔軟に使うことのできるジャケットでピタッと着こなすことができます。

伸縮性脳に優れている素材を採用している分、まるでジャージを着ているかのような軽やかな着心地でかつシンプルで洗練されたデザインですから、大人の雰囲気を損なうことなく着られるのです。

あらゆるシーンで様々なスタイルを演出・ストリートやフォーマルなどTPOを問わずに活躍してくれ、ショルダーやボタン留めなど細部までこだわって作られています。

続いておすすめのアイテムは、ニットセーターです。サムディフのニットセーターはゆったりとしたシルエットでラフに着ることができます。

それでいてカラーリングや柄なども主張し過ぎることのないシックで落ち着いたデザインになっていますので、大人の男性がインナーなどとして着用しても違和感のない1枚と言えるでしょう。

重ね着をしているようなレイヤードのデザインで、 1枚でサマになるこだわりの詰まったニットです。 袖部分はボリュームたっぷりのスリーブで、崩れすぎることのないゆるさを演出してくれます。

ボタンありのシャツもおすすめアイテムの1つです。ODFMCEのメンズシャツはボタンダウン襟を採用することで、カジュアルになりすぎない落ち着いている雰囲気を演出してくれます。

カジュアルからビジネス·フォーマルまで幅広いスタイリングに対応できるメンズ長袖シャツは、春はもちろん秋などのシーズンにもメイン上着として着られるほか、インナーには半袖Tシャツなどと合わせやすくなっています。

ボトムスにはテーパードパンツでまとめるのがおすすめです。通気性があり軽く作られているテーパードパンツは春先でも履きやすいアイテムでありながら、カジュアルさや子供っぽさが出にくい定番ものです。

ジェリーのテーパードパンツはもともと人気の高かったパンツをガーデニング仕様にゆるく履きやすくした製品で、ストレッチが入っているので動きやすく、足が細く綺麗に見えます。

 

50代男性ファッションコーデ②夏

日本の夏は猛暑も多くなるためにどうしても半袖や半ズボンが選択肢に入ってきますが、そこでも大人らしさを損なわないようにしたいところです。ポロシャツやキレイめのデニムなどを組み合わせて、上品にまとめてみましょう。

おすすめのアイテムとしてはラルフローレンのポロシャツがあります。1972年の登場以来、多くの類似製品の出現にもゆるがないアメリカンスタイルをキープしている確固たる存在の定番ポロシャツです。

シグネチャースタイルのアイコニックなオリジナルのディテールに対する品質やこだわりはそのままに、多彩なカラーとフィットで新たに登場したこのポロシャツは、ストレッチを加えることで細身のフィットながら抜群の動きやすさを実現しています。

パンツは暑い夏でも9分丈のテーパードがおすすめです。こちらの商品は暑苦しい夏において寝具を中心に人気の「接触冷感」を使用しており、穿くだけで涼しいアイテムになっています。

ストレッチ素材により細すぎず太すぎずしっかり伸びる「楽に穿ける涼しいズボン」となっており、汗のべたつきを抑える吸水速乾性、そして部屋着見えしない豊富なバリエーションも展開されています。

 

50代男性ファッションコーデ③秋

暑い夏が過ぎ、だんだんと涼しくなっていく秋の季節は基本的には夏と同じくキレイめにまとめていくスタイルが合っています。暖色のカラーを合わせていくと秋という季節にもマッチさせられることでしょう。

そんな秋にはAmyniのメンズ用シャツがおすすめです。肩のヨーク切り替えや折り返しデザインの胸ポケットなど、シンプルながらもデザイン性の高い作りのシャツになっていて、フロントはスナップボタンで着脱しやすい設計です。

程よい厚みの生地は季節を問わず活躍してくれ、休日のカジュアルスタイルやビジネスにもハマる万能シャツとしておすすめすることができ、春や秋はメイン、夏場にもアウターとして使えるでしょう。

季節が似ているということで秋もニットセーターをお勧めします。サムディフのミラノリブドルマンニットセーターはBIGシルエットでありながら清潔感のあるクリーンコーデを叶えるニットです。

肩落ちしたオーバーシルエットなので張り切り感の無い垢抜けしたコーデを作ることができます。 また、滑らかな編み地と光沢感によって綺麗めで上品な雰囲気を演出してくれるアイテムの1つとして、大人の男性におすすめです。

もう1点、ボトムスとしてステイランドのストレッチイージーパンツも合わせてみると良いでしょう。股下68cmと73cmのレングス2タイプ展開でフルレングスとアンクル丈としても選べる嬉しい両方のサイズがあります。

ヒップや太もも周りはゆったりとしたシルエットになり、膝から下は細めにすることでワイドながらもキレイなシルエットを実現してくれます。細身が苦手な方が穿ける大人のイージーパンツです。

 

50代男性ファッションコーデ④冬

寒さが増してくる冬場の季節は、コーデの幅も広がってきます。チェスターコートにテーパードパンツといったように暖かくもシックなものを組み合わせ、暗めな色が多い冬のコーデの中にも暖色や明るめの色を取り入れるとお洒落です。

冬におすすめするアイテムはSulliwayuメンズステンカラーコートです。やや大きめに作られたそでぐりと身幅がリラックス感を演出するステンカラーコートとして展開されています。

オーバーコートといっても体に馴染むゆとりのあるサイズ感として設計されており、これをミドル丈に落としこんでいるのでインナーを選ばない汎用性の高さが魅力です。

生地は高めて耐久性を持つポリエステルを選ぶことにより、シワがなりにくく型も崩れにくい作りです。耐久性もありながら硬すぎず、普段使いにぴったりの柔らかい質感です。着こなし次第でロングシーズン着られるでしょう。

ドゥクラッセのマジカルダウン・ステンカラーコートもおすすめです。大人気のダウンロングコートのステンカラータイプとして展開されており、ジャケットの上にはおりやすいデザインのためビジネスシーンでもそのまま使えます。

肩部分はボリュームを抑える切替によって、ジャケットインでもスマートなシルエットにできます。 高機能「テックジョイ」を用いた本体は 防風性・撥水性・透湿性に優れ、水の浸入を防ぐ高密度マイクロファイバー仕様です。

更に高品質な「オーストラリアダウン」 を用いており、今年はフィルパワー650を誇るオーストラリアダウンを採用しています。タウンユースにもアウトドアにも使える黄金比である、ダウン80%・フェザー20%の構成です。

 

50代男性におすすめのファションブランドは?

50代男性におすすめできるアイテムは色々とありますが、トータルでどれを使おうか迷っている場合にはブランドでまとめてチョイスするという選択肢もあります。実際、大人らしいアイテムを展開しているブランドはいくつもあります。

例えば、ユナイテッドアローズなどは代表的でおすすめです。年齢を重ねようともトレンドを押さえたファッションスタイルを追求できるアイテムを展開していて、ベーシック且つ抑えめなカラー展開で50代でもおすすめできます。

悪い印象になりたくはないけれど、それでもトレンドや若々しさを嫌味なく感じられるようなアイテムが使いたい、キレイめなコーディネートでまとめたいという方に向いているといえるでしょう。

アヴィレックスもおすすめのブランドと言えるでしょう。アメリカンなミリタリーウェアを中心として展開しているアヴィレックスは、比較的幅広い年代からの支持を集めているブランドです。

トラッド、ワーク、そしてミリタリーなどを取り入れたデザインのアイテムは若い世代からも人気で、シャツ1枚とっても生半可な出来では満足に着られないとして優れた素材を用いつつも主張し過ぎないデザインに仕上がっています。

ポールスチュアートなども候補に入れてもらいたいところです。トレンドではなくスタイリングを提案することをコンセプトに置いているブランドで、カジュアル寄りからフォーマルまで着やすいアイテムがそろっています。

元々がアメリカの紳士服専門の店舗であるということから、50代男性にも難なく似合うフォーマルな製品に関してもそろっていますので、仕事でも使えそうなファッションアイテムを探している方にお勧めです。

50代もおしゃれに過ごそう

ある程度年を重ねた50代という年代であったとしても、お洒落には気を遣いたいところです。だからと言って大人らしさを損なうわけにはいきません。落ち着いたコーデを意識して、是非おすすめしたアイテムやブランドの製品を取り入れてみてください。

その他の関連記事はこちらから