古代から親しまれて来た魅惑の宝石!12月の誕生石「ターコイズ」ってどんな石?

12月の誕生石であるターコイズ。

人類との関わりが深く、「ネガティブなパワーから持ち主を守り、困難な壁を乗り越えて目標達成できるようサポートしてくれる石」と言われています。

また、ターコイズ特有の綺麗な色もとっても魅力的ですよね。

今回はそんなターコイズの魅力をご紹介していきます。

「ターコイズ」ってどんな石?

ターコイズといってもその色合いは様々で、薄い水色 から濃い青、緑がかった物、黒や茶色の模様が表面に浮かび上がるものなど様々!

こうした独特の色合いは、銅・アルミニウム・リン・酸素・水素などの成分が風化と共に溶け出し、石に溶け込んで結晶化したことによるものとされています。

ターコイズの特徴

宝石の硬さを示す硬度は、ダイヤモンドの10を最高レベルとして、5~6とあまり高くはありません。

また、水や汗・油に弱いので、使用した後は軽く柔らかい布で乾拭きしてあげてくださいね。

保管の際は、日光による変色を避けるために直射日光は避けましょう!

 

ターコイズは「トルコの石」じゃないの?

日本語でターコイズは「トルコ石」と言われており、トルコ産の石だと勘違いされがちですが、実はトルコでは一度も産出されたことはありません。

主な産地はイランや中国、アメリカ等ですが、13世紀頃、トルコ人商人たちがヨーロッパにターコイズを大量に持ち込んだため、「トルコ人の石」という意味で「ターコイズ」という名前が定着したようです。

また、ターコイズはお守りとして使用されているイメージが強いですが、それもトルコ人商人がターコイズをヨーロッパに持ち込んだ時に定着したとされています。

商人たちが、お守りとしてラクダの首に付けていたことから「護符」になる石として、世界中に知られるようになりました。

 

ターコイズの歴史

ターコイズは人類とのかかわりが、とても古く古代エジプト初期の王墓やインカ帝国の財宝の中から、ターコイズを使用した宝飾品が発見されています。

メソパタミア文明の遺跡からは、ターコイズで作られたビーズも発見されているようです!

 

自然崇拝の宗教では、その神秘的な色合いから、自然の力を秘めていると大切にされていて、その一例としてネイティブアメリカンは、天や神の力が宿った聖なる石としてあがめ、神の声を聞く儀式や、雨乞いなどにターコイズを用いたとされています。

また、父から子に譲り渡される習慣があり「人から贈られることで、さらに神秘なる力を発揮し、持ち主をまもる」とされてきました。

なんだか素敵な言い伝えですね!

 

古代メキシコでは、黄金よりも尊い石として珍重されていたようで、西洋では、ターコイズを持ち込んだトルコ人に習って「災難や自己から身を守るパワーを宿した石」として尊ばれていました。

 

ターコイズの宝石言葉とは?

ターコイズは「成功」「繁栄」「健やかな体」「旅の安全」と言った宝石言葉を持ちます。

危険が迫ると、色褪せたり、欠けたりして知らせてくれるとも伝えられ、邪気を払うパワーについては、ローマ帝国時代の文献でも記述されているほどです!

 

身の危険に繋がる邪悪なエネルギー、ネガティブなパワーから持ち主を守り、困難な壁を乗り越えて目標達成できるよう、サポートしてくれるといわれています。

勇気や幸福に繋がることから「成功」「繁栄」という宝石言葉にもつながっていったようです。

これから何かにチャレンジする人にぴったりの石ですね!

 

 

ターコイズのパワーストーン的効果とは?

ターコイズは古代から人類との関わりが深いため、パワーストーンとしてさまざまな効果があるとされています。

ストレス緩和

ターコイズは古来より『宇宙・自然とのつながり』を可能にする石とされ、神聖視されてきました。

ターコイズを身に着けることで『自分が』といったエゴから解放され、より広い視野で物事を判断できるようになり、抱えていたストレスもスッと緩和されると言われています。

 

護符効果

先ほどもお話しした通り、魔除けや旅の安全のお守りとして有名で、邪悪なものを寄せ付けないパワーは最強だと言われています。

これから旅立つ大事な方へのプレゼントにも良さそうですね!

 

成功に導いてくれる

勇気とやる気、行動力、統率力、積極性をもたらし、感情をコントロールするとともに、決断力・実行力を高めてくれるとされています。

これはあらゆる災難から身を守ってくれる『護符効果』や、『自分をエゴから解放して広い視野で物事をとらえる』延長結果とも言えそうですね。

これから新しいことに挑戦しようという方、いつも一歩が踏み出せないかたピッタリのパワーストーンです。

 

よりパワーストーン効果を高めるには?

シルバーのブレスレットとして、左手首に付けると良いとされています。

また「人から贈られたもの」であるほどに心の絆が強まり、一層の護符・幸運・成功効果を発揮するとも言われているので、大切な人へのプレゼントとして、おすすめなパワーストーンと言えるでしょう!

 

ターコイズの種類

ターコイズは、色味や、内包物によって現れる模様(マトリックス)の種類や入り方、その色味によって多種多様な分類がされています。

例えば、マトリックスと呼ばれる、褐色・黒・灰色 ・希にゴールド・シルバー・水晶や黄鉄鉱で作り出される模様が、蜘蛛の巣のように現れていれば、スパイダーウェブ、曇った印象で入り込むとスモーキーウェブ、水の流れるようにマトリックスが入ったものをウォーターウェブと呼び、その形状によって色々な表情が楽しめます。

 

また、産出される鉱山でターコイズの特徴は大きく異なり、鉱山名にちなんでターコイズを命名するケースが大半です。

ここでは代表的な、11種類のターコイズをご紹介していきます!

 

1.スリーピングビューティー・ターコイズ

アリゾナ州グローブにある、北アメリカ大陸の「スリーピングビューティー鉱山」で採れるターコイズです。

鉱山の形が女性が横たわっている姿に見えることから、このような名前が付けられました。

鮮やかな水色の石で有名ですが、中にはマトリックスが入った物もあり、綺麗な模様が見えるものは、水色石に比べると2倍以上の値が付きます!

 

2.ランダーブルーターコイズ

 

ネバダ州のランダー郡にある鉱山で産出されるのですが、たったの50キロしか採れず、ターコイズの中でも最も希少で高価なものです。

濃いブルーからミディアムブルーの石の表面には、美しく細かいスパイダーウェブが現れています!

 

3.キングマンターコイズ

アメリカの中で最も大きな鉱山、キングマン鉱山から採れるターコイズです。

産出量が多い為、比較的手に入れやすいとされています。

中間的な空の色から濃い青、緑っぽい色のものがあり、マトリックスの色も黒・茶・白と様々です。

マトリックスが蜘蛛の巣状に入ったスパイダーウェブや、じんわりスパイダーウェブの入ったバーズアイが人気です。

 

4.ドライクリーク・ターコイズ

ネバダ州の北東部にある鉱山から採れるターコイズです。

発見されたのは1993年なのですが、当時はあまりの石の硬さからターコイズだと分からなかったそうで、1996年に分析され、明らかとなりました。

うすい青色とクリームホワイト色のターコイズが産出されています。

特に有名なのはクリームホワイト系のターコイズです。

石に含まれるアルミニウム成分が、銅よりも優勢なため生み出された色合いとされています。

うすい金色から茶色がかかった灰色の模様が浮かびあがるものが有名です!

 

5.ビズビーターコイズ

 

アリゾナのビズビー近郊にあるビズビー鉱山は、全米で最も有名なターコイズ鉱山の1つなのですが、既に閉山してしまいました、、、。

ドロップキャンディーの様な、鮮やかな深い青色に、濃い赤みがかった茶色の模様を持つ美しいターコイズです。

全体の1%程度にしかならない、クオリティの高いブルーの石に、スパイダーウェブが入ったものは、コレクターや当時鉱山で働いていた人から供給されるもののみなので、入手困難とされています、、、。

 

6.ロイストンターコイズ

ネバダ州にある地域の4つの鉱山(バンカーヒル、オスカーウェーレンド、イースターブルー、ローヤルブルー)から採掘され、現在でも良質のターコイズを産出する鉱山として知られています。

色合いは森のような深みのあるグリーンや濃いブルーから薄いスカイブルーまで幅広いものが楽しめます。

茶色からベージュのマトリックスが入ったものが多いですね。

 

7.モレンシーターコイズ

アリゾナの南東部で採掘されていたターコイズ。

色は濃い青色からうすい青色で、黄鉄鉱の茶色い模様が不規則に入り込み、磨くと銀のように見えるめずらしいターコイズです。

産出がストップしているため、現在では入手困難なターコイズの1つで、銀模様が沢山出ている程に高価となります。

 

8.パイユート・ターコイズ

 

ネバダ州中央部のゴドバー・アンド・バーハム鉱山と山脈を共有している、パイユート・ターコイズ鉱山で採掘され、硬く、ハイグレードなスパイダーウェブのターコイズを産出します。

ブルーのグラデーションを持った色調に、黒、オレンジ、茶色、そして赤の模様が入っています。

不思議な模様のものが多く、心惹かれるターコイズです。

9.ナンバーエイトターコイズ

ネバダ州のカーリンにあるナンバー8ターコイズ鉱山から採れるターコイズで、同州で、ターコイズが取れる、8番目の山として命名されたそうです。

1929年に発掘が始まり、1952年には閉山となりました。

淡いマットなスカイブルーから濃いブルーまで広い色彩を持ち、特に濃いブルーのターコイズは貴重なものになります。

黒、金茶や茶色の独特のスパイダーウェブが入っており、濃い青に、黒のスパイダーウェブの入った品が高い評価を得ています。

品質に優れたナチュラルのものは価格が非常に高く、小さな固まりで1000ドル以上の値が付く事もあるようです!

 

10.ローンマウンテン

ネバダ州のエスメラルダ郡にある、ローンマウンテン鉱山から採れるターコイズです。

ターコイズというと直射日光に弱く、色あせの傾向が心配されますが、ローンマウンテンターコイズは色を良く保ってあせないことで有名です。

透き通った青からスパイダーウェブの入るものまで、広い色相を見せてくれます。

中でも濃いブルーにスパイダーウェブが綺麗に現れる品は、ランダーブルーと同じ位の評価を得ています!

 

11.スーパーX・ターコイズ

 

ネバダのランダー郡で、1941年に発見された鉱山から採れたターコイズです。

濃いブルーに金色・赤のスパイダーウェブが特徴です。

ランダーブルーよりもはるかに少ない量しか採れず、インディアンジュエリーのお店でも『非売品』として飾られる位に希少です。

手に入らなくても、本物を見てみたいですね!

 

ターコイズの価値はどうやって決まるの?

ターコイズの価値基準は、他の宝石と比べると複雑です。

石の色・石の硬度・どこの鉱山で・いつの時代に採掘されたか、また石の大きさ・石の厚さ・マトリックス(不純物)の入り具合などの要素が評価されます。

今回はターコイズの価値を決める主な要素をご紹介します。

ターコイズの価値を決める主な要素1:石の色

石の色としては、強い空色から「コマドリの卵色」の青が高い評価を得ます。

コマドリの卵色と言えば、ティファニーの採用しているあの独特のスカイブルーです。

マトリックスの入り具合や色合いが考慮されるのは、マトリックスがはっきりと現れる程に硬いためです。

ターコイズの価値を決める主な要素2:石の硬度

ターコイズでは、Nugget(ナゲット)団塊状から採れるケースと、Vein(ベイン)と言われ、脈状に採れるケースの2通りがあります。

母岩ごと塊となっている方が強度としては強くなるため、前者のナゲットの形で採れたターコイズの方が価値としては高くなり、母岩と内包物(マトリックス)がミックスした、蜘蛛の網目状のスパイダーウェブが現れます。

こうした理由から、マトリックスが綺麗に入っている色味の強いターコイズには高い価値が付く傾向にあるのですね!

ターコイズの価値を決める主な要素3:ナチュラルか否か

ナチュラル・非ナチュラルもまた、ターコイズの価値を左右します。

一般的には、ターコイズはとてもデリケートなため、スタビライズ加工といって、樹脂コーティングをして強度を高める工夫がされています。

 

稀にはじめから強度のあるターコイズであれば、ナチュラルなまま市場に卸されますが、割合としては全体の1割程しかありません。

ナチュラルなターコイズはやはり色味や透明感が違い、より高値で取引されています。

接着されたり、または粉末にして再構築されたターコイズは価値が低くなります。

ターコイズの種類が同じでも価値が同等にならないケースも・・・

気を付けたいのは、同一のターコイズ名だから価値が同等という訳ではない点です。

ビズビーやカンデラリアでは、低グレードと高グレードではカラット当たりで10倍以上の価格差がでます!

これはターコイズ1つ1つの持つ特徴が、同じ鉱山で採れたものでも全く異なるからです。

 

価値のあるターコイズを手に入れるには、上記の点を考慮するとともに、何よりも「見て美しい」と感じる物を手にとってみましょう。

宝石の価値は「美しさ」があってこそ、決まりますからね!

 

世界で最も価値のあるターコイズ「ランダーブルー」とは?

 

ターコイズの一種である「ランダーブルー」は1967年から1969年の計3年間しか採掘されなかった、非常に希少な石です。

50キロにも満たない量しか採掘されず、その希少性から現在ではコレクターの羨望するレアなターコイズとして知られています。

お値段にすると、1カラット25,000から30,000円で取引されているようです。

 

ランダーブルーの特徴は、深いブルーに細かく均等に入ったスパイダーウェブ。

光にかざすと、青が浮いて見えるほどです!

現在のアメリカ市場に出回るターコイズの80%は中国産のターコイズと言われております。

さらにランダーブルーに似た品もあり、チャイニーズターコイズをランダーブルーとして販売する悪質な業者もあるようです。

元が帽子1杯分にしかならない量ですので、そう簡単に手に入るものではないので、ランダーブルーの購入の際には、本当に信頼できる取引相手なのか見極めてくださいね!

 

(動画引用元:https://www.youtube.com/watch?v=ip39zVcELfw)

 

まとめ

ターコイズは、色・模様・鉱山などで分類・価値判断がされ、沢山の種類があります。

強度を図るトリートメント程度であれば大きく価値が下がる事はありませんが、貼り合わせたり、練り直したものは宝石としての価値はなく、安価なアクセサリーに使用されるケースがほとんどです。

 

特に希少とされるターコイズはその希少性と人気から、偽物も多く出回っています。

購入の際には、特徴を抑えるとともに、信頼のおける業者から購入するように心がけてくださいね。