2020/12/12

【2021】腹筋マシーンおすすめ15選!選び方のポイントもご紹介!【口コミ付】

近年体を鍛える人が増えており、腹筋マシーンへの注目も高まっています。腹筋マシーンは、手軽に腹筋を鍛えることができるので、筋力をアップしたい方、ボディを引き締めたい方は一つは持っておきたいアイテムです。しかし種類が多くどれを選んだら良いのか迷う方もいるでしょう。この記事では、おすすめの腹筋マシーンをご紹介します。

腹筋マシーンの種類

腹筋マシーンと一口に言っても、様々な種類があります。ここでは、腹筋マシーンの種類やそれぞれの特徴についてまとめているので、自分に合う種類を見つけましょう。

種類①腹筋ローラー

腹筋マシーンと聞くと、腹筋ローラーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。腹筋ローラーとは、2つの小さな車輪に1本の棒が付いており、両手で掴んでコロコロ床を転がしながら腹筋を鍛えることができるマシーンです。コスパも良く、雑誌の付録などにも時々付いてくるようなサイズなので収納場所も取りません。

見た目はとてもシンプルなマシーンですが、実際に使用してみるとしっかり腹筋に負荷をかけることができるため、初チャレンジの方は数回で筋肉痛になることもあります。SNSや動画でも多くの方が腹筋ローラーを使って筋トレを行なっており、今人気急増中です。

別名「アブローラー」とも呼ばれています。同じ腹筋ローラーでも、デザインの種類が豊富なので、好みのデザインで選ぶことができます。女性の方でも手軽に使えるため、使い方次第では簡単な筋トレからハードなメニューまで、自由に組むこともできます。

オーソドックスな使い方は、膝を付いて取ってを両手で掴み、床をコロコロ転がすだけです。腹筋ローラーは、コロコロする時の体のフォルムを意識するとより効果的です。腹筋ローラーを使った簡単な筋トレ方法はいくつもあるので、初心者にもおすすめです。

初めは慣れないかもしれませんが、毎日続けるうちに腹筋が付き、簡単にコロコロ転がすことができるようになります。どうしても力加減が難しい時には壁を使ってトレーニングをするのも良いでしょう。壁を使うことで転がす範囲を強制し、無理なく鍛えることができます。

種類②EMSパッド・ベルト

EMSは、エステサロンなどの痩身メニューに多いのですがご存知でしょうか。最近では、自宅で手軽に腹筋を鍛えられるようにと家庭用に開発されたEMSが人気です。EMSは、電気を使って筋肉に働きかけ、機械が自動で鍛えてくれる優れものです。

腹筋部分に装着するだけなので、使い方も簡単で辛い筋トレをしなくても腹筋を鍛えることができます。機器によってレベルを調整できるのですが、強くすればするほどハードな刺激を与えて筋力アップが見込めます。肌に直接接着させ、普段は洋服の下に隠れているため、ながら筋トレができるでしょう。

筋肉の奥までしっかり刺激してくれるので、効果も実感しやすいです。人によってはEMSを装着している箇所から汗が出てくることもあり、同時にダイエット効果も期待できます。普段の筋トレだけでは刺激できない箇所にもダイレクトにアプローチすることができるため、EMSを組み合わせて筋トレを行うのもおすすめです。

また、EMSは装着するだけで楽して筋トレができるため、運動が苦手な方や時間がない方にもおすすめです。しかも、通常の腹筋運動では刺激できない箇所にも効率よくアプローチができるので、腹筋全体を満遍なく刺激できるのも魅力です。

種類③トレーニングチューブ

最近SNSなどでも話題を呼んでいるのが「トレーニングチューブ」です。一見ただのバンドに見えますが、使い方次第ではかなり負荷をかけて筋肉を鍛えることができます。腹筋だけでなく、太ももや脚、背中やヒップなどの筋肉を鍛えることも可能です。

筋トレはもちろん、ストレッチや体幹トレーニングなどにも使えるため、1本あれば様々なアプローチができるのも特徴です。チューブの簡単な使い方は、両足に引っ掛けて空気椅子の体勢になり、カニ歩きをします。

これだけで太もも、ヒップの筋肉を効果的に刺激することができ、スタイルアップにつながります。腹筋を鍛える時は、チューブを両足で踏み、端を片手で持ち、チューブを引っ張るようにしてください。腕を伸ばしたまま体をチューブとは逆の方向に反らし、腹筋の側面部分が伸びていることを意識しましょう。

通常の腹筋では鍛えることが難しい側面部分を効率良く鍛えることができるため、筋トレと併せて使用したいアイテムです。

また、チューブは自由に長さを調整できるメリットもあります。長さを調整することで掛かる負荷を変えることができ、ピンポイントで鍛えることも可能で、無駄な体力消耗を防ぐこともできるでしょう。

チューブは、ホースのような形状の物やゴムのようになっているタイプなど様々な種類があるので、自分に合うアイテムを見つけてください。

種類④マシーン

腹筋マシーンと言えば、こちらをイメージする方が多いのではないでしょうか。昔からよくあるマシーンで、ジムなどにも設置されているのをよく見かけます。このマシーンは、腹筋に重点を置いて鍛えることができるトレーニング器具で、体を動かすことでしっかりと腹筋に負荷をかけ、他の筋力も同時にアプローチできます。

器具無しでも腹筋運動は可能ですが、足が浮いてしまったり正しいフォームでトレーニングが出来ていない可能性があります。こうした悩みを解消することができるのも腹筋マシーンの魅力の一つです。足を引っ掛けてしっかり固定することで、より腹筋に負荷をかけることができます。

腹筋を重点に置いて体を動かす器具ですが、角度を変えて負荷をよりかけること可能です。さらに、背筋を鍛えることもできるため、背中の筋力アップを目指したい方にもおすすめです。

まるでジムに通っているような感覚でトレーニングができるのも魅力で、本格的に体を鍛えたい方は腹筋マシーンの購入を検討するのもありです。

他のマシーンと比べると大きさがあるため、収納場所に困ることもありますが、最近では折りたたんでスマートに収納できるタイプなどもあるので、選ぶ時は収納面もしっかり確認すると良いでしょう。

https://www.amazon.co.jp/ 運動不足や、健康維持、筋力アップのためにトレーニングを行う際におすすめなのは、誰でも手軽に...

腹筋マシーンの選び方のポイントは?

腹筋マシーンは、EMSや腹筋ローラーなどの種類が多く、またメーカーなども豊富なのでどれを選んだら良いのか迷う方もいるでしょう。ここでは、自分に合った腹筋マシーンの選び方についてご紹介するので参考にしてください。

選び方のポイント①自分に合った器具の種類を選ぶ

まずはどのタイプの機器を選ぶかを決めましょう。先ほどもご紹介した通り、腹筋マシーンには、ローラータイプ、EMS、チューブ、マシーンなどがあります。どれも効率よく腹筋を鍛えることができる器具ですが、実は中でもより効果的に鍛えることができる部位であったり、得意な部位などがあります。

腹筋と一口に言っても細かく部位が分かれています。よく耳にするインナーマッスルを鍛えたいのであれば、腹筋ローラーやEMS、マシーンなどがおすすめです。インナーマッスルを鍛えることで、綺麗なシックスパックを目指すことができるでしょう。外腹斜筋を鍛えたいのであればトレーニングチューブが適しています。

このように、腹筋のどの部位を鍛えたいのかによって選ぶ器具が異なるので、選ぶ時は鍛えることができる部位に注目してみると良いです。しかし、どの器具も使い方次第ではあらゆる腹筋を鍛えることができるため、トレーニングに慣れてきたら様々なメニューを組み、一つのアイテムでも腹筋全体を鍛えることができるようになるのが理想です。

また、トレーニングをするにあたってどのように進めたいのかで選ぶ器具が異なります。例えば、楽したいのであればEMSがおすすめです。EMSなら所定の部位に貼り付けるだけで簡単に腹筋を鍛えることができるため、辛い運動が苦手な方に最適なアイテムと言えます。

特に最近では、運動不足や健康管理に気を使う方の使用も増えており、運動が苦手な方はもちろん普段からトレーニングをする方は併用して使う方も多いです。

体を動かすことが好きな方は、マシーンや腹筋ローラーを取り入れてみましょう。特に腹筋ローラーは、安価なのに様々なメニューをこなすことで憧れのボディラインや腹筋を手に入れることができます。ローラーを使ったトレーニング方法も種類が多いので、自分なりにアレンジを加えながら鍛える楽しみもあります。

見た目はシンプルな動きなのですが、しっかりインナーマッスルまで負荷をかけることができるため、本格的なトレーニングが可能です。慣れてきたら立ちコロや片手片足で転がすなど、上級者向けのメニューにぜひ挑戦してみてください。女性の方でもバッキバキに割れた腹筋が目指せます。

それから、収納場所を取りたくないのであれば、マシーン以外の器具が適しています。トレーニングチューブやEMSなら持ち運びもできるため、出張先や旅行先でのトレーニングを考えている方におすすめです。

選び方のポイント②予算で選ぶ

欲しい器具が決まったら、予算内で購入できる物を選びましょう。腹筋ローラーやトレーニングチューブは安価な物が多いのですぐに購入できますが、EMSや腹筋マシーンは数万円する物が多く、気軽に購入することができません。

特に腹筋マシーンは一度購入してしまうと、収納場所の問題も出てくるのでよく検討してから購入することをおすすめします。

また、EMSは裏側がジェルタイプになっている物が多く、消耗品であるケースがほとんどです。そのため、ジェル代が別途かかるので維持費が発生します。ジェルは商品によって異なることもあり、専用のジェルがあれば市販のジェルを代用して使える種類もあります。

ジェル無しだと体に装着することも難しく、場合によっては効果が半減することも考えられるでしょう。EMS自体も安いものではないので、維持費はどれくらい掛かるのかも計算しておくと安心です。

ただし、EMSなどは高くても長く使えるものなので、ジムに通う費用よりは安く済みます。もしこれからジムに通うか悩んでいる方は、まずは自宅でトレーニングができないか考えてみましょう。ジムに通うとなると、月に数千円〜数万円の費用がかかります。

それと比べるとEMSのジェル代の維持費は安く、しかも楽してトレーニングが出来ます。ジムは通わなければなりませんが、自宅で出来るEMSやマシーンなら、空いた時間にいつでも利用可能です。

選び方のポイント③場所の広さや環境で選ぶ

自宅にどれほどのトレーニングスペースがあるでしょうか。腹筋ローラーは安価ですぐに購入できるのがメリットですが、ローラーを転がしてトレーニングを行うため、最低でも畳1枚分の広さを確保しなければなりません。腹筋ローラーの収納自体はコンパクトにできるのでその心配はないでしょう。

ローラー運動では膝を床について転がすので、専用のマットもあると気兼ねなくトレーニングができます。マットがない場合は、膝にタオルなどを敷いてトレーニングをすることも可能ですが、マット無しの場合なるべくローラーが転がりやすいフローリングでのトレーニングがおすすめです。

そうなると、フローリングの部屋でトレーニングが出来るかどうかチェックする必要があります。環境を考えた時に、快適に動けるかどうかで器具を選ぶことも大切です。腹筋マシーンの場合も、畳1枚分の広さは欲しいです。省スペースでもトレーニングができるのはEMSベルトやトレーニングチューブです。

本格的なトレーニングを考えていても、場所がなければ無理なので、無理のないスペースで使えるアイテムを選びましょう。

健康のためにも体を鍛えたいという方も多いのではないでしょうか。腹筋を鍛えることで、お腹の余分な肉を取り除くことができます。腹筋を鍛えるために登場...

腹筋マシーンおすすめ15選!

ここからは、腹筋マシーンのおすすめアイテムをご紹介します。同じようなアイテムも登場しますが、それぞれ特徴が異なるため、おすすめポイントや口コミなども参考に、自分に合うマシーンを選びましょう。

おすすめ①ショップジャパン アブクラッシャー

腹筋を鍛えるマシーンと言えば、足を固定して状態を起こすトレーニングが一般的ですが、ショップジャパンのマシーンは膝上げで腹筋を鍛えることができる器具となっています。膝を乗せて左右にツイスト運動をすることで多角的にアプローチすることが可能です。

3段階の傾斜で負荷を調整することも可能なので、初心者の方でも無理なく始めることができるでしょう。心拍数を測定できる機能も搭載しており、トレーニング中に確認できる大きめのモニター画面も特徴です。足を乗せるシートが回転するため、腹筋も腹斜筋も鍛えることができます。

アブクラッシャーは、1セット60秒のトレーニングで十分です。シンプルな動きなのにしっかりと負荷をかけることができるため、辛いトレーニングが苦手な方でも継続することができそうです。鍛えにくい箇所も同時に鍛え、一度のトレーニングで腹筋全体を鍛え上げます。

おすすめポイント・特徴

  • 折りたたんでスマートに収納
  • 腹筋上部から下部まで一気に鍛え上げる
  • シックスパックが目指せる
  • 腹筋の約3倍の効果

口コミ

これは本当にキツいです。一番やさしい角度でも最初は10回やるだけでバテるレベルです。これはビリーズ・ブートキャンプと同じ類の商品で、ガチなやつです。引用:amazon

テレビ東京の筋肉女子の腹筋トライアルで、同じ仕組みの腹筋機器を使っていたので、迷わず購入。結構効きます。ショップジャパンの中では、一番まともなのではないでしょうか。
珍しくインフォーマーシャル通りです。引用:amazon

 

おすすめ②ELOSIS エクササイズローラー アブホイール

通常の腹筋ローラーとは一味違う、次世代型の登場です。安価なローラーとの違いは、ローラーに内蔵されたスプリングにあります。スプリングが上下に達すると自動的にブレーキがかかる仕組みとなっているため、適した位置まで押し出し、元の体制に戻る時に少し反発しながらトレーニングをサポートしてくれます。

自動リバウンド式腹筋ローラーなら、腰への負担も軽減できるため、腰痛の方でも無理なくトレーニングができるでしょう。ローラーは通常の2〜3倍もあり、片側に体重をかけて多角度ローリングも可能なため、あらゆるメニューを組み合わせて腹筋を鍛え上げます。

ダブルホイールは、高品質のTPR素材を採用し、滑りにくく安全性も高いです。自宅の床を傷つける心配もなく、思いっきりトレーニングができます。

おすすめポイント・特徴

  • 人間工学に基づいた設計
  • リバウンド機能搭載で初心者の方でもトレーニング可能
  • 組み立てや分解が簡単
  • 高品質材質の採用

口コミ

この腹筋ローラーは自動で戻ってくるようにアシストされるので、腰への負担が軽減されて使いやすかったです。中にバネが入っていて、始める位置によって反発力の強弱が変わるので、初心者は体の近くの膝くらいから始めると反発力が強いのでやりやすいです。引用:amazon

安定性もあるので横転もしにくい、横に荷重をかけて腹筋を満遍なくイジメられる。トレーニンググローブを装着してやれば、腕への負担が減らせるのでより腹筋へアプローチできますよ。総じて、続けやすいアイテムだと思います。引用:amazon

 

おすすめ③ショップジャパン スレンダートーン 腹筋ベルト

ながらエクササイズができるEMSベルトです。負荷が少ない初心者用プログラムから運動強度の高い上級者用向けにレベルを調整することが可能で、専門的な知識がなくても手軽に、しかも効果的にトレーニングをすることができます。

シリーズ最高のエクササイズ効果で、腹筋運動300回相当でウエストの引き締めを目指します。さらに、3つのパッドで正面や左右の脇腹の筋肉へのアプローチにより、より深くインナーマッスルまでしっかり鍛えてくれるでしょう。

使い方も簡単で、所定の場所にパッドを取り付け、コントローラーを接続し、強度を調整します。あとはテレビを見ながら、スマホを眺めながら勝手に鍛えてくれます。スマートにトレーニングができるため、仕事中などもしっかりアプローチしたい方は筋トレとの併用がおすすめです。

おすすめポイント・特徴

  • 周囲にバレずに鍛えることができる
  • 10種類のプログラムでトレーニングが可能
  • 腹直筋と腹斜筋を鍛えられる

口コミ

携帯電話で強さ調整ができるのもいいですね(iphone使用)前のは強さ調整が少し億劫なのと、コントローラーと充電器が大きいので、少し面倒だったのですが、今回のコントローラーは小さくて、PCのUSBで充電出来るのが良いです。引用:amazon

自分がこれまで使っていた安いのでも効いていると思っていますし、しっかりお腹の奥が震える感覚を味わえていたのですが、この商品はその電圧が奥深いというか、腹筋の奥の方に作用しているような気がします。引用:amazon

 

おすすめ④ショップジャパン ワンダーコア2

CMでも見かけたことのある人気商品のワンダーコアです。従来品を改良したワンダーコア2は、ダイエットに効果的な有酸素運動と筋トレを同時に行うことができるマシーンで、体を倒すだけで簡単に運動ができます。筋トレダイエット初心者の方でも簡単に扱える器具で、背もたれが体にフィットする作りになっており、無理なく筋トレが可能です。

女性の方でも簡単にトレーニングができると話題になっています。付属のバンドを使うことで、上半身を鍛えることもできます。人間工学に基づいたデザインで、腹筋運動時の腰への負担を軽減できるのも魅力です。

腹筋運動は辛いものですが、ワンダーコア2なら倒れるだけで良いので気軽にトレーニングができます。今までに筋トレが続かなかった方でも継続して使えると口コミでも評価されています。

おすすめポイント・特徴

  • コンパクトに折りたたみ可能
  • 10種類のトレーニングを行うことができる
  • 初心者でも安心して使える設計
  • スプリングの付け方で負荷を調整できる

口コミ

ワンダーコアがあれば座って倒れておけばいいって感じです。腹筋にはしっかり負担がかかってる。週に3,4回を3か月ほどで腹筋がつきました。引用:amazon

運動しなくなってしまいましたがコレなら楽チンです。むしろ使ってる時の方が腰の痛みが無くなりました。長く使っているとバネから大きな音がするようになるのでグリスなど挿してみてください。引用:amazon

 

おすすめ⑤ショップジャパン ワンダーコア シリーズ

ワンダーコアシリーズの座るタイプの腹筋マシーンです。倒れるだけで腹筋を鍛えることができるワンダーコアに比べると、非常にコンパクトなので収納やトレーニングも省スペースで済みます。構造は従来の物と同じで、倒れるだけで簡単に腹筋が鍛えられます。

腕を上下に動かして二の腕をシェイプアップしたり、脚を上下に動かして太もものシェイプアップもできます。ツイスト運動も可能なため、腹筋全体にアプローチすることも可能です。負荷調節もスムーズで、自分に合うトレーニングができるでしょう。

器具なしでやるよりもずっと楽なので、本格的なトレーニングを行いたい方にもおすすめします。体への負荷はゼロではありませんが、それでもかなり抑えることが可能で、これなら毎日続けられそうです。通常のワンダーコアではスペースを確保できない方にも最適なマシーンです。

おすすめポイント・特徴

  • 倒れるだけなのでながらトレーニングが可能
  • コンパクトなのでスッキリ収納できる
  • 全身のシェイプアップが期待できる

口コミ

主人と一緒に腹筋頑張っています。ダイエットも少しは目的に入っていますが、私はそれよりも腰痛を何とかしたいので腹筋を鍛えようと思っての購入です。腰に負担はかからず、腹筋にダイレクトに響きます。引用:amazon

購入してから3か月。毎日欠かさずエクササイズしてます。これ一つで8パターんもできて、狭い部屋でもできるのでスペースがない方にお勧めです。引用:amazon

 

おすすめ⑥MTG SIXPAD シックスパッド アブズフィット2

腹筋を集中的に鍛えることができるシックスパッドです。フットボールプレイヤーと京都大学名誉教授の監修のもと開発されたEMSパッドで、1日1回、23分のオートプログラムで効果的にトレーニングすることができます。

所定の部位に身につけてボタンを押すだけなので、気軽にトレーニングができるでしょう。お好みのレベルに合わせて強度を変えながら筋力アップが目指せます。音楽を聴きながら、テレビやスマホを見ながらでも筋肉にアプローチできるため、筋トレをする時間がない方にもおすすめです。

いつでもどこでも取り付けが可能な充電式なので、ボタン電池交換も不要です。柔軟性の高いソフトシリコンを使用しており、体のラインに密着するほどの極薄なので洋服の下に身につけていても違和感がありません。

おすすめポイント・特徴

  • 専用に開発された高電動のジェルシート
  • アプリと連動で便利
  • 5時間の充電で30回の使用が可能

口コミ

効き目が段違いです。使い始めて約1ヶ月、すでに腹回りが締まってきました。(もともちはスポーツ体系でした)現在レベル18(20がマックス)ですが腹筋がねじ切れそうになりますのでかなり鍛えられてる感はあります。引用:amazon

現在Lv20で使用しています 痛みもなく腹筋がついてきました。体重は73kgから69kgまでの減量。
シックスパッドにより筋肉がつき 基礎代謝が上がり減量に成功したと考えています。引用:amazon

 

おすすめ⑦ショップジャパン ゆらころん

見た目が座椅子のような形をしているアイテムで、座ってゆらゆらするだけで腹筋を鍛えることができる便利グッズです。椅子はS字の形になっており、腹筋運動をサポートしてくれます。座椅子のような感覚で座っていられるため、テレビを見ながら腹筋を鍛えることも可能です。

腹筋だけではなく、下っ腹、脇腹、体幹トレーニングもできます。横幅は31cm、縦幅は62cmしかないので収納する場所にも困りません。お部屋のインテリアにもマッチする優しいグリーンカラーで、他にはブラックもあります。

通常床で行う腹筋運動の約2.2倍の腹筋が使われるので、辛い運動よりも効率よく鍛えることができるのも特徴です。5種類のエクササイズを行えば、お腹全体を均等にトレーニングすることもできるでしょう。

おすすめポイント・特徴

  • 東急スポーツオアシス監修の設計
  • 腰を優しく支えてくれるS字シート
  • 1セット30秒でエクササイズが完了
  • 楽に使えるエクササイズマシン

口コミ

1日30分以上使用。最初は腹筋がプルプルと痙攣したり、効いてる感覚。とりあえず、筋肉や細胞の入れ替わり期間の2週間めどでやってみる。モノは確りした造りで、長期間使用できそうです。引用:amazon

腰を痛めたことがあり腹筋運動がこわくて出来なかったのですが、これは安心してできました!グリーンを購入しましたが、思ったより明るめのグリーンなのでインテリア的にはちょっと目立つかもしれません。引用:amazon

 

おすすめ⑧Soomloom アブホイール

安さを求める方にはこちらの安価な腹筋ローラーがおすすめです。定番の形状をしたローラーで、1,000円代で購入が可能です。ダブルホイールで安定感があり、音も気にならないので深夜のトレーニングにも使えます。

1日たったの5分、楽に鍛えることができるのも魅力で、運動経験が少ない方でも続けることができるでしょう。シンプルなトレーニングですが、インナーマッスルや体幹に働きかけ、短期間で鍛えることもできます。

正しい腹筋ローラーの使い方などが記載されている説明書も同封されているので、これからトレーニングを始める初心者にもおすすめです。

おすすめポイント・特徴

  • ローラーは超消音のEVA素材を採用
  • メーカー一年保証付き
  • 膝を保護するマット付き
  • 超静音だから静か

口コミ

普通に使えるし予想以上にタイヤ?みたいな部分が柔らかく床を傷つけることも音が響くことも絶対に無いと思います。柔らかいけどもちろんしっかりとしてます。引用:amazon

実際筋肉への負荷はかなり高いのでなめて掛かると痛い目を見ます。初心者は膝を床につけた状態からスタートし徐々に負荷を増やしていきましょう。膝保護マットも必須だと思うので、付属しているのがとてもありがたいです。引用:amazon/a>

 

おすすめ⑨東急スポーツオアシス バランスボール

東急スポーツオアシスのフィットネスクラブが作ったバランスボールです。少し前に流行ったダイエット器具ですが、今でも人気が急増しています。フィットネスシーンで使われることが多いイメージですが、使い方によっては腹筋や背筋など、全身の筋肉にアプローチをかけることが可能です。

東急スポーツオアシスのバランスボールは、カラー展開が豊富でおしゃれなデザインが見つかります。さらに、固定リングが付いているため、初心者の方でも転がることなくトレーニングができるでしょう。お年寄りの方でも使えるような設計になっているのも魅力です。

また、エクササイズがスムーズに行えるようにDVDも付属しているため、知識がない方でも簡単にダイエットができます。テレビを見ながら、椅子の代わりに使用すればデスクに向かいながらトレーニングをすることも可能です。

おすすめポイント・特徴

  • 体幹が鍛えられる
  • 骨盤を正しい位置へと導ける
  • 赤ちゃんの寝かしつけにも使える
  • おしゃれなので楽しく使える

口コミ

赤ちゃんの抱っこや授乳などで身体が凝っているので、バランスボールで身体を動かして
ほぐしたり、音楽をかけながら赤ちゃんと一緒に楽しく遊んでいます。引用:amazon

下のリングがあるために転がりません。なので邪魔にならないので助かります。画像よりも実物はツヤがないですが、逆に主張しない感じなので部屋に置いても違和感がありません。アプリもあるので楽しんで出来ます。難点はリングに空気を入れて栓をするのにコツがいるところです。引用:amazon

 

おすすめ⑩YouTen マルチシットアップベンチ

幅広いトレーニングが可能なベンチです。ISO9001認定工場にて生産されているため安全性も高く、すぐに壊れることもありません。作りがしっかりとしているため、ハードなトレーニングをしても長く使用することができるでしょう。750kgの垂直荷重試験で安全性が証明されています。

4段階の高さ調節で、自分好みに負荷をかけることができます。独自の3方向ハンドルを採用し、さらに豊富なトレーニングを可能になりました。用途に合わせて変えられる2way仕様のため、独自にトレーニング方法を見つける楽しみも増えます。

おすすめポイント・特徴

  • 上質なレザー調シートで高級感がある
  • 全箇所工具無しで調節できる
  • 27cmの最適なシート幅

口コミ

組み立て式ですので、コンパクトです。片方が傾きますので、より負荷の高い運動をすることもできます。スクワットが効率的だと思いますが、腹筋背筋も姿勢を保つには良いと思います。引用:amazon

女性でも組み立て楽ちんでした。少し高さがあるかな?とも思いますが、腹筋背筋には問題ありません。クッションの硬さも腰に負担がかからなく全体にしっかりとした作りでこのお値段はお手頃でした。引用:amazon

 

おすすめ⑪ボディテック プッシュアップバー 2個セット

アマゾン限定ブランドのプッシュアップバーです。主に大胸筋を鍛えることができる器具で、グリップと脚部分は滑りにくく安定性があります。物自体はコンパクトなので、持ち運びや収納時もコンパクトです。

腕立て伏せをさらに効率よく行いたい方におすすめで、他の腹筋マシーンと併用して使うのもおすすめです。工具無しですぐ組み立てが可能なのも魅力です。長時間の使用にも耐えられる強度でハードなトレーニングにも向いています。

おすすめポイント・特徴

  • 傾斜グリップで手首に掛かる負担を軽減
  • プランク運動で腹筋を鍛えられる

口コミ

腕立て伏せが出来ない軟弱な私でも膝着き腕立て伏せくらいならできるのでその補助器具として便利。掌で地面を押すのと違い握力も鍛えられる。また腕立て伏せで無くとも体重を乗せた腕立て伏せの姿勢を維持して負荷をかけるトレーニングに使える。引用:amazon

ジムで通常の筋トレの仕上げに行いましたが、結構効きます。これなら自宅で足を高くして行えばかなり負荷がかかりそう。引用:amazon

 

おすすめ⑫MTG SIXPAD アブズベルト

多くのEMSはジェルパッドで貼り付けるのですが、アブズベルトはベルトで腹筋部分に固定することができます。「日本スポーツ用品大賞2017」において第1位を獲得したことのある実力派のマシーンで、プロも納得したアイテムです。

Bluetoothを搭載しているため、スマホと連動して使用することも可能です。スマホで操作ができるので、続けやすいとの声も多くあります。短期間の継続で変化が見られる方も多く、もともと体を鍛えていた方にもおすすめです。

おすすめポイント・特徴

  • 20段階のレベル調整機能が付いている
  • 身体の曲線に沿う薄さ約3mm
  • 専用に開発されたジェルシート

口コミ

使用するとほどよい筋肉痛を伴いますが、昔使っていた腹筋器具を引っ張り出して筋肉痛を感じられるように腹筋することで正しい姿勢で腹筋できていることを実感できました。引用:amazon

一番の効果は一週間でもおなか周りの変化が実感できるのでトレーニング意欲が持続することだと思います。今はレベル15で使用して、腹筋器具とプランクもあわせてトレーニングしています。引用:amazon

 

おすすめ⑬EMSIC EMS 腹筋ベルト 液晶表示 USB充電式

近未来型のデザインがかっこいい腹筋ベルトです。腹用のパッドは6つ付いており、腹筋にぴったりフィットさせることができます。さらに腕用のパッドが2つあり、上腕、腰部、大腿、下腿、尻に付けてトレーニングすることが可能です。

トレーニングモードが6種類あり、9段階強度で強さを自由に変えられます。持ち歩きにも便利で、好きな時間に好きな場所で腹筋のトレーニングができます。見やすい液晶表示のコントローラーで、体に装着している間もモニターで状態を確認することが可能です。

腹筋だけでなく、他の部位も効率よく鍛えることができるため、全体にアプローチしたい方にもおすすめです。洋服の下に隠れるので、外出先でも筋トレができるでしょう。

おすすめポイント・特徴

  • 脂肪を減らして新陳代謝を促進できる
  • 一日20分の使用で水泳30分の効果が得られる
  • より発達した筋肉を築くことができる

口コミ

9段階の強さがありますが、最初は1~2で徐々に慣れていかないと次の日の筋肉痛が痛いです。
毎日テレビを見ながら使用しています。引用:amazon

付けているだけでよいので、夜ご飯後にテレビを見ながら出来るので楽させてもらってます。一日20分を毎日やってますので少しずつではありますが、細くなってきたように感じます。引用:amazon

 

おすすめ⑭ALINCO イージーエクサ EXG154

従来型の腹筋マシーンですが、体を倒して楽に腹筋ができるような設計になっているため、女性の方や腹筋運動に慣れていない初心者の方でも手軽にトレーニングを始めることができます。

自力ではなかなか腹筋ができない方でも、マシーンのバネの反動を利用すれば簡単にトレーニングができるようになります。しかも、体に負荷をかけることがないため、腰への負担も軽減し、疲れもたまりにくいのが特徴です。

レッグカールトレーニングを行えば、太ももなどの筋肉を鍛えることもでき、アームカールで二の腕のシェイプアップもできます。体180度以上倒すことができるため、器具無し腹筋よりも効果的にトレーニングを進めることができるでしょう。

おすすめポイント・特徴

  • ロップピンを抜いて折りたためる
  • ヘッドレストを3段階に調節できる
  • レッグの高さを3段階に調節可能

口コミ

腹筋をメインにと購入したのですが、使い方によって腕、脚もトレーニングすることが出来るのでよかったです。腹筋は補助されるで普通にやるよりはやり易いですが結局は自分のやる気次第です。引用:amazon

直置きタイプのと比べると、こちらのほうが明らかに腹筋に効きます。腰も首も痛くならないので、今まであらゆる腹筋系のマシンを購入してはゴミに出していたのですがこれは一番いいです。引用:amazon

 

おすすめ⑮PROIDEA 腹筋エクササイズ コアビーンズ

気になる下腹部をピンポイントでエクササイズすることができます。1回約2分間座り、ゆらゆらするだけなので辛いトレーニングは必要ありません。ただ座っているだけでも腹筋に効いていることを実感でき、次の日には筋肉痛になるほどです。

骨盤を優しく支えるカーブ台座で、スタイルアップを目指したい方にもおすすめです。コンパクトで邪魔にならないシンプルなデザインも人気で、持ち運びもできます。いつでもどこでもゆらゆら座るだけで腹筋が鍛えられるでしょう。

器具無しの腹筋は、負荷をかけることが難しいのですが、腹筋へのアプローチを効率よく行えるアイテムを使用することで楽してエクササイズができます。通常のトレーニングでは鍛えることができない下っ腹は、ピンポイントで鍛えましょう。

おすすめポイント・特徴

  • 座ってゆらゆらするだけ
  • 筋肉運動サポートする作り
  • 骨盤の位置を正しく保つ特殊カーブ設計

口コミ

まだ数回しか使ってないので効果は分かりませんが、腰を前後に動かす事で腸も活発になる感じもあり、以前流行ったロデオマシーンのような感じがします。

コアビーンズの正しい乗り方と3つのエクササイズを見ながら、つま先だけで支えて骨盤をゆらゆらするだけで、腹筋がプルプルします。私にはかなりいい腹筋運動になってます。引用:amazon

 

自分にあった腹筋マシーンでエクササイズを楽しもう!

楽してトレーニングをするのであればEMSがおすすめです。本格的に鍛えたい方は腹筋マシーンや腹筋ローラーが良いでしょう。また、いくつかのアイテムを組み合わせてトレーニングをするのもおすすめです。腹筋マシーンは、自分に合った商品を選んで楽しくエクササイズをしましょう。

その他の関連記事はこちらから

シックスパックを目指して日々腹筋をしているのに、なかなか腹筋が割れないという方も多いのではないでしょうか。闇雲にトレーニングするのではなく、腹筋...
男女を問わず筋トレの中でも人気の高い腹筋トレーニングですが、実際にどのように効率よく鍛えていけば良いのかわからないという声も多いようです。自宅で...
腹筋で本当にたるんだお腹を引き締めることができるのでしょうか?この記事では、腹筋運動によるダイエット効果の検証、効率的にカロリーを消費するための...