記事作成日:

シャワーオイルとは?洗いながら保湿できる注目のおすすめアイテムを紹介!

広告

今雑誌やSNSで話題のシャワーオイルって何だか知っていますか?シャワーオイルとは、オイルを主成分としたボディソープの一種です。香りが良く、しっとり肌に仕上がる使い心地の良さで女性を中心に人気を集めています。今回はそんな話題のシャワーオイルの魅力から注目のおすすめアイテムまでたっぷりとお届けしていきます。

シャワーオイルとは?ジェルやボディソープとの違いも!

シャワーオイルはその名の通り、オイル成分が配合されたボディソープです。主成分がオイルで保湿力が高く、乾燥を防ぎしっとりとした肌を保ってくれます。オイルで滑らすように洗え、洗浄力もマイルドなので、肌に負担をかけず汚れを落とすことができます。

一般的なボディソープとの違いは、その高い保湿力にあります。ボディソープは身体の洗浄を目的としており、どちらかというとサッパリとした洗い上がりです。シャワーオイルの方が保湿力には優れていますが、洗浄力では劣るかもしれません。

よく似たアイテムにシャワージェルというものがあります。石鹸をジェル状にしたもので、シャワーオイルと同様に肌を優しく洗え、保湿力にも優れています。香りはミントやジンジャーなど爽やかなものが多いため、女性らしい香りを好む方はシャワーオイル方がおすすめです。

シャワーオイルの魅力

シャワーオイルは、その使い心地の良さからSNSなどでも話題になり、女性を中心にジワジワと人気が上昇中です。ここではシャワーオイルの魅力についてさらに詳しく見ていきましょう。

シャワーオイルの魅力①保湿力が高い

シャワーオイルは主成分がオイル成分ということもあり、保湿力に優れています。オイルが水分を閉じ込めてくれるため、お風呂上りはしっとり潤った肌になり、使い続けるほどオイル効果で肌にツヤがでるのを実感できるでしょう。

オイルで滑らせながら優しく洗えて、洗浄力もマイルド。摩擦レスで肌への負担も少なくてすむので、乾燥肌だけでなく、敏感肌の方にも最適です。

シャワーオイルの魅力②香りが良い

女性好みの香りが多くラインナップされているのもシャワーオイルの大きな魅力です。入浴中は浴室いっぱいにエレガントな香りが広がり、身も心もリラックスできること間違いなし!香りの持続性も高いので、朝に使えば1日中優雅な気分で過ごせるでしょう。

シャワーオイルの魅力③泡風呂も作れる

シャワーオイルを自宅の浴槽に入れてお湯を勢いよく注げば簡単に泡風呂が楽しめます。入浴後も香りが持続するので、特別な日やゆっくりリラックスしたい時におすすめです。また、肌に馴染ませればマッサージオイルとしても使用でき、こうしたマルチで使えるところも人気の理由のひとつでしょう。

シャワーオイルの選び方

シャワーオイルは肌の保湿だけでなく、バスタイムを優雅にしてくれるリラックスアイテムとしても人気です。しかし初めて購入する方は、どの商品が良いのか迷ってしまうでしょう。

ここでは、シャワーオイルの選び方をご紹介します。自分にぴったりなシャワーオイルを見つけて、バスタイムをより快適なものにしてください。

選び方①配合された成分

シャワーオイルを選ぶ際、配合されている成分にも注目してみてください。シャワーオイルはオイルを主成分としていますが、そのオイルにも様々な種類があります。

例えば、サンフラワーオイルやアロエベラエキスなどが配合されている商品は、よりしっとりとした洗い上がりになります。敏感肌の方や自然派を好む方は、天然由来成分のみでできたものがおすすめです。

保湿を重視する方は、オイル成分以外にもどのような保湿サポートをする成分が配合されているのかも確認してください。自分の目的にあった成分配合の商品を選びましょう。

選び方②自分好みの香り

シャワーオイルの魅力でもある「香り」。シャワーオイルに限らず、ボディソープやシャンプー、リンス、トリートメントなども、香りを重視して選んでいる方も多いのではないでしょうか。好きな香りであれば、さらにバスタイムを楽しめ、気分も高まります

また、リラックスしながら華やかで優雅に浸りたい時はローズなどのフローラル系、1日の始まりでリフレッシュしたい時はグレープフルーツなどのシトラス系など、気分に合わせるのもおすすめです。様々な香りが展開されているので、是非自分にぴったりな香りを探してみてください。

選び方③容器の可愛さ

シャワーオイルは、乙女心をくすぐる可愛いボトルデザインが多いのも特徴です。思わずバスルームにインテリアとして置いておきたくなるような、高級感のあるお洒落なアイテムが多数ラインナップされています。

可愛くて素敵なボトルがあるだけでバスルームの雰囲気も変わり、もっと楽しいバスライフが送れるでしょう。毎日使うものだからこそ、こうした見た目で選ぶのもひとつの方法です。

シャワーオイルの使い方

シャワーオイルは、1つでマルチな使い方ができるのも魅力です。以下にボディソープ、泡風呂、それぞれの使用方法をご紹介します。たまにはバブルバスでリラックスして気分転換してみてはいかがですか?

ボディソープとして使う場合

ボディソープとして使用する場合は、一般的なボディソープと使い方は変わりません。ただ泡立ちが悪いので、しっかり汚れを落としたい場合は、スポンジやタオルで十分に泡立ててから使ってください。

保湿力を重視する場合は、スポンジやタオルを使わず手で洗うことをおすすめします。手のひらにシャワーオイルを取り、泡立てながらや優しくマッサージするように滑らせながら洗いましょう。マッサージ効果で肌を引き締めながら入浴後の保湿効果もあり、一石二鳥です。

泡風呂として使う場合

シャワーオイルがあれば、憧れの泡風呂も簡単に作れます。浴槽に多めのシャワーオイルを入れて、勢いよくシャワーをあてる、もしくはバシャバシャとかき混ぜるだけで誰でも泡風呂を楽しむことができます。

シャワーオイルは香りが良いので、泡風呂にすることで浴室いっぱいに香りが広がり、リラックス効果も抜群。そして何よりも入っているだけでラグジュアリーな気分になるので、至福のバスタイムが過ごせます。

シャワーオイルのおすすめ5選

最後は、今雑誌やSNSでも話題のおすすめシャワーオイルを厳選してご紹介します。数ある商品の中から、口コミでも評判の良い人気アイテムをピックアップしました。シャワーオイル選びで迷っている方は、まずは人気の商品から試してみてはいかがでしょうか。

おすすめ①ロクシタン アーモンド モイスチャライジングシャワーオイル

フランスのライフスタイルブランド「ロクシタン」のシャワーオイルです。とろりとした透明でなめらかなオイルは、水に触れるとやさしい泡になり、水分・油分を補いながらソフトに仕上げます。甘いバニラとアーモンドのやさしい香りが全身を包み、洗い上がりはしっとりツルツルな肌を実感できるでしょう。

口コミ

オイルが配合されているので、洗い上がりがしっとりします。アーモンドの香りも落ち着きます。1日の疲れが癒される香りです。引用:@COSME

泡立ちはさほど良くはないが、シャワーで流す際の肌のツルツル感に大感動!とにかく洗い上がりが素晴らしいです。シャワー後は必ず保湿をするようにしてますがこれなら保湿要らずと思いました!これはリピートしたいです。引用:@COSME

 

おすすめ②サボン シャワーオイル パチュリラベンダーバニラ

イスラエル発のボディケアブランド「サボン」のシャワーオイルです。きめ細やかな泡が毛穴の気になる肌の皮脂や汚れを取り除きます。上質なホホバ種子油やアボカドオイルなど、4種のボタニカルオイルにより、肌の潤いをキープ。バスルームに広がるラベンダーとバニラの香りに癒されます。

口コミ

普段バニラなどの甘すぎる香りは得意ではないのですが、こちらはラベンダーの深い香りとパチュリのエキゾチックでウッディーな重厚感のある香りがマッチして、これからの寒くなる季節にピッタリの落ち着きと品のある香りだと思います。引用:SABON

我が家は冬には定番のラベンダーバニラ、夏にはデリケートジャスミン、旦那様はジェントルマンと使い続けてます。洗い上がりもオイルインなのでしっとり潤います。引用:SABON

 

おすすめ③アロマセラピー アソシエイツ ディープリラックス バス&シャワーオイル

「アロマセラピー・アソシエイツ」は、アロマセラピーの本場、イギリスを代表する最高峰ブランドです。シャワーオイルは合成保存料、合成香料等を一切加えず、エッセンシャルオイルなどのこだわりの素材だけを使用。ベチバー ト、カモミール、サンダルウッドの香りで心が落ち着きます。

口コミ

オイルがお肌にベールをまとったように保湿してくれてるお陰か、冬のカサカサお肌も気にならなくなりました。1番のお気に入りポイントはこの香り!本当にリラックスできるし、パジャマにも香りがうっすら残り、気持ちよく寝れます。引用:Amazon

お風呂に入るときに体に塗ってから入浴し、浴槽でマッサージできて便利です。浴室の嫌な臭いが気になっていましたがこの商品を使ってからは浴室をまた開けるとアロマの匂いで癒されます。首元にも塗っているので寝る時まで良い香りと言われます。プレゼントにもオススメです。引用:Amazon

 

おすすめ④ザ ボディショップ ヘンプ ハイドレーティング&プロテクティング シャワーオイル

「ザ ボディショップ」のロングセラーアイテム、ヘンプシリーズのシャワーオイルです。乾燥から肌を守るブランス産ヘンプシーオイルのパワーを凝縮。肌に潤いを残しながら、穏やかに洗浄して乾燥から肌を保護します。清涼感ある麻のナチュラルな香で、癒しのバスタイムが過ごせるでしょう。

口コミ

ボタニカルな香り、の表現で伝わるかなぁ 草系の良い香り。ピリヒリ感が無く乾燥敏感肌に低刺激。全身を手のひらで撫で洗いしてます。日中、ふっと立ち上がる香りに気持ち落ち着きます。引用:ザ ボディショップ

アトピーの息子に使っています。お風呂あがりに肌がしっとりして、前よりも痒みを訴える事が少なくなり混助かっています。これからも使っていきたいです。引用:ザ ボディショップ

 

おすすめ⑤ニールズヤードレメディーズ ワイルドローズ シャワーオイル

英国発のヘルス&ビューティブランド「ニールズヤードレメディーズ」のシャワーオイルです。華やかなワイルドローズの香りでマッサージにも◎。必須脂肪酸やビタミンが豊富なローズヒップオイル、アーモンド油、ビタミンEやオメガ7を含むシーバックソーン果実油が肌に潤いを与え、なめらかに整えます。

口コミ

ローズのいい香りに癒されます。体を洗うときに、いい香りだと幸せな気分になります。体を優しく撫でながら洗い流します。保湿力も適度にあり優しい洗い上がりです。こちらを使い始めてからら、お風呂タイムが楽しみになり、ストレス解消にもつながっているように思います。引用:@COSME

欧米ではよく見かける、オイル状の泡立たない洗浄料です。オイルとはいえ、ヌルヌルベタベタはしません。よほどひどい乾燥肌でなければお風呂上がりに慌てて保湿アイテムをつける必要もないです。ベースがオイルなので、しっとり仕上がります。引用:@COSME

 

シャワーオイルで優しく洗い上げよう!

洗浄力がマイルドで優しく洗い上げてくれるシャワーオイル。入浴後はしっとり艶やかな肌になり、慌ててボディクリームをつける必要もなくなるでしょう。また、香りの持続性も高く、朝使えば1日中ふんわりとした香りが続き香水が苦手な方にもおすすめです。

一般的なボディソープと比べると価格が高いのがネックになりますが、頑張った自分へのご褒美として週1~2回のスペシャルケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。また見た目がお洒落なので、大切な方へのプレゼントやギフトにもぴったりです。これを機に是非シャワーオイルの魅力を体感してみてください。

その他の関連記事はこちらから