2017/08/31

バーバリーのおすすめネクタイ柄別10選 ギフトやプレゼント選びに

tie2-1

バーバリーはどんなブランド?

バーバリーネクタイ

イギリスを代表するファッションブランドであるバーバリーは1856年に創設されました。創業150年以上経った今でも、世界中の人から愛される世界トップクラスのブランドの一つです。

一貫して、品質が非常に高く洗練された上品なデザインの商品を世に送り出し続けています。有名なトレンチコートは1895年に元となったアイテムが登場してから、同ブランドの看板商品の一つとして世界的な人気を誇っています。

バーバリー / トレンチコート

バーバリー / トレンチコート

日本で馴染み深いブラックレーべルは日本の会社である三陽商会がバーバリー社とライセンス契約を結び独自にて企画製造していたブランドです。

1998年にスタートしましたが、2015年にライセンス契約が切れました。以降、三陽商会のオリジナルブランドとしてクレストブリッジが誕生し、日本の気候や日本人の嗜好に合わせた商品展開を行っています。

 

どんなネクタイがいいの?

個性的なデザインよりも、日頃から使いやすいタイプのネクタイのほうが好まれる傾向があります。無難なところではレジメンタルのネイビーがオススメです。

r003467-00

レジメンタルとは、もともとイギリス軍がそれぞれの軍隊を認識するために軍旗に使用していたレジメンタルストライプ柄を使用したタイのことです。カラーバリエーションが豊富なことにも特徴がありますが、一般的に汎用性の高いネイビーが一押しと言えます。
オシャレさを求めるならば、明るい色のチェック柄がオススメです。

 

バーバリーネクタイチェック

バーバリーと言えば、独特のチェック柄はあまりにも有名です。ブランドのロゴが前面に押し出されているタイプは品が無い印象ですが、さりげなくブランドを表したバーバリーチェック柄は上品で洗練された雰囲気を与えます。

 

ネクタイを選ぶときに注意する点は?

基本的には、レギュラータイを選ぶようにしましょう。
ネクタイには、大剣の幅が7cm~9cmのレギュラータイと、大剣の幅が4cm~6cmのナロータイと呼ばれるものが存在します。ナロータイはスタイリッシュですが見た目に細くビジネスシーンには向きません。男性側からすると、好みの分かれるナロータイよりも、日々使いやすいレギュラータイのほうがもらって嬉しい贈り物となります。
また、色と柄にも注意が必要です。
一般的に喜ばれるのは、ビジネスシーンを含め普段遣いに重宝するタイプと言えます。色は青系か赤系、柄としては無地、ストライプ、小さめのドットや小紋タイプが良いでしょう。
生地としては光沢もあって、上品なシルク100%がオススメと言えます。
また、相手の年齢や好み、使うシーンを思い描いてプレゼントすることが基本です。贈る相手のことを考えて思いやりをこめて選んであげましょう。女性ならではのセンスが光るネクタイを贈ると、男性が思いつきもしなかった似合うネクタイが見つかり喜ばれるということもあります。