2018/07/24

今、流行に乗るならTommy Hilfigar!ビジネスにもOKなメンズ財布10選

https://www.pinterest.jp/pin/630504016556229485/

紺・赤・白のシンプルな印象のロゴで有名なブランド、tommy hilfigar(トミー・ヒルフィガー)。特に30代~40代の方には、学生の頃にお世話になった懐かしいブランドという印象が強いはず。社会人になった今となってはちょっと恥ずかしいかな、なんて思ってはいませんか。

いえいえ。実は今、90sリバイバルを受けて世界的にtommy hilfigarの波が来ているんです。その波はモードの最先端から始まり、実はこの日本でも。

今回はそんな大注目のtommy hilfigarから、ビジネスシーンでも活躍する財布をご紹介いたします。

 

再ブレイク中のブランド、tommy hilfigarの魅力とは?

https://www.pinterest.jp/pin/630504016556229521/

tommy hilfigarの概要

アメリカ合衆国はニューヨークのブランド、tommy hilfigar。90年代のブランドロゴブームにもマッチし、一躍世界的ファッションブランドとなりました。

現在はカルバン・クラインなどとともに、アメリカ最大のアパレル企業PVH(フィリップス・ヴァン・ヒューゼ)コーポレーション傘下で活動しています。

 

tommy hilfigarの歴史

ブランドの創業者、トミー・トーマス・ジェイコブ・ヒルフィガーはアメリカ合衆国のニューヨーク出身。エルマイラという、人口3万人規模の街で生まれました。高校時代にジーンズの販売を手がけたことでアパレル業界に興味を持ち、その後「ピープルズ プレイス」を経営します。

紆余曲折を経て、1984年には「tommy hilfigar」社を設立。その後同社は、かの「カールラガーフェルド」をも買収するほどの発展を遂げました。2010年には前述の通りPVH傘下となりましたが、今日でもこのブランドらしいコレクションを毎年発表しています。

昨今は、現モード界の寵児ヴェトモンやスーパーモデルのジジ・ハディドとのコラボにより、再びファッション界で最注目のブランドとなっています。

 

tommy hilfigarが世界中の人々を魅了するブランドになった理由

スポーツウエアの要素をうまく取り入れた現在のスポーツMIXにも通ずるブランド展開と、それに準ずる軽やかな印象が魅力的な同社。

上述の90年代のロゴブームはもとより、ヒップホップ由来のオーバーサイズブームをも受けとめるキャパシティも当時からの人気の秘密です。

現在はパーカーやダウンジャケット、時計などといったアイテムでも人気を博しつつ、アウトレットにも出店を広げるなど、さらなる顧客を獲得しようとする柔軟な経営戦略も特筆点です。

 

ビジネスシーンでも絶対に活躍する!tommy hilfigarの財布の評判・口コミ

https://www.pinterest.jp/pin/630504016556229538/

今や再びモードの最先端となったtommy hilfigar。アパレルのみならず、ファッショニスタや流行に敏感な人々の関心はtommy hilfigarが放つ財布といった小物にも広く集まっています。

とは言っても、ビジネスマンにとっては大々的なブランドロゴの商品は少し敬遠せざるを得ないところ。しかし、以下にご紹介する「さりげないロゴの財布」は常に流行に敏感でおしゃれな印象を周囲に与えつつも、できるビジネスマンの印象を崩さないと好評です。

 

tommy hilfigarの財布が持つ、3つの大きな魅力

https://www.pinterest.jp/pin/630504016556229488/

1:ビジネスシーンでも活躍する「デザイン」

まずはそのデザイン。ブランド由来のシックなトリコロールカラーを使ったデザインのアイテム群はどんなスタイルにもマッチし、かつ爽やかな印象を与えると好評です。今季の財布はアグレッシブでしたが、そのなかでもシンプルなロゴの財布を選べば、さりげないモード感を演出しつつビジネスでも使えます。

何より、再び「今を」代表するブランドとなったtommy hilfigar。ブランドの原型を維持しつつ、このように常に革新し続けるそのデザイン力・ブランド力を前にすれば、おしゃれに興味のある方ならこのブランドを選ばない手はありません。

2:高い「クオリティ」

また、クオリティからすると他ブランドの半額以下とも言える、圧倒的コストパフォーマンスは他のどのブランドをも寄せ付けません。同じクオリティの皮革を用いてもこの値段。PVHによる流通経路のなせる業でしょうか。兎にも角にも、お小遣いが限定されている世のビジネスマンには、トレンドを追いつつも手頃な値段で購入できる財布としてとても魅力的なはずです。

3:シーンを選ばない

さらに、カジュアルシーンでも活躍するような幅広いデザイン商品展開も魅力です。カジュアル寄りのアイテムに興味のある方は、ぜひブランドHPを始め、各種販売サイトを御覧ください。