2018/07/24

デザイン性抜群、プレゼントにもオススメのコーチのメンズ財布8選

https://www.pinterest.jp/pin/264797653074981201/

男女問わず人気のブランドコーチ。アメリカのマンハッタンで高級皮革製品のメーカーとして生まれたコーチは、高級路線だけでなく、アウトレット等の展開も勢力的に行っている事から、若い方から大人の方まで幅広く人気があります。

こちらの記事では、そんなコーチの財布についてご紹介します。

 

コーチについて

https://www.pinterest.jp/pin/321163017162522562/

コーチは、1941年にマイルズ・カーン夫妻と6人の職人によって、アメリカのマンハッタンで高級皮革製品のメーカーとして生まれました。名前は「乗り物」を意味しており、ハンガリーのコーチという都市名から来ています。

代表的なアイテムは、コーチ(Coach)の頭文字のCの字をモノグラム柄にしたアイテムで、レディース、メンズ問わず多様なデザインを生み出しています。

そんなコーチですが、実は数度買収による路線変更をしています。1941年創業当初は実は下請け会社でした。しかしながら、6人の腕利きの職人の素材や質へのこだわりや製作技術が、請負会社だけでなく、コーチという名を確立していきました。当時は野球グローブに使われている革が、長く使うことで味わいが出る事や、耐久性が高い点に着目し、その革を鞄に採用しました。その後、60年代にコレクショに登場し始めます。

この当時は比較的年齢層の高い紳士向けの製品を主に手がけていました。その後、1985年にサラ・リー社に買収され、2000年に上場します。上場後は、それまでのバッグや財布といったアイテムだけでなく、アパレルにも参入し、総合ファッションブランドとして路線変更を行います。

日本に初めて出店されたのは1988年のバブル期で、その後2001年にコーチ・ジャパンが出来ました。同年には現在もコーチの中で大人気のキャンバス地を使ったラインを発表し、現在までのコーチの人気を作ってきました。

 

コーチ財布の特徴・こだわり

https://www.pinterest.jp/pin/339107046914010907/

コーチの財布の特徴は、修理屋いらずとも言われる耐久性の高さです。グラブタンという野球グローブに使われる高耐久力の革を使っている事や、縫い糸部分もワイヤーで縫い付ける等、他のブランドに比べ高い耐久力を誇っています。

また、デザインに関してもブランドの頭文字であるCをモノグラム柄にあしらったモデルから、シンプルなモデル、迷彩柄の遊び心あふれる財布まで、デザイン性にも優れている点がコーチ財布の特徴です。