冠婚葬祭などの礼服着用時のネクタイマナー完全ガイド

https://www.pinterest.jp/pin/449726712773416296/

お祝いの席の結婚式や、急な不幸ごとの葬式などの冠婚葬祭の席では、必ず礼服を身に着けます。

礼服は一着はお持ちの方も多いかと思いますが、実際に着用する機会が少なく、礼服着用時のマナーやルールはあまりご存知ない方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな礼服着用時のネクタイマナーをご紹介します。

冠婚葬祭の席では、目上の方や年配の方と会う機会も多いので、しっかりマナーを守って完璧な身だしなみで出席しましょう。

そもそも、「冠婚葬祭」とはどんなシーン?

https://www.pinterest.jp/pin/361132463850939024/

冠婚葬祭という言葉をよく耳にすると思いますが、意味をご存じでしょうか。

「冠」は元服のとことで、成人式や七五三など人生においての節目のことです。「婚」は結婚式のことで、「葬」とは葬式のことです。そして「祭」とは祖先を祭る行事のことを指し、盆や正月、法事などのことです。

礼服の種類

礼服の種類

礼服は大きく3つに分けて、正礼装、準礼装、略礼装、があります。

正礼装は、昼用のモーニングと夜用の燕尾服があります。モーニングは、結婚式で新郎新婦の父親が着ることの多い服装です。

準礼装は、昼用のディレクターズスーツと夜用のタキシードがあります。

略礼装は、昼夜問わずブラックスーツまたはダークスーツがあります。一般的にスーツ量販店で販売されているものは略礼服なので、この略礼装を着る機会が一番多いでしょう。

結婚式で着用する礼服とネクタイ

https://www.pinterest.jp/pin/476607573047110417/

結婚式にふさわしいお呼ばれスーツ、ネクタイとは?

結婚式にふさわしいお呼ばれスーツは、出席する自分の立場にもよりますがブラックスーツが基本です。他のカラーの場合は、ネイビーやダークグレーなどの落ち着いたカラーのものを選ぶのが無難です。

また、結婚式でふさわしいネクタイは、明るく華やかな印象のものです。派手すぎる柄物や、殺生をイメージさせるアニマル柄は避けましょう。

結婚式にふさわしいおしゃれなネクタイとは?

結婚式のネクタイでおしゃれをするならば、ストライプ柄や織り柄がおすすめです。上品な雰囲気を保ちつつも、洒落感たっぷりで周りと差のつくコーディネートが完成します。

ネクタイの色は?

結婚式でのネクタイの色は、白かシルバーがベーシックです。また、お祝いの席らしいパステルカラーの明るい色で、華やかさを演出するのもおすすめです。不幸ごとを連想させる、黒は避けましょう。

白色のネクタイは時代遅れ?

結婚式と言っても白色のネクタイは、敬遠しがちではないでしょうか。実際に最近の結婚式では、無地の白色のネクタイを着用しているのは年配の方が多いです。

白色ネクタイの中でもおしゃれな折柄の入ったものや、ストライプの入った白色のネクタイもあります。そのようなものだと、古臭くならずおしゃれな印象を与えることができるのでおすすめです。

ただし、ニットタイなどの素材がシルク以外のものは、カジュアルすぎるので避けましょう。

紺色や茶色のネクタイでもOKなの?

紺色や茶色のネクタイもOKです。ただし、色が濃すぎないものを選びましょう。

人と被りにくい茶色のネクタイは、こなれ感がグンとアップします。落ち着いた雰囲気がありつつも、お洒落な大人のスタイルです。

紺色のネクタイを身に着ける場合には、角度などによっては一見黒に見えかねないので無地は避けましょう。少し明るめのものか、柄の入ったものを選ぶのがポイントです。

ピンクのオススメのネクタイは?

ピンクのオススメのネクタイは、色が薄くパステルカラーのものです。明るい印象で、お祝いの席にぴったりです。

普段のビジネスシーンではあまりピンクのネクタイをつけない人でも、影で模様の入っているものであれば品が良くチャレンジしやすいでしょう。

おしゃれ上級者の人には、ペイズリー柄などの模様の入ったものがおすすめです。

赤のオススメのネクタイ

赤のオススメのネクタイは、上品さのあるワインレッドのものです。光沢感のあるものを選べば、高級感も出ておしゃれな着こなしになります。

印象の強い赤いネクタイでも、チェック柄を選べば少し控えめでおしゃれな装いになります。

ドット柄であれば、ポップで明るく結婚式の華やかさに合うコーディネートになります。

シルバーのオススメのネクタイ

シルバーのネクタイは、光沢感があり煌びやかでお祝いの席にふさわしいのでオススメです。近年では、特に若い人は白いネクタイではなくシルバーのネクタイを付ける人が増えています。

シルバーのネクタイであれば、礼服との相性も良く幅広い年代の人から愛されるスタイルになります。特にストライプ柄は、どんな立場で出席したときでも使い勝手が良くおすすめです。

少し遊び心を加えたドット柄も、シルバーであれば結婚式にも最適です。

オススメのストライプ、柄の入ったネクタイ

ストライプ柄のネクタイの中でも、紫のネクタイはおすすめです。紫は、どんな色とも相性が良く馴染みます。重厚感があるので、品がありお祝いの席にも適しています。ただし、紺色と同様暗すぎる色を選ばないように注意してください。

周りと差の付くネクタイを選ぶならば、小花柄がおすすめです。結婚式にぴったりの花柄は、小さめを選べば上品です。

▼ネクタイの選び方、合わせ方はこちらの記事もご参考にされてください。

ビジネスシーンやイベント・行事などで、どのネクタイを選べばいいのかわからない・選んだものが合っているのか不安という方は多いのではないでしょうか。...

 

簡単に出来るおしゃれなネクタイの結び方はズバリこれ!

簡単にできるネクタイのオススメの結び方:「セミウインザーノット」

https://www.pinterest.jp/pin/379498706074107100/

セミウィンザーノットは、ビジネスシーンなど日常でも一番よく使われるネクタイの結び方です。

結び目に程よいボリュームが出ておしゃれになり、どのような襟の形のワイシャツとも相性抜群です。ネクタイの結び方を覚えるときには、まずセミウィンザーノットを覚えるのがおすすめです。

※ネクタイのオススメの結び方は他にも!

数あるネクタイの結び方のうち、よく使われるもの、中々使わないけれど知っておきたい結び方をまとめてご紹介します。結婚式・就活で困る事のないよう必ず...

親族の結婚式で気をつけるべきネクタイとは?

親族の結婚式のネクタイ

親族の結婚式では、まずネクタイの色に気を付けるべきです。できるだけ明るい色のネクタイを付けて、親族として恥ずかしくない服装で出席しましょう。

おすすめはシルバーのストライプです。シンプルかつ華やかで、親族が身に着けるにはふさわしいネクタイです。

派手すぎる柄のネクタイは避けてください。もちろんアニマル柄もやめましょう。

 

通夜や葬式で着用する礼服とネクタイ

https://www.pinterest.jp/pin/400890804303292294/

喪服とスーツの違い

喪服とスーツの違いは、「黒色の深さ」です。喪服はスーツよりも黒の色が濃くなっています。一般的なブラックスーツと変わらないように思われがちですが、横に並ぶと一目瞭然です。

葬式はたくさんの人が集まる場所なので、一人だけブラックスーツを着て行くと浮いてしまいます。必ず喪服を着用して出席しましょう。

喪服の選び方

喪服を選ぶポイントは、3つあります。喪服は普段のスーツより着る機会が少なく、その分買い替えるタイミングも多くありません。その為、10年後もその喪服を自分が着られるかどうか想像して選びましょう。

まず、サイズ感です。喪服の中には、ウエスト調整のできるアジャスターの付いたものが数多くあります。喪服を着て長時間座っていることも多いので、自分の体型に合ったものを選びましょう。

次に、形です。スーツには細身のものなど流行りがありますが、喪服は長い間着ることになります。ベーシックな形を選ぶのが無難です。ボタンが1列のシングルと2列のダブルがありますが、これはどちらが正しいなどはありません。好みの問題ですが、傾向として恰幅の良い人や年配の人のほうがダブルを着用しています。

最後に、黒色の深さです。黒色は、値段が上がるほど濃くなっています。多くの人の集まった中では黒色の差が一目で分かるので、注意して選びましょう。

喪服に合わせるネクタイ

喪服に合わせるネクタイは、黒色の無地が基本です。

ただし、通夜に参列者として出席する場合には訃報を聞きつけて急いで駆け付けたという人も多いので必ずしも黒でなくても良いと言われています。

喪服に合わせるネクタイの色や形は?

喪服に合わせるネクタイ

色は?織柄は大丈夫?

葬式では、原則として「黒無地」のネクタイです。織柄やが入った物や色の付いたものはふさわしくありません。

ネクタイ売り場には、黒にストライプなどの織柄が入ったものもあります。それは、法事用ですので葬式では着用しないように注意しましょう。

太さや細さは?

ネクタイの太さは、襟の幅に合わせると良いでしょう。細すぎるものは避けるのがベターです。

喪服に合わせるネクタイの素材は?光沢のあるシルクでも大丈夫なの?

喪服に合わせるネクタイは、できるだけ光沢のあるものは避けましょう。派手なものは避けるべきと考えられているので、ネクタイピンも外すのがマナーです。

喪服着用時のネクタイの結び方!ディンプルは作らない?

喪服着用時のネクタイの結び方は、結び目のボリュームが抑えられていて簡単なプレーンノットがおすすめです。結び目がほどけやすい場合は、ダブルノットやウィンザーノットでも良いでしょう。

また、ネクタイの結び目の下にある窪んだ部分のディンプルは、おしゃれの一部と言われているので作らないほうが無難です。

喪服用オススメのネクタイはズバリこれ!

1本は持っていると便利な、黒の無地のネクタイです。線香などの臭いが気になる人は、家庭で洗えるタイプがおすすめです。

普段ネクタイを結ぶ機会のない人には、首にかけるだけで簡単につけられるワンタッチネクタイがおすすめです。

急にお通夜やお葬式に参加することに!ネクタイなしでも大丈夫?

急なお通夜やお葬式でも、ネクタイは必須アイテムです。

最近では、夏場はクールビズでノーネクタイが推進されていますが、不幸ごとの際にはネクタイは必要です。季節に関係なく、喪服の際にはネクタイを身に付けましょう。

礼服を着る際に付けるネクタイを手に入れるなら?

https://www.pinterest.jp/pin/784541197557711672/

ネクタイレンタル「KASHI KARI」がオススメ!

カシカリ

ネクタイレンタルKASHI KARIでは、月額3600円からネクタイのレンタルができます。

・URL:https://kashi-kari.jp/

頼んだアイテムがポストに届き、返却もクリーニング不要で送料無料でポストに投函するだけです。返却期限がなく、自分のペースで好きなだけレンタルして様々なコーディネートを楽しめることも人気の理由です。

冠婚葬祭用のネクタイや結婚式で使えるネクタイもあり、普段使いも楽しみながら、ご利用されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

https://www.pinterest.jp/pin/22377329376367892/

礼服着用時には、お祝い事にしても不幸ごとにしても、ネクタイを身に着ける際のマナーがあります。

礼服を着る席では、幅広い年代の人が数多く集まります。これを参考にして、どの年齢層の人から見ても印象の良い服装を心掛けましょう。

関連のオススメ記事はこちら

https://www.pinterest.jp/pin/22377329376367892/ 急な不幸ごとや、結婚式の出席など冠婚葬祭のあら...
スーツのボタンの留め方にはルールがあります。普段スーツを着ている方は感覚的にはわかっているかもしれませんが、スーツの種類やボタンの数ごとのより細...
www.pinterest.jp 昨今注目を集めるシェアリングエコノミー。自転車やスペースなどのシェアリングだけではなく、洋服やアクセサリ...