2018/07/27

ヴェネチア・レザーに魅了される!ベルルッティ(Berluti)を徹底解説

スクリーンショット 2015-05-31 15.48.08

ベルルッティ(Berluti)の歴史

ベルルッティ(Berluti)は、フランスで注目されている高級紳士服のブランドメーカーです。1895年より歴史ははじまり、その年にイタリア生まれの靴職人アレッサンドロ・ベルルッティ氏がパリに創立しました。
アレッサンドロ・ベルルッティは、靴作りを勉強して、その後、サーカス団とともに各地を巡りました。サーカス団の靴、道具などを作り、自己の技を磨き、紳士靴工房を開くまでに至りました。
ベルルッティと言えば、注目を浴びているものが、ヴェネチア・レザーと呼ばれるものです。
それは、ベルルッティが独占的に使用することを許されています。手染めの深みが美しいベネチア生まれのレザーです。 ベネチアにほど近いサンタクローチェで開発されたレザーです。
原皮の生産から、なめして、染色までを行われる事からヴェネチア・レザーと名付けられました。カーフをベジタブルタンニンでなめし、更に水染めで、かつ手で染めることによって深みのある美しいむらを表現しています。柔らかく、しなやかで、容易に型崩れしない強靭さも備えた革なのです。
ベルルッティのみが使用を許された門外不出の革に、更にいろいろな色を施して行きます。それは、パティーヌと呼ばれているものです。更にカリグラフがとても有名です。
ベルルッティ (Berluti)の作り出す靴は、とてもアーティスティックであり、多くの芸術家などによって評価を得たのです。ジャン・コクトーやエディット・ピアフ、ランソワ・トリュフォー、アンディー・ウォーホル、イブ・サンローランと言った人物が、アレッサンドロ・ベルルッティらの作る靴に大きな関心を寄せました。
1900年には、ベルルッティ (Berluti)がパリ万博に出品されました。 そして、1959年には靴のプレタポルテのラインを発表する事になります。

 

創業一族の4代目・オルガ・ベルルッティへと継承

oru

パティーヌが誕生したのは、この頃です。その後、 創業一族の4代目である、アートディレクターとして就任した、オルガ・ベルルッティがこのブランドを改革して行ったのです。
これまでタブー視されて来た斬新な色遣いなどを、女性ならではの視点により積極的に現実化させて行ったのです。
質は、アレッサンドロ・ベルルッティが作りだしたものを維持しつつ、グレー、黄色、緑と言った色を作りだして行きます。それは、月の色の移りかわりにインスピレーションを得たと言われています。ベルルッティ(Berluti)の靴は、靴の宝石、靴の芸術作品とも言われています。
その靴が世界中のセレブより圧倒的支持を得ています。

 

更に進化するベルルッティ(Berluti)

スクリーンショット 2015-05-31 15.51.28

ベルルッティ(Berluti)は更に靴からバッグやベルトをも手がけるようになりました。コレクションは、ビジネス用と旅行用の計6種類であり、色は黒と茶色です。
バッグでも使用されているものは、ヴェネチア・レザーです。
2008年には、ヴェルルッティ家の所有している金素材を金粉にして革製品に施すというゴールデンパティーヌを期間限定で受注生産しました。
ゴールデンパティーヌ、それは、黄金の国ジパングであり、日本限定、更に、ゴールデンウィークの 期間一ヶ月のみ販売されました。
現在、ベルルッティ(Berluti)は、LVMHのグループに属しています。LVMHのグループは、他にもルイ・ヴィトン、エミリオ プッチ、トーマスピンクなどを傘下としています。
そして、ベルルッティ(Berluti)は、1999年に日本にも東京青山に上陸を果たしたのです。ロングノーズシューズブームが起こり、そのブームの立て役者は間違いなくこのベルルッティ(Berluti)はです。
2011年には既製服であるウエアのコレクションが登場しました。

 

ベルルッティ (Berluti) の人気コレクション

ベルルッティ (Berluti)の人気アイテムは

スクリーンショット 2015-05-31 15.52.40

ベルルッティ (Berluti)の靴が欲しい、ベルルッティ (Berluti)を履けば、取り敢えず間違いなく男性として評価されると思っている人たちも多いのではないでしょうか。ベルルッティ (Berluti)で注目していただきたいのはやっぱり革であり、ベルルッティ (Berluti)の使用している革は、ベネチアンレザーと言う当然最高級品に属するものです。更にベネチアンレザーこそが、ベルルッティ (Berluti)が自慢するバティーヌというカラーリングにとてもマッチしている革なのです。ベネチアンレザーあっての、バティーヌです。オルガ・ベルルッティは女性です。男性の靴は、今まで、本当に満たされていたのでしょうか。オルガ・ベルルッティは考えます。本当に男性が履きたいと思える靴が存在しないのであれば、ここに新しく創造するまでだと言うことを。オルガ・ベルルッティが創造した靴とは、黄色や緑色の、かつ、品のある、美しい靴なのです。そして、その靴が高く多くの人たちより評価を受ける事になりました。

 

ベルルッティ (Berluti)の野望

ベルルッティ (Berluti)のシューズがなぜ、このような評価を受けたのかと言えば、やはり、オルガ・ベルルッティだけの功績ではなく、ベルルッティ (Berluti)の施しの基礎が既に備わっていたからです。
そこに、シューズとしての機能性もしっかり備わり、かつデザインも優れているから、多くの人たちが履きたいと思ったのです。ベルルッティ (Berluti)の基礎なる部分をお話ししましたが、次には、ベルルッティ (Berluti)の現在の新しい展開です。ベルルッティ (Berluti)の現在の人気のアイテムを追求しましょう。ベルルッティ (Berluti)の新定番となる、スニーカー、「プレイタイム」に注目してください。スニーカーと言うものの、ここには、歴史を感じさせる品の良さがあります。一枚革仕立て、そしてハンドステッチ、タン、アウトソールに刻まれたスクリット・・・、ディテールは細かく追求されています。そして、無論、ベルルッティ (Berluti)がヴェネチア レザーを無視するはずはありません。色は、インディゴデニム、ブラウン、ダークレッドが用意されています。ただし、
パティーヌを施す事も可能だとか。

 

 

ベルルッティ (Berluti)の注目アイテムはコレ

そして次は、ベルルッティ (Berluti)のブーツに注目しましょう。スキーブーツがモチーフになっていたりします。ベルルッティ (Berluti)は、グレタ・ガルボのためにブーツを製作した事がはじまりと言われています。1920年代、ベルルッティ (Berluti)は、スポーツシューズを意識して、ルドルフ・ヴァレンチノの為にスキーブーツも作りました。「アルピノ」というアイテムは、グレタ・ガルボのモデルにインスピレーションを得て作られたと言われています。しっかりと足を包み込むイメージが強いアイテムです。シューレースを隠す、2つのストラップがとてもオシャレです。次にウルティマに注目してください。オルガ・ベルルッティが製作したモデルが改良を重ね、ここに到達しました。オルガ・ベルルッティのデザイン性に対して、アレッサンドロ・サルトリが更にモダンを追求したアイテムです。このアイテムの特徴は、ハトメを用いない事です。そのままレザーでループを作って、シューレースを通しています。タンの先端を、ギザギザにカットする事によって、インフォーマルであり、エネルギッシュなイメージを作りあげる事に成功しています。ベルルッティ (Berluti)のアイテムなら、是非、更にバッグなどにも注目をしていただきたいと思います。2005年にドゥ ジュールが登場して、それもベルルッティ (Berluti)の人気アイテムです。軽量で収納力抜群です。トラべルバッグとして、使える鞄です。