カミソリ負けしてしまう原因とは?対策とおすすめ商品もご紹介!

ヒゲ脱毛名古屋

カミソリを使って髭を処理している方はどれくらいいるでしょうか。髭処理をする中で、一番辛いのはカミソリ負けをすること。毎回肌が赤くなったり、傷ついたりして痛い思いをしている方もいます。カミソリ荒れに悩んでいる方必見!カミソリ負けをしてしまう原因、対策とおすすめ商品もご紹介していきます。

カミソリ負けしてしまう原因とは

周囲に聞いてもカミソリで荒れている人はいないのに、「なぜ自分だけカミソリ負けするの?」と思っている方はいますか?カミソリで肌が反応するのは、いくつかの原因があります。原因を知っておくことで、解決策を導き出すことができるはずです。カミソリ負けの原因をご紹介していくので参考にしてください。

カミソリ負けの原因①ヒゲが柔らかくなっていない

ヒゲの処理をする時、そのままの状態で剃っていませんか?何もつけずにヒゲを剃ることで刺激になり、肌を傷つけてしまっている可能性も大です。

ヒゲ剃り前には、ヒゲを濡らして柔軟な状態にすることが大切です。ヒゲを柔軟にするために濡らす手段といえば水ですが、水で濡らすことはしなくて良いです。

お手持ちのローションやクリームなどを塗ることで、ヒゲに水気を与えることができ、柔軟な状態になります。この状態でヒゲを剃ると、肌への負担が少なく、優しく剃り上げることができるのです。

また、入浴中にヒゲを剃る方もいるでしょう。バスルームではヒゲも濡れるし柔らかくなった状態で剃れますし、後始末も楽です。実はバスルームでは水気が不足しているため、肌が脱水症状を起こしている状態です。

ですから、バスルームでヒゲを剃ると肌を傷める可能性があるため、おすすめできません。タイミングとしては、お風呂上がりにたっぷりと保湿した状態でヒゲを剃るのがベストです。

カミソリ負けの原因②肌が乾燥している

肌が乾燥している状態で剃ると、肌への摩擦が増えてしまい、肌を傷つけやすくなります。男性は女性と比べて、肌の水分量が少なく、すぐカサついてしまいます。ヒゲを剃る際には、肌の摩擦を軽減させるためにも、シェービング剤などを使用してください。

シェービング剤は、肌を守ってくれる役割があり、滑りを良くします。さらに、肌への水分を保持することができるのです。カミソリの滑りが良くなり、水分を保持するために、肌への摩擦が少なくなるので、肌荒れのない綺麗な肌になります。

アフターシェーブローションは、肌の保護や保湿を目的としてスキンケア用品です。髭剃り後になにもせずにいると、肌がカサカサになる経験をしたことがある...

カミソリ負けの原因③刃の交換をしていない

カミソリの刃は毎回取り替えていますか?まだ使えるからと同じものをずっと使い続けていませんか?ずっと使い続けることで、カミソリの刃は劣化し、刃先の鋭さも悪くなってしまいます。カミソリが古くなってくると、刃先も滑らかに動かず、肌への負担が大きくなるのです。

また、カミソリを長い間使用している場合、衛生面でも心配しなければいけないところです。肌トラブルが多くなり、ニキビや吹き出物の原因を引き起こす可能性もあります。

まだ使えるのにもったいないという気持ちもあるかもしれませんが、カミソリの刃は状態を見ながら毎回交換していくことが大切です。毎日使うのであれば、月に2回程度は取り替えするのが良いでしょう。

カミソリ負けの原因④力の入れすぎ

ヒゲ処理では、力を入れないときちんと剃れた気がしないという方もいるでしょう。カミソリは軽く刃を当てるだけで剃り残しなく、綺麗な仕上がりになるのです。シェービング剤の上を滑らせ、肌をなでるように剃っていってください。

きれいに剃ろうと思うほど力も入りやすいですが、力をかけることで、肌を傷めてしまい、カミソリ負けによる症状を起こしやすいです。力を入れたくなってしまいますが、そこは我慢をして、カミソリを軽く当てて剃っていくことが重要な点です。

カミソリ負けの原因⑤アフターケアができていない

剃る時に顔そり用クリームなどはつけるけれど、カミソリでヒゲを剃ったら終わりという方も多いのではないでしょうか。意外と、剃った後のアフターケアまで行き届いていないのです。カミソリで剃った直後の肌は、どんどん水気が失われ、乾燥が加速していきます。

カミソリ後は、肌に潤いを与えてあげることが大切です。肌はデリケートな状態になっているため、シェービング剤などをこすらず、優しく塗るようにしてください。

肌をこすると、ダメージが大きくなり、皮膚かぶれを起こしてしまうことにもなりかねません。カミソリ後は、アフターケアをしっかりとしましょう。

カミソリ負けを予防するコツ

肌トラブルは、痛かったり痒かったり辛いものです。ヒゲ処理時の行動によって、カミソリ負けを防ぐこともできます。ヒゲ処理で肌トラブルを起こす前に、しっかり予防するコツを見ていきましょう。

予防のコツ①剃る部分の汚れを落とす

髭を剃る時には、あらかじめ肌をきれいに保っておくことが大切です。しっかり洗顔をして、古くなった角質を取り除きましょう。剃る部分の汚れを落とすことで、毛を浮かせることができるため、カミソリ負けを防ぐことができます。

予防のコツ②刃の交換

刃先の鋭さがなくなってしまった刃で剃ると、なかなかうまく剃ることができません。つい力が入ってしまいがちです。その結果、肌に痒みが生じたり、赤くなってしまうことに繋がります。

また、毛が引っ張られることで肌に負担がかかり肌トラブルを引き起こす可能性もあります。剃りづらいなと感じた時には、刃を交換するようにすることが大切です。

予防のコツ③ヒゲを柔らかくする

ヒゲは、水気を含むことで柔軟で剃りやすいヒゲを作ることができます。水気といっても、水で濡らしはしません。顔そりクリームなどを塗ることで、ヒゲが柔軟になり、スムーズに剃り上げることができます。

塗ってすぐ剃ってもヒゲは剛毛から柔毛になりますが、数分置くことでもっと柔らかくなるので、簡単きれいに剃れるのです。

画像引用:photo-ac カミソリのダメージから肌を守り、ストロークをなめらかにしてくれるシェービングフォーム。 髭剃りの仕上がりと肌...

予防のコツ④同じ場所を何度も剃らない

一度で剃りきれずに同じ箇所を何度も剃っていませんか?シェービング剤をつけているからと安心はできません。同じ箇所を繰り返し剃ることで、肌へのダメージが大きくなり、肌荒れを引き起こしてしまいます。

それも踏まえておきながら、同じ箇所を何回も剃らずに、一度で剃ることが大切です。刃先の鋭さが悪くなったら、刃部分を交換しましょう。一度でスムーズに剃れるようにしておくことが重要な点です。

予防のコツ⑤肌を傷つけにくいシェーバやカミソリ

髭剃りは身だしなみの一つですから、毎朝剃っている方も多いと思います。毎朝剃ることで、肌は多少なりとも傷ついてしまっていることが多いです。肌荒れやかぶれ、痒くなってしまうこともあるでしょう。これらの症状は、肌に炎症を起こしているサインです。

シェーバやカミソリには多種ありますが、できるだけ肌を傷つけにくいシェーバやカミソリを使うようにすることがポイントです。肌への負担を軽減してくれるため、炎症を起こしにくくします。

予防のコツ⑤シェービング後の肌ケア

シェービング剤を使って髭処理をしている人は多いです。使用する前は何かしらつける人が多いですが、ヒゲを剃り終わった後はそのままにしておく方も多いのではないでしょうか。

顔そり用のクリームを使っても、カミソリを肌に当てるわけですから、ほんの少しだとしても傷つきやすくなっています。

傷ついた肌をそのままにしておくわけにはいかないですから、ヒゲを剃り終えた後も肌ケアすることが大切です。そのままにしておくと、肌が乾燥したり、肌荒れを起こす原因となってしまいます。

清潔な肌でのシェービング後には、保湿成分のたっぷり入った化粧水やアフターシェービングローションなどを塗って、潤いを与えることが大切です。

カミソリ負けしてしまった場合の対策

カミソリ負けしないように気を付けていたけれど、カミソリ負けしてしまったという場合もあるでしょう。カミソリ負けしてしまったらどうしようもないので、対策を考える必要があります。赤くかぶれたり、痒くなったりするのは辛いですが、もしなってしまった場合は以下のような対策をしてみると良いでしょう。

対策①クールダウンさせる

肌をクールダウンさせることは、カミソリ負け対策としてはおすすめです。カミソリ負けする時は、すぐに症状が出る場合もありますし、時間が経ってから現れることもあります。赤くなってかゆくなったり、熱を持っていたりする時には、クールダウンさせることがポイントです。

この時、氷の方が冷たいからと直接冷やしたり、熱さまシートを貼るのはやめた方が良いでしょう。冷たいという刺激が強過ぎて、赤く熱を持っているだけだったのに、冷やすことでかゆくなり我慢できなくなってしまうこ可能性も。

クールダウンさせる場合には、冷たい水で濡らしたタオルを使います。水温でも十分に冷やすことができるのです。髭処理でのカミソリ負けによって、肌が痛くなって辛いと感じることもあります。水で濡らしたタオルを当てると、ヒリヒリした感覚が徐々になくなってくるでしょう。

それと同時に、赤みも引いてくるはずです。水に濡らしたタオルが乾いてきたら、また水に濡らしてタオルを当てます。繰り返し行うことで、効果も期待できます。水で濡らしたタオルを当てても、赤みやかゆみが酷い場合は、一度皮膚科を受診してみると良いでしょう。酷くなる前の早めの対処が重要です。

対策②市販の薬を使う

カミソリ負けをしてしまったけれど、症状が軽いから病院に行くまでもない、仕事が忙しくて病院に行く時間がないという方もいるのではないでしょうか。その場合は、早くかぶれやかゆみなどを治すためにも、市販の薬を使用することをおすすめします。症状が軽いものについては、割とすぐにカミソリ負けが治るはずです。

症状が酷くて病院に行けない場合には、応急処置として塗り薬を塗っておいてください。塗り薬にはさまざまな種類がありますが、カミソリ負け専用の塗り薬もあるので、効果も期待できます。塗り薬の持つ効果としては、カミソリかぶれの場合、殺菌効果や炎症を抑える効果のあるものが効きます。

市販の軟膏を使うことで、症状が一向に良くならない場合、治るまで長期間に渡り使い続けてしまうこともあるでしょう。長期間の使用は、逆に症状を悪化させる可能性もないとは言えません。症状が全然良くならない時には、皮膚科の先生に診てもらう方が無難です。

カミソリ負け対策に役立つアイテム【シェービング】

カミソリ負けしないように気を付けている人も多いでしょう。カミソリ負け対策を考えるには、まずシェービングの時に必要な電気シェーバーやカミソリです。カミソリ負け対策に役立つアイテムをご紹介していきます。

おすすめ①フィリップス 9000シリーズ 電気シェーバー

フィリップス9000シリーズ電気シェーバーは、深剃りができるため、剃り残しなくきれいに剃ることができます。8方向への可動が可能なので、顔の凸凹している部分にもしっかり密着し、剃りやすいです。

肌をなでるように滑らせるだけで簡単に剃ることができるので、肌に負担をかけず優しい電気シェーバーです。

おすすめポイント

  • 深剃りができる
  • 8方向への可動
  • 肌に負担をかけない

口コミ・評判

大きな音がするわけでなく、肌に当たっているのかいないのか分からないくらいで、ほんとに剃れているのか、と思うくらいです。肌にやさしい、のが実感できます。濃いわけではないので、深剃り、という点についてはよく分かりませんが、可動ヘッドが丁寧に肌に接して広い範囲を剃ることができていまして、ちょっと感動しました。ワイヤレス充電パッドが付属しています。置くだけで充電が可能というのは便利ですね。引用:Amazon

販売サイトをチェック

 

おすすめ②Schick 5枚刃 ハイドロ5 プレミアム 敏感肌用

Schick5枚刃ハイドロ5プレミアム敏感肌用は、摩擦から肌を守るため敏感肌の人でも安心して使うことのできるカミソリです。

ハイドログライドジェルが搭載。濃密なジェルが剃るたびに滑りを良くするため、肌を傷つけずに守ってくれます。スキンガード付き5枚刃が肌の動きをコントロールしてくれるので、摩擦を軽減しながらきれいに剃ることができるのです。

おすすめポイント

  • 敏感肌用の人も安心
  • ハイドログライドジェル搭載
  • スキンガード付き5枚刃

口コミ・評判

慣れの問題でしょうか最初はゴツくて使いにくい感がありましたが普通に使用できました。癖のある生え方なので首元の髭は一度では剃りきれませんでしたが何度かなぞるとまあまあキレイに剃れました。剃ったあとはヒリヒリ感もなくスッキリとした感じです。引用:Amazon

販売サイトをチェック

 

おすすめ③Asika カミソリ 敏感肌用

Asikaカミソリ敏感肌用は、6枚刃でしっかりと剃れます。ヘッド部分は30度まで調節が可能。カミソリの刃が肌に合わせて剃ることができるので、凸凹部分でも剃り残しなくきれいに剃ることができるのです。敏感肌用ですから、肌が弱い人でも安心して使うことができるでしょう。

ウォータースルー洗浄が搭載されているため、外刃を外さずに本体ごと洗い流すことができます。簡単にお手入れができるのは、面倒くさく感じなくて良いのではないでしょうか。

おすすめポイント

  • 6枚刃
  • 30度可動的ヘッド
  • ウォータースルー洗浄

口コミ・評判

T字ひげそり歴20年以上。いろいろ使ってきましたが過去最高のスムーズさと剃れ味です。あとは刃の耐久性がどれくらいあるかですが、これだけ剃れ味が良ければ多少耐久性が劣ろうとも妥協できそうです。6枚刃なので鼻の直下は剃りづらいですが、それは他社商品も同様。私同様ヒゲの濃い方、範囲の広い方にお勧めします。引用:Amazon

販売サイトをチェック

 

カミソリ負け対策に役立つアイテム【肌ケア】

カミソリ負け対策のシェーバーをご紹介してきました。カミソリ負けを防ぐためには、肌ケアも欠かせません。カミソリ負け対策に役立つ肌ケアアイテムをご紹介します。

肌ケア用アアイテム①&GINO アクアモイス

&GINOアクアモイスは、1本に化粧水・乳液・美容液・クリームが入っているため、これ1本で肌のお手入れは完了です。プッシュ式で持ち運びにも便利。

男性の5つの悩みをケアする美容成分が厳選されて配合しているので、どんな悩みを持っていてもアプローチして解決してくれます。肌に必要なものだけしか入っていないので、肌にも優しいです。

おすすめポイント

  • 1本で4役の機能
  • 厳選された美容成分配合

口コミ・評判

この手の商品は数多く試しましたが、ベタベタしたりせずスッと肌に馴染みます!値段は高いですが、一回の使用量が少ないのでコスパはいいです!引用:Amazon

販売サイトをチェック

 

肌ケア用アアイテム②Schick ハイドロ シェービングジェル

Schickハイドロシェービングジェルは、透明なジェルになっていますから、剃る部分が見えやすく、初めてシェービングジェルを使用する人や、剃り残しがないか気になる人にはおすすめです。刃の滑りも滑らかで、ヒゲを柔らかくしながら剃り上げることができます。

おすすめポイント

  • ジェルタイプ
  • 滑りがなめらか

口コミ・評判

男であれば快適な髭剃りライフを送るために泡タイプやこちらのジェルタイプなど、色々なシェービングフォームを試すと思うのですが、最終的にたどり着いたのが戻り戻って結局この商品でした。カミソリ負けをすることもなく、少量で満足のいく剃りが出来るのでコスパ面でも問題なしです。 引用:Amazon

販売サイトをチェック

 

 

肌ケア用アアイテム③無印良品 化粧水 敏感肌用 しっとりタイプ

無印良品化粧水敏感肌用しっとりタイプは、水にこだわり、岩手県釜石の天然水を使用しています。こちら商品はしっとりタイプで、肌の状態に合わせ「さっぱりタイプ」「高保湿タイプ」の3種類から選ぶことができます。敏感肌用なので刺激が少ないため、安心して使用できるでしょう。

おすすめポイント

  • 敏感肌にも使える低刺激性
  • みずみずしく潤いを与えてくれる

口コミ・評判

アトピー肌で乾燥したら痒くなるので化粧水を使うのですが、ベタベタ過ぎても痒くなってしまうのです。このさっぱりタイプはちょうどイイ感じで、乾燥も防げてベタつかず痒くなりません。夏はこれ1本ですが、秋冬はこれに同じ無印の乳液、さっぱりタイプも使います。イイ感じです。 引用:Amazon

販売サイトをチェック

 

しっかりとケアを行ってカミソリ負け対策をしよう

カミソリを使うと、カミソリ負けをするのが辛いところです。カミソリ負けしてしまう原因を知っておくことと、カミソリ負けを予防するコツを理解しておくことで、カミソリ負けを軽減することができます。

カミソリを使うと、肌に少なからずダメージを与えているため、カミソリ負けもしやすくなるのです。しっかりとケアを行って、カミソリ負け対策をしましょう!

その他の関連記事はこちらから

ひげ剃り
毎日の髭剃りを快適にするために欠かせないシェービングクリーム。 クリームなしで髭を剃るという男性は非常に多いのですが、実はこれ、髭の引っか...
ヒゲ脱毛
男性の身だしなみの一つ「髭剃り」は、毎日のことだから面倒なもの。 さらに、日々の髭剃りによる肌トラブルがストレスになるなど、髭に関する悩み...

おすすめ脱毛サロンランキング