記事更新日:

【制服を捨てるのはまだ早い!】学生服回収ボックスの意味とは?

不要になった制服は、そのままゴミとして処分してしまう人や、思い出として自宅に保管しておく人など様々な方法をとっているかと思います。

しかし制服は着ていて分かるように、とても丈夫で着心地もいいですよね。

3年間ほぼ毎日着用していても劣化が少なく、卒業後も綺麗な状態の制服は非常に多い。そんな状態が良いのにもかかわらずゴミとして処分するにはもったいないと思った方も多いのではないでしょうか。

今は「学生服回収ボックス」というものがあり、制服を寄付することができます。

今回はそんな学生服の処分方法の一つとしてある、「学生服回収ボックス」について徹底解説していきます。

学生服回収ボックス設置の目的

学生服回収ボックスの主な目的は、不要な制服を回収し困っている子供たちのために寄付をすることです。

学生服をゴミとして処分するにも、再利用できるものは資源ゴミとして出したり、可燃ゴミとして出すこともできます。

しかし、ゴミとして出すには決められた曜日に出さなければいけなく、可燃ゴミに関しては金属などを分別しなければいけません。

また個人情報の流出にも注意するなど、色々と準備が必要です。

しかし学生服回収ボックスなら、不要になった制服をボックスの中へ入れるだけ。

処分したい人は簡単に処分することができ、制服が必要な人には低価格で購入できるというメリットがあります。

実際に、制服は安いものではなく入学準備のために制服を一式揃えることが負担となっている家庭も少なくありません。

学生服回収ボックスは、そんな家庭の手助けをするためのボックスなのです。

主に設置されている場所

学生服回収ボックスは、国や企業などが扱っています。

各地域の学校や市役所、総合福祉センター、市民センターなどに設置されていることが多くあります。

また地域によっては、スポーツジムやイトーヨーカドーなどのショッピングモール、クリーニング店などに設置されていることもあります。

その場所によって、回収時間が異なるため確認が必要です。

不要になった学生服はどうしていますか?

学校を卒業して不要になった学生服はどのように処分、または保管していますか?

もうすぐ卒業する方、すでに卒業して処分に困っている方などいましたら学生服回収ボックスをご利用ください。

また学生服回収ボックスを知らない方が周りにいましたら、ぜひ教えてあげてください。

1.家に保管している

学生服は卒業とともに着なくなりますが、思い出はたくさん詰まっていますよね。

社会人になると制服は不要になりますが、思い出として保管している人は多いです。

しかし長く保管していると、制服を保管しているスペースが徐々になくなり、邪魔になってくることもあります。

衣替えの時期や洋服の整理をしている時に、制服をそろそろ処分しようかなと考える時期もくるでしょう。

そんな時には、処分せずに学生服回収ボックスへお持ちください。

保存状態によっては、劣化や汚れが少なくまだまだ綺麗な状態で保存されている制服もあります。

ゴミとして処分するなら、制服を必要としている人にバトンタッチして制服としてまた使われるように寄付することをご検討ください。

2.ゴミとして処分している

中には、卒業と同時に制服を処分する人もいます。

保管することもなく、譲る人もいなければゴミとして処分するしかないという方もいるでしょう。

ゴミとして処分するには、古布類に分類されるため再利用できる制服に関しては資源ゴミとして出すことができます。

または金属などを分類して可燃ごみとして出すことも可能です。

しかしゴミとして出すには、個人情報が一切わからないようにしなくてはいけません。

制服を収集している不審者がいるかもしれないので、ゴミを漁られて制服を持ち去られないように制服として使用できないような状態(切ってから捨てるなど)にした方が安心です。

ゴミとして処分するには、いろいろなことに注意しながら処分しなければいけないので、そういったことは面倒、という方は学生服回収ボックスへ寄付することをおすすめします。

回収された制服はどんなことに使用される?

学生服回収ボックスを見たことはあるけど、実際どんな会社が扱っているのか、制服をどんなことに使われているのか、ということが分からないと寄付をするのが不安という方もいるでしょう。

回収された制服は、国や企業(さくらやなど)が扱っているので安心して寄付することができます。

そして回収された制服がどんなところへ、どのように寄付をされているのかご紹介します。

1.リユースショップで買取

学生服回収ボックスで回収された制服は、リユースできる制服はリユースショップで買取を行います。

学生服は着なくなってしまった本人にとっては不要なものとなりますが、クリーニンングやメンテナンスをすればまだまだ使えるものがたくさんあります。

そういった制服を回収し、リユースショップへ買取をしてもらいます。

2.制服を購入することが難しい家庭へ安く提供

制服を購入したことがある方は既にご存知ですが、新品の制服の値段は高いです。

有名なデザイナーにデザインを依頼している学校もあり、何十万とする制服もあります。

学校によって制服の価格はかなりバラツキがありますが、実際に制服を購入することが負担になっている家庭は少なくありません。

制服を買わないという選択肢はないと思うので、無理をしてでも購入するでしょう。

しかし制服を安く購入できたら、家計の負担を大幅に減らすことができます。

また学生時代は成長期でもあり、制服のサイズがすぐに小さくなってしまう人もたくさんいますが、制服を買い直すには高すぎますよね。

タイミングよく欲しいサイズを譲ってもらえればいいのですが、中々見つからないでしょう。

そんな時にも安く購入できたら、子供の成長に合わせてサイズアップすることが可能になります。

3.査定額は寄付へ

回収された制服をリユースショップへ買取をしてもらい、そこで出た査定額は「子供の未来応援国民運動」へ寄付されます。

寄付金は、貧困状態の家庭や子供たちへの支援に繋がります。

居場所のない子供への居場所づくりや学習、食事などを提供し、子供たちが幸せに暮らせる社会、そして希望と夢を持って成長できる社会を作るための基金として使用されます。

制服を提供できるように洗濯などはどこで行われている?

学生服回収ボックスへ回収された制服は、そのまま買取をして販売しているわけではなくきちんとクリーニングやメンテナンスを施し、綺麗な状態で提供されています。

その洗濯の仕事は障害者就労支援施設へ提携し、制服や体操服の名前の刺繍を取る作業などはその地域に住むおばあちゃんや小さな子供がいるお母さんへのお仕事として提供されています。

地域全体で子供のための支援活動として取り組まれています。

また貧困家庭に向けてバザーを行ったり、体操服は災害などが起こったときのために作業着としても使用されています。

いろいろな目的に合わせて無駄なくしっかりと使われています。

使用できない学生服はリサイクル

学生服をリユースすることは、そのままの形で再利用すること。

そして劣化が進み、再利用できないものに関してはリサイクルしています。

リサイクルは、裁断などを行いまた別のものとして形を変え使用できるようにすることです。

制服や体操服はすべて使用できるものとは限りません。

使用できないものに関してはゴミとして処分するのではなく、リサイクルしてまた新たなものとして生まれ変わります。

学生服回収ボックス以外に再利用する方法

学生服は、回収ボックス以外にも再利用する方法はあります。

それは制服を直接買取に出す方法と、知人や身近な人に制服が必要な人がいれば譲る方法です。

それぞれ詳しく解説していきます。

1.制服専門の買取業者に出す

制服の買取というと、危ないお店ではないのか?という不安があると思います。

しかし制服の買取業者はたくさんあり、中には制服買取専門業者もあります。

通常の買取業者でも制服の買取は可能な会社は多くありますが、どんな人が購入するのか分からない、など不安な方は制服買取専門業者がおすすめです。

制服買取専門業者であれば高価買取が期待でき、本当に制服を必要としている人の手に届きます。

買取業者を選ぶポイントとしては、公安委員会の許可を得ている会社であること、買取実績が豊富にあること、適正価格で買取を行っていることなどを確認し、さらに口コミも見てみるといいでしょう。

注意する点は、女子制服のみの買取を行っているところ、かなりの高額で買取を行っているところに関してはアダルトショップやブルセラ目的の業者の可能性もあるので気をつけましょう。

2.知人や後輩に譲る

もう一つは、知人や後輩に譲るという方法です。

兄弟・親戚に制服が欲しいという人がいれば譲ることは多いかもしれません。

身近な人でいなければ知人や後輩など、欲しい人がいないか聞いてみてください。

欲しいと思っていても言えないだけかもしれません。

あまり親しくない方でも、制服が欲しいと思っている人がいればゴミとして捨てるよりも再利用してもらえるので処分の手間が省けます。

まとめ:制服を処分するなら学生服回収ボックスや制服専門買取のラミパスを利用

今回は学生服回収ボックスについてご紹介しました。

制服は卒業した後でもまだまだ使えるものが多く、リユースすることが注目されています。

その方法の一つとして学生服回収ボックスがあります。

不要になった制服を学生服回収ボックスへ寄付し、制服を必要としている人へ安く提供することで家計の負担を軽減し、査定額は子供の支援金として寄付されます。

また制服のリユース方法として、個人で買取に出すことも可能です。

制服を買取に出すことは決して悪いことではなく、地球の環境にもいいことなのです。

制服の買取が不安なら制服買取専門店・ラミパスがおすすめです。

ラミパスは公安委員会の許可を得ている会社であり、買取実績が豊富にあります。

また制服の状態やセットの買取の場合は、高価買取が期待出来るので処分する代わりに現金を手元に残すことが可能です。

多くの制服買取を行っており、制服の査定には中古制服の目利きに長けたプロのみが行い、適正価格で公正な買取を行っております。

他の会社で買取を断られたものでも買取が可能な場合がありますので、お気軽にご相談ください。

関連記事:中古制服(学生服)が買える通販サイトとオークションまとめ!購入時の注意点も解説!