記事更新日:

お洒落を楽しむ男性必見!おすすめカフスブランド10選

https://www.pinterest.jp/pin/822610688157980112/

カフスはビジネスシーンで身に付けられる数少ないアクセサリーの一つ。おしゃれを楽しみたい男性にとってはぜひ取り入れたいアイテムです。そんなカフスですが、種類もさまざまでどんなものを選んだらいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

カフスのブランドにもそれぞれ特徴があります。その特徴を理解して自分の好みにあったブランドを選ぶのがポイントです。

今回はカフスのおすすめブランドをご紹介します。

カフスの選び方

https://www.pinterest.jp/pin/511932682628302085/

カフスに挑戦して見たいけど、どうやって選べばいいかわからない人って多いですよね。そんな人のために、カフスを選ぶ際に気をつけたいポイントについてお話しします。

これから挙げるポイントに気をつけてカフスを選べば、難しいことはなく自分にあったものを選ぶことができます。では一緒に見ていきましょう。

カフスの選び方① シーン

カフスを選ぶときに気をつけたいポイントの一つ目は「シーン」です。自分がどんな時にカフスを付けるのかによって、選ぶべきものは変わってきます。ビジネスシーンで使うのであれば、自分の好みで選んでしまっても差し支えありません。

ただ営業職などで取引先やお客様と会う機会が多い人は、派手なカフスはあまりお勧めできません。控えめで上品なカフスが好印象を与え、趣味が近い人とお話が弾むきっかけになることも。パーティーシーンでは思いっきり華やかに遊びを効かせたカフスがおすすめです。

また結婚式などで付ける場合は、完全なフォーマルスタイルになるのでマナーを守って選びたいところです。昼間から行われる結婚式に参列する場合は、シルバーの台座に白蝶貝をあしらったカフスがおすすめ。

https://www.pinterest.jp/pin/101542166578042774/

最近多くなったカジュアルスタイルの結婚式の場合には、カフスは付けないのが一般的。このように、シーンに合わせて選ぶととてもわかりやすく、自分にあったカフスを見つけられるのではないでしょうか。

カフスの選び方②ブランド

カフスを扱っているブランドはとても多く、そのブランドのコンセプトなどによってカフスの雰囲気もさまざまです。特に初めてカフスにチャレンジしようと思っている人は、ブランドで選ぶと比較的迷わず好みのカフスに出会えます。

シンプルなデザインのブランド。クラシックなブランド。トレンドを意識したブランド。価格がリーズナブルなブランドなど。それぞれ特徴がはっきりと分かれています。どんなブランドが自分の好みに合うのかチェックしてみると、カフス選びも意外と簡単に感じるのではないでしょうか。

全て要チェック!カフスおすすめブランド10選

タケオキクチ (TAKEO KIKUCHI)

タケオキクチは、1984年に日本人デザイナー菊池武夫氏によって作られたファッションブランドです。かつてのDCブランドブームを牽引したブランドに一つで、今でもその人気は衰えることなく愛され続けています。タケオキクチはドレスファッションに高い評価が集まっているブランド。高品質のスーツやジャケットなど数多いアイテムを展開しています。幅広い年代から利用しているのも特徴です。

■TAKEO KIKUCHI ヘアラインカフス

タケオキクチのカフスはシンプルで使いやすいデザインのものが多いのが特徴です。誰でもどんなシーンでも使える万能なカフスは、初心者にも非常にチャレンジしやすいと言えます。極細のヘアラインがあしらわれたデザインは、繊細で上品な印象。キラッと輝くその美しさは高級感があります。ビジネスシーンにもぴったりです。

ダンヒル (dunhill)

1880年にイギリスで誕生したラグジュアリーブランド・ダンヒル。ダンヒルはスーツを中心に時計やカフス、タイピンなどさまざまなアイテムを展開しているブランドです。その中でもカフスなどのドレスアイテムには定評があり、そのクオリティの高さから大人の男性を中心に愛され続けています。品が良く、クラシカルな雰囲気は大人の魅力を最大限に引き出してくれること間違いなしです。

■dunhill カフスボタン パラディウム

こちらのカフスボタンは曲線のシルエットにパラディウムのストーンをあしらった美しいデザインが魅力的。派手な印象は一切ないのに、品の良い存在感がコーディネートの雰囲気をアップさせてくれます。ダンヒルのクラシカルさは、紳士的な装いにぴったり。ビジネスシーンでも使いやすいおしゃれさがおすすめしたいポイントです。