記事更新日:

「ラルチザン パフューム」はアーティスティックな自然の美しさが魅力の香りの職人。人気香水を徹底解説

https://www.pinterest.jp/pin/609393393304513333/

SNSや化粧品の口コミサイトで必ず名前が挙がる「ラルチザン パフューム」ですが、一度つけたらハマってしまって他のブランドでは物足りないという声をよく聞きます。この記事ではラルチザンパフュームの人気の秘密と男女別のおすすめ香水を紹介します。

ラルチザン パフュームの概要

https://www.pinterest.jp/pin/609393393304513334/

ラルチザン パフュームはフランス語で「香りの職人」を意味するフランス発のフレグランスメゾンです。創業以来パイオニア精神と現代的なビジョンを持って香りを追求しています。職人的な技術と自然の香りの美しさが融合された芸術的なフレグランスは多くの世界中のファンを魅了し続けています。

ラルチザン パフュームの歴史

https://www.pinterest.jp/pin/609393393304513319/

ラルチザン パフュームは1976年に設立しました。香りの科学者と呼ばれる創業者のジャン・ポルトは友人の依頼でパーティ用に香りを作ったことをきっかけに天然香料を使った独創的な調香に目覚めます。

初コレクションは大成功を収め香り愛好家から「ラルチザン パフューム=香りの職人」と呼ばれるようになります。この成功がきっかけでフレグランス大国のフランスで高級フレグランスメゾンの先駆者となります。

1978年には現在でも人気の「ミュール デ ムスク」を発表しブランド確立のチャンスを得ます。40年を経た現在でも人気フレグランスメゾンとしての地位を保っています。

ラルチザン パフュームの展開するアイテムラインナップ

https://www.pinterest.jp/pin/609393393304513155/

ラルチザン パフュームには定番の香りのほとんどがオードトワレです。人気の「シャッセ オ パピオン」「ローダンブル」「ミュール エ ムスク」「プルミエ フィグエ」には「エクストレーム」という名前でオードパルファンがあるので持続時間やか香りの好みで選ぶといいでしょう。

また明るくみずみずしい「ラルチザン パフューム オーデコロン」という新シリーズも大変好評です。親しみやすい香りが多いので是非実際に肌にのせて香りをお試しください。

ラルチザン パフュームの香水の特徴と魅力

https://www.pinterest.jp/pin/609393393304513313/

ラルチザンパフュームの魅力はユニークなネーミングと肌にのせた時とムエットで嗅いだ時とのギャップにあります。

ネーミングでは「パッサージュ ダンフェ=地獄通り」「メシャン ルー=意地悪おおかみ」などの香水らしからぬ単語が並びます。

また肌にのせた方が魅力的に香るものが多く、店頭のムエットでピンと来なくても実際につけてみたらじわじわと好きになってしまったというお声の多い香水好きにはたまらないブランドです。

また通好みの調香でも植物そのものの個性が際立っています。日常でアロマやハーブに親しみがある方にも一見の価値がある香水ばかりです。