2018/07/24

伊達男の必需品!ナポリの老舗「ルイジボレッリ」の魅力を徹底解説

https://www.pinterest.jp/pin/352266002098730321/

「カミチュリア・ナポレターナ」という言葉をご存知でしょうか?

カミチェリアとは、イタリア語でシャツ屋という意味。つまりカミチュリア・ナポレターナとは、「ナポリのシャツ屋」を指します。

ルイジボレッリ(LUIGI BORRELLI)は、そんなカミチェリアの代名詞とも言える存在。職人が手がけるナポリ仕立てのシャツは、大量生産とは比べものにならない圧巻の風合いと美しいシルエットを実現しています。

このページではルイジボレッリの歴史や、プロダクトに対するこだわりを紹介。また、このブランドを代表するシャツやスーツ、ネクタイなどの魅力についても解説します。

ルイジボレッリについて

ルイジボレッリの歴史

https://www.pinterest.jp/pin/470696598529515344/

ルイジボレッリは、イタリア・ナポリに拠点を置く老舗シャツメーカー。1957年にルイジ・ボレッリ氏が創業しました。

ブランドのルーツは、創業から50年以上前の1904年にまで遡ります。創業者の母アンナは、ヴェスーヴィオ火山の麓サンセバスティアーノにある自宅で、地元の人たちのためにシャツを仕立てていました。

彼女の作るシャツは完成度が高く、ナポリの伊達男たちを魅了します。そして1918年にアンナは自身のアトリエを開設。母のシャツ作りを受け継ぐかたちで、息子のルイジがブランドを立ち上げたのです。

https://www.pinterest.jp/pin/470696598529527039/

上質なシャツを仕立てるブランドとして、イタリアだけでなく世界へと名を轟かせるようにまでなったルイジボレッリ。1980年代には、ルイジの息子であるファビオ・ボレッリ氏が経営に参画します。

ファビオ指揮のもと、やがてシャツだけでなくネクタイの製造もスタート。1999年からは仕立て職人を募り、スーツやジャケットも手がけるようになりました。現在ではあらゆるアイテムの製造を手がけ、それら全てのアイテムがシャツと同じクオリティを誇っています。

ルイジボレッリの特徴・こだわり

https://www.pinterest.jp/pin/470978073527254435/

ルイジボレッリが手がけるアイテムの特徴は、細部にまで熟練の職人技が施されている点。大量生産品が多い近年ではめったにお目にかかれない、珠玉の技がちりばめられています。

そもそもルイジボレッリは、シャツの着心地と風合いに革命を起こしたシャツメーカー。このブランドが登場する以前は平面的な裁断と無思考な縫製のシャツばかりでしたが、立体裁断や手縫いを駆使するルイジボレッリによって世の中のシャツのレベルが引き上げられたほどです。

その技術は今なお健在で、機械(ミシン)縫いと手縫いを巧みに使い分けることでソフトな仕立てのシャツを量産化することに成功しています。

https://www.pinterest.jp/pin/274438171027568266/

手作業のみに固執するのではなく、ミシンに頼ったほうが信頼できる部分はミシンで。しかし袖や衿、ヨーク、前立てのような、品質を決定づけるポイントではハンドステッチを用いている点が極上のフィット感を生み出している秘訣です。

もちろん縫製技術だけでなく、使用する生地もイタリア屈指のファブリックメーカーのものを厳選。そしてこれらのシャツ作りで得たノウハウや職人技は、スーツやジャケット、ネクタイなどルイジボレッリの全ての製品にも注ぎ込まれています。