2018/07/24

次に手に入れるべきブリーフケースは革orナイロン?
人気&おすすめバッグをランキング

fashionsnap-freaks.net

ビジネスマンに必須のアイテムといえば、スーツ、ネクタイ、革靴、時計、そしてバッグ。特にバッグは書類やガジェット、財布、名刺入れ、ノート、印鑑などの必需品を持ち歩く大事なアイテム。だからこそ、おしゃれで仕事もできるビジネスマンは、バッグにも人一倍のこだわりをもちます。

そこで今回ご紹介するのは、ビジネスバッグの中でも最もベーシックなアイテム、「ブリーフケース」。その概要にはじまり、素材別おすすめアイテムまで広くご案内いたします。

ブリーフケースとは?

shoegazing.se

ブリーフケース(Briefcase)は、その名の通り書類を入れるためのバッグ。一般社団法人 日本かばん協会のHPでは「36cm~42cm位の主として革製書類入鞄」と定義されています。広義には、アタッシェケースやダレスバッグ、ポートフォリオなどもブリーフケースとして括られます。

 

ブリーフケースの種類

mensbag7.net

ナイロン、ポリエステル系 化繊素材

store.shopping.yahoo.co.jp

現在、最も普及している素材です。レザーよりも安価に製造でき、汚れにも強く、軽いうえに丈夫といったメリットがあります。バリスティックナイロンやコーデュラナイロンといった摩擦や引き裂きなどに強い、高強度の新素材も登場しています。

レザー

www.herz-bag.jp

レザーは歴史のある最もベーシックな素材。高価でメンテナンスも必須のうえ、重いというデメリットもありますが、化繊では出せない高級感はレザーの専売特許。「革を育てる」という文言通り、質の良いアイテムであれば、メンテナンスを施すことで一生付き合っていけるというメリットがあります。

その他

ashibane.co.jp

今日では、アルミやポリカーボネート樹脂、カーボンファイバーといった素材も普及しています。

アルミは耐久性が高く独特の質感で人気を呼んでいます。デメリットは価格と重量。ポリカーボネート樹脂は軽く、安価であるのがメリット。ただし、耐久性が低くメーカーの保証も短い傾向にあります。カーボンファイバーは織ったカーボン繊維をエポキシ樹脂等で固めたもの。軽量で疲労強度や剛性も高い素材です。反面、高価であること、一点集中の打撃で破損しやすいといったデメリットがあります。

ブリーフケースを選ぶポイント

www.struct.biz

機能性

iphone.ascii.jp

まずは持ち方。基本のハンドルを持つ手提げタイプが一般的でしたが、加えてショルダーやバックパックに持ち方を変えることのできる2WAY、3WAYタイプも増えてきました。電車通勤の日は手提げで。自転車通勤のときはバックパックで、などと状況によって持ち方を変えることができるメリットは大きいものがあります。また、状況により腕や肩の負担も減らせることができる点も見逃せません。荷物が多い方はショルダーストラップの肩パッドのパッド量、滑り止め機能も重点的にチェックなさってください。

収納面では各種コンパートメントやポケットの充実具合も大切。ノートパソコンやタブレットを保護するパッド入りのコンパートメント、加えてペンホルダーや折り畳み傘入れ、ペットボトルホルダーなども何かと重宝します。

ナイロン等の化繊素材では高い撥水性を備えた生地もあります。ゲリラ豪雨の多い昨今、外回りの多い方には重宝する要素です。

デザイン

www.pinterest.jp

レザーのブリーフケースは外ポケットが少ないデザインも多く、シンプルでスタイリッシュな外観の傾向にあります。使われる金具も装飾性を兼ね備えた演出が多く、エレガンスな雰囲気を与えます。イタリアンやブリティッシュスタイルのスーツには非常によく馴染みます。

ナイロンやポリエステル系の化学繊維は、比較的に機能性を重視したアイテムが多く、必然的にバッグの外側にもポケットが多く配される傾向にあります。カジュアルな印象を与えるアイテムの場合は、アメリカンスタイルのスーツに合わせるとうまくバランスが取れます。

ブランド

www.herz-bag.jp

レザーバッグといえばエルメスやコーチ、ロエベ、ヴァレクストラといったハイブランドが有名です。こうしたハイブランドは品質保証やアフターサービスも充実しており、流行に左右されることなく一生使えるブランドです。

トゥミやサムソナイトといったアメリカ発祥のバッグブランドは、基本的に化学繊維のアイテムに強く、新素材や最新技術をいち早く取り入れる傾向にあります。もちろん、修理といったアフターサービスも万全で、細かいパーツ交換にも対応しています。

ポーターやエースといった日本のバッグブランドも化学繊維のアイテムに強く、ジャパンメイドの品質は折り紙付き。こちらも細かい修理にも対応しているので気兼ねなく使い倒せます。

アルミやポリカーボネート樹脂といった独自の素材使いで人気なのは、ゼロハリバートン。アフターメンテナンスもきちんと対応しています。品質保証は素材によりまちまちですが、おおよそ3年から10年をめどに対応しています。

オススメしたい人気ブリーフケースランキング〜ナイロン・ポリエステル系 化繊素材〜

www.google.co.jp

第7位:TUMI(トゥミ)/ビジネスバッグ 日本限定スタイル ALPHA2 スリム・スリーウェイ・ブリーフ


予算:6万4,800円前後(税込)

1975年にアメリカで設立したブランド。創業者のチャーリー・クリフォードにより、ペルーの神「トゥミ」にちなんでブランド名が付けられました。バリスティックナイロン使いで一躍世界ブランドへのし上がったブランドです。

こちらの商品は。トゥミを代表する人気のAlpha2シリーズのビジネスバッグ。同社が開発に協力して進化させたオリジナルのFXTバリスティックナイロンをメイン使用し、さらに耐久性を向上させています。このブランドらしく、A4サイズながら大容量でポケットも豊富に装備。さらに3WAY仕様と、まさに死角のないアイテムに仕上がっています。

評判・口コミ

背負いやすい。リュックのベルトの方式は、特許を取得しているらしい。
詳しいことはわからないが、本当に背負いやすい。
ベルトもさることながら、おそらく背中側がしっかりした造りで、バッグの中身が背中側に出っ張らないようにしているからだと思う。
そういうバッグはいくらでもあると思うが、ハードな素材があるわけでもないのにそれを実現できているのは驚き。(一般的に何か固い素材を入れているのが普通だと思う。)
また、いくつか色のバリエーションがあるものの……[略]……オールブラックが一番渋く、品があると思う。

引用:www.amazon.co.jp

 

第6位:SAMSONITE(サムソナイト)/エピッドプラス スリーウェイブリーフケース


予算:3万3,948円~4万2,120円(税込)

ジェシー・シュウェイダーにより、1910年に創業したアメリカのバッグブランド。現在は、イギリスのロンドンを本所在地とし、世界100カ国以上に出店しています。

こちらのブリーフケースは使い勝手の良い3WAY仕様で人気。バックパックのショルダーは背面に収納が可能の他、ショルダーバッグ時のショルダーは取り外し可能。各コーナーにはプロテクションが配され安全性も抜群です。使われる素材は高撥水を誇るナイロン。さらに、安心の底鋲やスーツケース用のスマートスリーブを装備するなど、まさにハイテクブランドの名に恥じない高機能バッグです。

評判・口コミ

porter、Northfaceなど、色々と物色していたのですが……[略]……なかなかいいものが見つかりませんでした。
そんなときに見つけたのが、このバッグでした。
フレームがしっかりしている印象があり、少しぐらい重いものを入れても型崩れしません。
バッグ内の小ポケットに物を入れておくと、リュックにした際に飛び出てしまうのではと思っていましたが、ポケットがたるまないため、今のところ、収納物が飛び出したこともありません。
リュックにしたことで両手が自由になり、また、背負っているときに体にかかる荷重が左右で同じになることがとてもよいです。

引用:www.amazon.co.jp