記事更新日:

ポールスミス辞書。徹底的にPaul Smithをリサーチ!

6 ポールスミスの代表的なアイテムのスーツを徹底解剖!

ポールスミスのアイテムで一番に頭に思い浮かぶのは、ラグジュアリーでスタイリッシュなスーツではないでしょうか。クラシックでありながらモダンなスパイスの効いたスーツスタイルがポールスミスの持ち味。洗練されたオシャレ感を堪能できるスーツは、世界中の男性達の憧れとなっています。そんなポールスミスの代表作のスーツを徹底解剖して、その全貌を公開していきたいと思います。

 

■ポールスミスのスーツの種類は?
ポールスミスのスーツには、最上級ラインのポールスミスコレクション、メインラインのポールスミス、ビジネスラインのポールスミスロンドン、カジュアルラインのPSポールスミスの4ラインから選ばれています。ビジネスやフォーマルには、コレクションライン、メインライン、ロンドンラインの3ラインからセレクトする方が多いです。

 

■ポールスミスコレクションのスーツ
最上級のコレクションラインは、質感やクラシック感、仕立てのレベルが違います。卓越した感性に裏打ちされた上質でクラシックを極めたスーツが最大の特徴です。価格設定も最上級です。

ポールスミス コレクション スーツ
http://www.paulsmith.co.jp/shop/men/suits/products/1540161002595_____

 

■ポールスミスのスーツ
パリコレクションで発表されているメインラインのポールスミス。ハイクオリティーでクラシックなスタイルを追求しながらもモダン性を取り入れたデザインが特徴。

ポールスミス スーツ

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/14954/257819

 

■ポールスミスロンドンのスーツ
スタンダードラインとも言われているポールスミスロンドン。コストパフォーマンスが高く、日本で人気の高いラインです。シャープ感を強調したブリティッシュトラッドではなく、万人受けするバランスの取れたインターナショナルモデルのシルエットのスーツが多いです。

ポールスミス ロンドン スーツ

http://www.paulsmith.co.jp/shop/men/ps_london/suits/products/15300010021439____

 

7 ポールスミスを愛用するセレブや芸能人

ポールスミスを愛用する海外セレブや日本の芸能人をまとめてみました。有名人とポールスミスの魅力を一緒に共有できていると思うと嬉しくなりますね。

 

アカデミー賞の主演男優賞も受賞しているダニエル・デイ=ルイスは、デザイナーのポール・スミスの友人でもあり、ポールスミス愛用者でもあります。授賞式には、ポール・スミスが特別に仕立てた美スポークスーツを着て登場し、オスカー像を手にしています。ポール・スミスもダニエル・デイ=ルイスの快挙を喜び、ブログに2ショット写真を掲載しています。

ポールスミス ダニエル・デイ=ルイス http://www.paulsmith.co.jp/paul-smith-blog/2013/02/25/daniel-day-lewis

俳優のゲイリー・オールドマンもポールスミスを愛する男性の一人。彼の主演映画にデザイナーのポール・スミスがクリエイティブ・コンサルタントとして協力したことも縁となっています。

ポールスミス 愛用

 http://www.paulsmith.co.jp/paul-smithblog/2012/02/13/gary_oldman_self_portrait

デビッド・ベッカムは、ポールスミスで買い物をして大量のショッパーを持っていたところをキャッチされています。 ポールスミス ベッカムhttp://1990boys.tumblr.com/post/284977712/foxy-lady

人気俳優であり、ファッションリーダーとしても人気の松田翔太さんは、ポールスミスの根っからのファンとしても有名。雑誌やメディアでもポールスミスを身に纏って度々登場しています。

DSC_0060_20110810130535[1] http://myub.blog90.fc2.com/blog-entry-514.html

その他にも、ミュージシャンのポール・ウェラー、画家のデビッド・ホックニー、写真家のマリオ・テスティーノ、イギリスのブレア元首相などの多数の政界関係者、ダイアナ妃など、多くの海外セレブ・有名人がポールスミスを愛用しています。その他に愛用する日本人には、角川春樹さん亀梨和也さんなど。ウェアも人気ですが、財布などの小物類を愛用する芸能人は特に多いです。

8 ポールスミスの2014年の動向を振り返る

ポールスミスの2014年は、ジャンルレスな活躍で世間を驚かせてくれました。特に限定コラボや特別企画が話題になった1年でしたね。独自に選んだポールスミスの2014年の3大スペシャル企画をご紹介させていただきます。

■スペシャルコラボのバイクは世界限定100台!
自転車競技のレーサーを目指した経験があるデザイナーのポール・スミスらしいコラボアイテムが2014年11月に発表されました。それは、ピナレロとのコラボバイク「ドグマF8」です。シンプルなフレームの各所に、ポールスミスの証となるマルチストライプグラフィックをさり気なく配しています。全世界で限定100台しかない希少なバイクです。完成車で170万円ほど、フレームセットで77万円ほどの販売価格となっております。日本のショップでもショーウィンドウにディスプレイされ、話題になりました。

ポールスミス ドグマF8http://www.cycloch.net/2014/11/12/17143/
■サイクルウェアコレクションが誕生!
ロードレーサーを目指していたことがあるポール・スミスが期待や当時の希望を込めて2014年に誕生させたのは、「ポール・スミス531」というサイクルウェアコレクションです。ハイスペックな素材を使用しているので、機能性や着心地は最高です。ポップなカラーと遊び心のあるデザインでさらに魅力的に仕上げています。 ポールスミス

http://www.paulsmith.co.jp/paul-smith-world/news/paul-smith-531

 

■ポールスミス×レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジがクール!
ロック界のレジェンドと言われているバンド、レッド・ツェッペリンとコラボレーションした大判スカーフも話題になりました。レッド・ツェッペリンのジャケットビジュアルを含む高い芸術性を感じるデザインに仕上がっています。全6種類を50枚ずつの限定リリースとなりました。 ポールスミス レッド・ツェッペリン

http://www.paulsmith.co.jp/paul-smith-world/blog/paul-smith-and-led-zeppelin-7-october-2014

 

9 ポールスミスの東日本大震災後の愛のある行動力が話題

日本をこよなく愛してくれているデザイナーのポール・スミス。2011年に起こった東日本大震災の直後の時にも、まだ余震が続く最中で誰もが日本を遠ざけていましたが、ポール・スミスはまわりの制止を振り切ってまでも真っ先に日本に駆けつけてくれて、励ましてくれました

ポールスミス 震災

http://www.asahi.com/fashion/column/oshare/TKY201104120367.html

■ポール・スミスと日本とのつながり
ポールスミスは、日本では200店舗ほど展開しており、1000人ほどのスタッフが働いています。そういった企業として日本との関わりが深いということもありますが、それだけではなく、ポール・スミス自身が日本の文化や日本人のことをとても愛してくれています。1982年から毎年来日しており、年に4、5回は日本に訪れているそうです。

 

■東日本大震災後のすばらしい行動力と愛のあるエピソード
親日家のポール・スミスは、東日本大震災のニュースを知り、大変心を痛めました。店舗は仙台にもあります。日本ではまだ余震も続いている状況で、日本にいる外国人は日本から逃げるように去り、外国人は日本への渡航を控えていました。そんな中、まだ震災後1ヶ月の頃に、社内の反対を押し切る形でポール・スミスはたった1人で来日を決行します。希望の架け橋をイメージした虹の絵とメッセージをプリントしたハンカチ1000枚を持っていき、スタッフ1人1人に手渡しで配り励ましの声を掛けました。1週間の滞在中に震度4の余震も体験しましたが、翌日には「ノープロブレム」と言い紳士の対応をみせています。

ポールスミス 虹

http://www.vogue.co.jp/fashion/news/2011-03/25/paul-smith

 

10 ポールスミスの2015年の動向リサーチ

ポールスミスはシーズンごとに新鮮な風を吹き込んだスタイルを提案してきます。決してマンネリ化することのないポールスミスのスタイルは、トレンドセッターとしてファッション業界に大きな影響力をもたらします。

■ポールスミスの2015年のニュース
3月、ポール・スミスがデザインに携わった車、ランドローバー「ディフェンダー」を公開 top[1]http://openers.jp/article/942181
4月、「A SUIT TO TRAVEL IN」という新しいトラベルスーツコレクションを発表 ポールスミスhttp://www.paulsmith.co.jp/paul-smith-world/news/paul-smith-presents-asuittotravelin-tokyo
4月、「ポール・スミス ジュニア」の期間限定ポップアップショップが東京の神宮前にオープン
ポールスミス ジュニア http://www.wwdjapan.com/fashion/2015/03/29/00015857.html
5月、ポール・スミス ウォッチ20周年を記念して期間限定のスペシャルウェブページをオープン ポールスミス ウォッチ

http://openers.jp/article/966974

 

■ポールスミスが提案する2015年のスタイルは?
2015年の春夏コレクションと秋冬コレクションをチェックしてみると、フォーマルやクラシックを上手く着崩したスタイルが目を引きました。春夏コレクションは、芸術的で華やかな色使いが目立ちます。ボタニカル、レインボーストライプ、ペイズリーなどのカラフルな柄物アイテムの登場は、夏の開放的なムードの演出に一役買っています。このシーズンの最大のポイントは、フォーマルなジャケットにTシャツやスニーカー、ワイドパンツといったリラックスムードのあるアイテムを組み合わせたクリエイティブなスタイルです。秋冬シーズンは、70年代のディテールを取り入れたレトロモダンなムードが印象的。肩パットが入ったボックスシルエット、肩が落ちたビッグシルエットなど、トレンドに左右されずにオリジナルの感性を突き進むポールスミスのスタイルは圧巻です。 ポールスミス 2015

http://www.paulsmith.co.jp/collections/men/paul-smith-men-ss15