人気カミソリ「シック(Schick) 」おすすめ9選!選び方のポイントもご紹介!

メンズから高い支持を受ける「シック」のカミソリは、今も根強い人気を誇っています。カミソリは便利に使用できますが、その選び方が分からない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、美しい剃り上がりとなるシックのカミソリの選び方、またおさえておきたいポイント、そしておすすめの商品を9選、それぞれの特徴を踏まえご紹介します。

シック(Schick)のカミソリとは

メンズが毎日行うシェービング時に「シック」のカミソリを使用する方も少なくありません。「シック」のカミソリは、どんな特徴を持っているか知っておくだけで、あなたの毎日のシェービングの手助けになります。そこでここからは、シックが展開する様々な種類のカミソリの特徴をみていきましょう。

ダメージが少なく髭の整えにも使える

毎日のシェービングを億劫に思う男性が多いのもそのはず。毎日シェービングを行っていれば、刃が直接肌に触れる分、当然、お肌へのダメージも気になります。特に髭が濃い男性にとって、時にシェービングがストレスに感じることもあるでしょう。

そんな時、メンズの硬い髭にも作用し、そしてスムーズで滑らかな剃り心地を実現する「シック」のカミソリがあれば、楽しみながら毎日シェービングを行うことができます。シックはお肌へのダメージを最小限にし、トリマー付きの製品を選べば、髭をおしゃれに整えることもできます。

さらに、カミソリの刃に付着したモイスチャージェルが安全なシェービングを可能にするとともに、お肌を保湿しながら守ってくれるため、シックのカミソリはとてもおすすめのアイテムだと言うことができます。

肌に優しくしっかり剃れる

お肌にやさしい剃り心地を提供してくれるシックのカミソリは、お肌への刺激を最小限に抑えたシェービングを行いたいというメンズにおすすめです。その思いを実現するカミソリこそ「シック」であると言えるでしょう。カミソリでのシェービングが初心者という方でも手軽に始められるのが魅力的です。

ヘッド部を交換して替刃ができる

替刃交換がとても楽な「シック」のカミソリは、初めての方でも簡単に替刃を取り換えられる仕組みとなっています。

替刃の取り換えが可能なタイプは、切れ味が悪くなるとカミソリが横滑りして引っ掛かることでお肌にケガをしてしまうこともあるため注意が必要です。そのため、ヘッド部分を交換し、替刃の交換ができるタイプを選ぶと良いでしょう。

シック(Schick)のカミソリのシリーズについて

同じカミソリでも、各メーカーによって様々な種類が展開されており、特にシックは多くのカミソリの種類を持つブランドとしても知られています。その中でもシックのカミソリの代表格とも言える以下の4つのカミソリについて、それぞれが持つ特徴を詳しくみていきましょう。

シリーズ①ハイドロ5カスタム

「シック ハイドロ5カスタム5」は、敏感肌用としてハーブエキス配合のジェルを搭載する5枚刃のカミソリ。剃りにくいもみあげのキワをすっきり剃ることができるため、見た目にもきれいな仕上がりのシェービングを行うことができます。

お肌への摩擦を最小限にしたシェービングで、カミソリがお肌に刺激となりやすい肌質の方に最適です。

シリーズ②ハイドロプレミアム

「シック ハイドロプレミアム」は、ハイドログライドジェルを搭載することで、お肌と刃の摩擦を40%も軽減させることに成功。パラレルフィン・ガードバーで深剃りが可能になりました。

剃り残しのないシェービングができるフリップ式トリマーを搭載しています。しっかりと剃り上げたい方におすすめです。

シリーズ③クアトロ

チタンとダイヤモンドコーティングが行われた刃を4枚刃としてシェービングに利用することができます。そのやさしい剃り心地が、快適な深剃りへと導いてくれます。

刃にはホホバオイルやアロエエキス、そしてビタミンEをたっぷり配合する潤滑油が付着しているため、シェービング時に溶け出すことで滑らかで優しい剃り心地になります。

シリーズ④プロテクター3

シックの元祖「シック プロテクター3」は、発売当初から今も根強い人気を持つ製品です。快適な操作性や、3Dヘッドの3枚刃が深剃りを可能にしたことが大きな特徴です。

アクアグライドがお肌に馴染み、滑らかな剃り心地でシェービングを行うことができます。

シック(Schick)のカミソリの選び方のポイント

それでは、メンズに人気の「シック」のカミソリ選びで失敗しないためにも、どんなポイントをおさえておくべきかをひとつずつ確認していきましょう。

選び方①カミソリの刃の枚数

3〜5枚刃に展開されるシックのカミソリは、あなたの毛質に合わせて選ぶのがポイント。髭が比較的薄い方は、刃の枚数が少なめで十分対応することができますが、剛毛で太い髭を毎日シェービングするという方へは、刃の枚数の多いカミソリがおすすめです。刃の枚数は剃り心地に比例するため、あなたの髭の生え方などで決めると良いでしょう。

選び方②電動タイプと手動タイプ

メンズがシェービングに使用するカミソリには、「手動式」と「電動式」があります。特に手動式タイプのカミソリは、程よく力の入れ具合を自分で調整でき、手軽に使用できるため人気。電動式はきれいに髭を剃り上げることができるため、人気を呼んでいます。

このように、手動式であるか、あるいは電動式であるかを確認してカミソリを選ぶと良いでしょう。また、近年、ヘッドが微振動することでよりきれいに、そしてお肌に負担とならずに剃れるタイプも販売されています。あまりに濃い髭に悩む男性におすすめです。

選び方③使い捨てタイプと替刃タイプ

普段使用しているカミソリには、替刃タイプ、そして、使用期間を過ぎて処分する使い捨てタイプがあります。

替刃は本体をそのまま使用することができる分、将来的にコスパも良く使用することができます。一方、使い捨てタイプは、切れ味の良し悪し、あるいは期限を決めて新しいものに使用・交換を行う必要があります。

どちらのタイプを使用するかはあなたの目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

シック(Schick)のカミソリで上手に髭を剃るコツ

ここからは、多くのメンズから注目を集めているシックのカミソリをより効果的に使用しながら、安全かつ快適に髭剃りする方法やそのコツ、ワンポイントアドバイスを確認していきましょう。

髭の生え方のチェック

シェービングを行う前に鏡の前に立ち、あなたの現在の髭の状態を確認しましょう。シェービングは毛の流れに沿って行う方法から始めます。そのため、自身の髭がどの方向に向かって生え揃っているか鏡でしっかりと見ておくことが大切です。

髭を柔らかくしておく

メンズの髭は太くて硬く、剛毛であるという方が大半です。そのため、効果的にシェービングを行うためにも、まずはホットタオルを作り、シェービングを行いたい部位にあて、毛穴を開かせ、髭やお肌を柔らかく整えましょう。髭を柔らかくするととても深剃りしやすく、良い肌環境に導くことができます。

肌のケアを怠らない

きれいに、そしてすっきりとシェービングを終えた後は、必ずお肌を保湿するようにしましょう。これは、シェービングによるお肌への刺激を緩和させ、お肌に潤いを与え、乾燥などの刺激から守ることが大切だからです。

そのため、シェービング後は化粧水や乳液、美容液、クリームなどを活用し、しっかりとお肌を保湿させることを忘れずに行いましょう。

カミソリを使用した髭剃りを行うメンズは多く、その剃り方も本当に正しく剃れているのか疑問に思うメンズも多いようです。そこで今回は、カミソリを使用し...

シック(Schick)のおすすめカミソリ9選

シックのカミソリの特徴や、選び方について詳しくみていきました。ここからは、シックから発売されている様々なカミソリの中から、ぜひおすすめしたいカミソリを9選ご紹介します。それぞれの特徴を踏まえながらみていきましょう。

シック(Schick)のカミソリ①ハイドロ5 プレミアム ホルダー

ハイドログライドジェルが搭載されることで、お肌に負担をかけず、シェービングできる「シック ハイドロ5 プレミアム ホルダー」は、摩擦を起こさずにお肌を労わりながらきれいに剃り上げていくことができます。

お肌への負担を最小限とするスキンガードで、さらに摩擦抵抗を極限にまで軽減させたシェービングが可能です。さらに、もみあげのキワにまで楽々剃ることができる優れもので、メンズから高い支持を得ているおすすめの製品です。

おすすめポイント

  • 濃密なハイドログライドジェルがお肌に馴染み、スムーズで確実なシェービングができる
  • スキンガード付きの刃が摩擦抵抗を極限にまで抑えた構造
  • もみあげのキワまで剃り上げることができるトリマー仕様のため確実に剃ることができる

口コミ

シックハイドロ5 プレミアム ホルダーは、それなりに重さがある上5枚刃でとても剃りやすく、毎日のシェービングが快適になります。価格も安価なので買い続けやすく魅力的です。引用元Amazon

 

シック(Schick)のカミソリ②ハイドロ5 プレミアム ホルダー 敏感肌用

お肌が弱く敏感な方のために、「ハイドロ5 プレミアム ホルダー 敏感肌用」が販売されています。このカミソリには、敏感肌の方にも塗布できる、天然植物由来成分のアロエエキスやビタミンEをたっぷり配合したジェルが使用されており、痛みのないスムーズなシェービングを行うことができます。

このハイドログライドジェルは伸びが良く、刃が滑らかに動くため、髭を残さずキャッチして剃り上げることができます。スキンガードが付いていることで、刃に摩擦抵抗が起こらないようコントロールすることもできます。

おすすめポイント

  • 天然植物由来成分のアロエエキスやビタミンEを配合
  • ハイドログライドジェルが滑らかで安全なシェービングを可能に
  • 剃りにくいもみあげのキワにまで刃が入り込み簡単に剃ることができる

口コミ

想像していた以上にさっくり剃れますね。他の5枚刃は可動性と、安定性を謳い文句にしていますが、この商品は何と言っても滑らに滑る剃り心地からして違います。お肌にヒリヒリやひきつれ感もないのでおすすめです。引用元Amazon

 

シック(Schick)のカミソリ③ ハイドロ5カスタム コンフォート ホルダー

一人一人の肌質や剃り方で自動調整できる「シックハイドロ5カスタム コンフォート ホルダー」は、お肌に吸着するような密着感から、快適な剃り心地を実感することができます。また、あなたの肌質に合った保湿ジェルを選択可能な製品です。

刃をお肌に密着させて深剃りも可能に。保湿成分がしっとりとお肌に浸透し、シェービング後の肌はたっぷりと潤いを保ったもっちり肌に仕上げることができるでしょう。

おすすめポイント

  • 肌の質感やタイプに合わせたジェルを選択可能
  • 摩擦抵抗を極限まで減らしお肌に負担のない優しいシェービングが可能に
  • キワ剃りを難なくこなせるコンパクトなヘッドを搭載&細部まで剃り上げることができる

口コミ

ハイドロ5、ハイドロ5プレミアムと比較してみましたが、肌への優しさや剃りやすさなどは、断然良いと感じます。これまで様々なカミソリを使用して来ましたが、ハイドロ5カスタムコンフォートは刃の付け根が可動してくれるので、とにかく剃り味が良くて感激です。引用元Amazon

 

シック(Schick)のカミソリ④ハイドロ5 グルーマー ホルダー

電動トリマーが付属しているので、髭を思いのまま整えることができ、もみあげや襟足を刈ることもできる「シックハイドロ5 グルーマー ホルダー」。お肌を潤してくれるモイスチャージェルを搭載しているので、機能性の幅が広いカミソリとしておすすめです。

ジェルは濃密なヒアルロン酸を配合しているため、よりお肌がつるつるの仕上がりになります。5枚刃で一気に剃り上げ、お肌への摩擦を軽減してシェービングを行うことができます。

おすすめポイント

  • 剃って、整え、トリマーで刈る、ジェルで潤い肌へと様々な機能を発揮
  • アロエエキスとビタミンEそしてヒアルロン酸配合のモイスチャージェルでお肌をしっとりと保つ
  • もみあげの剃りにくいキワも入り込む可動範囲の広いヘッドが便利

口コミ

長年Shickの5枚刃を使用しています。他のハイスペックタイプと違って刃自体は振動するタイプではないのですが、切れ味に関しては何の問題もないほどよく剃れます。それよりもトリマーが付いているのが嬉しいです。伸びてきたもみあげを整える他、簡単なバリカン代わりに無駄毛の処理に使うことができて便利です。持ち手もボリュームがあるので手に馴染みやすくて使いやすいです。引用元Amazon

 

シック(Schick)のカミソリ⑤クアトロ4 チタニウム ブラックホルダー

「シック クアトロ4 チタニウム ブラックホルダー」は、チタンコーティングの4枚刃により、髭をすっきりシェーブできます。セーフティワイヤーがお肌に優しく触れ、シェービングできるので、安心して使用することができます。

また、シェービングの際に刃がお肌に当たっても最小限の負担ですむよう、ホホバオイルやアロエエキス、ビタミンEを配合する潤滑油が付着しているので、お肌を高保湿してくれます。

おすすめポイント

  • チタニウムでコーティングした4枚刃で髭をすっきりシェーブ
  • ホホバオイルやアロエエキス・ビタミンEの潤滑油によってより滑らかに剃ることができる
  • お肌にたっぷりの潤いを与えながらきれいにシェービングできる

口コミ

本体も軽く、扱いやすいのでおすすめです。グリップが工夫されているので旅行にも持って出やすいですよ、見た目も良くて、ブラックカラーがとてもシックな雰囲気です。デザインにも高級感があって、インテリアにも馴染むため、一番好きなカミソリです。引用元Amazon

 

シック(Schick)のカミソリ⑥プロテクタースリー

「シック プロテクタースリー」は、青髭に見せず深剃りできるカミソリとして人気を集めています。3枚刃かつ潤滑油が搭載されているため、シェービングを滑らかに行うことができます。

また、8本のマイクロセーフティワイヤーが、お肌を守りながらやさしく剃ることができます。使用後は、カミソリの刃に残る髭をきれいに洗い流せてとても衛生的。

おすすめポイント

  • アロエエキスやビタミンEを配合することでしっとりとした肌状態でシェービングが可能
  • お肌への負担のないセーフティワイヤー採用
  • 本体を洗い流せるため衛生的

口コミ

毎日使うものなので肌が切れずに安全に使えるのは大前提でとても魅力的です。深剃りできることとホルダーが手にフィットして安全に剃れます。引用元Amazon

 

シック(Schick)のカミソリ⑦プロテクター ディスポ 使い捨て

お肌に必要以上の負荷をかけず、快適に安全なシェービングを行うことができる「シック プロテクター ディスポ 使い捨て」は、マイクロセーフティワイヤーによって、お肌に負担となることを防ぎながらすっきりとシェービングを行うことができます。

また、スーパーグリップを採用し、お肌の上で刃が横方向へ滑ってケガをすることを防ぐ安心設計。可動範囲の広いヘッドのため、細部やこめかみ、小鼻も剃り残しなくシェービングが可能です。

おすすめポイント

  • 横滑りを防止のスーパーグリップ採用
  • お肌への負荷を軽減するマイクロセーフティワイヤー搭載
  • コンパクトなヘッドで細部をきれいに剃れる

口コミ

全体的にコンパクトなつくりなので、剃りにくいキワきれいに剃れておすすめ。抜群の剃り味が他のカミソリと比べものになりません。錆びにくい刃のようで、結構長く使用することができます。引用元Amazon

 

シック(Schick)のカミソリ⑧エクストリーム3

やさしくソフトタッチな「シック エクストリーム3」は3枚刃がお肌にしっかりと密着し、深剃りや短い髭も剃ることができます。また、深剃りが可能で青髭が目立ちにくくおすすめ。

使い捨てタイプのため、出張先や旅行先にも手軽に持参することができます。刃にビタミンEやアロエエキスを配合した潤滑油が含まれていることで、剃るたびにスムーズな動きを実現。グリップにラバー素材を採用することで、滑らず安全に使用できます。

おすすめポイント

  • 自在に曲がる3枚刃を搭載し、フェイスラインや顔のパーツの細部までやさしく深剃りが可能
  • 深剃りが可能で青髭が目立たない仕上がりに
  • 刃に天然由来成分のアロエエキスやビタミンEを含む潤滑油が搭載

口コミ

シック エクストリーム3は使い捨てタイプなので衛生的で、長く使用するならコスパの良い製品の方がトータルで見ても安くつくと思います。その意味でもシック エクストリーム3はおすすめです。引用元Amazon

 

シック(Schick)のカミソリ⑨クラシック ダブル エッジ メタル ホルダー

3層にコーティングされ、錆びずに衛生的に保つことができるステンレス刃を持つ「シック クラシック ダブル エッジ メタル ホルダー」は、重厚感のある使用感がより快適な剃り心地を実現させてくれます。

深剃りができるため、青髭になることを防ぐとともに、力要らずでお肌を傷つけることなくスムーズなシェービングを行うことができます。替刃交換もとても簡単に行えておすすめです。

おすすめポイント

  • 3層コーティングされた錆びないステンレス刃を採用
  • 重厚感ある快適な使用感が快適な剃り心地を実現
  • 替刃交換が手軽に行えるコスパの良いカミソリ

口コミ

シックの両刃カミソリという事で購入しました。ずっと探していたクラシックな髭剃り。剃り心地も良くて毎日愛用しています。重量感があって剃っている感覚があり、おすすめです。引用元Amazon

 

シェービング
使用するカミソリによって、剃り心地は大きく左右されます。 そのため、快適なシェービングをするためには、カミソリ選びは非常に重要です。 ...

シック(Schick)の人気カミソリで毎日の髭の手入れをしよう

剃り心地抜群のシックのカミソリの選び方、購入の際におさえておきたいポイント、またおすすめしたい商品を9選、などをご紹介しました。カミソリは意外にも、深剃りや力加減によって様々なスタイルで快適なシェービングを行うことができるということがお分かりいただけたでしょう。

これから毎日行うシェービングは、ぜひシックの人気カミソリを使用し、錆びのない切れ味抜群の刃で、しっかりと髭のお手入れを行っていってください。

その他の関連記事はこちらから

男性の「美」とも捉えられる「髭」。そのまま放置しておくとエチケットに反するため、毎日のシェービングは欠かせません。T字カミソリを使用する男性必見...
画像引用:https://pixabay.com/ja/ シェービングフォームを選ぶ時、「使い心地はいいのに匂いがちょっと…」と感じることはあ...
ひげ剃り
髭剃りの際、皆さんはシェービングフォームと洗顔どちらをお使いですか? シェービングフォームの方がいいとわかっていても、手軽さや節約の観点か...