記事作成日:

口周りにニキビができやすい原因は?予防方法&おすすめアイテムをご紹介!

若い世代の方は、ニキビで悩まれている方も多い事でしょう。特に、口の周りにニキビができやすい、と感じたことはありませんか?実はできやすいのには原因があり、予防法もあります。という事で本記事では、口周りにニキビができる原因、そして予防法とお勧めアイテムをご紹介します。

口周りにニキビができやすい原因とは

口、または唇付近にニキビができると、どうしても気になってしまうものです。時勢的にマスクが欠かせませんので人に見せる事は無いかもしれませんが、それでもそもそもできてなど欲しくは無いでしょう。

原因①胃腸機能が低下している

主に口周りにニキビができる原因は4つほど考えられており、その1つ目が胃腸機能の低下によるものです。口のニキビと胃腸機能、この2つは一見すると全く関係のないもののように見えます。

しかし、当然ながら口というのは胃腸へと物理的につながっています。胃の不調を発端とする体の不調が、老廃物として口の周りにニキビとしてできるのです。自分では胃が元気ではないと思っていても、食欲がイマイチわかない、下痢、便秘気味という方は疑った方が良いです。

原因②マスクによる蒸れや擦れ

2つ目は、マスクによる蒸れ、擦れです。昨今も情勢は大きく変わる事は無く、マスクの必要性は依然として変わりません。いまだに外出時にはマスクが必須となっていますが、そこで生じる肌荒れが問題になっています。

元々はマスクなど使っていなかったものが、情勢によって毎日使わざるを得なくなりました。着用時の摩擦、使っている最中の蒸れ、繊維による刺激など、様々な要因で肌は刺激を受けています。

その為、もしもマスクを使い始めてから口元にニキビができやすくなった、という方は、後に解説するように使うマスクの見直しやスキンケア等での肌の保護をお勧めします。

原因③カミソリの刺激

3つ目は、カミソリによる刺激です。特に髭剃りをする男性に多くありがちな原因となりますが、女性でもムダ毛を排するために口元をケアしている事もあるでしょう。カミソリ負け、という言葉があるように、使っていると肌は刺激を受けているものです。

この刺激が、マスクの時と同じようにニキビへと繋がっていく事もあります。特にカミソリ本体の切れ味が悪いものを使っている場合には要注意で、上手くできないせいで何度も使い、そのたびに刺激が加わってよりニキビができやすくなります。

原因④肌の乾燥

もう1つ、肌の乾燥による影響も考えられます。これは口周りだけではなく肌にできるニキビ、および諸々の肌トラブルにも言える事ですが、肌が乾燥し潤いが少ない状態では、それをカバーしようとして皮脂が多く分泌されます。

すると、その過剰分泌された皮脂の行き所が無くなり、結果的に毛穴に詰まってニキビの原因になるのです。口周りに限った話ではありませんが、スキンケアの重要性は変わりませんので、肌をしっかり保湿しなければなりません。

口周りのニキビ対策と予防方法

口の周りになぜニキビができやすいのか、その原因についてそれぞれ解説してきました。原因が分かったのであれば、後は対策や予防方法を実践するだけですので、続いてはそれらを解説します。

対策と予防①規則正しい生活や食習慣

まずは、規則正しい生活、生活習慣を意識しましょう。原因の中で真っ先に挙げましたが、胃腸の負荷が結果としてニキビとして表れているのであれば、単純に胃腸への負担をかけないように意識すれば良いのです。

暴飲暴食が体に良いという事はありませんので、栄養バランスの取れている食事を1日に3回摂るというのが、やはり一番理想的なのです。冷たい食べ物や飲み物も可能な限り避け、温かいものを積極的に摂る事をお勧めします。

また、夜更かしによる睡眠不足を避けて十分な睡眠時間も取ってください。ホルモンバランスの乱れから体に負担がかかりやすくなり、身体機能そのものも低下しかねませんので、しっかりと時間を取るようにしましょう。

対策と予防②刺激の少ないマスクを着用する

2つ目に、刺激が少ないマスクを使用する事です。これもマスクの使用による刺激が原因の1つであるという事を挙げましたので、対策としては至極まっとうなものなのですが、そもそもマスクなど使わなければ良い、というのはごもっともでしょう。

しかし、時勢が時勢である以上そういう訳にもいかず、マスクの使用を避ける事はできないので、最大限できる事としてマスクの繊維に目を向けるのです。特に不織布のマスクは、安全性こそ一番でも摩擦を生じやすいものです。

不織布のマスクを使い続けていると、当然ながら肌の負担もその分多くなりますので、蒸れにくいウレタンを使ったものであったり、刺激が少なめのコットン製のマスクをお勧めします。

対策と予防③肌にダメージを与えないようムダ毛処理する

もう1つは、肌に極力ダメージを与えないようなムダ毛処理をする事です。特に口周りの皮膚というのは、目元と同じく他の部位と比べてもデリケートです。それゆえに、口周りの除毛をする場合には細心の注意をするべきです。

前述した通り、切れ味の悪いカミソリなどでは何度も使わなければならないので、余計な負担を肌に与えるばかりです。切れ味の良いカミソリ、もしくは直接肌に刃が触れない電気シェーバーだと、最も負担が少ないでしょう。

単に使うカミソリやシェーバーを選ぶのではなく、処理をした後にはこの後に詳しくご紹介するスキンケアでしっかりと保湿をして、乾燥によるニキビの発生を予防してみましょう。

口周りのニキビ予防のためのスキンケアのコツ

ニキビと肌の乾燥というのは、他の原因こそ考えられてはいれど、やはり切っても切れない関係です。それゆえに、正しいやり方で洗顔をしたり、乾燥を防止するための保湿を行うなど、スキンケアも大切になります。

スキンケア①正しい洗顔の方法

  1. 眉→眉間から鼻筋、あごまで→小鼻周りから法令線→口周りの順にTゾーンから洗う
  2. 指の腹で螺旋を描きつつ、窪んでいる部分にも洗顔料を付ける
  3. 凹凸が少ない額や頬はサッと転がす程度
  4. 手のひらにタオルをのせてお湯を受け、洗顔料をタオルに吸わせるように濯ぐ

口周りのニキビを予防する正しい洗顔の方法の流れは上記の通りとなります。皮脂が多くニキビができやすいTゾーンをしっかりと洗い、泡ごとタオルで吸い取るように洗うと、より肌の汚れを落とす効果が高まるとされています。

スキンケア②入念な保湿ケア

洗顔を正しく行ったら、次は入念に保湿を行う事です。基本的なスキンケアアイテムの使い方としては、化粧水をたっぷりと使用して保湿をした後に、美容液、乳液と使って蓋をする流れで合っています。

ニキビが直らないからと言って、油分を避ける事は辞めましょう。ニキビがあろうと肌にとって油分は必要で、乾燥しているからこそニキビが出来ているので、化粧水も乳液なども必ず合わせて使ってください。

基本的にニキビの予防としては、アクネ菌の繁殖を抑えられる成分を配合している化粧品が向いています。ただし、もしも白ニキビと呼ばれる段階のものならば、ビタミンCやセラミドなどを使ってのケアをお勧めします。

口周りのニキビ予防のおすすめアイテム

以上、口周りのニキビが出来てしまう原因と、それへの対策について解説してきました。やはりスキンケアも欠かすことはできない対策となるわけですが、最後に口周りのニキビ予防に効くお勧めのアイテムをご紹介しましょう。

ニキビ予防アイテム①オルビス クリア 3ステップセット

まずは、オルビスのクリア3ステップセットになります。こちらは、洗顔フォームと化粧水、そして保湿液の3つのアイテムが名前の通りの3ステップセットになっており、このままセットでスキンケア全てに使えます。

刺激に弱くなった肌をオイルカットと高保湿成分によってケア。無駄にベタ付く事の無い高保湿で、乾燥などの外的ダメージを受けにくいすこやかな肌に整えます。トータルで肌のバリア機能をキープし、ニキビを根本から予防します。

 

ニキビ予防アイテム②バルクオム スターターキット

続いては、バルクオムのスターターキットのご紹介になります。こちらは洗顔と化粧水、そして乳液とミニバブルネットまでがセットになっている製品で、男性のベーシックスキンケアとして登場しています。

朝晩合わせての使用で7日間サイズのセットに加え、泡立て用のネットやスキンケアHOW TO BOOKまでもが付属。トライアルでニキビケアが出来るのです。

 

ニキビ予防アイテム③肌美精 大人のニキビ対策 薬用美白化粧水

肌美精の大人のニキビ対策用美白化粧水もお勧めです。原因菌を殺菌、増やさず働かせない事で予防を行い、加えて保湿と整肌ケア、更に美白有効成分も入っているので美白ケアまで行えます。

 

しっかりと予防して口周りのニキビとさよならしよう

口周りのニキビは、乾燥のみならずマスクによる刺激や胃腸の不調などといった様々な原因がありますので、ぜひとも正しく予防してこれ以降ニキビが出来ないようにしてみてください。

その他の関連記事はこちらから