記事作成日:

制服をリサイクルしよう!中古制服は買取に出すのがおすすめ!

学校を卒業すれば、使わないものはいくつもあります。中でも制服は、お下がりや知人へ譲るなどの方法が無い限りは、手元に残ったままで処分の仕方に困ってしまうでしょう。使わない制服は、リサイクルや買取業者へ出すのが最もおすすめです。ここでは使わない制服のリサイクル法を解説します。

中学や高校の学生服を制服リサイクルできるの?

中学や高校を卒業したら、それまで使っていたもののほとんどは使わないようになります。その最たるものが制服ですが、少々特殊な衣類であるために、どう処分するべきか困ってしまう例は少なくありません。

そうした使い手のいない制服は、リサイクルをするべきです。手元に残っていても、使わないのなら無駄に場所を取るだけですし、後に解説する寄付という方法を取れば、家計への負担から高額な制服の購入に踏み切れない人、生徒の助けにもなりますので、積極的にリサイクルをしましょう。

不要になった制服を処分する方法

制服のリサイクルといっても、その方法は様々です。それらを紹介する前に、もう使わない制服を処分する方法から解説しましょう。中学、高校で使っていた中古の制服は、お住まいの自治体によって少々異なるところはありますが、大抵は燃えるゴミ扱いで回収をしてもらえます

ただし、実際にゴミとして処分する場合には、いくつか注意しなければならない点があります。まず、袋に制服をそのまま丸めて出すのはおすすめできません。制服目的でつられて、持ち去れるリスクがあるからです。

こうしたリスクを避けるために、生地をカッターなどで細かめに切っておき、制服として使えない状態にしてからゴミに出しましょう。また、ボタン等は取り外して金属ごみにするなどの分別、名刺なども外して個人情報の流出保護にも気を配りましょう。

中古学生服を処分せずに制服リサイクルする方法

このように、もう使うことのない制服は、ゴミとして処分に出す事ができます。しかし、まだ使える状態の制服であるのならば、ゴミにするのはもったいないです。いくつかのリサイクル方法がありますので、そちらに回した方が助かる人も多いのです。

制服リサイクル①学校や団体に寄付する

まず1つ目は、学校、団体への寄付を行う事です。新入生が学校に通うとなると、最初に必ず制服を揃える必要があります。制服の購入には決して安くない費用が必要になりますので、経済状況が芳しくない家庭向けに、学校によっては寄付を受け付けています

学校での再利用目的だけではなく、団体が制服の寄付を募っている場合もあります。発展途上国の人々の助けになるようにと寄付を受け付けていますが、この場合には回収してもらうために費用が掛かるケースもあります。

制服リサイクル②欲しい人にあげる

2つ目は、身近に欲しがっている人へ譲る方法です。親戚や友人、近所の親しい人の中で、通っていた高校に新しく新入生として通い始める子がいるのであれば、この方法を取ることができます。

先に述べた通り、新品の制服の購入は安くはありません。まだ使える状態の制服が手元に残っているのであれば、譲ることで相手は必要な制服を高い費用を支払うことなく入手でき、自分は不要な制服を手放せるという形になりますので、両方に利があります。

制服リサイクル③資源として回収してもらう

3つ目は、資源として回収してもらう方法になります。これもゴミの処分と同様、自治体ごとで異なっている場合がありますが、使わない制服を回収している事があり、この場合には中古の制服は古布類扱いで収集されているケースが多いです。

この方法で回収できるのは、学校や団体への寄付と同様、まだ利用できる状態の制服に限られます。再利用が難しい場合には、可燃ごみに回されるでしょう。資源として回収されるかどうかについては、自治体によって異なりますので、ルールを事前に確認しておきましょう。

制服リサイクル④買取店に売る

そして最もおすすめできるのが、買取店への売却です。後に解説しますが、中古の制服を売ることに関しては、法律的な問題はありません。購入時の値段が高く、かつ使用する頻度も高い制服というのは、中古需要が高いために、買取に出せばそれなりの額で売れる可能性があります。

調べてみれば、制服を専門に買い取っている業者もいくつもあります。制服だけではなく、部活動で使用するユニフォームなどとセットで売ることで、より高値を付けてもらいやすくなります。

中古制服は専門業者に買取してもらうのがおすすめ

制服のリサイクル方法は、ご紹介した通り様々あります。その中でも、専門の買取業者に依頼をして買い取ってもらうのが、一番推奨できます。不要になった制服を手放せるだけでなく、買取をしてもらえますのでお得に処分できるからです。

使わなくなった制服を売るのは違反?

制服は学校が分かる衣類の為、売ることに問題はないのかと思われるかもしれませんが、買取店に売る方法の中でも触れた通り、中古の制服を個人が販売する事に関しては、法律上何ら問題は無いのです。その為、安心して業者に買い取ってもらえます。

というのも、購入した制服というのはその時点で個人の所有する衣類になりますから、不要になれば、ほかの普通の衣服と同じような扱いをしても良いのです。

ただし、メルカリなどのフリマアプリ、ネットオークションへ出品する事については、青少年保護条例によって禁止されていますので注意が必要です。必ず、制服専門の買取業者を頼るようにしてください。

制服買取業者の上手な選び方

このように、単に不要な制服を処分するだけではなく、買取をしてもらえますので、買取業者を利用するのがおすすめなのです。

しかし不要な制服と言っても、愛着のある思い出の詰まった制服は安全に買い取ってもらいたいでしょう。最後に安心して買取をしてもらえる業者の選び方を解説します。

選び方①女子制服のみの取扱店は避ける

まず、女子制服のみを買取対象にしている業者は避けるべきです。その理由は、女子制服だけを対象にしている取扱店は、ブルセラショップと呼ばれるアダルトな需要の為に買取をしている可能性が考えられるからです。

そこで、男子制服も女子制服も両方買取の対象にしているかを確認してください。両方とも取り扱いをしていれば、新入生に向けての販売をしている事になりますから、次の購入者が安全に使ってもらえるかの判断材料として有効です。

選び方②公安委員会の認可を受けている

重要なのが、公安委員会からの認可を受けているか否かです。中古の制服というのは古物という扱いになり、これを買取、販売するためには古物商許可証が必要になります。制服の購入の際、買取額が1万円以上になる際には、売り主の確認のため、身分証明書の提示等を求められます。

これは認可を受けている業者が行うべき義務であり、こうした身分確認が行われない場合には、古物営業法違反となります。

買取を行う前に判断するには、ホームページを確認するのが最も有効です。認可を受けているのであれば、受けた先の公安委員会の名前、許可証の番号などを掲示しているはずです。事前に業者のホームページを確認して、しっかり認可を受けているかをチェックしましょう。

選び方③自分に合った買取方法があるか

主な業者の買い取り方法としては、店頭での買取、宅配買取、出張買取などが挙げられます。店頭での買取は、自分で持ち込む手間が必要になる反面、その場ですぐに査定を行ってくれますので、即日で買取が完了します。

宅配買取の場合には、店頭に出向いたりすることなく、収集用のキットや段ボールに梱包して送るだけです。近場に買取店の実店舗が無い場合には便利ですが、梱包してから査定をする流れの為に、査定から入金に至るまでに時間的なラグが生じます。

そして、出張買取も自分から出向いたりする必要はありませんし、スタッフが実物の制服を自分の目の前で見ながら査定を行ってくれますので、総じて安全かつ買取までのスピードも早いです。

選び方④多少状態が悪くても買い取ってくれるか

最後に、状態が多少悪くても買取をしてもらえるかどうかです。買取業者が制服の買い取りを行う最も大きな目的は、制服を必要としている新入生の手元に渡らせるためです。その為、多少状態が悪かったとしても、使用に耐えられるのであれば、買取自体はしてもらえます

ただし、状態が悪いとその分の補修が必要になりますから、買取額は下げられる事になります。もし少しでも高値を付けてほしいのであれば、取れかかっているボタンやほつれを直しておくなどの工夫をしておきましょう。

もう使わない中学や高校の学生服は制服買取業者に!

中学や高校の不要になった制服は、手元に置いてあってもクローゼットや押し入れを圧迫するだけです。制服の買い取り業者に依頼をすれば、お得に手放せて有意義に活用してくれますので、ぜひ活用してみてください。

その他の関連記事はこちらから