記事更新日:

山口の中学・高校の制服買取おすすめ業者を紹介!高く買い取ってもらうコツは?

広告

山口県で制服を手放そうとした時、どんな方法を取るでしょうか?燃えるゴミや寄付という形もありますが、買取業者に買取に出せば要らない制服を手放せてお金にも換えられるので最もお勧めできます。今回は、山口県で利用できる中学、高校の制服買取店をご紹介します。

着なくなった制服はどこで売るのがいいの?

要らなくなった制服が出た時、皆さんならどう処分しますか?燃えるゴミに出す事も出来ますし、学校への寄付が出来る場合にはそうした手段も取れます。その中でも一番推奨できるのが、買取店への売却です。

制服そのものはもちろん売れる他、体育用着、スクールバッグのような、学校の生活をする中で使っているものなら買取対象に入ります。自分が要らない制服類を手放せて、かつお金に換えられるのです。

基本的に制服を買い取ってくれるのは、買取専門の業者になります。ヤフオクやメルカリなどのオークションやアプリなどに関しては、条例によって制服の出品、および取引が禁止になっています。

制服買取業者の選び方

これからご紹介する通り、制服の業者も色々と存在しています。制服というのは多少特殊ですから、必要としている人に渡す事が出来るとは言えども利用するなら信頼のおけるところを利用したいところでしょう。

選び方①古物商許可証番号を掲げて運営している

まず、買取業者を選択する段階では必ず認可を得ているところを選択するようにしてください。一度でも着用した中学校や高校の学生服は、中古市場では「古物」という扱いになります。

この扱いになった学生服を買い取ったり、そこから販売するなどの扱いをする場合には、古物商許可証を得ていなければならないと法律で決まっています。この許可証は、各都道府県の公安委員会の認可を受けなければならないのです。

逆に言えば、認可を得ているのが確認できたなら、法律に則って営業しているという証明になります。ホームページなどでも許可番号等が確認できるところがほとんどですから、事前にチェックしてみてください。

選び方②無駄な手間がかからない

続いては、買取の手間がどの程度になっているかです。買取をしてもらう際、査定や換金をどれだけ手早く行ってもらえるか、問い合わせた時の内容に対し真摯に対応をしてもらえるかも信頼性に関わります。

買取の方式としては、店頭、出張、宅配買取という3つの方法が用いられていますが、店頭への持ち込み、および自宅まで査定員が来てくれる方式であるなら、最短即日での現金化も難しくは無いでしょう。

ただ、宅配買取の場合には全国どこからでも利用できるという利点はあるものの、制服を送って査定をしてもらってからの入金となりますので、数日から一週間程度の時間がかかると思っておいた方が良いかもしれません。

選び方③アダルト業者ではない

アダルトな理由で制服を買い取っていないかどうかを見極める事も大切な要素です。特に女子制服を買取に出そうとしている場合に注意が必要なところで、ブルセラショップとも呼称されます。

ブルマのブル、そしてセーラーをセラとしており、それぞれを掛け合わせて作られている言葉です。想像しやすい通り女子生徒の使う物ばかりで、性的な目的で利用される可能性があるのです。

こうした点に関しても、事前の調査などを十分にする必要があります。安全に扱ってくれるかを測る目安として、許可証の有無が挙げられます。古物商許可証を得ているのなら、正しく制服を取り扱ってくれるでしょう。

山口のおすすめ制服買取業者5選

この様に、制服が要らないからと言ってもいい加減には処分せず、しっかりと扱ってくれる業者を選んでもらいたいのです。ここからは、山口県内の中学校、および高校の制服を取り扱っている店舗をご紹介します。

【山口】制服買取業者おすすめ人気①ラミパス

まずは、ラミパスがおすすめです。こちらは今回の対象地域である山口県はもちろんの事、北海道から沖縄に至るまで全国どの地域の中学、高校の制服も対象としていて、1万5千件という非常に多くの買取実績を有しています。

学校の学ラン、ブレザーなどの衣類はもちろんの事、部活動で使用する部活動着、学校指定のスクールバッグといったような各種用品、更には企業で着用する制服に関しても対象なので、合わせて売却に利用可能です。

宅配を利用すれば山口県がいであっても不要な制服の郵送に対応でき、キットが無料で届くのでそちらに制服等を入れて送り返すだけと簡単に利用できます。

ラミパスの特徴・おすすめポイント

  • 1万5千件以上の買取実績
  • 公安委員会の許可を正式に取得している

ラミパスの口コミ・評判・評判

買取価格も思っていた金額よりも高く、届いた当日に査定金額の連絡がありすぐに振り込みしていただきました。ネットでの評判も良いみたいで、安心して利用させていただきました。引用:ラミパス

自宅に届いた段ボールに制服を詰めて送るだけだったので、とても楽でした。連絡や入金のタイミングも早かったので満足しています。引用:ラミパス

ラミパスの公式HPを詳しく見る

 

【山口】制服買取業者おすすめ人気②テケテケ

続いては、テケテケになります。こちらも1店舗目にお勧めしたラミパスと同じく、宅配買取方式を主軸として行っています。無料で送り届けられるキットに不要な制服を梱包して送り返すだけで、すぐに業者が査定に入ってくれます。

ラミパスと同じく宅配であればキットが無料で届きますので便利に活用しても良いですが、自分で梱包材を要して送っても対応可能です。この場合、自分で用意をしただけ買取額も上乗せしてくれますし、LINEアプリから査定も簡単にスタートします。

テケテケの特徴・おすすめポイント

  • 自前で段ボールを用意すると査定額アップ
  • スマホさえあればLINEから査定可能

テケテケの口コミ・評判・評判

テケテケに、押し入れにある子供の学生服や鞄、部活着や私や旦那の使わなくなった会社制服や事務服などをまとめて買取してもらいました。テケテケを知って、予想していなかった高額買取をしてもらい本当に利用して良かったです。引用:サバゲータウン

自分で段ボールを用意すると査定額にプラス900円程上乗せされました。引用:サバゲータウン

テケテケの公式HPを詳しく見る

 

【山口】制服買取業者おすすめ人気③りぼん

続いてのりぼんでは、山口県を含めた各地域の中、高校で使う制服は当然ながら体操服や部活動着、そのほかの各種制服を買い取ります。男子制服、女子制服両方とも買取対象で、公安委員会からの許可証についてもしっかり得ているので安心してその後を任せられると言えるでしょう。

上記2店舗と同様に全国どこからでも活用できる宅配方式を利用で着て、買取キットが届けばそこに制服を詰めて送るのみです。査定に入ってからもスムーズですし、仮に制服に目立つ汚れが見受けられたとしてもそのまま買取対象にしてくれます。

りぼんの特徴・おすすめポイント

  • 公安委員会から古物商の許可を取得
  • 傷み、補修が必要な物も対象
  • 制服の刺繍の取り外しも行ってくれる

りぼんの口コミ・評判

社会人になって、クローゼットを占有している制服をどうにかしたいと思っていたところ、友人がりぼんさんに制服を買取ってもらったと聞き私もお願いしました。夏服・冬服と一式買い取ってもらったおかげでクローゼットがすっきりしました。引用:りぼん

やはり制服を売ることに不安があったので、色々と細かく質問しましたが、とても丁寧にご対応いただき安心して買取していただけました。引用:りぼん

りぼんの公式HPを詳しく見る

【山口】制服買取業者おすすめ人気④制服買取QED

最後は、制服買取のQEDです。上記4社と同様に一般的な制服の買取も当然対応してくれますが、同社の最も大きな特性として出品の代行による販売を行っているところがあります。

前者の通常の買取方式なら、査定はスムーズに行われますし現金へと換わるのもスピーディーです。これに対して代行とは、制服を一度預かってオークションに出す、というものであり、現金に換わるまでの時間はかかりますが高く売れる確率が生まれます。

通常であればオークションへ制服類を出品するのは条例で禁じられている事項ですが、同社では営業法に則り正しく扱っているため、何ら問題なく制服買取をしてもらえます。

制服買取QEDの特徴・おすすめポイント

  • 一般的な買取と出品代行から選べる
  • オークションも安心して利用可能

制服買取専門QEDの口コミ・評判

制服をどうしようかな、と思って検索をして、3社位に問い合わせをしたのですが、1番早く1番丁寧で分かりやすい返信だったので決めました。引用:制服買取QED

思い出に制服を取って置く、小さく加工して記念品にする、どこかに寄付、欲しい人を探して譲る、と色々考えましたが、早く断捨離をしたかったので、1番早く簡単でしかもお金も入り、収納スペースも空きすっきりしたので買取って頂き本当良かったです。 引用:制服買取QED

制服買取QEDの公式HPを詳しく見る

 

山口の中学・高校の制服買取価格相場

中古の制服の買取相場がどの程度かも気になるでしょう。実際に買取店に出すと、中学校ならフルセットで売りに出したときの相場が1万~3万円ほどで、高校の制服で同じフルセットだと2万~10万円となります。

詳しく見てみれば、県立、共立中学校なら1万~3万円、私立は最大5万円ほどで扱われることもあります。高校では、県立などは中学と同額になり、私立は高ければ10万円ほどになるケースもある模様です。

これらの相場を詳しく見てみれば、共立の学校や県立の学校よりは、私立系の学校の制服の方か相場が高くなりやすい傾向があると分かる筈です。

山口で制服買取が人気の中学・高校BEST3

私立学校か公立学校かによっても制服の買取金額が異なっているように、伝統のある高校や進学校など、学校そのものの特性などによって制服の価値が上下する事があるのです。ここからは、岡山県内で人気、つまり高く売れやすい中学、高校をご紹介します。

1位:華陵高等学校

まずは、華陵高等学校になります。山口県下松市にある公立高校で、県内で唯一英語科という学科が設けられている高校でもあります。グローカル・リーダーを育成する事を、学校理念としています。

制服は男女ともにブレザータイプで、清涼感のあるシンプルなデザインとなっています。余計に飾ることなくシンプルであるからこそ誰にでも着こなせるという面があり、在校生、卒業生問わず人気です。

2位:新南陽高等学校

続いては、新南陽高等学校です。こちらは山口県周南市土井にある公立高校で、自主・創造・友愛を校訓としており、制服は、男女関わらずスラックスを選べる点が一番の特色と言えます。

紺色のブレザータイプで女子もスラックスを選べるという事で、自由度が高いです。男女共に制服のデザインについては好評を集めていて、オプションも豊富なので個性的な着回しも出来るといった評価がされています。

3位:晃英館中学校

もう1校、晃英館中学校も人気の学校です。山口県周南市にある中学・高校一貫の私立学校で、女子制服は明るい水色のチェックスカートが映えるセーラータイプ、男子制服も同様に水色を基調とした学ランです。

女子制服は珍しくも前ボタンとなっていて、男女共に華やかで明るいデザインであることから県内でも人気が高いです。中興の一貫であるためにサイズアップの需要も多く、私立であることも人気の拍車をかけています。

制服を高く買い取ってもらうコツ

不要になったから制服を売りに出す、という選択肢は大いにあり得る手段となっています。ただ、これまで使ってきた制服を出す以上は、出来るだけ高く買い取ってもらいたいところでしょうから、最後に高価買取に繋げる方法を解説します。

コツ①綺麗にしておく

まずは、学生服は買取に出す前に綺麗な状態を保っておきましょう。これは学生服だけの話ではありませんが、買取店に見てもらうような品物というのは、状態が良ければ良い分だけ買取価格が期待できます。

同じ学校の同じ学年の制服を売りに出したとしても、片方が使い古していると誰が見ても分かる状態、もう片方がしっかりと手入れされているものだったならば、明らかに後者の方が高く買い取られます。

袖や襟などは汚れやすいですから落とす必要がありますし、カッターシャツなどはシワもできやすいです。また、ほつれや擦り切れ等に関しても出来そうであれば補修をしておきましょう。

コツ②付属品が揃った状態にする

付属品を揃えておくことも大切です。学校に通う上では、ブレザーやスカートなどだけでは通う事などできません。必要な物が小物も含めて全部ある事で、初めて通えるのです。

ブレザーやスラックス、スカートなどは売るとしても、ブラウスやネクタイ、リボン、スクールバッグなども含めて、学校生活を送る中で使った事のある品物は、買取でも合わせて売るのをおすすめします。

ネクタイやリボンなどの比較的細かいアイテムについてもセットにするという事でもありますが、更に言えば夏服や冬服などを合わせて売るのが効果的です。

利用する側からすれば、これからその学校に通う以上夏服も冬服も揃っているものが欲しいのです。よって、それぞれ単体で売りに出すよりもセットで売った方が買取価格も高くなりやすいと言えます。

冬服と夏服だけではなく、部活のユニフォームもセットにしましょう。その学校の該当する部活に所属していなければ、ユニフォームは手に入りませんから、その部活に入りたい人からすれば非常に需要があります。

コツ③需要が高まる時期に売る

学生服にも、需要の高まりが発生するタイミングが存在しています。それは、3月から4月の間の2か月ほどと、10月から11月の2か月間ほどが該当しています。

3月、4月に関しては学校に関する事ですのでわかりやすい話ですが、専ら学校の卒業と入学のタイミングです。入学制がいるので新しい制服の需要は最も高くなり、卒業者もいらない制服を売りに出します。

買取をしている業者なども、1年の内に最も大きな需要が発生する時期とも言えるこのタイミングを考慮しており、それよりも少し前の1月、2月あたりに買取を強化していたりするものです。

そして、10月と11月の秋の時期は衣替えに相当します。中学校、高校の3年生は次の夏を同じ学校で迎える事はありませんから、夏服はその時点で必要なくなります。よって、この時も売りに出されるのです。

それゆえに、卒業シーズンとなる3月、4月同様夏服を処分する時期となります。こういったタイミングを踏まえ、卒業後にある程度時間がたっているなら、春と秋の時期を見計らうのをお勧めします。

中学・高校の制服を処分するなら買取業者へ

一見要らない制服というのは需要などなさそうに見えても、その実お金に換わって欲しがっている人への手渡しを助ける事も出来るので、間違いなく需要は存在しています。不要な学生服が家にあれば、是非とも買取業者で買い取ってもらってください。

その他関連記事はこちら

山口県の高校・中学校の制服買取業者はどこがオススメ? 高価買取に繋がる方法を解説