2020/06/16

【コラム】髭脱毛して後悔した?経験者が語る本当の後悔とは

AGA

髭脱毛して、将来髭が欲しくなったらどうしよう。

後悔するかもしれないと踏み切れない方もいるかもしれませんが、髭脱毛歴2年の筆者からすると、少し的外れな考えの人が多いです。実は、髭脱毛する前に思う髭脱毛後の後悔と、髭脱毛後に思う髭脱毛の後悔には大きな開きがあります。

髭脱毛未経験の方が考える、「髭脱毛したら後悔するかも」の大半は外れていて、もはや躊躇している自分への言い訳になっている方もいます。経験者から見た髭脱毛して「本当に後悔した」実体験をお話していくので、これから髭脱毛しようと思っている方は是非参考にして下さい。

髭脱毛最大の後悔:医療脱毛を選ばなかった

結論から言うと、髭脱毛をして本当に後悔するのは殆どがお金絡みです。お金を払ったのに効果がなかったか、必要以上のお金を払ってしまったか、このどちらかに別れます。

筆者は必要以上に支払ってしまったタイプで、原因は「ニードル脱毛を選んでしまった」の一言です。お金を払ったのに効果が無かった人は、フラッシュ脱毛から入った方に多く見られ、こちらの方が人数が多い印象があります。

どうしてこんな悲劇が怒るのか、理由とともに解説していくので絶対に回避して下さい。

本当の髭脱毛の後悔1:効果が無かった

確かに髭脱毛が最近流行っていますが、まだまだ脱毛業界のメインターゲットは女性です。

しかし女性の体毛に比べ、男性の体毛は濃く、中でも髭は太く強靭で女性用の脱毛器では太刀打ちできません。

脱毛人口は女性の方が圧倒的に多いので、当然女性用の脱毛器の方が多く、結果的に男性の髭にはパワー不足になりがちなのがフラッシュ脱毛の現実です。

細かい話になりますが、フラッシュ脱毛はレーザー脱毛に比べて波長が短く、熱エネルギーが皮膚に吸収されて、男性の深めの毛根まで届かない場合があります。

効果の弱い脱毛サロンで受けるフラッシュ脱毛の場合、髭脱毛しても効果を実感できず、結局医療に乗り換える人が散見されるので気をつけて下さい。

時間もお金も無駄になるので、最初から医療脱毛を申し込むことをおすすめします。

本当の髭脱毛の後悔2:必要以上のお金を支払った

情報収集を怠った者が陥りがちなのが、最初からニードル脱毛に申し込んでしまう事です。

毛を一本一本手作業で脱毛してくニードル脱毛は、他の方法よりも圧倒的に手間がかかるので人件費が跳ね上がります。

効果が非常に高いのは良いポイントですが、料金が高額になると髭をツルツルにするのに100万円前後求められます。

「脱毛は高い」と言う先入観だけで勝手に納得して、料金相場を調べない筆者の様な人間が失敗しがちなので、まずは下調べをしっかりして下さい。

しかも、ニードル脱毛は超痛い上に麻酔もありません。

痛みには個人差がありますが、ニードルとレーザーの両方を受けた筆者からするとニードルの痛みは段違いなので覚悟した方がいいです。

余程の事情がない限りニードル脱毛は選ばない方が良いでしょう。

医療脱毛はコスパが良く後悔しない

フラッシュ脱毛は髭には弱すぎて時間の無駄で、逆にニードル脱毛は強すぎてお金の無駄です。

ちょうど間をとってくれるのが医療脱毛(レーザー脱毛)で、最もコスパが良いのでオススメしています。

最初から医療脱毛を受けておけば、大事故になることはまずありません。

髭脱毛で後悔しない、安パイです。

髭脱毛で後悔する「かも」は後悔しない

筆者の持論ではありますが、日本人男性の9割は髭脱毛すべきです。

ご職業が俳優の方や、海外でお仕事をされる方を除き、「髭脱毛なんてしなければ良かった」と言う声は聞いたことがありません。

厳しい言い方ですが、「〇〇だから後悔するかも」と言う声の大半が自分に対しての言い訳です。

髭好きの女の子と出会って後悔するかも

髭好きの女の子も確かにいますし、可能性は0ではありません。

しかし、それはあくまで少数派で大半の女性が男性に「清潔感」を求めています

一生を添い遂げる相手が既に決まっているならまだしも、出会いを求めているのであればより多くの女性に好かれる男になりたいですよね。

ちなみに、妻や娘に嫌がられて髭脱毛を決意される方も結構いらっしゃいます。

将来髭を生やしたくなって後悔するかも

髭が似合うダンディな老後に憧れる気持ちは分かりますが、彫りの浅い日本人に髭の似合う人はなかなか居ません。

それでも諦め切れない人は、フラッシュ脱毛で様子見するのがおすすめです。

そもそも「永久脱毛したら髭が2度と生えてこない」と言うのも誤解ですし、フラッシュ脱毛であれば毛が再生するので安心できます。

ちょっと厳しい意見ですが、老後を人生のピークかの様に重要視するよりも、バリバリキャリアを歩んでいる時期を大事にした方がいいんじゃないかなと筆者は考えます。

髭脱毛したら肌が荒れて後悔するかも

髭脱毛は確かに肌が荒れるので敏感肌の方は辛いかも知れませんが、実は髭剃りの方が危険なので、やはり髭脱毛すべきです。

地肌に刃物を擦り付ける髭剃りは、髭だけで無く皮膚も削り取っており、ヒリつきや出血などを引き起こす場合もあります。

また、日常的なダメージはシミの原因にもなりうるので甘く見ない方が良く、中高年の方の顎周りや頬にシミがよく見られるのは髭剃りも関わりがあります。

長い目で見れば髭脱毛した方が肌荒れしなくなるので、敏感肌の人ほど早く髭脱毛しないと後悔するかも知れません。

後悔しない髭脱毛の受け方

髭脱毛の後悔は、申し込み時点でほぼ決まります。

著者の様に選択を誤ることなく自分に合った場所を吟味すれば、まず後悔することはないでしょう。

きちんとした所を選べば、後は勝手に進んでいきます。

髭脱毛で後悔したくないなら医療脱毛

特殊な事情がない限り、髭は医療脱毛を受ける事をおすすめします

効果と価格のバランスが最も優れており、医療機関なので万一の時も安心できるのも嬉しいポイントです。

また、「医療脱毛は高い」と言う声を稀に耳にしますが、それは1回毎の料金の話であって、強力な医療脱毛は施術回数も少なくトータルで見ると安くなっている場合が多いので総額を事前に計算しておきましょう。

医療脱毛を受けておけば、9割の後悔を未然に防ぐ事ができますよ。

髭脱毛のおすすめはどこ?

一口に医療脱毛と言っても、全国に脱毛クリニックは無数に存在します。

各院共に一長一短であり、ご自身の住所によっても最適なクリニックはバラバラです。

まだ決めかねている方のために、こちらの記事にオススメをまとめておきました。

オススメの髭脱毛をチェック!

もし迷ったら、通いやすい方を選べばOKです。

髭脱毛は何度も通う事になるので、通いやすさは馬鹿にできません。

まとめ

髭脱毛の後悔は、髭脱毛してみないと分かりません。

後悔する「かも」はあくまで予想に過ぎず、本当に注意すべき所を捉えていない場合が殆どです。

著者ですら思いもしない様な後悔をする可能性は0では無いので、それでも「かも知れない」と悩む方が、もしかしたら居るかも知れません。

絶対100%後悔しません大丈夫ですとは言い切れないので、最後の判断はお任せしますが、迷って諦めた場合「髭脱毛しなかった」と言う後悔が常にあなたを蝕む事は間違い無いでしょう。

筆者は医療脱毛からスタートしなかった事を後悔していますが、髭脱毛自体を後悔した事は一度もありません。

迷い続けても辛いばかりなので、やらない後悔よりもやって後悔するべきではないでしょうか。

著者:西川洸介
ブログ:コースケの脱毛日記
Twitter:コースケ@髭脱毛で56万溶かした男