2018/07/24

コードバンの手入れやおすすめアイテムを紹介!男が持つべきコードバンの魅力に迫る

シューズや財布、バッグなど、メンズのアイテムには欠かせないレザー。その中でもおしゃれに目がない男性から注目されているのがコードバンレザーです。コードバンはその他のレザーとは一味違った風合いが魅力的。今ではさまざまなアイテムで使用されている人気の高いレザーです。

コードバンという名前は聞いたことがあるけど、どんなものなのかイマイチよく分からないという人も多いのではないでしょうか?

今回はコードバンについて、初心者にもわかりやすくご紹介していきます。

人気のコードバンについて徹底解説

コードバンとは?

引用元:http://keinenhenka.ko-co.jp/e243182.html

コードバンとは馬のお尻の部分(臀部)あたりの皮革を指します。コードバンは一頭からごくわずかな量しか採れないため、非常に希少価値の高いレザーです。

また、通常よく見られるサラブレッドやポニーなどの一般的な馬からコードバンは採れず、少数しか生産されていない農耕馬やその代用馬からのみ採取可能な価値の高いレザーなのです。

一般的なレザーは「床」と「銀面」の2層構造になっているのに対し、コードバンは「床」のみの単層構造になっているのが特徴。わかりやすく言うと、革の表と裏の間に硬質な部分が存在し、その部分がコードバンとなります。

その削り出しの作業は慎重に行わなければ、貴重なコードバンを傷つけてしまう恐れがあるため、熟練した職人技か必要になります。このことからも希少価値の高さをお分かりいただけるのではないでしょうか。

元々コードバンは、最大の特徴でもある強度の高さから、一般的にシューズやバッグ、財布など耐久性を求められるアイテムに使われることほとんどでした。

ですが最近ではコードバンの美しい光沢感や質感などに人気が集まり、小物などアイテムでも使用されることが増えたのもコードバンの人気がさらに加速した理由に一つと言えます。

コードバンの特徴

コードバンの特徴として、まず挙げたいのが強度の高さです。非常に丈夫な素材で、その強さは牛革の2倍から3倍と言われており「キングオブレザー」との名がつくほど。また汚れや傷にも強く、手入れを行なっていけば一生使い続けることができるという点がコードバンの魅力です。

コードバンといえば何と言っても独特の美しい光沢感が特徴ですね。使用し続けることで艶やかな光沢感を放つコードバンは「革のダイヤモンド」とも呼ばれる革の宝石。きめが細かくスルッとした手触りで滲みやすい質感も魅力的です。

コードバンのエイジング

引用元:https://www.mansaw.net

コードバンと聞くと艶やかな光沢感のあるレザーをイメージするかと思います。ですが新品のコードバンにはマットな質感のものも存在します。

コードバンの中に染み込んだオイルが全体に行き渡っておらず、表面には細かい繊維の凹凸が残っていることでマッドな質感になっているのが新品の状態です。

この状態からどんどんと使い込むことで、コードバンの中のオイルと手の油分などによって表面がコーティングされ、また繊維の凹凸が取れるため、美しい光沢感と艶やかな質感へと変化していきます。

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2146856889475246901

表面感だけでなく、そのもの自体の質感も変化していきます。初めは硬くハリがありますが使い続けていくことで革の質感がほぐれ、徐々に手に馴染むような使いやすい素材感へ育っていくのが特徴です。

コードバンを使用した製品には、初めから光沢感を出す加工を施したものも存在しますが、どちらにしても独特の光沢感や質感の変化をしっかりと楽しむことができます。

使用し始めて一年もすれば、自分だけのコードバンが育っているのではないでしょうか。この「育てる」という感覚を存分に楽しめるのがコードバンの魅力です。