記事更新日:

市販の白髪染めおすすめ10選!失敗しない選び方は?

キャンペーンバナー

白髪が目立ってきて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。白髪があると見た目も老けてしまいます。白髪染めをすることによって、若々しく保つことができますが、さまざまな白髪染めが販売されているので迷ってしまうことも多いです。この記事では、市販の白髪染めのおすすめ、失敗しない選び方についてもご紹介していくので、白髪に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

市販の白髪染めの失敗しない選び方

白髪染めは種類も豊富なので、何に注目して選んだら良いのか悩むことも多いでしょう。うまく染めることができなかったら、再度染め直しが必要になったり、髪が傷む原因にもなってしまいます。市販の白髪染めの失敗しない選び方をご紹介していきます。

選び方①白髪染めのタイプ

白髪染めにはさまざまなタイプがあり、それぞれに特徴があります。自分にはどのようなタイプのものが合っているか見極めましょう。白髪染めのタイプをご紹介します。

【ヘアカラー】

液剤を髪の内側まで浸透させることで色がつきます。他の白髪染めのタイプと比べて髪よりも明るい色も染めることができるという特徴があります。また、色持ちが良く、約6~8週間は持つので頻繁に染めなくてもOKです。

ただし、髪の内部まで浸透させる分、ダメージが大きいのがデメリットになります。髪に負担をかけやすいため、使用後はトリートメントを念入りに行うなど工夫が必要です。

【ヘアマニキュア】

ヘアカラーとは違い、表面だけに色がつくため、髪に負担がかからず傷みにくいというメリットがあります。髪より明るい色に染めることはできません。

色持ちはヘアカラーよりは短く、約2~6週間程度になります。ヘアの傷みが気になる方はヘアカラーよりもマニキュアタイプのものがおすすめです。

【カラートリートメント】

シャンプー後に繰り返し使用することによって、色をつけていく白髪染めになります。髪よりも明るい色に染めることはできず、色持ちも他のタイプと比較して長持ちはしません。約1~2週間程度で白髪が出てくるので、定期的にカラートリートメントをしていく必要があります。

髪へのダメージも少ないので、安心して使用することができます。お風呂に入りながら使うことができますし、シャンプーの後に手軽に染めることができるのもメリットだと言えるでしょう。

テクスチャについてもご紹介します。白髪染めには「泡タイプ」「クリーム・ミルクタイプ」があり、使い方や特徴もさまざまです。「泡タイプ」は手で馴染ませて揉み込むだけで簡単に染めることができるものです。一人で手軽に染めることができるので初心者向けだと言えるでしょう。

ただし、ムラができたり、ダメージが起こりやすいことがデメリットとして挙げられます。「クリーム・ミルクタイプ」は、コームで馴染ませていくことできれいに染め上げることができます。

根元までムラなく塗れて仕上がりも良いですが、使い方にコツがあるので慣れるまでは難しいと感じるかもしれません。自分が使いやすいもの、さらに仕上がりについてもチェックしてみてください。

選び方②髪の色

市販の白髪染めを選ぶ際には、髪色にも注目してみてください。いかにも「白髪染めで染めました!」というような髪色では浮いてしまいます。馴染みの良いカラーを選ぶなら、ブラウン系がおすすめです。また、アッシュ系のような寒色は、日本人の髪にはあまり馴染まないので考える必要があるでしょう。

選び方③トリートメント成分

市販の白髪染めを選ぶ際には、トリートメント成分が配合されているかどうかをチェックしてみてください。白髪を染めるということはダメージを与えてしまうので、トリートメント成分が入っているものをおすすめします。

ヘアケア成分が入っている白髪染めかどうかは、パッケージの裏面を見れば記載があるので確認してみましょう。

市販の白髪染めおすすめ10選

白髪染めは通販などでも購入できますが、店頭で購入したいという方もいるでしょう。なくなったらいつでも買いに行くことができるのは便利です。種類が豊富にあり、価格や使い心地などが違います。市販の白髪染めのおすすめをご紹介していきます。

おすすめ白髪染め①ブローネ 香りと艶カラークリーム

ブローネ 香りと艶カラークリームは、高濃度のクリームが密着し、染め残しが多い部分でもしっかり色がつきます。特有のツンとしたにおいがあることも多いですが、こちらは染めている時にツンとしないだけではなく、髪を染めた後の嫌なニオイが残る心配もありません。

キューティクルヘア成分が配合されているため、指通りするんとなめらかにすることができます。コームブラシ付きでクリームタイプなので、残りは次にとっておくことができ、部分的に染めたい場合にも便利です。

 

おすすめ白髪染め②ホーユー ビゲン スピーディカラー

ホーユー ビゲン スピーディカラークリーム 3

ホーユー ビゲン スピーディカラークリーム 3

473円(06/26 10:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

ホーユー ビゲン スピーディカラーは、10分間放置しておくだけで、生え際や分け目もしっかり染めることができます。

また、無香料なのでニオイが苦手な方にも安心ですし、ツンとしたニオイも気になりません。カラーバリエーションも充実しているため、自分のお気に入りの髪色を見つけてみてください。

 

おすすめ白髪染め③サロンドプロ 無香料ヘアカラー

サロンドプロ 無香料ヘアカラーは、コネクター成分が生え際・分け目までしっかり染め上げてくれます。毛染め独特のニオイがあると使い続けるのも悩んでしまいますが、こちらは匂いのないカラーリング剤なので、快適に過ごすことができます。

液だれせず伸びが良いクリームタイプで、残った分は取っておくことが多能です。部分染めなら2~3回程度に分けて使用することができるので、コスパも良いです。

おすすめ白髪染め④ロレアルパリ エクセランス

ロレアルパリ エクセランスは、まるでサロンのような仕上がりでムラなく染まり、ツヤのある髪へと導いてくれます。トリプルケア成分配合により、さらに艶やかな髪にすることができるでしょう。

色持ちが良くないと何回も繰り返し染めなくてはいけませんが、こちらは色が長持ちし、8週間は続くので頻繁に染めることをしなくてもOKです。気になるニオイを抑えたやさしい香りが漂います。

 

おすすめ白髪染め⑤ウエラトーン ツープラスワン

エラトーン ツープラスワンは、白くても黒くてもきれいに染め上げることができます。アボカドエッセンス・ホホバオイルなどの3つのトリートメント成分を配合し、なめらかな仕上がりになります。クリームタイプで液だれせず、用途に応じて使い方を調整することが可能です。

 

おすすめ白髪染め⑥ブローネ ヘアマニキュア

ブローネヘアマニキュア ダークブラウン クシ付

ブローネヘアマニキュア ダークブラウン クシ付

609円(06/26 10:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

ヘアマニキュアなので、髪の表面に浸透して脱色はしないため、繰り返し使用しても髪を傷める心配はありません。ワンプッシュで出してクシでとかすだけで簡単に染めることができて便利です。

残りは取り置きできるため、コスパも良いです。アンモニア無配合でツンとする嫌なニオイがなく、やさしい香りがします。

 

おすすめ白髪染め⑦サロン ド プロ ヘアマニキュア スピーディ

サロン ド プロ ヘアマニキュア スピーディは、椿オイル配合で髪にやさしい使い心地のヘアマニキュアです。負担をかけずヘアを傷める心配もありません。放置時間5分で白髪を染めることができるので、忙しい方でも少しの合間を縫って染め上げることができるでしょう。

 

おすすめ白髪染め⑧ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメントは、ルプルプWフコイダンヒアルロン酸に新配合の植物オイルが頭皮と髪に潤いを与えながら輝きしっとりまとまるヘアにしていくことができます。

爽やかな香りで特有のツンとしたニオイがありません。シリコーンや合成香料、無鉱物油など不使用の低刺激なので、敏感肌の方にもおすすめです。

 

おすすめ白髪染め⑨大島椿 ヘアカラートリートメント

椿油で作ったヘアカラートリートメントです。カラーリングはもちろんのこと、ダメージケアやエイジングケアもできます。3つの美髪成分により、潤いや艶を与えてハリ・;コシのある髪に仕上げることができます。髪や肌と同じ弱酸性でできているので、優しい使い心地です。

 

おすすめ白髪染め⑩利尻昆布 ヘアカラートリートメント

こちらは、利尻昆布を原材料として使った無添加の白髪染めになり、天然素材のものばかり使っています。にもこだわって作られており、やさしい白髪染めです。敏感肌の方で何でも合わないという場合にも使用することができるでしょう。

 

市販白髪染めの使い方のコツ

市販の白髪染めの使い方をしっかりマスターすることで、きれいな仕上がりが期待できます。まずは、足りなくなったら困るので多めに白髪染めを用意しておくことから始めましょう。1トーン明るいものを選んでください。

髪が均等に乾いた状態で塗ります。根元から塗っていき、最後に毛先に塗布します。洗い流した後は必ずトリートメントをしましょう。髪や頭皮は白髪染めで負担がかかっている状態です。傷みやすくなっているので、しっかり保護することが大切です。

自分に合った白髪染めを見つけよう

白髪を見つけると、「年を取ったな」と感じることも多いのではないでしょうか。老け顔にも見られてしまうため、しっかり黒髪に戻して若々しく保つことが大切です。市販のものにはさまざまなメーカーから販売されているので、自分に合った白髪染めを見つけましょう!

その他の関連記事はこちらから