記事作成日:

浮気調査ってどのくらいの費用がかかる?料金体系や費用相場を徹底解説!

夫や妻が他の誰かと浮気している疑いがある時、浮気調査に依頼しようと思ったことがある方も多いのではないでしょうか?中には、実際に利用した方もいれば、利用を検討する段階で、必要になる費用に不安を感じ、利用を留まった方もいるでしょう。今回は、もしもパートナーの浮気の疑いがある時に探偵や興信所に調査を依頼した場合、必要となる費用や料金体系、また、相場費用の内訳を徹底解説していきます。

浮気調査の費用の相場はどれくらい?

お互いのすれ違いや価値観のズレから、どちらか一方が浮気に走ることもあると言われています。その際、探偵や興信所に依頼して浮気調査を行った場合、その費用の相場が気になる方も少なくありません。

ここでは、実際に浮気調査を依頼した場合の相場費用を以下にご紹介するとともに、費用がピンキリになる理由もあわせてみていきましょう。

浮気調査の費用の相場

「浮気調査」と一口に言っても、その必要費用は大きく幅があり、10万円〜100万円と言われています。あくまで相場費用となるため、調査の内容によっては安価に依頼することができることもあるでしょう。

逆に依頼内容がハードなものや準備されたプランにない場合などは、相場費用以上の調査内容だと判断されるため、費用の相場はそれを超えることもあるかもしれません。

いずれにしても、探偵や興信所を利用する際のおよその相場費用を知っておくと、実施に利用する時は安心して依頼することができると言えるでしょう。

浮気調査の費用がピンキリの理由

ここまで浮気調査の費用には大きな幅があることが分かりました。これは、実際に調査にかかる日数や、調査を行う人員配置、その他、各探偵事務所や興信所が掲げる基本料金等の料金体系が異なるからです。

そのため、浮気調査の内容によって費用は高額になることもあるなど、利用の際は調査にかかる内容の内訳をしっかりと確認しておくことが大切です。この後みていく費用の内訳で詳しくご紹介していきます。

浮気調査の費用の内訳

浮気調査に必要となる相場費用の内訳が気になる方も多いでしょう。

調査費用の中にはどのようなものが含まれているかを以下に詳しくご紹介します。これから探偵や興信所へ浮気調査の依頼を行うことを検討されている方は、以下の情報をチェックしてみてください。

費用の内訳①人件費

探偵や興信所を利用する際に最も費用がかかると言われているのは「人件費」です。人件費は、調査を行う上で複数人の人員配置を行うことが重要です。

そのため、通常、1人ではなく複数人を使用して行うのが一般的であると言われています。実際は2人体制で行われることもあり、範囲が広い場合はさらに人数を揃えて調査にあたる探偵事務所もあるようです。

これは、人員を多くする方が、尾行の際にバレにくいからです。また、1回で証拠を掴みやすくなる可能性も高くなるため、調査がスムーズに進むと言えるでしょう。このように、費用内訳で最も割合を占める部分は人件費であると言えるでしょう。

費用の内訳②経費

そして、調査を行う上で必要になるのが、交通費や通信費等の「経費」です。もしも旅行時の現場を抑えることとなれば、当然、宿泊費や旅費も必要になります。人件費に加え、どのような行動をしているかによってあらゆる経費がかさむ場合は調査費用が高額となることが分かります。

旅行など前もって日程が分かっている場合は、そこに調査日を特定することができるため、少し費用を抑えられる可能性もあるでしょう。このように、探偵や興信所を利用した浮気調査には必要経費がかかるという点を理解しておくことが大切です。

費用の内訳③手数料

実際の浮気現場を抑えた後は、報告書の作成を行うことになります。これが「手数料」の内訳となり、探偵や興信所へ支払うべき費用となります。とは言え、報告書であるため、事務作業の位置付けとなる分、人件費や経費と比較しても安価にすむことになるでしょう。

浮気調査の3つの料金体系

浮気調査を行う際は、自分が相手の行動をどこまで知りたいと思っているか、また、決定的な証拠さえ掴めたらそれで良いと感じているか、また、浮気相手の詳細を突き止めたいと思っているかなど、内容によって料金体系も異なります。

そのため、自分がどのような調査を依頼したいかを明確にしてプランを選択すると良いでしょう。ここでは、浮気調査を依頼する際に提示される以下の3種類の料金体系について詳しくみていきます。

これらのプランを準備している探偵事務所も多く、自分がどのプランで調査依頼を行うべきか検討した上で、便利に利用していきましょう。

料金体系①成功報酬型

最も利用者が多いと言われる浮気調査方法は「成功報酬型」です。これは、実際に夫や妻の浮気の証拠を掴んだ際に必要費用の支払いを行う方法です。そのため、費用を抑えて探偵に依頼したいという方に最適な方法だと言えるでしょう。

とは言え、どの証拠を持って成功とみなすかについては、決定的な証拠の位置付けが難しくなることがあります。そのため、実際に契約を行う際に、双方で様々なパターンを想定し、決め事を行っておく必要があるでしょう。

双方合意のもと、どこまでの範囲を成功とみなすかについて、決まった内容を書面にしておくなどトラブルのないよう依頼を行うことが大切です。

料金体系②時間型

時間型で探偵や興信所へ依頼する場合、これは調査にあたった人数と、実際に調査を行った時間に対して報酬を支払う方法が「時間型」です。もしも夫や妻の行動により、日時を指定し、特定できる場合は最も調査料を抑えた利用が可能です。

その他、必要費用については別途請求されることになるため、事前に依頼するべき時間をリサーチしておくと調査費用を安価に抑えることができます。

料金体系③パック型

浮気調査に必要となるあらゆる費用をすべて含み、追加費用等の発生のないパック型が人気です。とは言え、中には別途費用の請求を行ってくるような悪質な探偵事務所や興信所もあるようです。

そのため、契約の際に必要費用を確認するだけではなく、それ以上の費用の請求が行われることがないかなど、詳細を確認しておくことが大切です。

浮気調査の費用を抑えるコツ

浮気調査はあらゆる方法で行える上、その費用は依頼内容によっても異なることが分かりました。この後は、浮気調査を探偵や興信所へ依頼した際に必要となる費用を少しでも抑えるための方法を以下に3点確認していきます。

決定的な証拠を押さえたいけれども、そこまでの費用を捻出することができない方や、少しでも安価に依頼したいという方は、ぜひチェックしてみてください。

コツ①事前に行動パターンを把握しておく

浮気現場を抑えたいなら、夫や妻が普段どのような行動パターンで過ごしているかをリサーチしてみましょう。そのためには数週間、数ヵ月の時間を要して相手の行動をチェックしなければなりません。

しかし、これらの情報を得ておくだけで、浮気現場や日時をピンポイントで押さえることができる可能性が高くなると言えるでしょう。

また、それによって探偵や興信所を利用する時間の幅を狭めることができ、費用を安く抑えられるというメリットがあります。そのため、相手の普段の過ごし方をしっかりとチェックしておくと良いでしょう。

コツ②複数の探偵社や興信所に見積もり依頼する

同じ探偵事務所であっても興信所であっても、各店舗によって調査費用は異なります。自分が依頼したい調査内容を明確に伝え、最低でも3社へ見積もり依頼を行うことが大切です。これは、1社のみの見積だと、その費用が高いか安いかの判断の目安がないからです。

そのため、実際に探偵や興信所へ浮気調査依頼を行う際は、複数社に見積依頼を行い、同じ条件で最も安価に利用することができるところを利用するようにしましょう。

コツ③契約前に無料相談やお試しをする

夫や妻の浮気を疑いはじめたら、いてもたってもいられなくなり、すぐさま探偵や興信所と契約を行い、調査体制に入ってもらいたいという焦る気持ちも分かりますが、ここは急いではいけません。

まずは契約を交わす前に、どのような調査体制で行うのか、お試し利用可能な探偵や興信所を利用してみましょう。また、最近では、浮気調査に関して無料相談を行う業者が増えています。

そのため、どのような調査を行うのか、また、時間や料金体系など、細かなことを知るチャンスでもあります。ぜひ、探偵や興信所の利用を検討されている場合は、その前に無料相談等のサービスを受けてみましょう。

費用の仕組みを理解してから浮気調査を依頼しよう

夫や妻の浮気を疑った時、真っ先に思い浮かぶ「探偵」や「興信所」の利用ですが、実際に利用するとなるとそれなりの費用がかかるというイメージから、利用を検討する方も少なくありません。

そのような時は、各探偵事務所や興信所がどのような料金体系で運営しているか、契約前に無料相談に行くことをおすすめします。そこで費用の仕組みや内訳を理解してから浮気調査を依頼してみましょう。

その他の関連記事はこちらから