薄毛改善に簡単で効果的な薄毛対策7選を詳しく紹介!方法と効果とは?

だんだん薄毛が目立つようになると、気になるのがその改善方法です。クリニックに相談する前に、自分でできる対策を知りたいという方も多いのではないでしょうか?

薄毛の原因は遺伝の他にも、頭皮環境や生活習慣など様々です。そこで今回は、簡単で効果のある薄毛対策方7選を詳しく紹介していきます!

薄毛には様々な種類がある

薄毛は男性が抱える大きな悩みのひとつで、中には20代でも薄毛や抜け毛が気になってきたという方もいます。薄毛というのは、その名の通り髪の毛が抜けて毛量が減ることで、頭皮が透けて見えてしまうことです。

ただしその原因には様々あり、有名なAGA(男性型脱毛症)の他にも円形脱毛症など複数の種類があります。まずは薄毛の種類を解説していきますので、自分がどのタイプに当てはまるのかチェックしてみましょう。

種類①AGA(男性型脱毛症)

薄毛と聞いて一番にイメージするのが、AGA(男性型脱毛症)ではないでしょうか。専門クリニックのCMなどでその名が広まり、すっかり定着しました。年齢を重ねるにつれておでこが後退したり、頭頂部が薄くなっていくのが特徴ですが、若い世代でも発症する可能性があります。

AGAの原因はジヒドロテストステロン(DHT)という物質で、これは男性ホルモンのテストステロンに5α-リダクターゼという酵素が作用することで作られます。

DHTには髪の成長を阻害する働きがあります。髪の毛は一定の周期で生え変わりますが、DHTはその周期を短縮させるため早い段階で髪が抜けてしまい、細く短い髪の毛が増えることで薄毛になります。AGAの原因は遺伝の他、ストレスや生活習慣も関係しているといわれています。

最近よく耳にする【AGA】という言葉ですが、AGAとはなにか知っていますか?男性の皆さんはAGAのチェックを行ったことはありますか? 「最...

種類②円形脱毛症

円形脱毛症は丸い形に脱毛する病気で、10円ハゲなどとも呼ばれています。毛が抜けてしまうのは1か所とは限らず、複数箇所にできてしまうこともあります。

円形脱毛症の原因と言えばストレスのイメージが強いのですが、実はストレスと円形脱毛症の因果関係はきちんと解明されていません。ストレスが原因の一つとなっているケースはあるものの、実際はアレルギーや甲状腺の病気が原因となっている場合もあります。

また円形脱毛症には免疫機能も関係しており、自身の持つリンパ球が毛根を包んでいる毛包組織を攻撃してしまうことで発症する、自己免疫疾患のひとつといわれています。

種類③脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は、皮脂が過剰に分泌されることで発症する脱毛症です。皮脂が過剰に分泌されると、顔やわきの下、背中などにニキビのようなものができる脂漏性皮膚炎という病気がありますが、脂漏性脱毛症はそれが頭皮に起こったものです。

症状としては皮脂による頭皮や髪のベタつき、頭皮のニキビや湿疹、赤みやかゆみ、フケの増加などで、大量の皮脂にとって頭皮環境が悪化することで脱毛が起こります。脂漏性脱毛症の原因のひとつは、生活習慣の乱れによるホルモンバランスの崩れです。

バランスの悪い食事や過剰な飲酒・喫煙、睡眠不足やストレスなど、生活習慣が乱れるとホルモンバランスが崩れ、皮脂が過剰に分泌されます。すると頭皮に住み着いている常在菌「マラセチア菌」が異常発生し、マラセチア菌が皮脂を分解してできた物質が頭皮への刺激となって炎症を起こしてしまいます。

また皮脂の洗い残しも原因のひとつで、洗髪の頻度が少ない、すすぎが足りない、シャンプーが合っていない場合にも、頭皮に残った皮脂が同じくマラセチア菌の異常発生を起こします。

種類④牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、長期間髪の毛が引っ張られることで起こる脱毛症です。ポニーテールなど髪の毛が引っ張られる状態が長く続くことで頭皮に負担がかかり、髪の毛が抜けてしまいます。また分け目を変えず、同じままにしておくと発症することもあります。

牽引性脱毛症は女性に多く見られますが、男性が発症するケースもあります。牽引性脱毛症は引っ張られることが原因となっているので、同じ髪形を避けたり、強く引っ張って髪を結ばないなどしながら、自然に回復するのが治療法です。

薄毛いろいろなタイプ

薄毛には様々な種類があることが分かりましたが、進行の仕方による分け方もあります。「M字ハゲ」がよく知られていますが、進行の仕方によって「M字型」「O字型」「U字型」の大きく3つのタイプに分けることができます。ここでは、それぞれのタイプ別の特徴を見ていきましょう。

タイプ①M字型

M字型は、前髪の生え際が後退していき、頭を上から見たときにアルファベットのMの形に見えるのが特徴です。交代するに従っておでこがだんだん広くなっていくので正面から見てもわかりやすく、自分で鏡で確認しやすいタイプです。

M字型となるのは髪の成長を妨げるジヒドロテストステロン(DHT)が原因のAGAであり、DHTを作り出す5α-リダクターゼという酵素が前頭部に多いためといわれています。

クリニックの治療では、この5α-リダクターゼを阻害するフィナステリドなどの内服薬や、血行を促進して発毛をサポートするミノキシジルなどが使われます。

またM字型の原因としては、目の酷使も挙げられます。目を酷使することで眼精疲労となり、前頭部の血行が悪くなって薄毛を招きます。

タイプ②O字型

O字型は前頭部ではなく頭頂部から進行していくタイプで、上から見たときにアルファベットのOの形に見えます。後頭部が薄くなるので、後ろから見たときに目立つのが特徴です。頭頂部の薄毛はなかなか自分では見えない部分のため、周囲に指摘されて初めて気づくケースも多くあります。

頭頂部というのは血管が少ない部分のため血行が悪くなりやすく、十分に栄養が届かなくなって髪の毛がだんだん細くなっていってしまいます。クリニックの治療では、血行を促すミノキシジル外用薬が良く用いられます。

「最近髪のボリュームがなくなった気がする」「抜け毛の量が増えてきた」そんな薄毛の悩みを抱えている方は少なくありません。その中でも特に頭頂部の薄毛...

タイプ③U字型

U字型は先にご紹介したM字型がさらに進行したタイプで、前頭部全体が後退し、前から見たときにアルファベットのUの形に見えるのが特徴です。

U字型はO字型と併発するケースも多く、薄毛が進行したタイプなのでクリニックではフィナステリドとミノキシジルの併用など、複数の治療法が用いられることも多くあります。

また生活習慣の乱れも原因のひとつといわれているため、生活習慣を改善するアドバイスをしているクリニックもあります。

男性型脱毛症を意味する“AGA”。最近薄毛や抜け毛が気になってきた…という方はもしかしたらAGAの可能性が高いです。AGAのタイプは基本的に3種...

薄毛改善に効果のある薄毛対策7選

ここまでは、薄毛の種類やタイプについて解説しました。薄毛の原因には様々ありますが、生活習慣の乱れやストレス、シャンプーの仕方など自分で意識することで改善できるものもあります。

日常生活の中で意識的に薄毛対策を行うことで、薄毛を予防したり改善することが可能です。では、自分でできる効果的な薄毛対策を7つご紹介していきますので、ぜひチェックしてみましょう。

薄毛対策①禁煙禁酒に挑戦する

禁酒禁煙は健康のためにはもちろん、薄毛対策にも効果的です。お酒やたばこは頭皮の血行を悪化させたり、髪の毛に栄養を届きにくくしたりするといわれています。

適度な飲酒はむしろ血行を促進しますが、大量に飲酒をすると、皮脂が過剰に分泌されて頭皮環境が悪化してしまいます。また体内でアルコールを分解する際に、髪の成長に必要な栄養まで分解されてしまうため注意が必要です。

喫煙をすると血管が収縮し、血行が悪くなって髪の毛に栄養が届きにくくなり、薄毛がより進行してしまいます。薄毛対策には完全にお酒やたばこを絶つのが理想的ですが、いきなりやめようと思っても難しいものです。

無理矢理やめようとすると過度なストレスになってしまうこともあるので、まずは週に1,2日休肝日を作る、少したばこの量を減らす、など少しずつ取り組んでいきましょう。

薄毛対策②適度な運動をする

運動不足は血行不良の原因となり、髪の毛に必要な栄養が頭皮まで届きにくい状態です。適度な運動は体全体の血行を促進して代謝を活性化するため、薄毛対策にも効果的です。

ジムでの筋トレなどハードな運動をする必要はなく、ジョギングや水泳、ヨガといった有酸素運動の方が体への負荷が少なくおすすめです。

お風呂上りにストレッチをする、通勤の際に一駅分ウォーキングをするなど、日常生活に取り入れやすいもので継続することが大事です。休日にサイクリングをしたり、レクスポーツをするのも良いでしょう。

髪の主成分はケラチンというたんぱく質であり、ケラチンを作るために必要な栄養素は毛細血管内の血液で届きます。そのため、血行が良いほど毛母細胞に栄養が届きやすくなります。

適度な運動は自律神経のバランスの改善に繋がり、身体機能の状態が良くなります。薄毛対策の他にも、健康維持や生活習慣病の予防・解消などに効果的なので、ぜひ取り組んでみましょう。

薄毛対策③バランスの良い食事

バランスの良い食事は、髪の毛の成長や頭皮環境を整えるために重要です。焼肉やラーメン、揚げ物、ファストフード、インスタント食品などは控えめにし、健康な髪の毛に必要な栄養素を積極的に摂取するように意識しましょう。

髪の毛の主成分はたんぱく質で、これが不足すると薄毛が進行していきます。肉や魚、卵、大豆、乳製品などで、髪の毛の成長に欠かせないたんぱく質をしっかり摂取しましょう。またレバー、カキ、魚介類に含まれる亜鉛も、髪を作るのに必要な栄養素です。

野菜や豚肉などに含まれるビタミンは、血流を促進し頭皮環境を整える働きがあります。レバーや納豆に多く含まれるビタミンB2は皮脂を調節する作用があります。

一方、糖分や塩分・脂肪分は皮脂の過剰分泌によって頭皮環境を悪化させたり、頭皮の血行を悪くするため摂りすぎに注意が必要です。普段の食事でななかなかうまく必要な栄養素が摂取できない場合は、必要に応じてサプリメントを利用するのもおすすめです。

薄毛対策④ストレスを減らす

ストレスは薄毛の原因の一つといわれています。ストレスを感じると交感神経が活発になり、血管が収縮することで血流が悪化します。

すると頭皮や髪の毛に十分栄養が届かなくなり、栄養不足となって抜け毛の原因になります。さらに過度なストレスは睡眠不足を招くこともあり、健康な髪の毛を成長させるためのホルモンの分泌に異常をきたします。

ストレスをゼロにすることは難しいですが、なるべく減らす様に心がけることが大切です。ストレスを溜め込んでしまわないよう、定期的に趣味の時間を作ったり、ウォーキングなどで体を動かしたり、友達と会ったりして、自分なりの方法で発散しましょう。

薄毛対策⑤睡眠の質を高める

髪の毛の成長には成長ホルモンが欠かせません。成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので、しっかり睡眠時間を確保し、質の高い睡眠をすることが大切です。

睡眠時間の理想は6時間程度ですが、成長ホルモンは特に午後10時~午前2時に最も多く分泌されるので、この時間帯に質の高い睡眠をとることで髪の成長に良い効果が期待できます。この時間帯に寝るのが難しい方は、まずは6時間程度の睡眠時間確保を最優先にしましょう。

寝る前には部屋を暗くし、スマホやテレビを見ないようにします。寝る前に落ち着いた音楽を聴いたりアロマで香りを楽しむなどリラックスすると、副交感神経が優位になって深い眠りにつきやすくなるので、質の良い睡眠に繋がります。

薄毛対策⑥発毛剤と育毛剤

薄毛は放っておくとどんどん進行してしまいます。薄毛が気になってきた方や髪の毛を生やしたい方は、生活習慣の改善に加えて、発毛剤や育毛剤を使用するのもおすすめです。

発毛剤や育毛剤といった外用薬は、ドラッグストアなどで手に入れることが可能です。テレビCMで見たことがある方もいるのではないでしょうか。

血行を促進し発毛を促すミノキシジル外用薬は、第1類医薬品の発毛剤として販売されています。一方、育毛剤には発毛効果がありませんが、頭皮環境を整えて髪の毛を育てる効果があり、抜け毛の予防になるので、早めの薄毛対策に効果的です。

「最近抜け毛が増えてきた気がする」「将来に備えて今から薄毛対策に取り組んでおきたい」、そんな時にまず思い浮かぶのは育毛剤ではないでしょうか。この...

薄毛対策⑦シャンプーの方法

頭皮環境は薄毛に大きく影響します。フケや頭のベタつきが気になる場合は、シャンプーの方法を見直すことで頭皮環境を改善し、髪の毛が成長しやすい状態にしましょう。

まず、シャンプーをつける前に髪全体をお湯で流し、汚れやほこりを洗い落とします。次にシャンプーを手に取り、お湯を足して手のひらで泡立ててから指の腹を使って洗います。

このとき、頭皮を意識して優しくマッサージするように洗い、毛穴汚れや皮脂をしっかり落とします。爪を立てて洗うと頭皮が傷ついてしまうので注意しましょう。

全体を洗ったら、すすぎ残しが無いように根元から洗い流していきます。シャンプー後にリンスやコンディショナーを使用する際は、毛先中心に使用し、頭皮に残らないようしっかり洗い流します。

シャンプーや汚れが頭皮に残ると菌の異常繁殖や頭皮への刺激の原因となり、髪の毛の成長を阻害してしまうので、すすぎ残しが無いようにするのがポイントです。

シャンプーと合わせて頭皮マッサージをすると、血行が促進されるのでおすすめです。頭皮マッサージをする際には、指の腹で優しく揉み込むようにしましょう。

また、洗いすぎにも注意が必要です。皮脂や汚れが残らないようにと何度も洗ってしまうと、必要な分の皮脂まで落としてしまうので、シャンプーは多くても1日2回までにしましょう。

薄毛に関するいろいろな疑問

「薄毛には豆乳やワカメが効く」といった話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?巷には薄毛に関するいろいろな話がありますが、どれが本当なのかわからない、といった声も多くあります。ここでは、薄毛に関する様々な疑問について、その真偽を解説していきます。

疑問①筋トレなどで男性ホルモンが増えると薄毛になりやすい?

筋トレなどで男性ホルモンが増えると、薄毛になりやすくなるという話がありますが、これは間違いです。筋トレなどを行うと男性ホルモンが増えるのは事実ですが、この男性ホルモンは薄毛の原因となる男性ホルモンとは別物です。そのため、筋トレで男性ホルモンが増えることは、薄毛とは直接関係ありません。

疑問②フケやかゆみは薄毛の原因になる?

フケというのは頭皮の新陳代謝が活発になることで、古い角質が剥がれたものです。また冬には乾燥によってフケが出ることがあります。

量が多くなければフケがあっても薄毛の原因にはなりませんが、量が多くかゆみが強い場合には注意が必要です。この場合は脂漏性皮膚炎を発症している可能性があり、放置すると悪化して脱毛の原因になることがあります。

フケが気になるときには、フケ用や低刺激タイプのシャンプーやリンスを使い、頭皮の刺激になる整髪料やヘアカラー、パーマは控えるようにしましょう。冬にフケが気になる場合は乾燥が原因のことが多いので、洗いすぎに気を付け、保湿を心がけましょう。

疑問③豆乳は薄毛に効果がある?

豆乳は薄毛対策に効果的、という話があります。豆乳には女性ホルモンに近いイソフラボンという物質が含まれており、薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制する働きがあります。

そのため、豆乳は薄毛に効果があるといえます。さらに、男性ホルモンには皮脂の分泌を促す作用もあるので、男性ホルモンを抑制することで皮脂の過剰分泌を抑え、頭皮環境の改善も期待できます。

豆乳に含まれるサポニンという物質には抗酸化作用があり、老化や血流悪化の原因となる活性酸素の働きを弱める効果があります。活性酸素は髪の毛の成長に悪影響を及ぼすと考えられているので、この働きを抑えることで薄毛対策に効果があるともいわれています。

豆乳は調整豆乳でも無調整豆乳でも良く、一日200ml程度飲むと良いといわれています。ただし、豆乳が薄毛に効果があるのは事実ですが、薬のように劇的な効果が出るわけではなく、中には飲んでも効きにくい方もいるので、豆乳だけに頼るのはおすすめできません。

疑問④ワカメなどの海藻類を食べると効果がある?

ワカメなどの海藻類が髪に良いというのはよく聞く話です。ワカメなどの海藻類には髪の毛の成長に必要なミネラルが豊富に含まれているためですが、髪の毛が増えたり伸びたりするといった医学的根拠はありません

海藻類を食べても、そこから摂取できるミネラルの量は少なく、それが頭部にまで届く量もわずかなので、ワカメなどの海藻類が薄毛に効果があるとは言えません。髪の毛の成長に欠かせない亜鉛やカルシウムなどのミネラルは、サプリメントで摂取するのが効率が良くおすすめです。

薄毛対策に有効なおすすめアイテム

食事や運動、睡眠など生活習慣の見直しや、シャンプーの方法を変えるだけでも、薄毛の予防や改善に効果があることがわかりました。

薄毛改善には発毛剤や育毛剤の使用も1つの方法ですが、薄毛対策に効果的なアイテムを毎日のヘアケアに取り入れるのもおすすめです。日々使っているシャンプーなどのヘアケアアイテムを変えるだけで、手軽に薄毛対策ができるのでぜひチェックしてみましょう。

おすすめ①HMENZ メンズ ヘアケア セット

HMENZのメンズヘアケアセットは、医薬部外品の高品質なアミノ酸系ヘアケアアイテムです。日本製で、一つ一つ丁寧に検査・管理がされているため安心して使うことができます。

おすすめポイント

シャンプーには延命草や毛髪保護成分を配合し、髪にハリやコシを与え、ボリュームアップしてくれます。メンズ用のヘアケアアイテムは冷感のあるタイプが多いのですが、こちらは冷感なしで頭皮に優しい使い心地で、スースーしないため年間通して使いやすいタイプです。

頭皮に余計な刺激を与えない仕様になっており、敏感肌の方やフケ・かゆみが気になる方にもおすすめです。柑橘系の清潔感ある香りで、加齢臭など男性特有の臭い対策ができるのも嬉しいポイントです。

口コミ

フケや頭の臭いが気になる主人用に購入しました。メンズ用ですが不快な香りがなく、サロンのシャンプーのような泡立ちです。洗い上がりはすっきりしていますが、きしむ感じがなく気に入っているようです。臭いやフケも気にならなくなりました。 引用:Amazon

スカルプシャンプーは洗浄力が高く、皮脂をがっつり取ってしまうものが多いのですが、こちらはマイルドな使い心地です。指先で地肌を洗うようにすると、とても気持ちが良く泡切れも良いです。 引用:Amazon

優しい使い心地ながら、すっきりした洗い上がりが口コミで好評です。香りは微かに香る程度で、強すぎず使いやすいです。夕方まで地肌がベタつかず、頭の臭いも気にならないといった声が多く、肌が弱いけれど頭皮ケアをしたいという方におすすめのアイテムです。

 

おすすめ②アンファー スカルプD 薬用育毛トニック

頭皮の血行改善・促進に有効な成分を配合した育毛トニックです。朝晩2回、頭皮に1プッシュ噴射してから、指の腹でよくマッサージするのが使用のポイントです。

おすすめポイント

シャンプーを併せて薄毛対策をしたい方におすすめのアイテムで、液だれしにくいノズルでしっかり頭皮に有効成分が届き、抜け毛を防ぎます。

フケやかゆみを抑える作用のあるグリチルリチン酸2K、髪と頭皮を健やかに保つ豆乳発酵液を配合し、頭皮環境をしっかり整えてくれます。

口コミ

スプレーした後の爽快感が気持ち良いです。分け目や頭頂部が少し気になっていたので使い始めましたが、3カ月ほどで効果を実感でき、今も使い続けています。 引用:Amazon

使うとすっと頭皮に浸透していきます。今まで何種類かトニックを試しましたが効果がなく、こちらを試したら明らかに抜け毛が減りました。3週間ほどすると、薄くなっていた部分も気にならなくなってきました。引用:Amazon

抜け毛や薄毛が気になってきた方に効果抜群、と口コミで好評な育毛トニックです。実際に使用して抜け毛が減った、薄いところが目立たなくなったという声も多くあります。ベタつかず爽快感のある使い心地も気持ちよく、人気のポイントです。

 

おすすめ③MARO17 スカルプ コラーゲン シャンプー

頭皮のギトギト脂をしっかり取り除き、すっきり洗い上げるスカルプシャンプーです。濃密な泡で汚れやすい髪の根元や毛穴まですっきり洗うことができます。

おすすめポイント

独自処方のペプチドのほか、コラーゲンなどの保湿成分も配合し、髪と頭皮をしっかり洗い上げながら保湿もできるのが嬉しいポイントです。

さらにスタイリング成分を配合しており、髪の毛1本1本に吸着することで根元から髪を立ち上げ、シャンプーするだけでボリューム感のある仕上がりになります。

口コミ

洗い上がりが良く、脂っぽい頭皮もすっきり洗えます。甘すぎない爽やかな香りが大人っぽく、気に入っていて毎日のシャンプーが楽しみです。おしゃれなボトルデザインも気に入っています。引用:Amazon

しっかりした泡立ちで、ワックスやジェルも落としやすいです。皮脂や汚れをすっきり落としてくれますが乾燥はせず、トリートメントなしでこれ1本で済むのも嬉しいです。引用:Amazon

泡立ちが良く、頭皮の皮脂や汚れをしっかり落として爽快に洗い上げるシャンプーです。皮脂を落とし過ぎない点、香りが良い点も好評です。実際に使って、トリートメントがいらないという声が多く、1本でヘアケアが済むのも人気のポイントです。

 

薄毛の予防や対策は早めに行おう

だんだん気になってくる抜け毛や薄毛は、放置しておくとどんどん進行してしまいます。食事や運動、睡眠、ストレス、シャンプーの方法など、生活習慣を見直すだけでも効果があります。

また、発毛剤や育毛剤を試してみたり、ヘアケアアイテムを見直すのもおすすめです。今回ご紹介した対策方法は、自分で今日から始められるものばかりですので、薄毛が気になってきたらぜひ早めに取り組んでみましょう。

その他の関連記事はこちらから

加齢とともに進行する薄毛症状は、放っておくことでどんどん改善に時間がかかってしまいます。しかし、どのような治療法が効果的なのかわからず、なかなか...
現在の自分の髪の健康状態を調べる一つの方法、それは抜け毛の毛根を調べることです。定期的に毛根の健康をチェックして、何らかの異常がある場合にはすぐ...
薄毛に悩んでいる方の中には、おしゃれな髪型はできないと諦めてしまう方もいるのではないでしょうか。でも実は、上手にカバーしながらかっこよく見せるこ...