並び替え

ロエン ×

ネクタイ ×

全 1件を表示

ロエンのネクタイ

ロエンは、スカルモチーフを中心としたダークでアバンギャルドなスタイルが人気を博しています。ロエンのネクタイはそれほど多くの数は展開されていませんが、ブランドイメージそのままのワイルドなデザインが特徴的です。ミュージシャンや著名人も愛用しています。

ロエンの歴史・特徴。

ロエンは2001年に高原啓(タカハラヒロム)氏によって立ち上げられたドメスティックブランドです。高原氏は、バンタンデザイン研究所を卒業後に、アバハウス・インターナショナルに入社します。そこで、靴ブランドのアルフレッド・バニスターでデザインを担当して靴作りについて学びます。そのご、自身のブランド「ロエン」を設立。アパレル、シューズ、アクセサリーなど、トータルアイテムを取り扱います。ブランド名の由来は、狼煙(のろし)からきており、音読みをしてロエンになりました。東京コレクションでデビューをした後、すぐに自身のコレクションを海外に持っていき、営業活動をします。海外にこだわっている理由は、日本のスピリットを世界に広めたかったからだそうです。そして、2003年にはイギリスに進出します。ロエンは日本のみならず海外にもファンを増やしています。2005年には、ディズニーとのコラボで海賊に扮したミッキーをテーマにした「パイレーツ・ミッキー」を発表して話題になります。その後も、様々なコラボレーションを展開します。さらに、映画「クローズZERO」や「ドロップ」への衣装提供・衣装製作協力なども行っており、活躍の幅を広げています。ロエンには、様々な派生ラインが展開されています。シューズブランドの「ヒロム タカハラ」をはじめ、フォーマルライン、スポーツライン、ジーンズラインなどの多数のセカンドラインが存在しています。ロエンは、2014年の秋冬コレクションから、ブランド名称を「ロエン プロデュースド バイ ヒロムタカハラ」に変更しています。

ロエンのネクタイとは?

ロエンは、流行にとらわれることなく、自分達の感じる「今」にこだわってり、オリジナリティーを追求しています。ロエンのネクタイも、オリジナリティーに溢れるデザインで仕上げられています。ロエンを象徴するオリジナルのスカルモチーフをはじめ、レオパード柄やスワロフスキーの装飾が施されているものなどがリリースされています。リッチな質感や装飾とロックテイストのデザインが印象的で、細身のナロータイが中心です。価格は、10,000円台のものが多く、デザインによって様々です。男らしくロックテイストなデザインが多いことから、ミュージシャンも愛用しています。さらには、渋谷系、ホスト系のスタイルにも相性がいいです。ただ、ネクタイはそれほど多くの数はリリースされていません。気に入ったデザインのネクタイを見つけた場合には、売切れてしまうと同じネクタイは手に入れることができない可能性が高いので、早めの検討が必要となります。