並び替え

ルイ ヴィトン ×

ネクタイ ×

全 26件を表示

ルイヴィトンのネクタイ

ルイヴィトンの人気はとどまる所を知らず、勢いは加速するばかりです。モノグラム柄、ダミエ柄などのブランドのアイコン柄のアイテムをはじめ、ルイヴィトンには数々の名作を生み出しています。ルイヴィトンのネクタイも名作がたくさん揃っています。

ルイヴィトンの歴史・特徴。

創業者のルイ・ヴィトンは、1854年に世界で初めてとなる旅行鞄専門店をパリに創業しました。これがルイヴィトンの歴史のスタート地点です評判は瞬く間に広がり、ヴィトンは需要に押されてどんどんと規模が拡大していきます。1885年には、ロンドンに進出。そして、1888年に、後にブランドのアイコン柄となるダミエ・キャンバスが誕生します。1892年に創業者のルイ・ヴィトンが亡くなります。後を引き継いだジョルジュ・ヴィトンにより、1896年にブランドのトレードマークとなるモノグラム・キャンバスが誕生します。ルイ・ヴィトンが世界的な企業へと発展を遂げたのは、ダミエやモノグラムを考案した息子のジョルジュ・ヴィトンの功績が大きいです。ジョルジュ・ヴィトンが亡くなった後も、ヴィトンは成長を続けます。エピライン、タイガライン、モノグラム・ヴェルニライン、モノグラム・ミニライン、ダミエ・ジュアンラインなど、その他にも数々の人気ラインを発表します。そして、ルイ・ヴィトンが新しく進化した年となったのは、1998年のことです。アーティスティックディレクターとしてマーク・ジェイコブスを招き、レディース・メンズのコレクションを発表します。これまでの高級革製品ブランドとしてのイメージではなく、アパレルの分野にも幅を広げ、トータルアイテムを展開するラグジュアリーブランドとしてのイメージを定着させることに成功します。2014年春夏シーズンをもって、マーク・ジェイコブスが退任します。現在は後任のニコラ・ジェスキエールがデザインを担当しており、メンズコレクションはキム・ジョーンズがチーフディレクターを務めています。

ルイ・ヴィトンのネクタイとは?

ルイ・ヴィトンのネクタイは、ヴィトンファンにはたまらないデザインのオンパレードです。ダミエのパターン、モノグラムのパターン、エピのパターンなどのシグネチャーを再解釈してネクタイの柄に落とし込んだデザインは、ラグジュアリーで洗練感に溢れており、一目惚れするファンが続出です。どのネクタイも、最高品質な素材の質感もすばらしく、スーツをよりエレガントな装いに押し上げる役割を果たします。ファッショナブルで上質なネクタイが揃っており、フォーマルに、ビジネスに、カジュアルに、パーティーシーンにも、あらゆるスタイルを華やかに演出するアクセントになります。お揃いのポケットチーフを添えていただくと、完成度の高いフォーマルコーデも作ることができます。ネクタイの定価は、およそ25,000円前後のものが多く、最高級のネクタイで45,000円前後のものもございます。ボウタイは20,000円前後のものが多いです。