並び替え

エトロ ×

ネクタイ ×

全 17件を表示

ペイズリー柄のネクタイ

ペイズリー柄はエキゾチックで華やかな、バンダナの柄としてよく見られるあの柄です。「生命力」を意味する松かさやヤシの葉、糸杉などがモチーフとされ、日本ではその形から勾玉模様とも呼ばれています。インドのカシミール地方でショールなどに多用されていましたが、その起源は古代ペルシャだと言われています。英国領インドの時代にイギリスにもたらされ、スコットランドのペイズリーという地方でこの柄の織物が量産されたことから、「ペイズリー柄」として広まりました。見た目の通り何ともエキゾチックな由来です。 そんなどこか不思議で妖艶な魅力を持つ勾玉模様のネクタイは、大人のドレスアップにぴったりのアイテムです。そしてペイズリーの代名詞とも言えるのがイタリアのハイブランドETROです。

ETRO(エトロ)とは

1968年にジンモ・エトロ(Gimmo Etro)によりミラノに設立されたイタリアのブランド。 エトロといえば何といってもペイズリー模様が有名です。19世紀後半に一度は完全に姿を消していたインドのカシミール紋様に魅せられ、独自の技法とセンスで現代に甦らせたのが、創設者ジンモ・エトロなのです。 テキスタイルメーカーとしてスタートし、現在ではホームコレクション(カーテンやベッドカバー、テーブルクロスなど)、バッグやネクタイ、ショールなどのアクセサリー、そしてメンズ・ウィメンズコレクションなど幅広く展開しています。そしてそのすべてのコレクションには、ブランドアイコンのペイズリーが印象的に配されています。

お洒落上級者のためのエトロのネクタイ

  そんなエトロのネクタイにはバリエーション豊かな柄が多く、キレイめから味アンチックなアイテムまで幅広く揃います。ペイズリー柄と一口に言っても、ネクタイ全体に大ぶりな模様があしらわれたかなり大胆なものから、小紋柄タイプまで様々で、その印象は色やあしらい方によってガラッと変わります。 ラグジュアリーな雰囲気のあるペイズリー押し出しタイプは少々ハードルが高いと思いますが、同色タイプのものはさりげなくアピールすることができるので、初心者の方にもお勧めです。 エトロのネクタイに共通して言えるのは、大人の上質なセクシーさです。合わせ方によってはくど過ぎたり、嫌味になってしまいかねない危うさがありますが、その危うさまでもさらっと着こなす大人のファッションセンスを磨いていきたいものです。目指すはダンディなイタリア男です。 様々なタイプのエトロのネクタイを見るには、通販サイトを覗いてみるのがお勧めです。豊富なデザインを一同に見ることができるので、あなたのハートをぐっと掴むとっておきの1本が見つかるはずです。価格帯としては1万円〜3万5000円程度です。 パーティーシーンや特別な日のお洒落に、大人の魅力たっぷりのエトロのネクタイをぜひ取り入れてみてください。